5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【紙は】資本主義の最期を見届けるスレ【死んだ】

1 ::02/09/24 19:45
アメリカの輪転機の為に皆良く働いたもんだ。

配当の無い株を何でこんなに買ってしまったんだろ。

人も自然も随分汚してしまったなぁ。

2 ::02/09/24 19:50
★株価速報
http://finance.lycos.com/
http://bigcharts.marketwatch.com/
<ライブチャート>
※Dow Jones Industrial Average Index
http://finance.lycos.com/home/livecharts/default.asp?symbols=INDEX%3AINDU
※Nasdaq Combined Composite Indx
http://finance.lycos.com/home/livecharts/default.asp?symbols=INDEX%3ACOMPX
<アイランド>
http://www.island.com/bookviewer/javaversion.asp
<Nasdaq-100 Pre-Market Heatmap> ※絨毯
http://screening.nasdaq.com/heatmaps/heatmap_pmi.asp
<為替ライブ>
http://www.forexdirectory.net/jpy.html

★世界各国の株価
http://finance.yahoo.com/m2
★CME GLOBEX2 flash quotes
http://www.cme.com/wrappedpages/delayed_intraday_quotes/10min_globex_flash_quote/gflash.html
★CME Nikkei 225 Futures
http://www.cme.com/wrappedpages/delayed_intraday_quotes/10min_futures/r_nk.html
★各種商品市況
http://www.bloomberg.com/markets/crb.html?sidenav=front
★米国経済指標・予定日
http://moneycentral.msn.com/investor/calendar/econ/current.asp
★FOMCの政策・開催予定日
http://www.federalreserve.gov/FOMC/default.htm
(参考)国内で買える外国株取引会社の一例
https://www.tmtdw-us.com/guest/index.js


3 ::02/09/24 19:57
今後の経済の裏付けはいったい何が担うのか考えていきたい。

4 :カールマルクス:02/09/24 20:12
ん? よんだ?

5 ::02/09/24 20:24
>4
多分、君のやつとも違うと思う。

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/24 22:00
【価格】神は市場原理主義を見捨てました【予定調和】

神は、市場機能の理論は与えましたが、ついにやってはきませんでした。


ごめんなさい。

市場機構はネタでした。


                       
                  ._..-‐ニニ ̄..ニミ
                ..././   ー┘  ヾ:ヽ
                /ミ /  ...    ....  ヾ::I
                |ミ:::I  .....~^""^~.....   |::|
                |ミ :|   ,,~^""^~ ,,,,  ..|:|
               /,ヾ::|  /二ニI . /ニ二ゝ |/^I
               |/ i .I ;; _ェァゝ 〈:τァ_ .|/:|
               .|〈;;I.|  ゛ . ̄   I:.. ̄..  .|/
               ..ゝ |    _(  _ ヽ__   |
                .ー| I../;ノ;;;;;;;I;;;;ミ ;;\ |
                 __| .| ヾ""ー--‐'"" ノ./
        ..___....---―~~"  | .ヽ;;\  ̄   ::/ヽ--......_______
       /ヽー―------../:|ヽ ::::: ___  .ノ | .\ー----/ ̄\ 
      ./  |:::::::::::::::::::::::::::/ .|==ヽ  ヽ  .. /==|  ヽ:::::::::/ / 丿ヽ

----------- by 神。

7 ::02/09/24 22:02
 ”予定調和”は100年後の予定です。さらに今のところ”予定です”
すみませんね、ご迷惑かけて。

8 :名無し:02/09/24 22:09
          アダム・スミス

           / ̄ ̄ ̄ ̄\
          /   / ̄\  \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         /  ///    ヽ  丶<  ごめんなさい!よく観察したら
         | | ─   ─  |   |  \ 価格は、調節して
         .| | ´    `   |   |   \_ませんでした!!___
         | | ● ー  ● |   |
         ゝ\       /ゝノ


    / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  /  / ̄\  ヽ
 /   /  \ Uヽ、、、ヽ
 |  /  (・)   (・)| |
 |  | U||||  つ|||| | |
 |  |    ___  | |  / ̄ ̄ ̄ ̄
 |  |  U \__/  | .| < ・・・・・・。
 ゝ‐イ\.   ・   /ノ  \____

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/24 22:20
2003年から終焉が始まります。
お告げです。

10 :名無し:02/09/24 22:39
       
        アダム・スミス
          ___
       _/川川川\__
      /||/川  \||||川||| \   ____________
      ||川||| /  卅||| 川川  /
        (||  >  < ||)   <すみません。需給曲線はネタでした(はぁと)
        人 ● Д●刈    \当時流行ってた、ライプニッツの
                  やった、微積分析を使いたかっただけです!!(∀)

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 00:55
sage

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 01:01
信用恐慌の謎―資本主義経済の落とし穴

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478200483/ref=lm_lb_1/249-3720968-0072322

レビュー

内容(「BOOK」データベースより)
なぜ「不景気」と「好景気」は繰り返すのか?景気循環の謎に挑む天才
たちの姿をサスペンス・タッチで描き、『ロンドン・エコノミスト』誌
も絶賛した無類の面白さ。

内容(「MARC」データベースより)
なぜ、「不景気」と「好景気」は繰り返すのか? 景気循環の事実と理論
が相互に作用しあいながらどのように進化してきたかを、18世紀前半の
ジョン・ローから現代のカオス理論まで概観する。


13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 01:38
神の見えざる手はどこにいったんだ?

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 01:47
>>13
要はなるようにしかならんって理論です。
馬鹿でも書けます。ネタだったのにみんな信じちゃってアホだね。

15 ::02/09/25 06:34
見えざる手なので見せていないのです。

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 06:36
ダウ続落し7700ドル割れ
http://www.yomiuri.co.jp/00/20020925i502.htm

やはりブッシュは経済の失策を戦争で誤魔化そうとしている、に一票


17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 06:54
太平洋の両岸で、為政者がこれではねぇ。

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 08:10
ブッシュはヒットラーと同じ、というドイツ法相の言葉は
頷ける。

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 08:23
ヒトラーは自作自演で国会議事堂に放火して政敵のしわざにみせかけて弾圧


そして911テロ事件にブッシュの自作自演疑惑が浮上。米マスコミや議会でも事前テロ情報を放置した疑惑など追及開始
http://oyako-donburi.cool.ne.jp/fireworks4/main_pages_sub/oumunoseiriseiton_page8_13_1.htm

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 08:25
>>1は人生破綻者

21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 08:26
>>1は引篭もり

22 :カールマルクス:02/09/25 08:52
まってたよ まちくたびれたよ 万国の労働者よだ、以下略

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 09:03
 【経済】NY株価 ダウ暴落 4年ぶりに7700ドル割れ
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/20020925k0000e020003002c.html

24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 11:44
ドイツ人はバブル崩壊の恐怖を知らない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020924-00000642-reu-bus_all

25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 12:42
参考記事

911テロ事件の背景やブッシュと石油利権、中東政策と米国の関係
アフガン大統領カルザイとユノカル
などについても言及

http://bmg.nikkei.co.jp/review/index.cfm?contents_id=8



26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 15:34
おめえら、この世には、神様なんて
いねえんだ。 いいかげん 気づけ!!

居たとしても、ピッコロだぞ。

27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 19:42

柳沢金融相「清々粛々と仕事をしていく」―辞意表明との報道は否定


東京 9月25日(ブルームバーグ):柳沢伯夫金融相は25日夕、同相が辞意を表明し
た、と一部で報道されたことについて、「そのような事実はまったくない」と否定
した。「続投か」との質問には「今まで仕事をしてきましたから。何にせよ、これ
からも清々粛々と仕事をしていくということです」と語った。また、「官邸ときょ
う、相談したか」との問いにも「全然、そんなことはありません」と否定した。

高まる銀行への公的資金再注入論に対しても「金融システムの危機の恐れがあると
きには、逡巡せずに投入する、と以前から申し上げていることに変わりはない」と、
慎重な姿勢を維持。公的資金の投入をめぐり、小泉純一郎首相と意見が対立してい
ると報道されたことにも「総理との間で、考え方が違うということはありません」
と述べた。

また、金融相は、近く行われる見通しとなっている小泉内閣の改造で、経済閣僚を
一部交代させるべき、との声が出ていることについて「日本経済は低迷を脱してい
ないので、皆がそれぞれの立場で苦言を呈されている、ということだと思う」と語
った。

28 :レーニン:02/09/25 20:50
資本主義の最終段階としての




             帝国主義





は 来ましたかな?
 乗り遅れないようにしないと・・・。

29 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/25 20:58
20世紀はレーニン=帝国主義戦争の時代だった。
21世紀はカウツキー=超帝国主義の時代だ。
先進国資本が世界経済を協調して支配する「超帝国主義」を予見してた。
百年早すぎてレーニンに負けたが、真価が認められるのはこれからだ。

30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 00:50
神よ、株を上げてくれ。俺のだけでいいから。

31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 04:17
銭洗弁天で株券を洗うと上がります

32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 04:40
>>3
マジレスするなら、原油、穀物。

33 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 04:41
鉱物はだめですかね

34 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 05:16
社会主義や共産主義がソリューションではなく、
まるで、非資本制というシステムだけが、残された希望の様。

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 05:51
>>1は魔界塔士

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 05:52
資本主義の断末魔の叫びが聞こえてきた。

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 06:09
地域通貨なんていうシステムも取り上げられていますが。


38 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 06:13
銀行の信用が失墜した、国営の足音がきこゆる。
また国民もそれを望んでいる。


39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 20:39
地域通貨ってのは主に何に使ってるんだ?

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 20:40
>>36
地獄から共産主義のうめき声が聞こえる....。

41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 20:41
>>39
物々交換の補完。

42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 20:42
財務省は、地域通貨特区は認めない、という回答をしたらしいね

43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 20:46
>>42
それは許せん。

44 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 20:48
通貨発行権は神聖にして犯すべからず
下民如きがこの特権を行使しようなど笑止千万
つうとこでしょうか

45 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 20:52
加藤寛も地域通貨支持者で平蔵も支持してると何処かで読んだが。

46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 21:18
>>42
きょうの日経朝刊の経済2のページにのってた(7面)

47 :屑箱愛好会 ◆7Wpm.iX2 :02/09/26 21:20
>>42
 日本中に ジャイアン か、花の応援団の 団長さんが一杯増えたら、
大丈夫。

48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 21:24
クエークエークエー

49 :屑箱愛好会 ◆7Wpm.iX2 :02/09/26 21:24
>>29
 不均等発展が見られる限り、レーニンの負けとも断定できないよ。様相は異なる
だろうけど。ところで、いつまで最高が続くんでしょうね(藁。

 サ イ コ ー で す か ぁ ー ー ? ?

 続きは、ここででも。(うるさい人多いので、傍若無人は許されないと思う。)
http://www.benricgi.com/bbs/tree/tree.cgi?id=toride&cmd=hensin&subdir=a&myoya=56&pacnt=56

50 :屑箱愛好会 ◆7Wpm.iX2 :02/09/26 21:27
>>48
 チョンワチョンワ。ところで、小生も、大学生の時、金をもってそうな
後輩に「手製 50円券」を発行して、50円のアイスを後輩に買いに
生かしました。回収時は100円くらい与えてましたね。体育会系なら、
良くある話じゃないかな。いい悪いは別にして。あ、でも、これは地域
通貨と関係ないな。失礼。懐かしいのでsage

51 :あほです:02/09/26 21:29
でっかいどうを赤にして一国二制度にしぼーとふぉりおをくんで世界恐慌にそなえる w

52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/26 21:31
あと数年後、世界大戦が始まる。

53 :屑箱愛好会 ◆7Wpm.iX2 :02/09/26 21:34
>>51
 ある意味、すでに(以下略。だが、個人的には銀行国有化という某銀行員の
5年前の叫びにも似た暴露のとおりに事態が進んでいることに興味アリ。

 上からの赤化? 産業の官制高地を労働者階級が握っているわけじゃないけど。
市場経済を賞賛し始めた不破君よりも、官僚の方が赤かったりして。

54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/27 14:01
地域通貨ってのはパーティ券ですか?

55 :金持ち名無しさん、グスタフ王:02/09/27 21:41
あなたに届きます。 【価格破壊】

56 :  :02/09/29 18:23
 10年前の資本主義マンセー論者はどこへいったのか。10年経ってこれでは
お前ら怠惰もいいところ。というか基本的認識がどっかおかしいのだな。

57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:05

日本の資本主義は資本主義でなく資本家の豪勢な生活を守る

社会主義なのだよ!



58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:08
>>57

ソビエト共産主義は、ソビエト労働党の搾取によって破綻した。

59 :伊藤一刀斎:02/09/29 21:08
うわ!
出た

階級闘争論!

資本家がいるのに、社会主義なんだって。

60 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:11

日本の「資産家保護社会主義」を断固粉砕する!!

先ずは銀行の公的資金注入同時国有化を実行しれ!!



61 :伊藤一刀斎:02/09/29 21:13
>>60
 んじゃ、君の預金口座も引きはがしだな。

 資産家保護しちゃいけないんでしょ?

62 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:14
>>60

えりちん

63 :名無し:02/09/29 21:16
だれだ、ソビエトが 搾取によって破綻したとかいう
トンデモを言うやつは

64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:18
通説です・・・

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:18
>>61頭の悪い香具師は黙って従え!

66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:21

「資産家保護社会主義」を断固粉砕すべき、ソビエトもイラン!

有るべき姿は「公共の利益」を追求する社会システム。



67 :名無し:02/09/29 21:22
おいおいお。

党中央局が、資本家でもないのに
どうやって搾取するんだよ。

68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:38
定説です

69 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:43
当中央局は資本家もしょせんふるまいは同じ。

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:45
そんなに詳しくないけどソビエトが崩壊した最大の理由は
軍事費の増大にあると思う、そうでなくてもシベリアあたりの
農地は崩壊していて食い物が無いのに、訳のわからん冷戦なんて
やるもんだから食い物が無くなるのは当然、食えない国は崩壊
するのみ。

71 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:51
とどのつまり搾取によって崩壊したってこった・・・

72 :名無し:02/09/29 21:52
いや、違うだろ。
物不足は銅衣するが。

ようするに、ノルマを果たしても、労働価値説が報われなかったこと
だろ。
党中央局も、生産予想を誤った。物不足が起こった
また、消費者が絶対とうわけでもなかった。
共産圏でも人気商品というのは存在するのだった。
んで、今日も並ぶ。あーあ失敗。


73 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:56
>ノルマを果たしても、労働価値説が報われなかった?!?

74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 21:59
ソビエト崩壊は
生産量の不足と生産の質も下がったという事、所詮国家が
多種多様な商品を管理する事は不可能なのは分かり切った事。
有る程度市場に委ねてその結果を評価調整するフィードバック
システムは必要。

しかし今の日本の金融機関は管理し易いので国有化するべきだと
考える。

75 :名無し:02/09/29 22:01
>>73
 共産主義遮は給与が同じ。  みーんなお友達〜〜

76 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 22:04
労働賃金は結果に応じて報われるべきと考える。

77 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 22:04
>>74
なんだ、国有化イデオロギーか・・・
>>75
みんな金もってなくて貧乏だから搾取がないとはならないよん。

78 :名無し:02/09/29 22:08
リカードの言う

商品価値

ってなに?

79 :AU:02/09/29 22:17
 「金」自体が、爆発的発散力を有しておる。
即ち、金から鉄になる。その場合、現代の物理では、2002kg/m2の
比重でなければならないとされている。核崩壊は、よって、おこり得ない。
 P.S:東海村のウランは、別の話、あくまでも。

80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 22:22
>>74

本邦金融機関だけ国有化して鎖国でもするのか?
それこそソビエトだぞ・・・

81 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 22:28
>>80
飛躍しすぎ、正に愚民さんですね。
この国営化の目的は銀行員の賃金の抑制にあるので金利等
は各国と折衷して決めるのです。

82 :やんばる  ◆4q/O9KmY :02/09/29 22:30
つい先日までは金融機関は規制の多かった半国営。民営で
駄目なら半国営もしくは国営にするというのもありかと、

83 :やんばる  ◆4q/O9KmY :02/09/29 22:31
>金利等 は各国と折衷して決めるのです。
w。国営化しても金融政策は放棄しないよ。

84 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 22:33
公的資金注入後、段階的に国営化を遂行する。
後にも先にも人件費の抑制から。

85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 22:34
(・д・)

86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 22:34
(・ д ・)

87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :02/09/29 22:35
>83
国債、札割れおこしたくせに。

88 :やんばる  ◆4q/O9KmY :02/09/29 22:36
>>83
>国債、札割れおこしたくせに。
わけわからん。

89 :大体:02/09/29 22:58
 資本主義の意味をわかってない経済学者って多いんじゃないのか?
知らないで、資本主義、資本主義とのたまわっておられる。そもそも
語源からしてマルクス主義と対比してないと理解できない。今の経済
学者って”資本主義って何?”て聞かれて答えられるのかな。自分の
”研究”している(そうだが)ものを。

90 :やんばる  ◆4q/O9KmY :02/09/29 23:06
マルクス主義なしでも資本主義の意味は理解できる。
マルクス主義のなかの資本主義は知らないけど、知って
得するとも思わない。

91 :名無しさん:02/09/29 23:08
”資本”主義



92 :  :02/09/29 23:19
 >>90

 そんな事いってると馬鹿にされちゃうよ。その言葉自体を作ったのが
社会主義者なんだけど。



93 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 23:34
なんか資本主義、共産主義の話になってる。
今、中国のアイドルがテレビに出てるのをみてふと思ったんだけど中国って共産主義ですよね?
アイドルの収入はやはり国に行くの?国がアイドルを養成?なんか変なの。

94 :やんばる  ◆4q/O9KmY :02/09/29 23:37
マルクス主義ってよく知らんけど、馬鹿にされても痛くも
痒くもない。

95 :名無しさん:02/09/29 23:37
共産主義なのに、収入は国家がかっぱらうのかい?


すごいな、それ 共産主義じゃないじゃん。

96 :やんばる  ◆4q/O9KmY :02/09/29 23:38
リカーディアンが馬鹿にされてる理由を二日ぐらい考えろ
と言われた時はまあ少しむむむと思ったけど。

97 :  :02/09/29 23:41
 まあ、別に痛くも痒くもなくてもよっろしいですが、謙虚さが
全然ないな。普通知らないことは学者を志すものなら勉強するものだが。


98 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 23:41
そいうのをイデオロギーろんそうといふ……

99 :名無しさん:02/09/29 23:44
リカードのいう

商品価値


てなに?

100 :初心者君:02/09/29 23:45
レベルが高すぎて、このスレの論争が見えん・・・。

101 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/29 23:48
>>99

ソビエトの商品になかったもの

102 :名無しさん:02/09/30 00:27
>101
 ぶはははは。

103 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/09/30 01:31
>>97
そーゆー、お前は近経をどれだけ知ってんだ?
数学できない○糞たんよ。

104 :ケンシロウ:02/10/03 19:38
おまえはすでに氏んでいる

105 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/03 19:49
良スレ。
>>1は老荘思想。
竹林に賢人として住むがいい。

106 :名無しさん:02/10/09 14:51
まーた失敗じゃ・・!


価格調節 は”ネタ”でした。

じつはわたくし、市場に手を出して決めていません。


|         ゴボゴポポポ・・・
    |             |
__ノ              |    _
| |                    |  ノ\__ヽ
ヽ二二 ヽ -―- 、    宦@  |   \ノ(◎)
_____/ /" ̄ヽヽ_| |.__|
   /  / _∧_∧ l / /    \
   |  |/( ;´Д`)/        \
   .\ヽ デンデ _/\゚ 。       \
     .\\::::::::::::::::: \\.    |\   \
       .\\::::::::::::::::: \\ /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       \\::::::::::::::::: \ | 地球の皆さん、さようなら・・・
         \\_:::::::::::_)\____________
             ヽ-二二-―'

---------- by 神

107 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 15:30
純粋資本主義キボーン
ダメ会社をさっさと潰さないからこういうことになる

108 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 15:52
こうなったらスローマネーで皆仲良く暮らそうよ

109 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 16:40
純粋資本主義個人競争米、みんなで一緒に共産
どっちも極端が滅びる。

110 :名無しさん:02/10/09 16:43
>>107

 コンピュータ上の
バーチャルシミュレータで 実行してみる汁!

111 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 16:46
既得権を過剰に保護して、一部の人間の権利を不当に制限侵害する社会
より純粋資本主義のほうが増。


112 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 16:52
>>111
それって、今の日本のことじゃないか。


113 :名無しさん:02/10/09 16:55
>>既得権を過剰に保護

 証拠は?

>>一部の人間の権利を不当に制限侵害する社会

 証拠は?

>>純粋資本主義のほうが増

 根拠は?

 まさここっちのほうがより平等であるとか言わないよね?

114 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 16:55
素人ですが、
資本主義が、経済成長を前提条件とするものならば、
ねずみ講に似ていると思いませんか?

115 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 17:00
貨幣経済はなくならんだろ。
ドルも円も刷り過ぎたとなると次はなんだろ?ダルに四角とするか?
天変地異もハルマゲドンも奇抜すぎる。
物々交換やゴールドに戻るのもかっこ悪いし。
貝にするか?桜貝。かっこいいかも。

116 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 17:04
中庸資本共産主義。
桜貝が米一石

117 :名無しさん:02/10/09 17:06
景気は循環していくぞ

118 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 17:08
資本主義とねずみ講の違い
はじけたとき一方は技術が残る。

119 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 17:14
アメリカやドイツでもデフレの可能性が出てきてるらしいね。
一般的過剰生産による持続的物価下落・・・・マルクスの予言通りなんですけど。

120 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 17:16
アメリカとかの最近の金融はネズミ講に近いものがあるな。

121 : :02/10/09 17:18
>>113
少なくとも、オレはパケ死しそうだ。

122 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 17:24
オマイラ
リアルタイム財政赤字カウンターって知ってるか?
http://ueno.cool.ne.jp/gakuten/network/fin.html

123 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 17:28
122 リアルタイム国民黒字カウンターでもある。


124 :名無しさん:02/10/09 17:28
うん。

デマ なやつだね

125 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 17:29
>>123
不良債権だけどな。

126 :名無しさん:02/10/09 17:30
>125
 おまえ、債権の意味わかってねぇだろ。


 しかも、不良債権って国民資産から消えてなくなってしまうもんだと
思ってるだろ。

127 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 17:31
債権とはお金を貸して、それを受け取る権利。
借りた先が返せない可能性が高いものが不良債権。


128 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 18:00
輪転機の刷った金に利子が生まれその金にまた利子がうまれ
その金にまた・・・

利子で何人しぬんだろう。アメは1200兆の借金でやけになって
戦争起こすのか?


129 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 18:08
>118
ワラタ

130 : :02/10/09 20:36
いよいよ現実味を帯びてきました。基本的には社会主義の影響など
1990年から(実はもっと前1980年代から)なくなってましたが、日経
8500円われでもまだフーリエ主義者のせいとかマルクスが生き返る
俺は昨日夢でみたとかぬかすアホどもがいるようで困ります。

131 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 21:36
資本主義が氏んだら、世の中はどうなるんだろう・・・・

132 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 21:37
まろやかになる。

133 :名無しさん:02/10/09 21:38
かろやかさが残ります

134 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 21:40
コクまろ。

135 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 21:42
>>132
激しい貧困、病気、麻薬、暴力が世の中を支配するのでは?

136 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 21:43
地域通貨と地域経済が支配する原始共産主義的社会の出現。

137 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 21:51
>>136
素敵!

138 :名無しさん:02/10/09 21:55
つまり、資本主義。

139 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 21:59
資本主義は人間に欲望がある限り終焉をむかえることはまずないよ。

140 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/09 23:13
金本位制は誰も恐くて挙げないな。日銀ちゃんは金を全部アメリカに
管理されてるから、実質ゼロ。さーてどうなるんだろね。もしもの時は。

141 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 03:12
工業から、文化の時代へ、かな?

142 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 04:14
対イラク戦争に踏み切れば米経済にマイナスの影響との指摘

[ホワイトサルファースプリングス(米ウエストバージニア州) 4日 ロイター] 
米企業経営者団体の米ビジネス評議会(ビジネス・カウンシル)は、
ここ10年で初めてのリセッション(景気後退)から立ち直るための勢いを回復しつつある米経済は、
現在は崩れやすい状況にあり、イラクに対する戦争が始まれば困難が及ぶ恐れがある、との見解を明らかにした。
同評議会は年次総会で、対イラク開戦による影響は全般的にみてマイナスのものだとして、その例として
エネルギー価格の急上昇や消費者の旅行抑制を指摘した。
同評議会の副会長を務めるJPモルガン・チェースのビル・ハリソン最高経営責任者(CEO)は、
「資本市場と株式市場にとっては、新たな悪材料だ」と述べた。
http://www.reuters.co.jp/news_article.jhtml;jsessionid=NCBBR0OVL1CHICRBAE0CFFA?type=businessnews&StoryID=1537414



143 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 04:47
中世に戻ります。教会とペストが支配する暗黒の世界です。

144 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 04:51
免罪符かわなくちゃ

145 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 04:51
どこでいくらくらいでうっているのでしょう

146 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 04:51
欣求浄土厭離穢土

147 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 04:53
バチカン印の免罪符を輸入販売する会社作ったら儲かるかな

148 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 04:57
中世は権力が分散化し、都市が封建領主の権力から逃れて自治権を手にした時代でもあります。
日本国の権力から最初に逃れる都市はどこだ?

149 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 04:58
都市と農村の深刻な対立はマジ中世化の予兆かもしれん

150 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 04:59
農業特区・・・

151 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 04:59
>>143

歴史観古すぎ。それじゃあ唯物史観。


152 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 05:03
>>148
薩摩

153 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 05:03
「薩摩」は都市なのか?

154 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 05:22
筑前

155 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 05:27
資本主義は氏のうとしている。


僕らは今その光景を目の当たりにして呆然と
立ちつくしている。

156 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 05:27
>>148
都市の自治の前に、封建諸侯が自立する時代が先立つはず。
したがって、正しい質問は、「最初に封建領主が出現する地域はどこだ?」

157 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 05:35
理想の共産主義が実現できないのと同じで、
理想の資本主義も実現できなかったと。
不正や、保身のために。

158 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 06:10
なんで株価で我々の生活が担保されないと逝けないのか
資本主義が終わるのは当然、ニッケイも同時に逝ってください。

159 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 06:27
>158
株券という紙っぺらの値段に左右される現在と将来の生活かー。いとむなし。
なんか間違ってるよ。

160 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 06:36
   ,;;《iiミミミミii巛ミミ彡ミミ;;,,
  彡ミミミミミミ巛三三ミミミミ;,,
  巛ミミ《《《llll;;|ミミミ《彡彡彡ミミ》ミ
  巛ミ《llli/⌒` '" `゙゙ヾ三》巛彡ミ
  ミ巛llノ    ─    ミ》》》ミミヾ
  ヾミi/  ー   '_,,,,,,  ゞ》》》彡ミ
  彡/,-一ヾ ,i /   `  ミ)))ミミ彡
  川| ─- ) /、'" ̄ヽ-  |||))ミミ彡
  彡) '((ノ/ ゝ  ))    ||lゞ三彡  ________
  |l||.i^ ))/ ヽ  ((   r |l(.6ノミ  /
   ミ( (( ゝ-'ヽ 'ヽ))    |ー'彡  |
   ヾ|! )) ノl  _  ((   〉 川ミノ  | アメリカのために良く働いた!
     |((rニ二ニ'冫))  ノ |巛ノ <     感動した!!
     `|))' ̄´  ノ(( _,.. '  |彡   |   
      !,  ,  ' ノ'  i. ヽ|_    |
      `-┬ '^     ! / |\   \
        /i`ヽ. ゝ  / ノ::::::\    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


161 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 06:58
この世界的不況(リセッション)は、構造的な問題だ。
資本主義というのは完結したシステムではなく、ソビエトと中国という
外部によって補完されたシステムだった。
いわばエントロピーをソビエトと中国という外部に捨てることによって、
なんとか維持されてきたシステムが、外部の消失によって、
大量のエントロピーを内部に抱え込んで、今や崩壊を起こしつつある、
そういうことではないのか。エントロピーは増大し続け、そして、
やがて資本主義の死を迎える。
おそらく合衆国の混乱・崩壊(自壊)に連動して、世界の混乱とともに、
世界資本主義が死んでいく。近代の死、近代の終焉てことだ。

アメリカの新世界帝国という戦略は、
乾燥しきった世界に火を放つようなものではないのか。
世界的規模のカタストロフが起ころうとしている、
ということではなかろうか。


162 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 07:01
エントロピーがオカルト感増してる、もう少し
分かり易い話しにしてよ。

163 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 07:02
>>159
北朝鮮が君を待っている。
むこうは指導層の意思で簡単に生死が左右される世界だ。

164 :名無しさん:02/10/10 09:08
エントロピーは増大していくが、

エントロピーの拡大減少(ちょうど逆)てなもんもある

165 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 13:11
共産主義国のほうが儲かってるよな・・・。

166 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 14:22
>>165
中国はアメリカ以上に貧富の差が激しいぞ。すくなくとも、アメリカはブルーカラーでも人間扱いしてくれる。

167 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 14:49
円とルピー

168 :   :02/10/10 19:34
エントロピーの話

 立証は難しいと思うが、そんな気ははすると俺も思う。

 結局資本主義社会は一人では生きていけない。社会主義という”悪”
(社会主義国に住む人から見ればこちらが”悪”だが)がない限り
生きていけない。他人がいてはじめて自分がわかるというようなものだ。
もしこの世に自分一人しかいなかったら自分何て何者かわからないだろう。
(動物状態に戻る(例え世界が破滅して自分ひとりしか残らなくなっても
”自分は何者かわかる”というものがいっるかもしれないがそれは”他人
の思い出”があるからこし)。資本主義は自分ひとりで生きていけるなら
はよーソ連崩壊以降のこちらの崩壊をなんとかしろ。

169 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/10 19:40
日本は社会主義ですが何か?
だから資本主義の前に敗北寸前ですよ(w

170 :   :02/10/10 19:43
>>169

マジ聞き飽きた。

171 :さよなら資本主義:02/10/11 21:16
もう
おわりだね〜
君が小さく見える〜

さよなら〜さよなら〜さよなら〜
もうすぐそこは白い冬〜

172 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/12 18:52
ロシアの通貨が上がってるけど、中国の通貨は上がらん。
儲かってるなら切り上げして欲しいんだけど。

173 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/12 19:57

資本が富を生んで何が悪い!

不労所得最高!

174 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/12 19:59
>>172

 実 は そ れ で 世 界 経 済 復 活 ! ! ( マ ジ


175 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/12 20:27
消費者金融がガバガバ儲かっているこの国のどこに資本主義の最期があるのか?

金が金を産む   まともに働くのがイヤになりますな

176 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/12 20:32
そうは言っても実際は
気質の人はやらん、
賤人とかやく○、低学歴
身よりの無い香具師。
AV男優に成る感覚だよ。

177 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/12 20:33
最下層の香具師が紛れ込んでるのか?

178 :名無しさん:02/10/12 23:39
さよなら 資本主義 


さよなら 日本。

179 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/13 01:45
世界的な恐慌はもう避けられない状況だな。
大規模な対テロ戦争でも世界的なデフレ傾向が抑えられないとなると・・・
来年後半以降には世界の経済はいったいどんな風になっているのか、

不安だ。。。。。



180 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/13 08:04
資本主義はあともう数年しかもたない。
この認識を全日本国民がはっきりと持つべきだ。

政治家のせいにしようが、官僚のせいにしようがもうしようがない。
今後皆がどういう社会を作っていくのか真剣に考える時期が来ている。

181 :名無しさん:02/10/13 09:13
過剰資本

182 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/13 15:03
世界大戦以外の解決策が思いつかない。

183 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/13 15:11
資本主義がなくなることはないね。
代わりになるものがないよ。
市場原理は経済活動がある限り続くし、
工業製品をすべて手作りにするもの無理だ。
もちろん通貨というものがなくなることもない。
経済活動をする以上、必ず何らかの設備投資を行わなければならない
し、活動するためには人も雇わなければならない。
資本主義が滅びるときが人類の文明の終焉と考えた方がよいと思うね。

184 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/13 15:15
紙本主義manse-

185 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/13 15:16
技術革新で生産性が上がるほど、労働者が必要なくなる。
消費が減り、失業率が上がって資本主義を揺るがす。
常に新しい市場を創造しないと存続できないシステムなんだよね。

186 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/13 15:18
そうだな。強いていうなれば、「巨大資本の終焉」かな?
アメリカ型の市場支配を前提としたグローバル経済から、
新しい分散協調型のグローバル経済への移行といったほうがいいかも
しれないね。
ネット上で取引をして、必要なときだけ対面のために飛行機で飛ぶ
というのが主流になると思うよ。
もちろん規模の大きさも需要だから、さまざまな形で今の「株式会社」
よりも、ずっと緩やかな企業集合体による経営になると思う。
まだはっきりとはイメージがつかめないけれどね。

187 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/13 15:23
不況の永劫回帰

188 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/13 15:24
>>185
だけど、現実は「経済が技術革新に追いつかない」というのが
正解でしょう。技術革新がなくて経済が滞っているのではなく、
新しい技術にどう投資していいのかわからないというのが
現在の不況。
たとえば、バイオは技術的にはすごいけれど、経済的には
どうすごいの?
という点が問題。
光ファイバ vs 10G Ethernetなんて普通に人には
理解は不可能だからね。
新しい技術にどう投資させるか。それをどう雇用機会の拡大に
つなげるか。エコノミストの頭がまったく付いていっていないんだよ。
技術の進歩から言えば、インターネットだって原型は1970年代から
あるし、オブジェクト指向も1960年代からある。
情報通信の基礎技術はそれほど進歩していない。
分散処理にしても情報ネットワークにしても
概念はかなり古くからある。
しかし、実現しようとするとあまりにも変化が大きくて
一般人が付いていけなくなる。そこが問題だね。


189 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/13 15:24
これからはPeer-to-Peer型の組織統治ですよ(意味もわからずに書いている)

190 :名無しさん:02/10/16 20:26
今日の   NHK クローズアップ現代

「リストラ免れた 30代過労自殺」

三鷹?

191 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 20:39
神は死んだあああああああああああああああああああああああああああああ

192 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 20:54
>>190みたよ。2ch経済住人には株価以外感心ないようだけど・・・

193 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 20:56
この手の問題に関心があるような働き盛り層は、午後7時台に
自宅でくつろいでいたりはせず、職場で激務中だと思うが

194 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 20:59
>>192
株板行けば判るよ。デイトレばかりだもん。

195 :名無しさん:02/10/16 21:06
三鷹

これが 予定調和  紙の威力ってか!

価格調節のためなら 紙は、人の死もいとわないらしい

196 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 21:12


  経済システムを機能不全にさせる策を講じましょう。




197 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 21:14
>>196
すでに機能不全ですが何か?

198 :名無しさん:02/10/16 21:16
いまこそ   きけ  わだつみの声!

すべては 価格調節のために!   価格よ遠話に! 

199 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 21:21
過労死、過労自殺が急増しているそうです。
しかし政府、マスコミ、投資家
はこの現状を黙殺し続け株価対策などに躍起になっています。

日本国民を過労死、過労自殺から解放する為に私たちが出来る事は
一層のデフレを進行させ政治、経済を機能不全に陥らせる事です。
生きているか死んでいるかハッキリしない生殺し経済が一番危険なのです。

早急に日本経済を破滅に追い込み魔性!!




200 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 21:22
そしてゑ~ぢゃなゐか!を踊るのだ!
                . ┌─┐
                . |か|
                . |ん|
                . |べ|
                . |ん|
      +           |.し |
 ゑ~ぢゃなゐか!      │て |  ダイエーに突っ込んでも
   ゑ~ぢゃなゐか!    │や..|   銀行に突っ込んでも
  +.  ゑ~ぢゃなゐか!  │ !!.│    市場が逝っちゃっても
       ゑ~ぢゃなゐか!└─┤     ゑ~ぢゃなゐか! あそれ!
+    /■\   /■\   /■\ +        +
   (  ゚∀゚∩ ( ゚∀゚ ∩) ( ゚∀゚ )    /■\
 (( (つ   ノ (つ  丿  (つ  つ )) ( ゚∀゚)
+    | ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─| ̄ ̄ ̄|─□( ヽ┐U   +
〜 〜  ̄◎ ̄  . ̄◎ ̄   ̄◎ ̄   ◎−>┘◎


201 :名無しさん:02/10/16 21:26
 価格調節を信じる へいぞー!   おそるべし  コイズム! 

202 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 21:26
>>197
制度改革に至るまで機能不全させるべき。

自民党に国民は一切見えていない、見えてるのは
荒唐無稽な数字だけ。


203 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 21:28
早くゑ~ぢゃなゐかを踊って気楽になりてー!

204 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 21:37
日本経済を一発で仕留める
スナイパーは居ないのか?

205 :名無しさん:02/10/16 21:39
 へいぞー!   

206 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 22:00
いまでもじゅうぶん気楽ですが


207 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/16 23:59
「世直し」と路上生活者に熱湯 5少年を傷害容疑で逮捕

http://www.asahi.com/national/update/1016/024.html

 公園で寝ていた男性に熱湯をかけてけがをさせたとして、警視庁は16日、
東京都墨田区と江東区に住むいずれも16歳の都立高の男子生徒3人を傷害
容疑で逮捕したと発表した。少年たちは路上生活者を狙った襲撃を繰り返して
いたといい、「世直しと思ってやった」と話しているという。

208 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/17 00:02
朝鮮化が浸透してきたな

209 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/17 00:41
弱い奴しか攻撃できないヘタレが世直しを語るとは、世も末だな。

210 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/17 01:30
>>209
おいおい、弱いリーマンを攻撃する日本政府はどうなんよ?

>>207は紙!

211 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/17 01:35
>>207
こんなのが日本の未来しょって立つんだから先はみえてるよなぁ。
あーぁ。

212 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/17 01:36
この眼で世界の最期を見届けたいものだ。

213 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/17 02:17
資本主義の経済システムが崩壊したからって悲観する必要はないよ。
たかだか金がなくなっただけじゃないか!
金なんかいくらでも俺が刷ってやる!

214 :屑箱愛好会 ◆oz7Wpm.iX2 :02/10/17 23:02
>>210
 だから、世も末。

215 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/17 23:06
アメリカ以上に金を刷ればいいだけなんだが、金を刷りたくないと言っている
おバカな政府・日銀が日本を駄目にしているんだわ。

216 :名無し:02/10/17 23:11
>>214
 紙を呼んできてくだされ。

217 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/17 23:30
力で生き抜く時代の到来だ。みんなで超人になろうぜ。
そうだな・・・まずは浮浪者に熱湯がけだな。

218 :名無し:02/10/17 23:44
アンパンマン 招来する汁!

219 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/17 23:46
自らの目で世界の終焉を見届けることのできる我々は
なんとすばらしい時代に生まれついたのだらう。

220 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/18 00:49
>215
日銀はアフォ丸出しだよな。国債なんて返済の財源がどこにもないんだから
結局引き取るしかない訳で、それならお札をすったほうが早いし、それを
選択しなきゃならないのは誰でもわかってる。高橋是清はお札すりまくっ
たから名宰相なのに、速見のボケは何考えてるんだろうな。国債暴落まで
待ちますか。そうですか。

221 :名無し:02/10/18 01:02
「フリース」の反動で利益半減 ファーストリテイリング

http://www.asahi.com/business/update/1017/021.html

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが17日に発表した
02年8月期決算(単体)は売上高は前期比18.4%減の3416億円、
経常利益は同46.9%減の547億円の大幅な減益となった。品ぞろえ
の幅が広がらなかったことに加え、00年の秋冬に爆発的なブームとなった
「フリース」の反動が響いた


 ・・・デフレを輸出入しているユニクロにまったが!

 それゆけ ユニクロ三等兵!

222 : :02/10/18 01:22
半導体工場から流れる排水は、お粗末な処理をして直接川に流される。
その水を僕らが毎日飲んでいる。川には奇形魚いっぱい。
人間の赤ちゃん20人に1人は奇形児か障害児。政府は恐ろしくて一切
報道してない。

223 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/18 01:27
公害問題は70年代的だが、未解決の問題だ。。。

224 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/18 01:34
実際問題は発展途上国が出す公害物質も問題。
グローバル経済の発展はやはり必要です。
国際条約により世界統一化を計るべき。

225 :名無し:02/10/18 01:36
そして、地球人は失業へ・・・・・・・。

母さん、僕は 機械の体を手に入れるために 旅たちます・・

226 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/18 01:38
「平成30年」では、中国発の酸性雨が日本で降るという設定になってなあ。

…よし!傘メーカーの株を買おう。

227 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/18 12:50
人類を労働から解放する=単なる失業者の激増

228 :屑箱愛好会 ◆oz7Wpm.iX2 :02/10/18 21:41
>>227
 労働形態の高度化と対に、私的取得を前提とする資本制のもとではね。

229 :名無しさん:02/10/19 00:52
あたらしい、公共事業見つけてきたぜ

新警察官   これで逝ってみよう黄泉の國へ
http://www.generalworks.com/databank/movie/title3/plb93.html


230 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/19 03:28
日本は今にいたるまで資本主義の国であったことはありません。
資本主義では資本が神です。
産業は資本を増大させるための道具にすぎません。
会社は資本を増大させるために設立、維持されるのです。
もちろん会社は株主のものです。
いい車をつくって皆に乗ってもらいたいから会社を興す。
そんなものは資本主義ではありません。
日本はものづくりの国です。言ってみれば産業主義の国です。
しかし、グローバル資本主義の前に見る影もなく破れ去ろうとしています。
グローバル資本主義は世界帝国の完成を目指し、まだひた走るでしょう。
しかし、収奪する外部を食べ尽くした帝国に生き残るすべはありません。
資本主義は、その根底に宿すデフレの罠から逃れるすべを持ちません。

231 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/19 09:28
クルグマンか?

232 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/19 09:34
>【紙は】資本主義の最期を見届けるスレ【死んだ】

それ以前に
「政党政治の時代は終焉した」と10年前から主張している俺なんだが。

            

233 :名無しさん:02/10/19 09:42
昨日の NHK 特報首都圏 30分番組で

サラリーマン をネタにした ミュージカル特集を やってたな

まったく、やめてもらいたいもんだ。大恐慌時代じゃあるまいし。

234 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/19 09:43
>>228
だったら、私的取得を拒絶して勝手に飢え死にでもすれば?

235 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/19 15:26
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021018-00000529-jij-bus_all
財政規律を守る事はどうやら馬鹿げた事らしい。まぁアメリカがああだからな。。

236 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/20 11:03
不況の永劫回帰


237 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/22 21:50
いつ死ぬの?

238 :屑箱愛好会 ◆oz7Wpm.iX2 :02/10/22 22:46
>>234
 顛倒してるね。

239 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/23 12:27
昨日の債券の大口売りには焦ったぜ。

240 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/23 12:28
>>236
バカの永劫回帰だろう、コイズミ。

241 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/23 13:31
市場原理はなくならないが、資本主義はほろんだ。
なにが違うかっていうと、後者は拡張を本質としていることだ。
我々は、中世のような Static な社会に回帰しつつある。
市場原理と Static な社会はまったく矛盾しない。
ここ150年に及んだ資本主義マンセー祭りは終焉した。

日本はこのままでよい。
景気回復や経済成長など求めるな。
ブームには乗らない。不必要なものは欲しがらない。それだけの単純なことだ。

242 :マルクス:02/10/24 01:39
ほろんだ というより

拡張性がほろんだ。  ほら PCだって拡張スロットに限界があるだろ

243 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/25 02:32
結局刷りまくりの拡大しまくりでないと資本主義経済は
持たない、永久インフレ状態。中央銀行がアメリカも
日本も山のように紙幣だけ刷る。いつまでもできそうに
ないな・・・。

244 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/25 03:35
フランス革命以来資本主義とはブルジョアの
権利と自由の確立を目的としたものであって
決して国民の自由と権利を保証したものではない

漏れは法律家だからそう言えるのだ、事実だぜ藻前等

現在でも基本的に変化ないんだよ、誤魔化されているだけ。
しかも日本は最も中世的ブルジョア保護、貧乏人死ね社会なのだよ。

これは政府、経営者にとって禁句だが本音なのだ。

245 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/25 03:42
>>244
日本人は自らブルジョアになる権利を放棄しているな。
預金を資産にするのは何も考えられない奴隷。
有価証券を資産にするのは思考できるブルジョア。

日本人の大半は金を持っていても眠れる奴隷。

246 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/25 03:52
しかし資本は悪だという思想は正常な感覚だと思う。
子孫に株やれという程いやらしい教育もないと思う。
資本は法人所有でいいのさ、好き嫌いの問題だけど。・

247 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/25 04:15
>>246
だから、ここは資本主義国家だから、北朝鮮でもキューバでも
どっかに行ってね。

248 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/25 04:21
>>247あんたはやっぱ子供にそういう教育するんだ?

249 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/25 04:38
>>248
当たり前だろ、カス
お前とお前の子孫はいつまでたっても眠れる奴隷。
永遠に他人にこき使われてろw

250 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/25 05:07
>>249 朝鮮 か・・・

251 :名無し:02/10/26 15:49
おまえれ、 有限責任って知っとるけ?

252 : :02/10/29 19:25
基本的に株式会社も(最近では官僚も)すべて”有限責任”ですので
適当に運営して失敗しては”やっちゃった。まっ、謝りゃいいか”で終わりです。
 学者にいたってはさらに最悪で有限どころか、その見返りが給料にさえ跳ね返る
こともサラリーマンより少ないので無責任な言説が横行してますな。

253 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/29 19:42
>>246
あなたはイ○ラム○理主義者ですか?

254 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/29 21:30
是一個衆生破滅 世論只空転虚空
非遠一条光来迎 一切滅消是来世
悉煩悩三界霧散 是一個衆生滅消
利益貪者只虚栄 必滅而無間地獄


255 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/30 11:32
>241
>市場原理はなくならないが、資本主義はほろんだ。
>なにが違うかっていうと、後者は拡張を本質としていることだ。
>我々は、中世のような Static な社会に回帰しつつある。

資本主義と拡張は不可分ですか。その根拠は?
本当に不可分なら、少子化日本では資本主義は成り立たない。

ECは少子化による市場縮小を市場統合&拡張主義によって克服したが、
日本も拡張主義が今後不可欠じゃないか?ASEANと一体化しろ。

256 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/30 11:50
中国様と一体になれば、無限の成長が約束されます。

257 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/30 12:22
地球環境は有限です。

258 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/30 12:45
http://kanaharap.tripod.co.jp/shop.html
http://kanaharap.tripod.co.jp/
http://kanaharap.tripod.co.jp/top.html
    

259 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/30 22:57
宇宙で人間が生活できないので資本主義は終わりです

260 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/31 11:24
まだ海上海中があります>拡張先

261 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/10/31 11:25
地下もあるぞ>拡張先

262 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/07 01:22
月もあるぞ。ってかNASAが弁明するらしい。>アポロ着陸

263 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :02/11/07 01:25
月には行ってなかったんだな。

264 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/07 02:57
 _____________________
 |                              |
 | 今 ・  こ  ・  .基 俺 そ そ 聞 小 .     |
 | 頃 ・  の  ・  本 が の し  く  学 .     |
 | 俺 ・  言  ・  的 思 結 て と  校.      |
 | を 過 葉 い に  う 果 最 こ  の   テ  |
 | 笑 去 .に え は .に 得 期 ろ  性   ィ . |
 | っ に 騙  い .譲  、 た に に  教   ッ  |
 | て 戦 さ  え り  精 人 勝 よ  育   シ |
 | い っ れ .お 合 子 生 ち る  で    ュ |
 | る た 続 先 い 達 が 残  と  、     |
 | の 精 け に   .は  、 っ 莫 自      |
 | か 子 た ど    戦 こ  た 大 分      |
 | ・  た の う    っ の の な  が      |
 | ・  ち が ぞ    て 有 が  数 昔      |
 | ・    俺 !    い  り 俺  の  、     |
 | ・    だ      な  様 様 精 精      |
 | ・    と      .い    だ 子 子      |
 |      思      の    と  と だ      |
 |      う       で    い 戦 っ      |
 |      方      は    う  っ た      |
 |      が      な    事 た 事      |
 |      自      い    だ ら  を      |
 |      然      か       し 知      |
 |      だ              い っ      |
 |                       た      |
 |                              |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

265 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/07 13:11
>263
あの時代だと片道が関の山じゃないかな。一応月に何か置いたのは
確かだけど、人間を往復させるのは無理っぽい。

266 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/07 13:12
四次元もあるぞ>拡張先

267 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/07 13:21
>>266
人間が固体を保っていられたらな。

268 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/07 16:06
>241
このままで良いって、拡大を続けないと失業者が出てしまうでしょ。いや、現に出まくっている。




269 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/07 17:13
21世紀の公共事業は宇宙開発で!

270 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/07 17:15
>>269
その資金がないぽ。

271 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/07 21:03
>270
日銀様に刷ってもらえって。

272 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/07 21:15
       コロッケワッショイ!!
     \\  コロッケワッショイ!! //
 +   + \\ コロッケワッショイ!!/+
       _,,、、,,,_,_  _,,、、,,,_,_  _,,、、,,,_,_     +
.   +  ,r';;'::゛':::`::;''tr';;'::゛':::`::;''t,';;'::゛':::`::;''t  +
      'r、;:´∀`:∩'r;´∀`∩r''r、;:´∀`;;r'さくさくほかほか!
 +  (( (つ   ノ (つ  丿 (つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ  ( ヽノ   ) ) )
       (_)し'  し(_)  (_)_)


273 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/07 21:32
株を買わない労働者は資本家の奴隷

274 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/09 10:05
ブラックマンデーまだぁ?

275 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/18 03:07
資本主義はネズミ講

276 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/18 13:45
日本は崩壊かな。やっぱ体質的に資本主義だめなのよねぇ。

277 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/19 03:36
 
労働生産性がきわめて高いのは画家や作家やスポーツ選手など。
市場原理主義者どもの理想形態はこれらなのか?

278 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/11/24 01:13
後ジャックウェルチ。COOとかCEOとか給与格差が一般と比べて
大きすぎ。それで粉飾するから最悪。

279 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/12/02 01:11
現代は、時代の過渡期である。
産業革命期から現代に至るまでは、「大量生産時代」とも言うべきものだった。
つまり、ものを大量に消費することが人の幸せに直結し、社会的にも正しいことだと言われた時代だった。
ところが、ここに来て
「捨てる・削る」事が重要視されてきている。
人々は自分が消費できるものの限界を知り、必要なもの以外を削る・節約することを覚えた。
生産するには物資と人材が必要だが、
削るには自分の欲求を的確に把握し、何が必要か必要でないかを見極めなければいけない。
よって、これからの時代は「自分にとって最小限であるという限度を見極めるために」情報があふれることになる。

人材・物資から情報・指向性を重視する時代へ。
均一な組織からフレキシブルな集団の時代へ。
核家族から通い婚の時代へ。
すべてが「個人の価値観」を中心とした「群体」的な文化へと移行していくだろう。

マスゲームは終わった。

280 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/12/02 01:11
ブレジンスキーの『大いなる失敗』(飛鳥新社)読んだのかい?
マルクス・レーニン主義の過ちを理論的に考察した好著なのだが。

「共産主義の下で起こった事象は、歴史の悲劇以外のなにものでもなかった」



281 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/12/16 00:08
金の上昇が怖い。

282 :キタ━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!:02/12/16 00:47
市場原理だ、新自由主義だ!
最強の我らが為に自由なこの世はある。
さあ、一人勝ちの世界天下統一をめざすのだ!
並み居るライバル共を喰らい尽くし、
いつしか政府も軍も裁判所も警察も
あれもこれも我等が手中。法律なんて、皆自前。
さあ、古きを脱ぎ捨て、新しい歴史の始まりだ!





283 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:02/12/29 20:27
再利用age

284 :山崎渉:03/01/07 06:58
(^^)

285 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/01/14 21:17
ドルがくたばるとこのスレも再生されるな。

286 :山崎渉:03/01/20 13:03
(^^;

287 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/01/25 22:01
金の再生産が不可能な経済活動、拡大成長のない営みは
必然的に資本主義の終焉です。

288 :age:03/01/25 22:06
age

289 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/01/25 22:13
なつかしい、スレが age ってんな。
そろそろ、現在の混合経済についてはなんかないすか?>コメント

290 :プリン:03/01/25 22:19
日本で282が言ってること実感として知ってる奴はなかなかいないだろ。

291 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/01/25 22:21
新自由主義・政策が
労働者の賃金引下げをねらったものである..と知っていますがなにか?

292 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/01/25 22:22
まず経済学の導入部分でも必ずでてくる
GDP神話をくずすことからはじめよう。
私の考えではGDPマンセーは発展途上国が
先進国の利益を与えるための思想に思える

293 :プリン:03/01/25 22:32
>>291

ごめんごめん。説明不足だったな。

俺が言いたかったのはコレ(↓)

いつしか政府も軍も裁判所も警察も
あれもこれも我等が手中。法律なんて、皆自前。
さあ、古きを脱ぎ捨て、新しい歴史の始まりだ!


294 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/01/25 22:36
その歴史史観は
アメリカがローマ帝国にでもなるといことでちか?
なら、なんかもうすでにローマ帝国末期(グローバルスタンダードが)なよう
な気する(w

295 :プリン:03/01/25 22:40
歴史じゃねえよ。現在進行形だよ。



ラテン・アメリカだけどな。

296 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/01/25 23:07
しかし、資本主義の成功は
貧乏人を作り出すシステムがうまくいったから、成功したんだな。
地球上に貧乏人がいなくなったうと、資本主義もいきずまっちゃうよぉ。

じゃあ、なんで日本ほかの国で資本主義がうまくいったかというと
これは、南半球の地球人を貧乏人にするシステムうまくいったからなんだなあ。

297 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/01/27 15:25
>296
後農業国と資源国な。

298 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/02 23:28
ここ五年以内の予測。

米がイラクを攻撃する。
多少ドル高。
東京に大地震がくる。(統計上、そろそろその時期)
世界的に株価暴落。
ドル高加速。
日本が復興のため、米国債を大量に売る。
米国債大きく下がる。

その先考えてください。



299 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/02 23:31
日本財政破綻
ハイパーインフレ
預金封鎖


300 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/02 23:35
富士山噴火。
日本沈没。
覇王出現。
ユリア自殺。
ケンシロウ登場。
覇王敗れる。
ケンシロウはユリアと再び巡り会い幸せに。

301 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/08 12:59
アメリカ資本主義を維持するためにはイラクの攻撃は必要不可欠だが
北朝鮮は何のメリットもない。俺はそう思う。

302 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/08 13:01
というより、北朝を生かすことに
アメリカのメリットがあるでしょ。

303 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/08 14:25
日本の安保続行のためには北朝鮮はあのままで必要かもな

304 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/08 14:27
米国民感情のトイレって感じはしますね。
↑北とイラク

305 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/08 14:30
ラッダイト暴動の発生!!

306 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/08 15:44
>>日本の安保続行のためには北朝鮮はあのままで必要かもな

soukai?


307 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/09 01:39
冷戦後 afge

308 :名無しさん:03/02/13 00:27
イラク戦争直前!! age ときます

309 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/14 23:22
|  |
|  |∧_∧ アゲ
|_|´・ω・`)丿
|上|   ノ      
| ̄|―u'
""""""""""


310 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/15 00:08
MXを経済学的に見ると興味深そうだね。
ほぼ完全な市場経済なんじゃないかな。

311 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/15 00:34
WinMX ?

312 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/15 01:35
>>311
そう。

313 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/15 01:46
物々交換っぽけどな。

314 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/15 14:36
一応通貨はあるんじゃないの。

財の動きとか資産価値の推移とか調べるといろいろと面白そう。

315 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/16 15:22
相変わらずネバダは大げさだがこの相互主義ってのは世界的に起こる
かもしれんね。紙幣に信用が薄れて為替が死ぬと。
http://www.collectors-japan.com/nevada/content/c030201_3.html

316 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/16 15:29
トイレの落書き名言

    カ ミ を 信 じ ぬ 者 は
    自 ら の 手 で ウ ン を
     掴 ま ね ば な ら ぬ

317 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/16 16:09
>>1
紙の価値はどんどん上がっているがね。

紙はいらんのか?

318 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/16 21:46


  彼らには不思議でならなかった。金塊は、それ自体では何の役にも
 立たないのに、世界中のあちこちで尊重されている。
  そもそも人間が用いるためにつくられ、人間が尊重するからこそ価値が
 生じるものなのに、いまでは、その人間よりももっと価値があると
 されているのである。


       --サー・トマス・モア(1478-1535) 「ユートピア」

319 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/16 22:02
プロローグ

 100年ほど前に、イギリスの思想家ジョン・ラスキンがこんな話を
書いている。
 「ある男が全財産の金貨を大きな袋につめて船に乗り込んだ。
 数日後、船は激しい嵐に襲われ、乗客は船を棄てて逃げろと警告された。
 男は金貨の袋を腰にくくりつけると、甲板に上がって海に飛び込んだが、
 問答無用にたちまち海のそこに沈んでしまった。」

 そこでラスキンはこう問い掛ける。
 「さて、海に沈んでいった時、男は金を所有していたのだろうか、、
それとも金が男を所有していたのだろうか??」


---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


       --サー・トマス・モア(1478-1535) 「ユートピア」

320 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/16 22:32
第2章 :偶然の産物

 金塊の発見と金貨の発明は、それ以外に用が立たないとい意味で画期的だ。
ほかの用途に立たないという観点からは、現代貨幣の大半を占めるコンピュータ
の数字は、最良の貨幣だろう。ほかに使い道がないし。すぐに認識可。
 それにしても、現代の洗練されたかたちの貨幣を手放しで賞賛し、より
原始的とされている社会の貨幣を軽んじていいものだろうか。
 ヤップ島の貨幣について考えてみよう。

 1903。ドイツ植民地となった、ヤップ島は、食料も衣料も木になったりして
それを取りさえすれば、こと足りそうな地域では、生活費のために大きな借財
を背負うことなどめったにない。
 当時のヤップの貨幣はフエイとよばれ、車輪のような石貨で6mを超えるもの
もあった。
 持ち運びのできる小さなフェイは交換の媒体にしやすく、魚・ブタの
支払いに使われて流通した。だが大きなフェイはそうはいかなかった。

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

321 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/16 22:56
第2章 :偶然の産物

 大きな石はたいてい非常に重かったので、同じ場所においたまま動かさない。
ごくまれに大きな取引時に所有者が変わったことが確認されるだけで、どこに
あろうと石は相変わらすそこに置かれだった。
 事実、村一番の裕福な家族は巨大なフェイを所有しているというが、誰もそれ
を見ることはできなかったし、一度も見たことがあるものもいなかった。家族
によればフェイは海底にあるという。嵐で船ごと沈んだのだという。
 ラスキンの物語とは違って、この祖先は生命が1番。オカネは2の次とした。
 嵐にあった男は石貨を捨てて助かった。しかし、購買力は健在である。

 ドイツ植民地時に、道路を島民労働で作らせようとしたが、説得がうまく
いかず、業を煮やした政府は罰金を課す。作業を完了したら返還することに
した。役人は島で一番でかいフェイに×印をつけて政府所有を宣言した。
かわいそうに貧乏になった島民たちは道路補修の労働にたずさわった。
仕上がったのち、政府は×印を消して、「そら。これで罰金は返却だ」

 時と場所を越えて、こうした措置は課税と政府支出と呼ばれるようになる。
---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

  貨幣と所有の不思議なパラドックス....

322 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/16 23:13
第4章 : 象徴と信仰

 滅亡した西ローマ帝国とは違って、東のローマ帝国は伝統にならった。
中世は総じて貨幣が消滅し、原産地に近くに民衆が住むが、ビサンツ帝国は
貨幣を発行し続けた。兜をかぶる皇帝,十字架,キリスト,,etc,,,
 伝統にしたがってできた、当時の貨幣「ベザント金貨」は金の純度が高く。
非常に価値が安定していた。ビサンツ帝国も金鉱の地の利を求めて遠征をする。
このベザント金貨を称して、評論家ロペスは
 「中世のドル」  と評論した。実際、現在の$より強力だった..

 この説を考えるとき、ひたすら黄金を飾ってベザント金貨を自慢したビサン
ツ社会について疑問が浮かぶ。
 「価値の高い安定した通過は、その安定を保つために重ねられた犠牲に
 値するだけの利益をはたしてもたらしたのであろうか??」
 換言すれば、ビザンツ帝国は自国製品の輸出を促進-外国製品の輸入を制限
して、最終的に何を得たのだろうか?   
 よりいっそうの金・金塊である。たしかに他国に比べて金を蓄えた。
 だが、国家が金を蓄えても、それを使わなかったら、いったい何の利益が
あるだろうか??ミダス王ならこの問いには答えられただろう。
 つまり、どんな国民も食べたり着たりしなくては、遊ばなくては、生活を
楽しんだりする必要もある。

 この疑問は、今でも続く.....

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」



323 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/16 23:24
で、資本主義の次は何なの?

324 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/16 23:41
第5章 : 黄金、塩、祝福された町

 アラブ人がどれほど信仰に厚かったとしても、生活を楽しむことはビサンツ
帝国を手本にした。アラブ社会には「千夜一物語」..

 「金または銀の杯から飲むものは、地獄の炎を飲む」
 というムハンマドの忠告にもかかわらず、カリフは飽くなき欲望を抱いた。
 時は11世紀。アラブ人がアフリカを探検・征服していった陸の大航海時代
である。征服した土地からは金鉱が見つかる。しかし、内陸部はまだだった。
 輸送の手段として、画期的な「ラクダ」が導入され、隊商が組まれる。
 アフリカ内部の金塊をほしがった、アラブ人は貿易で手に入れることにした。
アフリカ沿岸部より、内陸部の人々にとって”塩”が貴重品となった。なにし
ろ塩を得るためには北に1600キロの所にあり、そこでは黒人奴隷が過酷な環境
で塩を掘っていた。この塩をキャラバンは貿易に使う。。

 キャラバンは塩を置いていく。アフリカ人は金塊を置いていく。
 無言で奇妙な貿易が続いた。。。 これには深い意味がるのだ
 彼らは塩の返礼として金を差し出した。
 「スーダン人にとっては塩は""金に比べて""はるかに重要だったから、塩
 が買えるという理由で金の価値を認めた。人間には塩が必要だ。
 しかし、これを逆の立場から見てみよう。1オンスの塩が1オンスの金かそれ 
 以上の金と交換されるなら、金を取りに行くだけで莫大な利益が得られたに
 違いあるまい。」

 塩の渇望したアフリカ人にとって、金よりも塩のほうがどんな地球上の価値
よりも標準的な価値基準として重要視され、金よりはるかに協力で永続性のあ
る力だった。

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

  食欲とゴールドのパラドックスは大航海時代にも展開される...

325 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/17 00:04
第6章 貨幣職人の遺産

 ローマ帝国滅亡後の長い経済停滞は、新しい千年紀で経済発展に入り、
EUでは価値の意味を探ることが研究や議論の中心になっていた。大学では
「公正な価格」の定義をめぐって、哲学者や修道士の間で議論が沸騰した..

 商業と貿易は貨幣なくして行われない。中世には、金/銀の供給量がしば
しば変動するために、ことはいっそう複雑。EUでもアメリカでも19世紀末
まで貨幣制度が混乱した。
 このときEUでは金貨の役割はイスラム圏ほど重要ではなかった。EUに
は豊かな天然の金鉱がなかった。EUの果てしない欲望に対して--香辛料--
EUでは設備のない時代のことなので、東方で売るほどあった毛皮etc..を
求めた。結果、不幸にもEUには奴隷が主な輸出品となった。
 イギリスには銀鉱があり、ペニー銀貨が作られる。後にシリングが登場す
するがじれは「切り分けたもの」という意味である。
 獅子王リチャード1世が十字軍の凱旋中オーストリアに捕らわれ、身代金
として、15万マルクがペニー銀貨のでイングランドからわたった。
 「ギネスブック」に載るほどにおびただしい”小銭” である。
 しかし、イギリス人は貨幣の品質にこだわったので、イギリス貨幣はたち
まちEU内で広まった。安心して受け取り、商売・貿易ができた。。

 この通貨品質は暗黒時代を脱出しつつあったEUで貨幣/通商の重要性が
増したことを示す。しかし、まだ始まったばかりだった。金の役割もまだ小
さかった。もっと劇的は進展はもうすぐやってくる。

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

  

326 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/17 00:05
だれかよむのかなあ?

327 :アポロソ:03/02/17 00:14
金儲けに興味があるなら読んだほうが良い
著者のバーンスタインは伝説的ファンドマネージャーだよ

328 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/17 01:55
第7章 :大いなる連鎖反応

 西暦1000年〜後300年間。大きな変化のひとつに人口の増加があった。人口
が急増したから貧乏になったわけではなく、職業の専門化が進み、それによ
って研究や調査活動や芸術活動になる人が増えた。

 ジェノバは軍事力の不足を積極的な経済政策で行う。評論家のロペスは、
 「それまでの100年で着実に進歩してきた信用取引の商法は、この時期に
 成熟し、それをしのぐものはこのあと長い間現れなかった。」
 ジェノバに入ってくる金は増加し、ビザンツ帝国からも硬貨が持ち込まれ、
ジェノバの硬貨に作り変えられた。24カラットの絶対の純度を保つ硬貨に。
 栄光の時代のイギリス人のそれが知るように、良貨はその国のイメージに
輝きを添える。ロペスは1252年のジェノバ金貨発行について。
 「カトリック世界が蓄積した経済的な利益のもっともすばらしい象徴であ
 り、西洋が東洋をはじめて凌駕したことを示すシンボルだった。
 --なぜなら、EUが銀貨のとき、すでに金貨鋳造であった、イスラム圏や
 ビサンツ帝国がいまやその金貨を改鋳するか、造幣をやめたからである--
 1284年には、ドゥカード金貨が登場する。ドゥカードは13世紀に登場した
金貨の中でもっとも成功した。この貨幣は「ベニスの商人」で出てくる。
 この時代はまだ一般庶民にとって、金貨はまだ主要な貨幣へとは変貌する
にはまだ多少の時が経つ。銀は小額取引で使い勝手がよく、供給量も豊富だ
ったため、主な貨幣として500年保ったが、EUでの唯一の貨幣となることは
2度となかった... 
 そのあと、金と銀の絡み合った作用は複雑さを増す。また硬貨より便利な
ものが出現すると、この強力な発明と貴金属との適正な関係は論争の的とな
り、現在にいたるまで決着がついていない。

 妨害するものが、この時代にやってくる。水平線の向こうから亡霊のよう
にEUを覆い尽くそうとしていた。金の輝きはまもなく恐怖を貫いて光ること
になった。

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

329 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/17 22:50
第8章  :崩壊の時代と王の身代金

 13-14世紀は、死に満ちた混乱した時代だった。
 経済には不思議な影響を及ぼす。とりわけ黒死病による大量死の影響は大き
かった。人間の身体が消滅しても、所有するものや財産は残る。貧乏人と富裕
層とのバランスが崩れ始めた。残された財産らは所有権がはっきりしなかった。
食料品の値段が安定していた。生産力低下よりも需要の落ち込みのほうが、
あまりにも多きかったためだ。
 混乱した世で、人々は貯蓄の気が失せ、消費したい気持ちが強くなった。
労働者/農民が分相応の服を着ず、消費するために物価が上昇していく。
賃金の上昇をめぐって、国王と評議会が労働者を攻撃した。こうした規制の中
でワットタイラーの乱などが起こる。
 贅沢規正法とい奇妙な法律が出るもまったく効果がなかった。貨幣の改鋳も
頻繁に起こった。ある聖職者は黒死病よりも貨幣に起こった事件に当惑し

 貨幣も流通も不思議なものだ。
 上がったり下がったりするが、誰もその理由をしらない。
 どんなに努力しようと、勝とうとすれば負けるのだ。

 暗黒な時代も1500年ごろから人口が回復し始め、後に航海冒険者が出現する。

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


330 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/17 23:07
>>304
昔はキューバが「アメリカの便所」と呼ばれていますた。

331 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/17 23:09
第9章  :聖なる崩壊

 後の重金主義を思わせる言葉として。フェルナンドに報告したコロンブス
の手紙には、
 「従って、陛下は彼らをキリスト教に改心させるべきです。信仰と同時に
広大な領土と富と住民をスペインのものにできるからです。この地には、
間違いなく豊かな金があります。」

 エリンケ航海王子がアフリカ西部を探検していく後、沿岸基地を作って、
交易をしていくと、次々と金が流入してきた。人口200万人のポルドガルに
とって、当時の金流入は相当なインパクトに違いなかった。

 ピサロは鉄のように固い意志の男だ。ペルー遠征の軍を資源を充分確保した。
200人からなるスペインの遠征隊は、人口350万人のインカ大帝国を征服した。
 1532年。ピサロと時の皇帝の会談が始まった。
 罠とは知らずに、皇帝はとらわれの身となり、後に裁判で処刑される。

 インカ帝国中から金塊が運ばれ、ピサロらは見本を皇帝カール5世に送った。
当時のカールは、神聖ローマ帝国も含む広大な領土の王である。
 現代の価値では約2億7000万$になる。当時の経済規模ではとてつもない、
莫大な財産だった。


 貨幣も流通も不思議なものだ。
 上がったり下がったりするが、誰もその理由をしらない。
 どんなに努力しようと、勝とうとすれば負けるのだ。

 暗黒な時代も1500年ごろから人口が回復し始め、後に航海冒険者が出現する。

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


332 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/17 23:17
この本はなんていうんだ?すげぇためになるぞ!!

333 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/17 23:19
第9章  :聖なる崩壊

 征服者たちの物語の結末は、道徳の訓話のようである。A・スミスは、
探検者や征服者を新世界へ駆り立てた
 「金を求める聖なる渇望」 を激しく非難したが、彼は正しかった。
 渇きを癒そうとした男たちのほとんどは、バルボアをはじめとして不幸な
結末を迎えた(Д)アボーン.....。

 ピサロの仲間は分裂し、指導者地位と戦利品の分配をめぐって血なまぐさ
い内紛にあくなき冒険心を向けた。誰も安楽な余生を送る夢は実現できず。
ちょうどラスキンの語った沈没船男のように、絶え間ない戦闘の間に運びき
れずに死んでいったものもいる。ピサロはリマで食事中、暗殺された。

 スペインが金と金製品をあたかた奪うと、もう略奪するものがなくなった。
その後はまともな事業として採鉱が始まった。
 ペルーでは重労働は厳しく管理したが、スペイン人はずさんだった。地元
のインディオを使ったがやがて足りなくなり、黒人奴隷を輸入する。
 後にポルトガルがブラジルを開発するが、インディオ人口が激減した。鉱山
の奴隷としての過酷な労働で、人間の生命はあたかもちりの価値のごとく無駄
に費やされた。

 もっと皮肉なことに、新世界から流れ込んだ金の氾濫は、征服者が約束し、
王が期待した富も権力もスペインにもたらさなかった....


---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


334 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/17 23:40
第10章  :生命を奪う毒と私的通貨

 スペインに輸送された物品の総価格のほとんどを、金と銀が占める。
なお、EU経済は、皮肉な結果に向かって進展していることがわかる。

 金には昔から”銀”というライバルがあったが、16世紀末になると、
”とてつもなく深刻な”ライバルが登場した(Д)アボーン.....。
 民間の貸借の借入証--当事者発行の--1種の紙の通貨がそれである..。
1500年代の金をめぐる狂乱は、祝祭のようなものだった。誰も気付いてい
ないが、未来は確実に姿を見え始めていたのである...。

 大部分の金塊はスペイン王族の”債権者”--他国へ--運ばれた。時の
スペインは金の用途について豊富な選択肢があった。
 ---そして、非常に多くの場合、間違った使い方が選択された。

 スペインに金は止まらなかった。入ったかと思うと、どこかに消えた。
 ひとたび金が流入すると、スペイン人は生産より消費のほうに熟達するよ
うになった。1600年代には大量に流出した。スペインから出て行った積載の
5/6は、他国で生産された品物だった。
 この惨劇について、スペイン議会は-----
 「"金g"が入ってくるほど、わが王国は小さくなる。わが国は世界でも裕福
 だが、...実は世界で最も貧しい。金銀を他国へ渡す橋になっている...」

 後にバレンシアも1608年にこう記す。
 「あまりにも大量の銀やお金は...いつの時代にも共和国と都市にとっては
 生命を奪う毒に等しかった。人々はお金が身を助けると信じているが、
 "それは誤りだ"。 耕した畑、牧草地、漁場..これこそがわれわれの生活
 を支えるのだ....」
 

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


335 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/18 00:11
第10章  :生命を奪う毒と私的通貨

 「金と銀はスペインで国際的な地位を得たけれども、いかなる意味
 でもスペイン経済には結びつかなかったな(Д)アボーン.....。
 大量の金属はあっても生産力は向上せず、物価は上昇しても財政は
 変わらなかった..。よーするに、オカネと商品とになんら関連性がない
 ことが、16世紀スペインの特徴だったと言えよう。
 スペイン王は、"資産"で世界を意のままにできる--無駄-ネーデルランド
の無駄な戦争 etc..をした。君主にカネがなくなった。債務不履行に陥った。
 同じ頃、EUではルネサンスという運命の歯車が回転し始めた。etc...

 ある意味でこうした事態こそEU経済に重大な変化が起こった。
 1500年代を通して商品価格について... 後にこれは「価格革命」と呼ぶ.
16世紀全体を通して、商品価格が上昇した。黒死病が流行した頃に sage
続けていた物価が、1470を境に上昇し、インフレの心理的影響は大だった。
 オカネが乱費されれば、さらにそれを呼ぶ。インフレが支出を呼ぶ。市民
は買いだめに走る。買った商品は”投機”に化ける。
 この惨劇について、A・スミスは-----
 「アメリカからの"金g"が唯一の原因のようだ。」
 しかしながら、これらをすべてマネタリズムで説明するのは困難なようだ。

 デカルト誕生がごとく、この時の重要性が「見本市」である。年々さまざま
な都市で開催された。その時EUでは、48種類の金貨が流通していたという。
 両替商は、この硬貨に代わって、紙の貨幣=為替手形を大量に発行すること
を行った。貨幣が1ペニーも支払うことなく持ち主を変えていくこともあった。
 フィッガー家/メディチ家/ロスチャイルド家/ベアリング兄弟もこの時代だ。
 
 金貨の流通は減っていったが、アジアへは流出していった。このアジアで
は金の扱い方が視点が違った。この姿勢は財産について重大な疑問を投げかける

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


336 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/18 12:01
「"ドル$"が入ってくるほど、わが国家は小さくなる。わが国は世界でも裕福
 だが、...実は世界で最も貧しい。ドルを他国へ渡す橋になっている...」

今でも使える・・・。

337 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/18 17:28
第11章 :アジアの墓場と憲宗の偶然の発明

 新世界からの金塊は、EUから、東方のアジアへと移動し続けたのである。
アジアはスポンジのように金銀を吸収した。嘆いた方もいただろうが、EU
にはアジアの陶器/茶/香辛に対する欲望がそれより強かった金銀が使われた。
アジア人は金属に最大の価値を置いた...

 金銀を保有したまま製品を輸入できたらもっと裕福だったのに..
 このパラドックスにはまったやつがいた(∀)アヒャ。 哲学者で歴史家のデビ・
ヒュームのような観察者でも罠にはまり、1752年にこう書いている。
 「手工芸製品で、EUの技術が中国を上回るも、多大な不利を被っている。」

 だが実際この取引ではEUが有利だった。EUで金価格は、他商品に比べて
落ち込んでいた。EU人はまさに古典的な経済理論の予測するとおりに行動した。貨幣流入については購買量とで、ヒュームが 「取引のバランス」論文で、、

 「ある地域から地域へ貨幣が移動しても本質的にそれを維持することはでき
 ず、かならず逆流が起こる。オカネが入ってくると国民には溜まってくる
 オカネ以前より外出するようになり、購買意欲も高まる。オカネが出て行く
 国では逆に購買意欲が低下する。稼いでいる国では物価がage り、損してい
 る国では sage る。こうして需要に従って、貨幣が戻ってくる。」
 「液体と貨幣は適量を超えて貨幣を蓄積するのは不可能である。」

 はたして、EU人はヒュームの言うように行動した。

 ところがアジアではそうではなかった、液体ではヒュームが正しかったかも
しれないが、流入がどうこうと言ってられないほどの莫大な量が入ってきた
場合はどうであろうか? あるイギリス人は、
 「川のごとく、多くの流れは東方インドに流れ着き、留まる。」

 現在、インドは金の最大消費国である。自動車/TVより金に人気がある...

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

338 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/18 17:53
第11章 :アジアの墓場と憲宗の偶然の発明

 アジアではそうではなかった。貴金属が「蓄積」されたのである。
 現代も起こる。日本の輸出が伸び、86年300億$に満たなかった日本の
外貨は、1998末には、2000億$まで「蓄積」。外貨準備高は、仏+独+伊+英
の準備高合計を上回った... アジアでは貯蔵し財産を蓄積が好まれる。

 アジア人の価値は、プロテスタント的倹約を美徳とする文化圏ではない。
価値のない貴金属vs 衣食住...(∀)アヒャ。 アジア人は西洋人のように金を
貨幣として見なかったことがわかる。アジアの権力者は金を重視し一般流通
をさせなかった。そのため中国では何世紀の間、価値のない材料で作られた
貨幣が流通していた。貨幣は--おそらく西洋より長い歴史を持つと思われる
---は、青銅貨幣、コス貝などだ。
 タミル語で貨幣を意味する「カルシャ」後に「キャッシュ」となり、、
流動性の手持ちの貨幣を意味する言葉として使われるようになった。

 唐の憲宗(806-821)時、銅が激しく不足していたアボーン。皇帝は銅の代わり
に紙の貨幣を使うことにした。この考え方は偶然に思える。しかしながら、
人類文明に果たした成果として、活版/羅針盤のほか、これを中国の貢献
の一つとして加えてもいいだろう。

 マルコ・ポーロの報告では、フビライの再度の紙幣について
 「誰もが死ぬのをおそれて大帝の命令を拒否しなかったのだ。」
 しかし、事態は逆である。帝国内ではどこでも紙幣が"通用"するために
「まったく喜んで」紙幣での支払いを受け取ったのである。フビライの支配
地域であれば、なんでも紙幣で買うことができたからであった......

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

339 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/18 18:25
第12章 :大改鋳と 最後の魔術師

 1661年。英チャールズ2世は、銀を価値基準からはずし、金を基準とした。
 1つづつ階段を上って、金を本位とする神聖な諸制度の確立へとなった..

 貨幣鋳造の最初から工程はハンマーを打ちつけたものである。巧妙な方法
を思いついた...(∀)アヒャ。貨幣の縁を削り、ある程度溜まってから鋳造局へ
持っていくと、新品の貨幣が手に入る...庶民にはこの蓄財が人気であった
らしく、硬貨から人から人へ渡るうちに次々と縁が削られるようになった。
1668-1695年の間に、100ポンド分の貨幣の重量が半分になった...

 東インド会社では貿易が伸び、インドでは毛織物が残念ながら役立たなか
ったが、代わりに銀にはつねに需要があった..アボーン。需要によってチャール
ズの発した銀貨は英銀貨としてではなく...法外な値段でインドへ輸出された。
 銀貨の重量が軽くなり続け、負債の支払いとして流通しなくなりつつあった.
 結果として、"改鋳" を決意する。問題は、貨幣の額面金額と重量が軽くな
った貨幣との実際の価値とに生じる差額を誰が負担するのかとい問題だ。

 大陸で重大な問題が起こる。フランス-ルイ14世の登場だ。ルイの暴走を封
じ込めるために多大な努力が支払われた。ウィリアム3世は多大な負債のため
に、不足を埋めるため「イングランド銀行」を設立した。有限責任会社とした。

 高まる景気過熱で物価は急騰。ギニー金貨にまで及んだ。古銀貨を持ち込む
と重量のため価値の減った硬貨として出てくるため、銀を持ち込む人がいなく
なっていた...。  当局は”改鋳”の決意を固めたのであった....

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

340 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/18 21:22
第12章 :大改鋳と 最後の魔術師

 貨幣改鋳について、すぐさま議会で論争が起こる。大蔵次官ラウンズが
「銀貨改正に関する論文」を1695年に発表してからのことだった。これに
驚くべき詳論が載っていた。
 銀の含有率をかつての80%ほどにする。これは造幣局が銀の価格を引きage
ることと基本的に同じである。銀を持ち込んで新しい銀貨にすると以前より
25%多く受け取れるのである。
 ラウンズの提案は、大蔵大臣モンタギューの反対にあった、彼のバックに
は哲学者「ジョン・ロック」...がいた(∀)アヒャ。
 ロックは「理性の時代」の最も大胆な支持者の1人に数えられていた。

 ロックは昔から定められた重量を養護した。削り取られても関係なかった。
1シリングは1シリングだった。1シリングは一定量の銀を示し、これを新しい
1シリング(重量)に満たない新銀貨と交換させるのは、政府による私的財産
の横領だと同じだった.... と彼は思った。
 時の首相ピールは、ロックを全面的に採用。ロックはさらに銀が国外流出
なら輸入の需要を抑えることこそ適切な解決策だろう.. と述べた。

 ロックの将来論争..緊縮財政こそ貴金属流失に対する措置...と見解は、
ナポレオン戦争のときも引き合いにだされ、金本位のもとに標準的な政策と
なった。さらに1930年代に世界を襲った大デフレは、この原則が主な原因の
一つだった。ロックの正論は当時の抵抗勢力の誰もが反論できなかった。

 しかし、銀の問題は解決できずに、結局は新しい銀貨が発行された...
 そして、次の男が待っていた....

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


341 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/18 22:00
マヤ暦によると地球の歴史は2012年12月22日で終焉。

342 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/18 22:02
第12章 :大改鋳と 最後の魔術師

 改鋳後、英貨幣重量は150年前の水準へ。ロックは次のように宣言した...。
 「法保障されているにも関わらず..20%も搾取されるなら、信頼は失う。」
 ラウンズには民衆搾取の気はない。貨幣の扱い..他の商品と同じように
柔軟に扱えば...長い目で見れば損害は少ない..と見たわけだ。 悪夢は来た。
回収銀ではとても銀貨に足りないから”デフレ”を招いた。
ロックを賞賛した資産家はいいが、負債を抱える人はより大きな損害を被る。

 この時代にもう一人、「アイザック・ニュートン」...がいた(∀)アヒャ。
 ニュートンは理論研究者の後、錬金術にはまり、やがて造幣局長官になる。
 金貨の高騰..つまり、前より多くの銀貨と交換できることによって、金を
輸入して金貨から銀に交換。これを東洋(需要地)に輸出すればよいのだ...。
 当局の対応は金の引き下げだった。ニュートンも引き下げを主張する。
 ニュートンは各国の金銀を計算し、レポートした結論には驚くべき..。
 「提言する。金を引き下げる...銀1ポンドを分割する..。」
 イタリア、中国、日本の貨幣も検討し、そして銀輸出の需要について
 「さらに銀の輸出価格は2-3ペンスageた。従って余分なカネで銀を買い
 戻すよりも、銀貨は溶解して輸出したほうがいいのである。なにより、
 ギニー金貨の引き下げが必要だ。」  大蔵省はすぐに勧告に従った。

 経済学は、物理学より難しいらしい。2つの点でニュートンは誤った。
 1)ニュートンの勧告では、いまだに金貨は高かった
 2)金の供給が増えても、おのずとsageると思っていた....

 市場はまったく逆だった。ニュートンの勧告で動いたのは銀の価値だった。
安定した価値のギニー金貨に人気が殺到。蓄財や納税に使われ始めた。
逆に銀貨の需要面が少なくなっていった。やがて貨幣からは銀貨が消えて
しまうのだった,.. しかし、金を唯一とした体制は以後も続く...

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


343 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/20 00:03
第13章 :正しい教義と大きな弊害

 1797年フランス革命時。フランス軍艦がイギリスに攻め上陸部隊が来襲。
たちまち、英国はパニックに陥った。ねらいはフランスの陽動パニック作戦
らしいかったのだが、ここで大論争が起こった、金、インフレ、ポンド、
中央銀行の役割 etc..論争は100年前のロックの論争までさかのぼり、1914年
にも再度繰り返されるのであった...(((((((; ゚Д゚)))))ガクガクブルブルブル
 英動揺によって、人々は金を引き出そう--当時の金融パニック--と、金融
機関に殺到した。紙幣のほとんどが民間が発行したものほとんどがイングラ
ンド銀行のものだった。紙幣とは逆に金は究極の価値-貨幣かと思われた。
 みるみるうちに金が底をつき、1796年にはわずか200万ポンドにまでなる..

 3月9日。下院は緊急法令を発令。銀行券と金との交換停止にただちに入った.
 また「銀行券の支払いは正金での支払いとみなされる」と公認された(д)
 すぐさま広報活動があり、民衆をパニックから救おうと拡大を防ごうとした.
しかし、当時の人にとって予期せぬことは爆発的な衝撃であった(; ゚A゚))..
 しかし、短期間で収まると、紙幣での取引を続け.フォーブス氏は..
 「驚きだった.たとえ正金との交換がなされずとも、それを受け取った」
 紙幣と金との交換停止は再度延長され、ついに1821年まで続くことになる。

 1797年以前の100年も前より、すでに大きな取引には、紙幣と手形が使われ
その100年間あたり金の産出量は20トンばかりだったが、まったく正常に機能
するのだ。さらに重要なのは18世紀を通じて銀行業が激しく発展したことだ。
政府の財政出動に対して、すでに銀行が引き受けることもあったのである。


---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


344 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/20 00:18
第13章 :正しい教義と大きな弊害

 貨幣体系が無計画に構築することによって、銀行券が政府発行の硬貨を
上回った。今日使われる貨幣のほとんどが「当座預金」の形をとっているが、
銀行信用による民間紙幣の形は、そのまま残っている。
 紙幣の増加分は、小切手や預金で表現されるようになった....

 しかし、このように構築されつつもの民間紙幣はいつでも金と交換できた.
ところが景気状況によって金による投機が発生し、金融機関に金を安く得て
高く売る現象が起きていた...(((((((; ゚Д゚)))))ガクガクブルブルブル

 アメリカ大陸との取引で、当局が投機をけん制しようと物価は4年前より、
10%の上昇、イングランド銀行の金貨の蓄えが減少する中、商品に対する
信用貸し--つまり、イングランド銀行券の発行を拒否したのである。そこで
商人たちは他をあたらねばならず、金利が急激に上昇し、投機筋は消え、
大陸から通貨レートが改善され、金貨が戻ってくるという、抑圧と均衡のお
そるべきシステムが構築されていくのであった...(д)

 金への信頼は絶対であり、各国がしだいにクラブを形成していくことにな
る。1797パニックから、金のカウンターバランス機能が薄れ紙幣を基盤とし
た取引を民間では基準としていた.

 そこでの紙幣発行、信用貸しは基本的には拡大し、一環してじょじょに、
それ自体の信用がじりじりと低下していくものであった(; ゚A゚))..

 ランズタウン卿は..
 「こうした騒ぎはロンドン、アムステルダムも変わらない。貨幣価値の
 下落はおそらくゆっくり、当面はゆるやかに進むだろう。
 だが、下落することには間違いない」

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


345 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/20 01:54
第13章 :正しい教義と大きな弊害

 ナポレオンが手紙で、
 「帰国中、200万の金貨がある。明日100頭の馬車ともに運ぶ。」
 皇帝は、統治中に「硬貨」に基礎を置く通貨体制を堅持した。他国と違って
これは成功したのだ.戦争中にもかかわらず普遍価値は歴史上唯一だろう。

 ランズタウン卿はまったく正しかった( ゚∀゚)....
 インフレは、1815年に2倍以上。銀行券への貸付と手形が大きく作用した.
 1808年、金価格が上昇し始め、ニュートン予想時より上昇した....
 リカードは1772年生まれ。スミスが55歳のときだ。マルサスが6歳の時だ。
ナポレオン戦争中.英国政府の負債は増大していた..(((; ゚Д゚))))
 ワーテルローの戦い。「経済学および課税の原理」の出版 etc..

 ホーナー議員による金価格上昇の原因/通貨/取引の調査委員会が設立された
 報告書には学説無視から生じる弊害について明言...(д)
 ラウンズとロックとの間の論争と基本的には同じだ.金は最高価値だという
仮定である。「金は国内通貨の定規」正金との交換停止でも機能にと...
 銀行もある程度すでに認めていた...(; ゚A゚))..
 「"金g"を好きなだけ手に入るのは難しいくはない。」
 金が不足していたのではない。貨幣が多すぎたのだ。
 ロバート・ヒューム->A・スミスから引き続く論争は、ここにて---
 金本位制を--貨幣供給量を管理するすぐれたシステムとして---確立する
ための最初の論拠として、委員会は提示した。

 金との交換が再開された戦争の後、1821年には、今度はデフレに見舞われた.
 ロスチャイルドはこういった。
 「私は貨幣について理解している人を3人知っているが、そのうち
 だれひとりとして大金持ちではない。」

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


346 :アポロン:03/02/20 02:10
君達は歴史を振り返ってみて欲しいんだよ。
関東大震災、東京大空襲、GHQ占領、財閥解体、新円切り替え、預金封鎖、
労働三法成立、共産主義運動、公害、ウーマンリブ運動、オイルショック、
こんなことが起きても、資本主義は不滅だったんだよ。
まさにアダムスミスが言った「神の見えざる手」に守られているとしか
思えないだろ?
北朝鮮のテポドンは一説によると、広島型原爆を搭載して東京を向いてる
らしいが、東京に広島型原爆が落ちても資本主義は不滅だよ。
まだ大阪や仙台などの地方都市があるからね。




347 :( ゚∀゚):03/02/20 02:13
いや。まだまて。
これからも人類の歴史は続くらしいぞ。


348 :アポロン:03/02/20 02:23
戦後の新円切替で円が紙切れになったら、なんのことは無い紙切れじゃない
ドルが紙幣として使われた訳だろ?
世界中の金が紙切れになったら、そうはいかないが近隣諸国の金が紙切れ
じゃなく紙幣として使えるなら、それを使えばいいだけだ。
それから市場が機能しなくなったら、ヤミ市が市場の代わりを果たした
訳だろ?
モノさえあれば、物々交換でも売買は成立する訳だからね。


349 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/22 21:52
第14章 :新しい女王と呪われた発見

 恐ろしいゴールドラッシュ。呪われた夢は産業革命とともにやってきた。
 19世紀に、カルフォルニア、オーストラリア、クロンダイク、南アフリカ
などで起こったゴールドラッシュをめぐる冒険談は、書物、映画、テレビ
などで繰り返し語られてきた。
 金をめぐる状況と産出量と影響は、専門家が自信を持って予測した事態と
正反対の結果になったのである。

 地球上で採掘された、金だけの総産出量は1859年までに年間275tまでに。
世紀が変わって、1908年までに、世界の金の産出量は、1848年の100倍以上、
つい20年前の4.5倍に達していた...( ゚∀゚)
 最初、新世界の金を採掘したのは冒険者たちだった。次にやってきたのが
独立した探鉱者だった。そのあとに続いていったのが実業家だった(д)y-〜
そして、金gは個人のもとへではなく、銀行や国家の金庫へと運ばれた。
 この1800年代の金産出で、銀に対して圧倒的な有利な状況へと進んだ。
 だが、結果は16世紀のような"価格革命"にはならなかった...

 18-19世紀にかけては、世界的に金が恐ろしく不足することはなかった...
 "ロシアの金鉱"の発見である。世紀を超えてスターリンの時代まで、膨大
な量の金を産出し続けていたことになる。強制的にシベリアなどに連れてこ
られた労働者と対照的なのがその主人である。ある食事には、フランスから
取り寄せたオレンジ、北海の魚類、そしてそれは日本から買い付けた食器に
盛り付けられていた。続くスペイン/ボルドーなどのワインが飲まれた・・

 カルフォルニアでは別の悲劇が始まった・・・
 
---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


350 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/22 22:41
第14章 :新しい女王と呪われた発見

 カルフォルニアで金鉱が発見されたのは1848年のことである。まだメキ
シコ戦争中でもあった。場所は「サッターズ・ミル」。
 丁度、電波の情報ハイウェイ--遠距離通信における最初の革命が成る。

 歴史家のバンクロフトが1876年に訪れ、当時の惨劇を記録していた(д)y-〜
 「サッター」と呼ばれる男がいる。彼はスイスで生まれたのち、ウザイ
債権者を振り切ってアメリカへやってきた。サクラメントに腰を落ち着けた。
そこらにいた、鹿やコヨーテを追い払い、サッターは自分の領地を
「ニュー・ヘルベティア」と名づけた----。
 この小さな帝国は、労働者には節度ある態度が求められ、次第に利潤を生
み出して逝く。1846年までに、"製パン所""なめし革工場""馬とラバ"etc..
4万以上を産出する小麦畑...太平洋岸で最も裕福になる瞬間だった( ゚∀゚)
 だが、それも金脈が発見されるまでだった(д)y-〜

 大きな製材所が必要となり、川近くを散策中、砂金が見つかってしまった。
サッターは情報を隠蔽するよう部下に言明したが、3ヶ月しか持たなかった。
 サンフランシコ中から人々がやってきた。教師も生徒も...。
 不法侵入-侵略は数え切れず。帝国は崩壊した..(((; ゚Д゚))))ブルブル
 「計画はすべて台無しだ。みなが去っていった。残っていたのは、病人と
 不自由な者だけだった、1848年にこうむった損害は計り知れないほど・・」
 
 カルフォルニアでの事件は世界から人々を呼び込む・・。EU、オーストラ
リア、中国etc..特に中国からの移民が目立った。

 1851年には、今度はオーストラリアでゴールドラッシュが始まった・・・
 1886年には、今度は南アフリカでゴールドラッシュが始まるのだった・・


---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


351 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/23 02:51
第14章 :新しい女王と呪われた発見

 1851年。パリで不安を呼び起こす一連の記事が掲載された。
 内容が、ロシア、CF、豪で起こったゴールドラッシュのために、金gの
供給量が急増し、その結果--"インフレが避けられない" というのだ。
 著者の [ミシェル] は、フランス人経済学者でナポレオン3世の側近だった。
 「金の価格の予想下落:対策」で、金の供給過剰により、銀に対する金の価格
が押しsageられるということ--すなわちインフレであると..(((; ゚Д゚))))
 だが、彼が最も心配したのは、金以外にあらゆる価格が上昇することだった。
 彼はあらゆる価格体系、産出、銀行制度、"贅沢な習慣"を統計した---。
金融の世界における金の消費量、街頭での金装飾、さらには現代経済学で言う
[国内総生産]--と言われるもので、総生産高の金銭的価値を計算。..
 彼はインフレは絶対に避けられないと言明した!...( ゚∀゚)
 その解決策は -> 金に対する新たな需要を開拓せよ!!(д)y-〜 と。
 しかし、彼は金融界の"技術革新"で、金の需要は減ると考えた...

 現在でも説得性がありそうな論文だが、現実はまったく逆に動いた(д)。
 まず、1500年代と違って大戦争がなかった。それから50年間の経済成長
がとてつもなく大きかった。...。
 1870年代、アメリカでは不況が続いた。米西戦争後のデフレ.(((; ゚Д゚)))
逆インフレだ。物価の断続的下落と失業者の増大。
 金産出とインフレの相関はあったが、人々は楽観的であった。
 また彼は「退蔵」も研究し、これは未開社会のものだと論じた。

 確かにソウカモしれないが、金本位制クラブの発足によって、金退蔵に
対する莫大な需要が生み出された。各国の中央銀行によって・・

 金を手にしている国は裕福に、欠乏している国は困窮に見られた・・

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


352 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/26 01:37
株がゴンドラチェフのような展開だ。

353 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/27 00:01
第15章 :名誉のしるし

 ヴィクトリア女王とエドワード7世から始まった"金本位制"のゴングは、
いよいよ国際金融資本のリングを決めた・・・。(・_・)
 各国、個人をはるかに超えた"神秘性"を獲得しながら・・・。

 この宗教には、ある特徴が備わっていた。1810年のリカードが起草された
文章が福音書で、信者が礼拝する裁断は、金塊の眠る中央銀行だ。
 あえて正道から逸脱する人々には恐ろしい罰が与えられた。信仰は絶対だ。
 偉大な経済学者"シュンペーター"は
 「金本位制の魅力は、国家の威信を追求することにある。」と述べた。

 イギリスはその組合の創立者であり、1834年にアメリカが複本位制を棄てて
クラブに入部した。ドイツが1871年.1876年にイタリアetc.そして、日本が。
 19世紀には、金への偶像崇拝は絶対だったため、銀は凋落し威信は低下、
ついには貨幣から姿を消した!!..(((; ゚Д゚)))ブルブル
 いったん所有される、債権・為替手形も金と交換されるという資産だった。

 次のことをあえて口にする人はいなかった---------------

 第一次大戦の後、闘争によって引き起こされた社会的、経済的、政治的、
大変動のために・・・ 
 ”金本位制は時代遅れになってしまった・・”
 ということだ。

 その間も、世界経済は金によって管理され--また管理しそこなわれた

---- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


354 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/27 01:25
第15章 :名誉のしるし

 宗教に絶対の戒律があった。"金"こそが貨幣の研究。金"本位" なのだ。
 金と重さの規定が、[ 国内通貨←→金←→外国通貨]  だ。
 ノーベル経済賞受賞の"ローバト・マンデル" は・・。
 「それぞれの通貨は、特定の量の重さの金の名前に過ぎなかった。」
 
 [金準備]----そこからは収入が得られない--の水準が低くても、イングラ
ンド中央銀行は業務を遂行できた。イギリスは株主優先できた。
 金本位制の組合員は、地位の高いメンバーが裏腹にしばしば窮地に落ちる。
 金本位制の理論が出てきたのは、もっと後になってからだ・・(・A・)。
 これほど偉大な地位を与えられながら、19世紀の半ばまで、貨幣の主要な
形態は"銀" だった。豊富な銀により小取引が行われた。
 1816年には、リカードは一時的に [銀本位制] を提唱している。

 貴金属制は、次の弱点に弱かった--------
 a) 金属が新たに発見されたり、採掘の技術革新が起こること
 b) 戦争
 c) アジア人の価値観が変わること
 d) 略奪した金属が流入すること  etc...

 アメリカでも、ハミルトンが銀本位制を提唱した。金属貨幣,10進法 etc.
 彼は熟慮の結果
 「いずれの金属にも貨幣単位として優先権を与えるべきではない。」
 金の供給量が減るとい自体は、19世紀たびたび現れる!!.(((; ゚Д゚)))ブルフル

 当時の経済学者-マール・フランドローはこう断言した--------
 「単独の本位として金にすることは、国際協力におけるは激しい誤りだ」


------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


355 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/27 01:50
第15章 :名誉のしるし

  
 アメリカでは、すでに銀貨幣が流通し、金は貨幣体制から消えた・・.
 金と銀と交換比率を設定するたびに、しょっちゅう投機が発生した・・。
 また、アメリカ当局は金貨の供給増大に、当時の紙幣の一部--ビドルの
価値が低下することに期待を寄せていたのだ・・・・。
 シュバリエはこう指摘した。銀の輸出(主にインド地方)は、金の価格の下落
と貨幣供給の増大を緩和する「パラシュート」の役割を果たしている。
 南北戦争終了とともに、あらゆることが逆転した。まず、インドで銀の需要
が低下した。銀鉱山が発見され、今度は銀が供給過剰となった。金本位制クラ
ブに入会せんがため、銀の放棄が始まり、銀の需要がまたぞろ低下していった.
 1893年。インドまで銀を放棄して伝統的な"国際金本位制"が確立。
 
 1870年代以降[金準備]----これにより、投機・過剰投資・過当競争から生じ
る危険から避けられると思われていた。窮地に陥れば他国が助けてくれる。
 しかし、強調すべきは---
 この便宜は強国どうして行われたということだ。周辺の国々、アメリカ合衆
国も含めて--日本も---独力派で--金銀の蓄えが底をつくことさえあった。
 金本位制の組合員は、一時は"金と紙幣の交換停止"という手段をとった。
そうすることによって、中央銀行の金が"保護" され。業務を遂行した。

 アルゼンチンでバブルが発生した・・(・A・)。
 イングランド銀行と他国、ロスチャイルド家、ベアリング家 etc これら
の見事な連携プレーはバブル崩壊処理の金融グループの資本連携の典型を
示している・・。


------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


356 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/02/27 02:14
第15章 :名誉のしるし

 金融歴史家である "キンドルバーガー"氏は-----
 「イングランド銀行は、いまだかつてない目にしたことのない、巨大な
金融グループのリーダーである.」
 アルゼンチンバブルの処理に代表されるような、こうした援助のすべてに、
ある1つの前提に基づいていた。"固定比率"による金との交換維持することが
経済政策の基本原則であるという前提だ・・・・。
 現在では、国家間どうしは不承不承に協力するに過ぎない・・・。
 JM-ケインズは
 「イングランド銀行は、国際オーケストラの指揮者」と称した。

 1890年以降、中央銀行は金を増大させ、退蔵を充分にし、それによってゆる
ぎない信頼を築こうとした。ビサンツ皇帝の亡霊が降臨したわけだ!!!! (∀)

 クラブには、強力な規定があった------
 金準備が "流出" すれば、外国資金を呼び寄せるために、"金利を引き上げ
なければならないし"--輸入を減らすために"国内経済を縮小しなければ"なら
ない。雇用カット-賃金カット---これがゲームのルールだった。
 経済学者の間でさえ、マクロ経済や景気循環分析は希薄であった・・(;;。
 こうしたことから、国際金本位制は原因ではなく,"結果" かもしれない。

 19世紀を通じて--金本位制が神秘性を獲得したのは----産業革命全般を
通しての経済成長により--より、いっそう強固なものへと至った。
 
 これ以後の歴史は、アメリカがEUとは違い過去からの歴史の共有がなかっ
たことがひとつ要因となった。そして世紀末1890年を迎えた・・・。


------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


357 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/02 00:14
第16章 :途方もない陰謀と無限の連鎖

 アメリカは今、金融大国である。この認識は19世紀ではあてはまらない。
 これはほんとうで、外国評価はきまぐれ。金準備すべてが流出することも。
 後に世界史にのる「陽気な90年代(1890-)」とはかけ離れていた...(T^T)
 また当時は、「金ぴか時代」とも知られている。大金持ちが王侯のような
暮らしをしていたのだ。

 1800年代19世紀は、好景気も不景気もバブルもデフレもあって、これの
ショックに耐えられる方策を当時アメリカは持っていなかった。また20世紀に
なるまで、中央銀行の存在はまたねばならない。
 アメリカの金融政策の運営も、ワシントンの財務省に支配されていた。
 また、アメリカは財政の地方第一主義は、金融政策にも言えた。

 アメリカの世論は次のようなものだ-----(・\∀\・)
 ---金本位制は外国人の、特に憎まれているイギリス人とイギリスのユダヤ
人による悪魔のような策謀である--という。
 1890年代の典型的な風刺漫画で---------
 「イギリスダコ:たべるのは金-金塊だけ!」

 1900年に法的にも金本位制が移行した。それまではハルミトンの複本位制を
維持していたのだ。
 農場主をはじめ典型的な債務者は、"貨幣供給ができるだけ多くなることを
望み、インフレを災いでなく、天の恵みとみなしていた。
 銀は重大な意味を持つ-----
 金に対するカウンターのみならず、既存権力にたいする普通の人の戦いの
重要なシンボルだったのだ・・・。


------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」



358 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/02 02:06
第16章 :途方もない陰謀と無限の連鎖

 1861年南北戦争のために、連邦議会は金交換を停止。
 一つの習慣で、財務省は戦費の一部を新しい紙幣を発行することに。
 "何とも発行できない" [合衆国紙幣] という正式名で、俗に「グリーンバック」
として知られている。---今では米$紙幣の愛称となっているが---
 今日の紙幣と同じく、グリーンバックは「法的貨幣」だった。債権者はグリー
ンバックによる返済の受け取りを法的に拒否できないことになる。
 --最終的にこの紙幣は1971年に全面廃棄された。$紙幣が代わりだからだ。

 金はしばらく後流出し続けた。輸入業者に金関税を設け重金主義政策も遂行
した。金と交換できる日ははっきりしなかった。当時、英貨の金への兌換は停
止されていた。銀行預金が金と兌換できなければ-----
 金は貨幣としての機能を失って "商品" となり貨幣に換算された価値は->
"変動" することになる---つまり、[変動相場制] になる。

 1879年.金兌換を回復する法を可決.財務省に貨幣を借りる権限を与えた。
 だが、ここまでに注目すべき2つの事件が起こった。
 a)法定貨幣---- 財務長官は次のように主張した
 「現在流通している法定貨幣----兌換貨幣との交換を停止している期間を
  一日たりとも長く有効にしておくべきではない。」
 この意見は、幅広い層から国民の支持を受けたという。下院で法案が可決。
 ----国民と議会が、決定の結果をこれほど完全に見誤ることはなかった。
 b)物価水準には持続的なデフレ圧力が加わってきたのだ。
 ---南北戦争終了時も例外ではなかった。 1868年までにすでに15%下落

  デフレの悪魔が、きみのしっぽをつかんだ様だ (°∀°)

------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」


   ------金本位制の死神がカマの刃をこちらに向けた!!

359 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/05 22:39
第16章 :途方もない陰謀と無限の連鎖

 1866年。改定の検討がすぐに始まり、国民の抗議の声は10年以上続くことに
なった。物価の下落が続く中、貯蔵してある金と同じ額までグリーンバックの
供給量を減らせば、農場主や企業をはじめとするすべての債務者の痛みが増す
のは確実だった---!!.(((; ゚Д゚)))ブルフル

 兌換を開始するには3年前には正等かと思われたが、いまや激しい対立を生
む。結論から言えば、金交換開始で、かつて買えたものが買えなくなったとい
いうことである。貨幣の手綱がさらに引締まったため、目下保有する金の量で
1860年代以前に買えたはずのものの半分しか買えないという立場だ。

 当時の専門家でさえ、1$に相当する金の量を正式に半分にし--
 それによって、保有する金の量を事実上の量を2倍にしようとは考えもしな
かったようだ・・・(・A・)。

 1873年の法令には驚くべき欠陥があった。$銀貨についてはまったく触れ
られてなかったのだ・・(・Д・;)。この法律によって、合衆国は事実上、金銀
複本位制の地位が崩れてしまったのだ。
 この年、アメリカではデフレ圧力が強まり始めていた!!..(((; ゚Д゚)))ブル
南北戦争終結、生産量が急速に増大する一方で、貨幣供給はそれについていけ
なかったからだ・・・・(・Д・;)。

 銀の擁護者はこの事実で、ショック死状態だった・・・(; ゚Д゚)。
 上議員のスチュアートは、銀の本位貨幣を失わせたのを「19世紀の犯罪」と
称した。


------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

360 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/05 23:01
第16章 :途方もない陰謀と無限の連鎖

 1873年--この事件の裏には-----(・Д・;)
 「合衆国とEU国民の幸福に対する立法府による最大の犯罪」と称された。
 この貨幣鋳造法は犯罪ではなかった。それはおそらく「陰謀」だったのだ!!
 
 財務と貨幣に通じているごく少数以外は、ほとんどの人がいったい何が起こ
ったのか気付いていなかった。しかし、この法案が通るまでは、3年も議会で
議論され、何回も公聴会が開かれていたのだった---!!.(((; ゚Д゚)))ブルフル
 リンカーンが言うように、これほど国民をだませる期間は、またとなかった

 1879年.[正貨兌換復帰法]が成立後、紙幣の金への兌換が正式に再開された。
 自然の災害により、EUは悪天候/米国は好天候のため、穀物輸出が増大、
米国に金が逆流入し始めた・・。
 1890年.[シャーマン銀購入法]が可決------.
 銀への支払いは新紙幣--90年発行[財務省紙幣]--法定貨幣となった・(・A・)
--要求に従い、罪無省は自由裁量で金または銀に交換できる--
 罪無省からの貨幣流出はかなり増え、法律のおかげで財政は赤字に転落し
たのだ・・(・Д・;)。今日であれば--借金をすることになるだろう--
 1890年.最初の対応は、[現金残高]--法定紙幣あるいは金そのもの --> 
を取り崩して赤字を埋めることだった!!..(((; ゚Д゚)))ブルブルブル
 1891年、再び穀物生産量増大で、EUから金gが逆流する・・・・(・Д・;)。

 1892年.今度こそは米国から金gの流出が始まった・・・(; ゚Д゚)。
 5月末の罪無省-金g残高は、1億1400万$まで低下。当局は、政府の金による
支払いすべてを停止することを決意。支払いが今や法定貨幣に切り替えられる..


------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

361 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/05 23:27
第17章 :ノーマン・コンクエスト-- "栄光からの転落"

 1896年--大統領選挙後、1900年には法律的にも金本位制に-----(・Д・;)
 労働者の額にデーモンの冠を押し付け、人類を金の十字架にかける大きな
決定がなされた。死神-「陰謀」ゲームの始まりだ--!!!!!!
 
 第一次大戦後、1920-30年代に、金gへの執着が仇となり----その時代は、
ホラー映画のような様相を呈することになる---金への盲目的な傾向のため
に、大恐慌の避けられない破滅的な結末へ人類は導かれる---!!.(((; ゚Д゚)))
 善玉が自らに大きな損害をもたらすのである・・・・。
 その時、最善かと思われた行為が、結局はバカげた行為だったことが後から
わかるのた。80年経った後からの後知恵で、こう評するのは簡単だが。。

 1918年.戦後のイギリスで金本位復帰をめぐって、カンリフ委員会----
 「輸入増大と信用貸し増大について、経験から金融引締めが有効な」・・。
を基礎とした提案がなされた。金流出防いで、整備にかかる------.
 雑誌-発行[エコノミスト]は--"健全な判断"とエールを送った・(・A・)!!

 この要求に猛然と反対した男が約1名いた・・・(; ゚∀゚)!!!!!!。
 当時、若干36歳の若き 「JM-ケインズ」その人である--
 カンリフ卿はケインズをあしらった。後に彼の再反論は的外れとありなる。
 立ち止まって--ディズリー卿の見解--19世紀金本位は繁栄の結果であり--
原因ではない--を思い出す香具師は誰もいなかった・・(・Д・;)。

 1918年まで、EU各国は人口減少と生産力の荒廃状態に!!(((; ゚Д゚)))ブル
 EU各国は、合衆国に20億$近い巨額の借金の羽目に至った・・(・Д・;)。
 多くの人が飢餓に苦痛.失業率は上昇.貨幣価値への疑念が・・・(; ゚Д゚)。

------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

362 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/05 23:52
第17章 :ノーマン・コンクエスト-- "栄光からの転落"

  逆に1920年代に突入すると、米国経済は直接被害を受けなかったために、
経済は以前よりも好調。かつてないほど活気に満ち溢れていた..

 ヴェルサイユ条約問題が浮上した・・・・・。
 第一次大戦後、ドイツ賠償に対し、イギリスとフランスが対立----
 逆にその時代米国は、金準備の山の上にあぐらをかき、EU混乱を無視した--
 金本位制に復帰するには、"上昇した物価水準"が障害になる--今回の戦後の
インフレのハードルは高かった。しかし、戦後も国債発行が増大!!.((; ゚Д゚)) 英国財政赤字より、真に深刻だったのが、英生産設備が旧式になってお
り、生産コストで米国とEUとで太刀打ちできなくなったことだ・・。

 1924年.イギリスで "輸入>輸出"で、金流出圧力がかかった--
A-ニュートンの計算基準でやると----戦前、米国人にとって--戦前-4.86$/1ポンドが
--戦後、金本位に復帰すれば4.68$でイギリスで買えたものが、買えなくなる.
 逆にイギリスの貿易のため切り下げやれば、ポンド権威は失墜する・・。

 このときの[イングランド銀行]総裁は--"M-ノーマン"だった・(・A・)!!
 彼は保守的で、100年前ナポレオン戦争のリカード路線をとった(;゚゚)!!。
 彼は、金の輝きに重きを置いたその人である--
 物価上昇を抑えるために ==>
 高金利 金利↑-賃金↓-失業率↑-投資↓ -->物価↓ ->金gが流入↑。
 1920年代--盛り上げかけた景気を抑えるため金利上昇で--一時解雇が流行.
 最後の演技者--時の大蔵相-[W-チャーチル]が金本位制を宣言・・(・Д・;)。

 傑出した経済学者--"JM-ケインズ" が、カストラートに近いファルセット
の声で、この暗黒の合唱隊に参加した..!!(゚∀゚)!! ヒャッホー!。

------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

363 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/06 01:39
第17章 :ノーマン・コンクエスト-- "栄光からの転落"

 イギリスが金本位制に再突入すると、英仏中央銀行は--金利引き締めを
米国連邦準備委員会は「故意にデフレ政策はしない」と保障した..

 英ポンドの権威復活のため、チャーチルが相談した専門家は・・・・・。
 「英ポンドは、有名で誰でも知っており、また信頼できる基準です----
 英のみならずEU大陸の商取引が、ポンドでなく$で行われることになった
 ら、それは不幸なことだと、私は思います--」
 しかし、すでに金本位制の完全復帰はしていなかったのだ--
 => 金を銀行に持っていき、貨幣に鋳造してもらう制度は廃止!!.((; ゚Д゚))

 ケインズはこの措置から悲しい教訓を得た--彼の雄弁--
 「"金gはもはや人の手に渡らない" --見えなくなった
 再び、土のに戻ってしまったのだ--(中央銀行の退蔵を見て)」
 かれは、少しばかり時代の先を逝っていた・・。
 これに対して雑誌「エコノミスト」は---
 「$に真正面から立ち向かう必要がある」と書いた----
 ケインズは指摘していた----
 金本位への復帰は「危険な措置」である--アメリカが保有する金量は、
国が対応できる範囲内でも、イギリスには内外物価格差によって、6倍の衝撃
が伝わることになる  と・・。

 ケインズの警告があらゆるところで最も深刻となった・・(・Д・;)。


------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

364 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/06 02:01
第17章 :ノーマン・コンクエスト-- "栄光からの転落"

 イギリス国内経済への圧力は激烈だった。輸出市場で競争するには--
コストが高すぎた炭鉱業界で、労働者賃金カット。失業者が続出した。
 1920年代にはストライキが発生。中央銀行は「必然!」とまで語った!!
 1926年のゼネストで、英経済が完全に麻痺した・・・・・。
 労働者は、最後に追い詰めれれて賃金カットを飲んだ--結果、物価は、
断続的に下落していった。しかし、この時代世界がデフレーションだった----

 JMケインズは、すぐさま先頭に経って抗議の声をあげた!!(・∀・;)イイ!!
 経済雑誌「イブニング・スタンダード」で、公然とチャーチルを批判。
 彼の文章は、自分の議論が「金本位制自体に反対するものではない」ものの => 金をチャーチルが、専門家のために激しく誤解したことだ!!.((; ゚Д゚))

 大蔵省ファイル「チャーチル氏の試案」でケインズのこの見解----
 金本位制に対する6つの強力な反論が列挙されており --
 「金準備と金本位は、金融と信用の進化における、未発達で--過渡的な
 段階の遺物である」--と注目すべき意見が述べられていた!!--・・(・∀・;)!

 フランスの戦後の爆発的な復興需要で、後にインフレが襲った!!・・。
 これに対してドイツも賠償金問題で、人類史上最大のインフレが襲った!----
 各国は、金流出阻止とで、高金利政策を取ることなった・・(・Д・;)。

 これに対して、アメリカは1929年の史上最大のバブルを演出したのだった!!

------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」

365 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/06 21:30
第18章 : 一時代の終わり  -- "栄光からの転落"

 1929年のアメリカ株価大暴落の後、A-メロン財務長官--最も裕福な人物は、
フーヴァー大統領にこう助言した----(・Д・;)
 「労働者、株主、農場主、不動産などのいっさいを整理し--体制から
 腐敗を一掃するのです・・。」
 モルガン商会-ラッセルは、経済不況の処方箋として----(・Д・;)
 「こうです。ラジオを聴き、密造のジンを飲み、ジャズのリズムに合わせ
 て踊るのを人々にやめさせるのです---そして、倹約と労働を趣旨とする
 元の古い経済と繁栄に戻ることです。」

 シェイクスピアの金言通りに、投機家の罪は子供たちが負わされることに
なった。無実な人も巻き添えに。道徳的な償いを含むデフレの進行によって、
誰もが窒息しそうになるのを避けられなかった!!.((; ・Д・))

 勇敢な人も少しはいた---- 彼らはこう確信していた----

 せまりつつある不均衡によって罰せられるのは"経済体制全体"であり--
株式市場の投機家の道徳ではない、と。人々が大恐慌から脱するには貧苦を
避けるべきであり、それを促進してはならない!と主張した(・∀・;)!
 彼らはよたよたしている銀行制度を過去のものとし、何とか人々の懐へ
貨幣を入れてやる手段を探した。
 そうすれば、人々は外へ出て、お金を使う気になるからだ!(・∀・;)!

------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」




366 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/06 22:36
第18章 : 一時代の終わり  -- "栄光からの転落"

 大恐慌の中、闘ったり人々は、諦め、戦線を離脱していった----(・Д・;)
 フーヴァーも実はその一人だった。進言が間違っていたことに!!.((; ・Д・))
 しかし彼は昔の考え方を捨てなかった--自由放任主義を!----(・Д・;)

 積極的措置の米FRB総裁--J-ハリソン--こう主張した!!.((; ゚∀゚))---
 「金融システムに流動性を注入するため、連邦準備銀行は公開市場で政府
債権を買うべきである。貨幣---一般家庭、企業、金融機関が、恐慌時に所有
したがる唯一の資産--へのあくなく需要を生み出すには!--これしかない!!!

 気の毒なハリソン--1931年秋に合衆国の金準備が減り始めると、彼もが
主流派と同調した。唯一の政策は、金利引上げ.しかも大胆に!!.((; ・Д・))ブル
 この時、卸売物価はデフレ--3000の銀行が倒産--当時、預金保険機構がな
かったので---預金者は倒産した銀行預金すべてを失ってしまった!!
 物価はさらに10%↓失業率は↑25% ---再度3000以上の銀行が倒産した--
 農産物は豊作絶好調だったにもかかわらず、貨幣が廻らなくて、売れない
穀物を海に捨てた!!!.((; ・Д・))----「怒りのブドウ」
 
 大抵の経済学者も金gにひれ伏せっていた。彼らは忘れていたのだ--それは、パルティア人が戦争に敗れたクラッススに押し付けたものであることを。
 結果としては、損害が広がれば、賛美もまた広がった!!(・A・;)!

 1930年代.ドイツでデフレ圧力に急ブレーキがかかった。ナチス前のドイツ
大蔵大臣ブリューニングは、とっさに対応策をとった--政府支出を大幅に
削減したのだ!--ますます失業が増加してデフレ!(・∀・;)!
 蔵相は、ドイツには賠償金を払う能力はないと宣言した---
 1932年までに金本位制は機能停止した..

-------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」




367 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/06 22:58
第18章 : 一時代の終わり  -- "栄光からの転落"

 英ポンド危機! -金本位制復帰の1925年水準から38%も下落していった(・Д・;)
 1932年、イギリスの貿易収支が悪化していたため、融資返済要求もあった。
 大蔵省は増大する財政赤字に警告。1932年赤字は。1億7000万ポンド!(・A・)!

 英国の金流出は続く。金融機関を立て直す国民感情が起きていた!--(・Д・;)
 8月までに、1人/4人が失業の25%↑ 8/22「エコノミスト」!.((; ゚∀゚))---
 「失業者手当による、すべての浪費とその他の費用を削除すべきである。」と。倹約論が主流となった。8/25-国王命令で挙国一致内閣成立。
 マクドナルド首相は---「われわれが、生活を切り詰めて安定に向かうこと
は、浪費して混乱に向かうよりもはるかによい。」

 主流派の考えに反対の声をあげたのは、ケインズ--ただ一人だった!・∀・;)!
 1931年。ラジオ演説で、彼は述べた!!-------
 「我々が収入を使うのを完全にやめ、貯蓄をもっと増やそうとしたら、そう
 なれば、誰もが失業するだろう。-----
 そこで、ああ愛国的な主婦よ。宣伝されていた特売所に!!.((; ・∀・))
 彼女自身が得をするだろう---さらに雇用を増やし、国民の富を増やしている
という別の喜びが得られる--彼女は有益な活動に携わっている---」
 愛国的な主婦には理解されたかもしれないが、連立内閣の予算となると、約
7000万ポンド削減し、税収を8600万ポンド増やすとした--

 ケインズは激怒した--この法案をこう評した
 「愚かさと不正に満ちている。」
 経済悪化により、税収は下落した。結果より大きな赤字が出た!.((; ・Д・))

-------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」




368 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/07 00:47
第18章 : 一時代の終わり  -- "栄光からの転落"

 英インバーゴートン海軍基地でストライキが発生! -賃金カットに反対して。
 マスコミはこれに大見出しをつけて発表してしまった!!!--(・Д・;)
 イギリスの国全体が革命の瀬戸際に違いないと--パニックからポンド下落
が相次いだ。金流出も続いた!  雑誌「エコノミスト」は。!(・A・)!
 「一時代の終わり」と評して--その責めは「アメリカがにわか景気に浮か
れて浪費し、そのために不況に陥った」ことにあるとした--(・Д・;)

 9/27に発表されたケインズの見解-反論は、的を得たものだった。
 「金の足枷から解放されたことを喜ばないイギリス人はいない。我々はつ
いに理にかなったことをする自由を手に入れたと感じている---
 私はそれによって、障壁が破壊されることを望む!.((; ゚∀゚))」*---
 ●この論文は読む価値がある。過去分析は鋭く、未来予言は正確である

 1930年代最後には、金兌換する国家はなくなった!!--金は退蔵される...
 金流出を防ぐために古典的手法の--金利引上げを行うと、期待通り--
デフレとさらなる失業も首尾よく達成された。この時点で--国民による通貨
と硬貨の退蔵のおかげで--顧客に信用貸しを提供する銀行の能力は限られた。

 1932年.ついに積極措置が取られた。連邦準備銀行は10億$政府証券を購入。イギリス大蔵省--の経済学者R-ホートリは「英雄的な措置」と証した(!・∀・;)!
 1932年--国家の総生産高の3%以上の20億$の赤字に大統領は警句!!-----
 フゥーバー大統領は、国民に財政再建を求めた--議会は意欲もついにはなく
小さな支出削減と増税たった。それにもかかわらず、こうした措置による経済
的なインパクトはすでに存在したデフレ圧力をさらに強め、財政赤字拡大へ.

-------------- 「ゴールド -金と人間の文明史 - 」




369 :名無しさん:03/03/15 21:18

なにげに、、 age てみる

370 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/15 22:33
2007年頃終焉かな

371 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/24 13:27
age 保守

372 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/25 13:39
で、結局資本主義の定義はどうなの?
はじまりは?
安く仕入れて高く売る形態だけで資本主義とする論者もいるようだけど、
どーなの?

373 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/25 15:21
資本主義の始まりは詐欺の始まりだと俺なんかは認識してるけどね。
まぁ、主義ってのは多分に幻想を抱かせるのに格好の言葉だけど。

374 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/26 14:10
ゴールド -金と人間の文明史
面白そう。さすが、ピーター・バーンスタイン!

金本位制復活すれば、アメリカは弱くなるだろうか・・・
FRBNYにいっぱい延べ棒あるけど・・・


375 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/26 14:55
議題:社会統合  
この投稿の読者は累積 3046 人です。
32569 ・社会統合 ・序文 ・科学論 ・場の転換 
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/06/02 AM03

既に述べた様に、人類の命綱は共認にあり、従って認識形成こそ社会形成の生命部である。
ところが、これまでは人類の命綱である共認形成の要(かなめ)の位置に、
学校(教師)や大学(学者)やマスコミ(報道人や文化人)が陣取り、
一握りの知識階級が人々を染脳し、共認を支配してきた。




376 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/26 18:24
■▲▼
【1:139】【社会】ベルト締め上げ「自分が悪いことやったんだろ」…名古屋刑務所致傷事件
1 名前:☆ばぐ太☆φ ★ 03/03/11 18:33 ID:???
★悲鳴に「おい、死んでねーか」 名古屋刑務所致傷事件

・名古屋刑務所で昨年9月、暴行で受刑者が大けがをした事件で、前田明彦副看守長
 (41)らが受刑者を革手錠で締め上げていく暴行の詳細が検察側の冒頭陳述や関係者
 の話で明らかになった。

 許しを請う受刑者に、刑務官は「悪いことやったんだろ。がんばれよ」と吐き捨てた−−。
 同5月の急死事件をめぐっても、「もうちょいだ」と、じわじわとベルトで締め付ける模様が
 分かった。
 関係者によると、受刑者が昨年9月、処遇への不満を口にしたところ、前田副看守長は
 激高。ほかの刑務官とともに受刑者を取り押さえ、数人がかりで革手錠と一体化した
 腰ベルトを締め上げた。悲鳴をあげると、「おい、死んでねーか。自分が悪いこと
 やっとるんだろ」と怒鳴ったという。

 前田副看守長は部下に、別のサイズの革手錠を持って来させ、嘔吐する受刑者にベルト
 を装着しながら「何も考えてないくせに。がんばれ、いくぞ」と声をかけた。
 受刑者が「それだけは勘弁してください」と懇願しても副看守長は再度締め上げた。
 さらに悲鳴をあげる受刑者に「あと2カ月繰り返すぞ。根性見せろ」と吐き捨てた。

 笑ってこの光景を見ている刑務官もいた。「しゃべれません」と応じる受刑者に対し
 「しゃべれないということはまだ繰り返すということか」。受刑者は痛みで下半身の感覚が
 次第に薄くなっていった。 (一部略)
 http://www.asahi.com/national/update/0311/023.html


377 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/30 13:55
後期資本主義社会の人々のための age

378 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/30 13:56
ドルもキャパを超えて暴走中
http://asyura.com/0304/hasan24/msg/228.html

379 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/02 23:47
>>372
マックス・ヴェーバーなんてどう?

380 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/05 14:03
資本主義の始まりは詐欺の始まり・・・なんとなくうなずけます
資本主義はイギリスの賭博に由来する、という人もいらっしゃいます

381 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/13 16:02
インフレとデフレの波の高安を制御しないとお金自体崩壊しやすいな。

382 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/15 11:23
すべての営利企業がNPO化すれば資本主義は無くなるでしょう
という人もいます

383 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/15 11:30
資本家=胴元か。なるほどね。
紙幣もメダルやチップと変わらないもんな。

384 :山崎渉:03/04/17 13:11
(^^)

385 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/19 21:15
資本主義はいつからはじまったんだ!?

386 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/19 21:16
はやくこの国が潰れないかなあ。

387 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/20 00:02
太宰治の「斜陽」のなかで、
政治、経済、もろもろより一人の処女の微笑のほうが大事、と書かれている。
ダザイ経済でいこう。
処女の微笑本位制。

388 :山崎渉:03/04/20 01:57
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

389 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/20 13:06
大学1年です。
資本主義が崩壊したら、私がこれから学ぶ経済学、経営学は意味ないのでしょうか?

390 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/20 13:36
意味あります。
というのも、経済学経営学の考え方を批判的肯定的にせよ、よく理解していることは、
理解していない人よりは新たな経済システムを理解しやすいかもしれません。
資本主義が崩壊するといっても、音を立てて突如と崩れ落ちるというものでは
ないのでしょう。知らないうちに、別なシステムに移行しているのでは?

391 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/20 15:06
発想と頑張りが報われるシステム
http://fkioll.fc2web.com/

392 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/20 16:55
堕罪経済か・・・。

393 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/20 23:58
いつでも微笑の処女と交換できる。夢があるな。
物の価値は、何人の処女が微笑むかで決まる。すべてファンシーになってしまうな・・・。

394 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/21 00:02
>>387
サーヤ?

395 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/21 00:06
紙は偉大なり。


396 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/22 13:20
「物より思い出」とか言ってたCMをみたことがある。
紙でも物でもなく 思い出こそ重要なのよ
思いで主義経済学よ いざ立ち上がらん

397 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/22 13:24
.      / ̄\  +.  ∧_∧アハハハ テンゴクヘイッチャウヨー  +
  イクナヨー( ´∀`)    (´∀` )  
      (つ  つ     (つ  つ■
.   +  ( ヽノ      ( ヽノ        +
      し(_)      し(_)

http://society.2ch.net/test/read.cgi/traf/1046749189/l50
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/company/1046775680/l50
田中真紀子と親密な日本ロジテムで違法残業しすぎによる過労死者
佐川とどっちがDQN?

398 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/04 18:57
ホッシュ

399 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/04 19:13
脱税をする銀行があるんだもんな

     http://www.page.sannet.ne.jp/pepetaro/

400 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/04 19:41
個人情報保護法案を廃案させないと支配層は個人情報保護法を隠れ蓑にして
悪事を働き、めぐりめぐって日本全体の富を食い物にし海外へ逃げてしまうぞ。
古今東西、過去も未来も東も西も支配層の大半は
法律を悪用し国家を食い物にすることしか考えていない。

大島の口利き告発者死亡!
http://money.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1049453872/

1 名前:週刊新潮 投稿日:03/04/04 19:57
大島前農相の口利き事件を告発した会社社長が3.28交通事故で死亡していることが分かった。
大島絡みでの死亡は、
六ヶ所村村長自殺、宮内秘書の妻自殺に続いて3人目。
本当に交通事故だったのだろうか?

作家の城山三郎さん
「 自由に調べてよいが、発表できないというのは、
 一種のペテンであり、ごまかしだ。
 雑誌と新聞を分断しようという作戦に違いない。
 官僚というのは悪知恵を持っているものだ。」
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200304/25/20030425k0000e040072000c.html
■個人情報保護法新法案にも多くの課題 解説と要旨
http://www.mainichi.co.jp/digital/network/archive/200303/07/4.html

401 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/05 11:49
工業化社会が終わるとともに資本主義も終わる。

インフレ、工業化、資本主義は3点セット。
投資したお金をモノに変え需要の増大がインフレを
生み資本の還元が資本家のさらなる投資を促す。

投資したものが戻らない時代が永く続くけばすでに資本主義が成立しない。
脱資本、ポスト資本主義は情報、知恵の知本主義ならば今までの
社会、価値観がまったく正反対なのだ。

資本主義を反面教師として生きることだ。

402 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/06 22:15
age

403 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/06 22:29
>>401マンセー! 堺屋マンセー!

404 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/07 00:42
クラスに必ず一人はこんなやついたよな・・・。結構笑えます。
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/


405 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/11 11:27
age

406 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/17 11:22
社会は中世に戻る。

407 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/22 21:52
ブッシュ政権の下、縁故資本主義(crony capitalism)の蔓延により、
アメリカ資本主義も終わりが見えてきたのでは? という意見を聞きましたが、
だったら日本はとうのむかしに終わってたのでしょうか?


408 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/22 22:07
資本主義社会以前から人類史とともに生き続けてきた資本が
死に絶えるわけないだろう。

409 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/23 16:16
資本主義は資本主義でも、メインの業種はワークシェアリングがふつうで、
副業で人が評価されるような時代になるんじゃないの?

410 : :03/05/23 17:26
 レベル低いな..このスレ

411 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/24 00:02
>>401>>409

確かに、労働を「ただ金儲けをする為に、ただ生きる為に」っていう風に
思えない人が増えてるっていうのは、
思いっきりアンチ資本主義だと思う。

賃金は安くても、やりがいを求めてしまう人っていうか。
見返りを求めない奴らの強みというか。

金融みたいなカジノ的資本主義はまた別の魅力があるんだろうが・・・。



412 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/24 16:11
NPO,NGO.

413 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/24 17:04
自由市場を支配する神の見えざる手。日本ではその神が氏んだということだな。
市場原理が日本経済を根本から破壊した、この逆説を理解しようとしない人々が未だあまりにも多すぎる。それがこの国の最大の悲劇である。

414 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/24 17:41
>>1

資本主義の最期って日本のこと? 日本は社会主義から資本主義への
転換に失敗した国なんだけど。ロシアは成功したけど、日本は失敗した。
それが、何で資本主義の最期なのさ? 日本型社会主義の最期だろうが!

415 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/24 21:04
欧米型資本主義も同時にとっくに終わり。

416 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/24 21:28

パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
 ∧_∧      ∧_∧      ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧    ∧_∧
 (/【◎】      (/【◎】     (/【◎】  【◎】ヘ)   【◎】ヘ)   【◎】ヘ)
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘  └\ \  └\ \  └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ


417 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/25 18:01
摩擦係数ゼロの資本主義。

418 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/25 18:54
デフレの原因は産業主義の終焉ある。
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1044525795/l50
産業主義(資本主義と社会主義)の終わり
http://abff268r.infoseek.livedoor.com/sangyou.htm
18世紀から20世紀の間われわれの社会は、
工場で物を生産してそれを市場に流通させる事で生活の向上を目指してきました。
生活を便利にするため色々な発明品が開発され発明品が一般家庭にとどき、
当たり前のように使われるようになりました。
コンビニへいけばたいていの生活必需品があります。
電気屋にいけば便利な家電が沢山あります。
自動車、住宅、衣服など物であふれています。
日本中隅々までに道路や鉄道が作られました。
その結果、どうなったでしょうか?
デフレの原因は既存の商品がすべて家庭にいきわたったから
物が売れなくなったと見るのが自然ではないでしょうか?

419 :山崎渉:03/05/28 11:05
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

420 :シゲオ:03/05/28 11:07
資本主義は永遠に不滅です!

ことあるごとに破綻とか破滅とか言ってる奴は
自分が厨だって気づかないのかね。
人類が存続する限り資本主義は続く。

421 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/28 22:53
資本主義をキチンと定義せよ。

422 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/28 23:34
>>420
資本主義は不滅だが時々死に体になる。
つうか、一国を機能不全に陥らせる。
その過程で数多の血が流される。

423 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/30 19:58
資本主義は欲望の支配下にある一時的なゲームのお遊び。

424 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/01 17:26
age

425 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/07 21:32
欲望にもいろいろある。

426 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/11 23:22
欲望の最上位は自己実現。

427 :アフォ学生:03/06/11 23:51
最近、多くの人々が経済を理解するほど賢くないこと自体が、
賢いことであることに気づきました。
全ての人々に経済を正確に理解させ、デフレギャップを効率よく埋めてしまったら、
すぐに資本主義の拡大は加速し、崩壊してしまうでしょう。

経済学は全ての人が理解してはいけない学問ですね。
「構造改革」を進めることは、超長期的に、人類全ての利益を考えるならば、
正解と言えるかも知れません。

428 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/13 01:16
資本主義の終焉は神の摂理。

429 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/13 23:12
もう最終段階ならば自らのアイデンティティを明確にせよ。

430 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/13 23:40
ポスト資本主義を考えよう。

431 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/14 12:34
て言うか、競争を基本にした社会様式ってやっぱ無理があるよ。
昔、どっかの記事で「戦争しか知らない子供たち」って言うのをやってて、
そこでは、算数を教えるのに、「5丁の銃がありました。そのうち2丁をソ連兵を殺すのに使いました。残りは何丁でしょう」
ってな感じで教えるらしいんだ。
それは確かに問題だと思ったけど、
俺らも「競争しか知らない子供たち」な訳で、個性を生かして何かを共同でやるための、
組織力というか、そういう物が極度に欠如してきてると思うんだ。
何かをオープンソースとかでやろうとすると、必ず企業の邪魔が入るし、
自主的に企業や役所の手を経ないで何かをすることが、とても難しい社会に生きている。
そういうのはものすごく不自然だと思うし、上述の組織力の発達を著しく阻害してると思う。


432 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/14 12:36
セクシー画像を生クリック☆!(閲覧無料)
http://endou.kir.jp/moe/linkvp.html

433 :sage:03/06/14 15:25
■■安心出来るサービスを!Eメールマーケティングの老舗iMiネット■■
○ |\  /| ○  ★楽しいアンケートに答えてポイント(お金)GET!
┌┐| \/ |┌┐ ★たとえば300ポイント=3000円!
||||\/|||| ★もちろん登録無料!登録も簡単!!
└┘└┘  └┘└┘ ☆ 詳しくはこちら→http://www.imi.ne.jp/imi/come.here?5QQQEYL

434 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/17 22:19
資本価値の変換。

435 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/18 19:39
そういやゴンドラチェフの波動が来るってのが2003年からだったか?

436 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/18 19:47
2006年度の平均失業率6.5%に
景気回復は2008年以降の予定
2010年には消費税18%実現
年金は2015年から3分の1を支給停止
子供を持たない30歳以上の世帯に対しすべての税控除を廃止
2018年、海外に出国する際の持ち出し外貨に制限

437 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/18 20:04
郵便局民営化して
銀行国有化・・・
なんなんすかねーコレ。

438 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/19 10:03
郵政はあくまで見せかけだけの民営化
銀行救済(国有化)は政治献金の見返り

439 :どーでもいいけど:03/06/26 23:57
 
リサイクルと言ってもゴミを迂回させてるだけだから
サイクル(循環)してるわけじゃない。排出量はたいして変わらないし
むしろ前年よりやや増えている。

資本主義は泳ぎつづけないと死んでしまうマグロに似ている


産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成12年度実績)について
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=3883

一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成12度実績)について
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=3886

440 :1:03/07/05 07:55
紙は死んだ。国債が最初に死ぬ。

441 :1:03/07/05 07:56
次は紙幣が死ぬ。

442 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/05 07:58
次は1が死ぬ。

443 :1:03/07/05 08:02
>442
私が死んでもどもならん。

444 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/05 09:52
しかしさぁ。社会主義は最後に理想社会主義って言うゴールがあるわけだが、
資本主義って目指すところがなにもないんだよな。それで生産性が上がるほど、自らの首を絞めて泥沼になっていくんだよな。
基幹特許って言う形で事実上独占も行われるようになってるし。
実際、資本主義はそろそろだめになってきてるんじゃないの?

445 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/05 11:02
資本主義は、最初からダメだった。
ただごり押しで生き長らえていただけ。

江戸幕府が崩壊する前
当の天皇も幕府のない社会は想像もつかないものだったという。
資本主義以外に選択肢がないと思う我々の心理も同様。

446 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/05 11:05
>>445
資本主義がダメだというなら、何ならいいんだ?

447 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/05 11:10
>>446
明確な名称はつけられないが
資本主義=カネ主義、でない社会は構築可能だ。
例えばカネ主義というからには、
根底のカネの仕組みを変えるという手もある。


448 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/05 11:16
>根底のカネの仕組みを変えるという手もある。

どう変えるの?
そこの具体的なところが聞きたいんだけども。

449 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/05 11:32
>>448
例えばこの板にもあるゲゼルスレは参考になると思われ。
そのアイデアの要は、カネが資本主義社会における「神」ならば
そのカネ自体のパワーを削ってしまえ、ということだと
俺は思ってる。

450 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/06 08:54
半金本位制は来る可能性大だな。

451 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/08 14:21
>>446
ミヒャエル・エンデの「疲労するお金」(だっけ?)
それはどう?

452 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/08 14:57
資本家より、使い方を知っている者の時代。
したがって資本主義の終焉。

453 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/08 14:59
先日逮捕された武富士の元社員中川ってかなり悪党なんじゃない。
自分の作ったかなりの借金返済の為に凄く綿密に計画して犯行に及んでいるね。
しかし計画的な犯行も逮捕されれば、ジ・エンド!しかしこんな悪い人間の片棒を
担いで金儲けをたくらむ奴等もいるし恐ろしい世の中だよ。中川って数千万も借金してい
たって。ギャンブルにもかなり使っていたり、共犯者達へも金を使わらざるを得なかった
のだろう。かなり計画的だからそれだけ費用も必要だったんだろうか。司直の皆さんお願
いします<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

454 :山崎 渉:03/07/15 11:11

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

455 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/07/25 11:44
『共産党員、盗撮で逮捕!!』

7月10日午後11時頃、都営大江戸線社内で
女性の下半身を「盗撮」した疑いで、日本共○党員の
長○ 満(46)容疑者が現行犯逮捕された。
長崎は「痴漢冤罪被害者ネットワーク」の代表として、
無実の罪に問われた男性達に勇気を与える存在であった
だけに今回の破廉恥(ハレンチ)事件は大変な大失態となる。
最近、筆○秀世(元参議院議員)のセクハラ問題など、
女性スキャンダルが多発している共○党に対しては
既にかなりの非難の声が集まっており、まさに
『党存続の危機』であると言えよう。


456 :山崎 渉:03/08/02 01:24
(^^)

457 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 20:59
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii

458 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 21:00
                     ■■■■■■■■
                  ■■■■■■■■■■■■
                 ■■■■■■■■■■■■■■
                ■■■■■■ 〜〜 ■■■■■■
              ■■■■■■〜〜〜〜〜〜■■■■■■
             ■■■■■ 〜〜〜〜〜〜〜〜 ■■■■■
             ■■■■■   ■■〜〜■■   ■■■■■
           ■■■■■  ■■■■〜〜■■■■  ■■■■■
           ■■■■         ||          ■■■■
          ■■■■■   〓〓〓〓||〓〓〓〓   ■■■■■
          ■■■■   〓〓     ||    〓〓   ■■■■
          ■■■■        //  \\       ■■■■
          ■■■■      //( ●● )\\     ■■■■
          ■■■■    // ■■■■■■ \\   ■■■■
          ■■■■■  / ■■■■■■■■ \  ■■■■■
          ■■■■■   ■/〓〓〓〓〓〓\■   ■■■■■
          ■■■■■■ ■ /▼▼▼▼▼▼\ ■ ■■■■■■
          ■■■■■■■■■ ▼▼▼▼▼▼ ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■   ■■   ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

459 :山崎 渉:03/08/15 13:49
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

460 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/24 11:17
インフレにしたら株価が上がった。もっと刷りまくれ。

461 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/24 11:21
ユダヤ人にとって都合のいいシステムです
まだ最後ではありません。世界征服してからです。



462 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/23 11:48
http://www2.tokai.or.jp/isya/mp3/gyokuon_omoi.mp3

463 :貨幣研究家:03/10/14 19:23
戦前の世界大恐慌の時、多くの社会主義者たちは
恐慌の深化こそが資本主義の危機で、社会主義革命の
チャンスであると考えていた。
しかし、現実には恐慌は資本主義をさらに強靭な
ものにしてしまった。
(悲惨な飢餓と戦争という大きな代償を払って、、)
ごく最近はっきりしてきたことだが、
現在、列強各国は海外への輸出振興を目指して
自国通貨の切り下げを切望している。。。これが本音でしょうw
この状況、「縮小均衡」といって、恐慌への
危機をはらんでいるのはいうまでもない。
多くの資本家や為政者は本音では恐慌による
資本主義の更なる強化を願っていると思う。。
でもそれって、更なるリストラ強化や貧富の差
ということになるのですよね!
これを避けるにはもうひとつの選択肢、
ハイパーインフレというのがあるのだが、
これって誰かさんの「貨幣論」じゃあないけど、
真の資本主義の危機になりかねないのですよね(笑)
だって、恐慌が深化すればするほど人々の貨幣への執着は
強まるけど、ハイパーインフレになると、政府や中央銀行の
威信低下、現金や預貯金から現物資産への逃避につながる
もんね。。。これこそ本当の意味での「資本主義」の
危機なんじゃあない?

464 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/17 15:04


__ノ              |    _
 | |                    |  ノ\__ヽ
 ヽ二二 ヽ -―人 、       |   \ノ(◎)
 _____/ /'(__)ヽ____|
    /  / _(__)∩      \
    |  |/ ( ・∀・ )アノー、タイヘンナコトガ  \
    .\ヽ、∠___ノ\\        .\
      .\\::::::::::::::::: \\         \

465 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/01 00:20


        ∽∽∽∽∽∽∽∽∽   ヾ>;;::;;;'ァ、
   ∩    新年         §   ゙;‘/ ’))::';
 ∩∪     あけまして    §   (エ_,ノ:::;;;;;::';
 ∪.| |∩     おめでとう    >   ::(゚Д゚ ):;:;::;'
. | |.| |∪       ございます §  とヾ:;::;:;υ;::;'
. | |.| |.| |              §     ゙、::i:::''';'
(∩∩∩∩)    2004年元旦. §     U" U
(∪∪∪∪)  ∽∽∽∽∽∽∽∽
 |≡≡≡|
/≠≠≠\
~~~~~~~~~~~~
        ∧,,∧
       ミ,,゚Д゚彡
      /~‖ヽノ‖~ヽ
     i i .‖ ノ ‖ i i
     .| |.‖ノ  ‖ | |     ∧,,∧
     i i.‖∞=‖i i     ミ,,゚Д゚ノ
     /ヽつ    とノヽ   /;;;i y i;;;;ヽ
    (          )  /し;;っc;;;;Jj


466 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/01 00:20


        ∽∽∽∽∽∽∽∽∽   ヾ>;;::;;;'ァ、
   ∩    新年         §   ゙;‘/ ’))::';
 ∩∪     あけまして    §   (エ_,ノ:::;;;;;::';
 ∪.| |∩     おめでとう    >   ::(゚Д゚ ):;:;::;'
. | |.| |∪       ございます §  とヾ:;::;:;υ;::;'
. | |.| |.| |              §     ゙、::i:::''';'
(∩∩∩∩)    2004年元旦. §     U" U
(∪∪∪∪)  ∽∽∽∽∽∽∽∽
 |≡≡≡|
/≠≠≠\
~~~~~~~~~~~~
        ∧,,∧
        ミ,,゚Д゚彡
      /~‖ヽノ‖~ヽ
     i i .‖ ノ ‖ i i
     .| |.‖ノ  ‖ | |     ∧,,∧
     i i.‖∞=‖i i     ミ,,゚Д゚ノ
     /ヽつ    とノヽ   /;;;i y i;;;;ヽ
    (          )  /し;;っc;;;;Jj


467 ::04/01/10 00:38
http://wp.cao.go.jp/zenbun/sekai/wp-we97/wp-we97bun-1-3-3h.html
マーストリヒトねぇ。守ってたらもうユーロからドイツもフランスも
離脱してるよ。あってないようなもの。アメリカもルービン・オニール
スノーと自国通貨高を歓迎するという表向きのコメントは多くあったけ
ど裏でやってたのは輪転機を世界一のスピードで回すこと。国家の長官
の表向きの発言を信じた日本のドルロンガーは藻屑と消え去った。今
でも日本の国家破綻を祈ってドルを握りしめているのかもしれないが
その前にアメリカの債権がデフォルトするだろう。日本の政治家が嘘
つきだというのは皆知っているのに、海外の政治家さんの発言を信じ
たら投資も糞もあったもんじゃない。国家間のやり取りはいつまでも
マキャベリズムであり嘘の応酬だ。こと経済は戦争と切ってもきれな
い兄弟のような関係でありそれは顕著に反映される。
だから条約よりも欧州の歴史の方が重要なんだよ。人も国家も過去に
立ち返る。欧州が通貨高を紙幣増刷によって転化させる事はおおいにある。

ただし基軸通貨になったあとかもしれないが。



468 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/11 12:14
http://www.roppongi-tv2.net/kakuzuke/
さむい

469 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/27 09:34
世界統一が完了したら
資本主義もいらなくなる


154 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)