5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◆日本を農業大国にして再生を図ろう!!◆◆

1 ::03/03/13 13:55
これからの日本は高齢少子化になって高齢者は年金の保障が
なくなります。それに高齢者の再雇用も難しい状態です。
そこで大勢の高齢者を農業サラリーマンとして活躍してもらっては
いかがでしょうか?公営でも民営でもいいので大規模に
農業ビジネスを展開するのはいいアイデアだと思いませんか?
もちろん高齢者に農地や寮を貸して安心して農業に
打ち込めるようにするのが前提ですが。
将来世界規模で食料危機が確実に訪れるので将来性は
あるし、日本の輸出額も増えます。現に将来の食料難を見越して
欧米や韓国の企業が南米の土地を買い占めてるらしいですしね。
日本だっていまだったら安く地方の土地を買い取れます。
そこを農地にすればいいと思います。

2 : :03/03/13 13:57
都会の土地の一定割合を農地にするよう義務付けた方がよい。
副業・趣味感覚でやる人口が多い。
土地価格も上昇。

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 14:00
>>1 新スレ乙
でも農林農協の寄生虫どもを何とかしない限りどうにもならん

4 ::03/03/13 14:07
特に有機農業とかに力を入れて中国の農業に対抗すれば
いいと思う。安全で安心して食べられる野菜は国内外問わず
需要が高い。

5 :九州人:03/03/13 14:17
例えばビルの中で、1階は米、2階は野菜、3階は果物なんて云うのも
面白い。日本には世界最先端の技術あり。それには、大資本が参入できる
規制緩和が必要です。

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 14:22
1年で5〜6期作まで回転すれば、コスト力もあり、農業輸出大国になれる。
農業に優秀な人材が集まる努力をすべし。

7 ::03/03/13 14:26
っていうか現実的にこれから日本で発展できる可能性のある産業は
農業しかない。資源も乏しいし、科学技術もおそらく中国に負ける
でしょう。でも確実に食糧難の時代はやってくるし、農業だったら
高齢者でも出来る。何度も言うけど将来性を見込めるのは農業ビジネス
しかない。

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 14:32
>>1
今までリーマンだったのが
いきなり農業なんて出来る分けないよ。


9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 14:33
それに生き物を相手にしているんだから
休みもそんなに取れないだろう...


10 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 14:35
老人にもできるのなら、機械でもできそうだね。。。

でもあんたのいってることには大賛成。

11 ::03/03/13 14:38
研修期間をもうければよいと思う。>8
別に高齢者全員に強制的にやらせるということではないけど
(本人の意思をそんちょうするべきだけど)
満足に年金がもらえなくて元気なのに再就職先が無くて困ってる
高齢者だったら前向きに農業サラリーマンやるんじゃないかな?

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 14:41
>>1
給与が出るのなら、やる人間はいくらでもいるよ。

13 ::03/03/13 14:44
少なくともこれから日本は食糧くらい自給自足できないと
将来飢え死にするでしょう。

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 14:45
だからまともな人間はそれでは働かないような給料ではたらくんじゃない?

15 ::03/03/13 14:46
>給与が出るのなら、やる人間はいくらでもいるよ
若い人は嫌がるでしょ。でも選択肢がほとんど無い高齢者
だったら考えるんじゃないかな?このままだと飢え死にする
高齢者がでてくるでしょうし。

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 14:57
日本は

NO業大国になる!!


17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 15:03
どうせ補助金が出ないとできないだろ。

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 15:07
江戸時代がた鎖国社会はできないか?

資源は、基本的に海。
エネルギーは原子力、太陽。
石油が欲しければ、尖閣諸島あたりの油田開発。
食料は一汁一菜。

住まいは、空きテナント無料解放。



19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 15:26
>>17
同意
崇高なサラリーマンの爪の垢でも飲んどけ

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 15:38
農業大国なんて無理。
隣国中国が農業大国なんだから。。。


21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 15:41
若いうちから鍛えてないと農業ってできるのだろうか
とか思うときあるけど、機械化されてるからいいのかな。
家庭菜園くらいならできるかもしれないけど。


22 ::03/03/13 15:53
これからの日本のことを考えると自給自足ぐらいできなきゃ
いけないし、年金で支えきれない高齢者を上手く活用しなきゃ
いけない、世界規模での食糧難の時代が来ることを考えたら
農業ビジネスは良いアイデアだと思うのですが。有機農業とかの質で
中国に対抗すればよいと思う。


23 ::03/03/13 15:59
過疎化した地域を活発化出来ると思います。
なにせ物価の安い東南アジアやニュージーランドで余生を
送ろうという高齢者も多くいる事を考えたら日本の過疎地も
捨てたものではないと思う。


24 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:00
金属でできた人工筋肉を装着すればいいですね。
衰えた視力は人工網膜装着でスーパーマン並の視力が可能に。
衰えた聴力は集音マイク付き骨伝導式補聴器でどんな小言も
聞き逃さない。
これからは、スーパー老人の時代ですよ。

25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:09
1さんの言いたいことは良くわかる。

これからの農業には、加えて考慮していくことが必要な部分があると思う。
世界的に食物に対しての需要が激増する。これは必然。
まず中国が成長している。、これは食の豊かさにも繋がる。
必ず食料の消費量は上がる、その次はインドと出てくる。
ここらの国は自国消費を賄いきれない。輸入大国になる可能性がある。
でもこれなら従来に食料供給の改善で対応できる範囲。

しかしこれからの農業は、かなり構図が変わる。
石油代替エネルギーとして、植物からの供給が実現可能なところまできている。
バイオテクノロジーや遺伝子組み換えで耕作は可能だが、農地の奪い合いになる
可能性がある。他諸国は国策で先行し対応しつつある国も結構ある。

日本はこのままでは、またも輸入に頼るという状況。
食料とエネルギー、これが他の国の政策、農業の支配下に置かれる可能性が高い。
また将来、世界的な天候にも影響を受けてしまう可能性がある。

アメリカとかは、すでにそういう産業用の農地を確保しプラント施設等のインフラ
整備もしているようだ。

26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:13
今までの日本は工業化社会を目指していたんだよね?
いきなり農業に転換するのは無理って門だ?


27 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:14
>>26
農業の工業化、が順当に進んでいたのだけど、
農家→農協→住専、と順当に貸し出されていた資金が、
某官庁のクーデター的取引規制でいっせいに焦げ付いたので、
それで一気に無理になった。

28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:14
>>26
んなことない、産業で捉えれば変わらん。
株式等の組織での運用を認めれば良いだけだ。

29 ::03/03/13 16:17
でも低迷した日本を再生するには大規模な変革が必要。
高齢者に農業は出来ても工業は出来ないでしょ。
農業ビジネスは将来性あるし高齢者でも貢献できる。
田舎の自治体・・日本政府はもっと農業ビジネスを
前向きに考えて欲しい。

30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:18
農業転換は良いけど
例えば長期休暇とか、週休2日なんて出来るの?
生き物相手だから無理だよね?


31 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:19
>>30
交代制になるでしょう。
実質、畜産などは盆も正月もありませんね。

32 ::03/03/13 16:20
それは考えるしかないけど>30
アメリカとかの農業はどうしてるのでしょうか?

33 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:21
1の言う農業は
畜産も入るのか?
それから1は農民なのか?


34 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:21
>>29
高齢者に拘ってはいかんよ。
それは国内事情しか見ていない。

世界的な情勢で見れば競争力ある会社が大規模に運営しないと意味ない。
国境を越えて成長もしていけない。結局、税で守るしかなくなる。

35 ::03/03/13 16:24
高齢者を現実的に税で守れないから農業ビジネスを提案してるのですが?
もちろん工業とかは若い層や海外の優秀な技術者を雇えばいいと思う。

36 :30:03/03/13 16:25

>>32
>アメリカとかの農業はどうしてるのでしょうか?

さあ?知らないよ?
聞いた話だけでよく分からないけど
アメリカでは農薬をまいたり、種をまく時は自家用飛行機で空から
散布するらしい...聞いた話だから知らないけどね。

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:27
それから>>1
冬場の仕事はどうするの?
外国に出稼ぎに行くの?


38 ::03/03/13 16:28
もちろん高齢者に強制するとかでないけど。
条件をよくすれば希望する人が沢山出てくるとおもうのですが?
何よりも年金だけでは生活できなくなる時代がやって来るわけだから
「やってもいい」という人はそれなりに出てくるはず。


39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:28
まあ、利益を数字としてできるだけ多くだすということに主眼が
置かれてるのなら、中国産にはかなわないよね。
中国も有機野菜に意欲見せてるってホント?
中国も都会のちょっと高めのお店には有機野菜置いててニーズもあるとか。
でも、中国って広いから田舎の少数民族の畑とかは普通に有機野菜
自給自足方式っぽかったな。豚さんも一家に数匹飼ってたし。

40 ::03/03/13 16:31
>冬場の仕事はどうするの?
>外国に出稼ぎに行くの?
今までの貯金とわずかながらの年金でしのげばいいと思う。
要するに何も働かないで僅かな年金でも生活できない状態よりは
本人にとっても国にとっても余程マシだということ。


41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:32
>>40
若い人で農業やっている人は出稼ぎだよね?


42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:33
>>41
つまり、そんな儲からないってこと。

43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:34
会社で大規模に農業出来ない日本のローカル事情ではここからの改善だ
ろうな。

中国は、たいして農業発達しないよ。
計画経済時代での小規模な消費に耐えられる程度だろうね。
国土広いといっても、ほとんど砂漠だし、砂漠の拡大は止まらない。
水の事情も悪い、水不足は明らかだし、工業化に伴って水の需要が飛躍的に
増え続けている。工業ってのは大量の水を使うからね。

>>39
自給自足でいいわけだからね。
生産量を増やすとなると、農業は農薬等が必要になってくるわけですよ。


44 ::03/03/13 16:36
>中国産にはかなわないよね。
あそこは人口多いからね。
日本より利益が多くてもそれを13億でシェアしなければならない
ことを考えると別にいいのでは?

45 ::03/03/13 16:39
自給自足でも大規模でもいいと思う。
でも輸出に貢献できるくらいの規模の方がいいだろうね。
世界規模の食糧難の時に大儲けすることが出来たら理想的だね。

46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:41
じゃー、もう空きビルを農業工場&養殖場に変えなきゃ。


47 ::03/03/13 16:45
とにかく欧米や韓国の企業はやがて来る食糧難の時代に
大儲けするために南米の農地を買いあさってるそうだから
日本が過疎地を有効的に使って高齢者中心に農業ビジネスを
して大儲けすることはグッドアイデアだと思います。


48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:58
食糧難の時代って来るかな?
資本主義が進むとそんな子供作らなくなりそう。
日本は減ってるし。
食料難な国って砂漠とか極寒の地みたいな気候条件の厳しい国じゃないの?

49 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 16:59
環境ビジネスで生き残れる。
農業はちときついな。

50 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 17:03
>>48
経済成長すると、それに伴い食料の消費は上がるよ。

51 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 17:03
>>国土広いといっても、ほとんど砂漠だし、砂漠の拡大は止まらない。
水の事情も悪い、水不足は明らかだし、工業化に伴って水の需要が飛躍的に
増え続けている。工業ってのは大量の水を使うからね。

そーいや水資源をめぐって外国では紛争が起こるほどなんですってね。


52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 17:07
水道とか水資源って国が管理するイメージだけど、民間の企業
もあるらしいですね。外資系の企業が参入するっていうことで
問題になってる国(インドネシア?)もあるとか。例えば、琵琶湖の所有権が
民間企業になったら妙なかんじですね。

53 : ◆GIkyUcg0/I :03/03/13 17:38
メタンハイドレードを語りましょう!

54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 17:54
どの程度可能かわからないけど、住環境(生活環境)を考えたら、
都市の中に田園を作る必要があると思うなぁ。そのためには、企業
が地方にも分散する必要があるわけだけど。

東京で、都心近くに住んでおられるかた、息が詰まらない?
ほんの2〜30年前、都心からちょっと歩けば、田園風景が広がって
いたよね。

食料確保以外にも、大きな効果があると思うけどなあ。

55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 17:59
しかしまあ、農業は小生産者(プチブルジョアジー)として固定化され、
その票田を目当てにして自民党は様々な既得権益を守ってきたわけだし。
しかし、社共も、そのような既得権益を「勤労大衆の利益」ということで、
未だに擁護し、農業の株式会社化とかを阻害している。じゃあ、お前ら、
工業労働者のありようはどうなんだ、っての。日本の左翼は、本質的に
保守だからなあ。

いずれにせよ、政策的には>>1さんを可能ならしめる政党はないと思われ。

・・・・・・・どうする?

56 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 18:01
>>55
どうもこうも、商業資本(=プチブル)の利益を代表する農民・自民党と、
金融資本の利益を代表するxxxとが、当面は主導権争いを続けるということで
よろしいのではないかと。

57 ::03/03/13 18:04
社民党はもうじき消える党だからいいとして
共産党もおそらく勢力が無くなりそうな気がするし。
とにかく農業の株式会社化は前向きにならないと・・。
アメリカとかどういう形式でやってるんだろ?他の農業の
進んでる先進国とか・・。

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 18:10
>>53
宇宙太陽発電(Solar Power Station: SPS)計画 もありますよ。

59 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 18:25
エリンギ、舞茸、ブナシメジ♪のホ○トとか
お茶(〜園とか)っていうのは、普通の農業とは違うの?


60 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 18:53
しっかし、重農主義の時もそうだったけど、

こういうこと書くやつって、んじゃあ
積極的に農業に役立つことをやってんのかね??

農業の販売店を作るとか、積極的に日本料理を喰いまくるとか
今夜はちょっと多めに、散財して料理作ってます・・とか

61 ::03/03/13 19:00
一応我が家は「野菜の会」に入ってて80歳以上の高齢者の方々
が作ってる無農薬野菜とかを購入してます。

62 :名無しさん:03/03/13 19:06
を!! えらいね。だんな。

そうこなくっちゃ!  重農主義が失敗したのは
生産力をムリヤリ上昇させたのは、いいが誰も消費をしなかったことなんだな。
まあ、農業が国力だと判断するのは、勝手だが・・・・・・・。

重農主義は、18世紀ごろの政策ですが
当時のフランス政府は、都市部に人口を集中するのを防ぐがため、強制的に
人口を移住。工場用地などをすべて没収して、農業用地にムリヤリやった。
こりゃ、結局、傾斜生産方式やったわけだ。

これと同じアホをポル・ポト がやる。

63 ::03/03/13 19:17
>生産力をムリヤリ上昇させたのは、いいが
無理やりのレベルまでは不可能だしする必要もないが
日本の自給自足率を高めて輸入額を減らし、近い将来
年金だけで生活できなくなるお年寄りに生きがいや仕事をあてがい、
やがては来る世界規模の食糧難に備えて大儲けするというアイデア
なんですけど。

64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 19:20
ねー、茶農家とお茶屋が提携してるのってどういう仕組み?
キノコやモヤシみたいに工業製品っぽく作れる農産物
って株式会社だけど、どういう違いがあるの?

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 19:23
>> 日本の自給自足率を高めて輸入額を減らし
 そういうのを、重商主義とか重農主義とか逝って、、、
 A・スミスが批判していたわけっさ。
 しかも、輸入額を減らして、輸出を増やして貨幣を貯めても
なんにも国力には結びつかないよって批判したわけ

 スミスは、そうではなくて、自然による経済成長こそ国力だと
思っていたわけ。
 食料に需要があるなら、誰にも命令されずにすでに誰かが手
つけてるーさ。

66 ::03/03/13 19:25
>食料に需要があるなら、誰にも命令されずにすでに誰かが手
>つけてるーさ。
だから将来世界規模で食糧難になる時代が来るって言ってるんだけど。
欧米や韓国の企業もその時に大儲けする為に南米の農地を
買いあさってるってさ。

67 ::03/03/13 19:27
日本人も国単位として今から自給自足率を高めて
食糧難の時代に備えとかないと大変な事になるって
こと。

68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 20:03
重農主義批判は、こちらが詳しい

tp://www.cpm.ehime-u.ac.jp/AkamacHomePage/Akamac_E-text_Links/GalianiJ.html
Galiani, F (1728.12.2-87.10.30)***********

 イタリアの経済学者,聖職者,外交官。1756年から69年にかけて駐仏ナポリ
大使館員,同全権大使を務め,ディドロらのアンシクロペディストたちと交際
した。経済学者としては,その価値論と重農学派に対する批判とによって知ら
れる。
 
 A・スミス---[国富論]

 第4編では、重商主義と重農主義を批判している。重農主義の思想とスミス
の思想は基本的には一緒の点も多いが、スミスは、富の源泉を土地と農業生産
だけに限定せず、生産活動一般が、価値を生み出すという定義をした。 重農
主義に対してはそれほど問題にしなかったスミスだが、重商主義に対しては、
多くの紙数を費やして、非難攻撃を行った。
 もし個人が所有財産を自由に使用することがでれば、資本、労働は、農業、
工業、国内商業、外国貿易の順序に投下されて、国富の自然で急速な増大が
実現されたはずである、と説く。
 外国貿易中心の重商主義を批判した。
 重商主義は、国家の保護や奨励によって、資本、労働投下の自然の順序を
狂わせ、阻害する。この典型的な例として、スミスは北アメリカ植民地に対
する本国の諸独占をあげている。



69 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 20:18
スミスの意見より君個人の意見が聞きたいな>68
何度もいうけど世界的食糧危機はもうすぐ来るんですよ?
スミスは21世紀の人口爆発や食料危機まで考慮に入れて
国富論を唱えたの?それに国民全体が農業をするのではなくて
再就職の選択肢のない年金の保証されない大勢の高齢者に
農業をあてがってはどうかという提案だよ?

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 20:23
志願者多い気がするが。
ありがちなフレーズだが、生き甲斐にもなる。

71 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 20:29
>>69
 どうして、そうサプライサイドな判断しかくださないのですか?

 日本でムリヤリに生産された食料とやらが、どうして、日本人で
消費されると決まってしまうのですか。

 たとえば、戦後一貫して食糧消費量は増えており、食糧自給の分母の
カロリー数が一貫して増えている。
 ちょっと豊かで円高になると、外国の野菜を喰い荒らしまくってる人々に
どうやって、日本の野菜を勧めるね?

 もし、食糧危機が来るとなるなら、いつごろ来るわけ? 50年後?


72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 20:39
日本の農業は戦前からの統制とマッカーサーの農地解放で高度経済成長に入るまで農民にとっては夢のような時期だったと思います。
高度成長の歪みを政府は米価の値上げとか減反の補助金や列島改造で曲がりなりにも農村は維持されてきた。
この政策を造って来たのは農村出身の官僚の姿があったんでないかと思うんですね。
古くは大平正芳、現代でも官僚のトップ古川副官房長官など有名な人がいる。
現在農村・農業は高齢化した農民と兼業農家で維持されている。そこに農協職員等の雇用も維持されている。
農業の株式会社参入は農村の維持はやめるということだが、これは高齢化した農村には仕方がないことなのか?。


73 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 20:42
20年後以内には来るんでないですか?
人口爆発とそれによる食糧危機は必ずやってくるという
専門家は非常に多い。その為に先進国が遺伝子組み替えの開発を
行ったり、南米の農業を買いあさったりしてるのが現実です。
日本も早く対策を取らないと大変なことになる。
ところでA・スミスって何百年前の経済学者だっけ?
当然21世紀の人口爆発や食糧危機なんて考慮に入れてないんでしょ?


74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 20:42
だから、企業の参入を認めりゃいいんだよ。
農協だの農水族だのがギャーギャー喚くから良くない。



75 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 20:47
A・スミスの指摘は重要な事だ。
自給自足・農業こそ国力、と主張するなら、
日本よりタイだのベトナムだのの国力の方が上って事になる罠。
政府機関主導の重農主義は、愚行中の愚行。

しかしまぁ、日本の農業には、食糧危機云々以前に正すべき問題が多すぎる。
農家が税金を納めない点や「農協」「農水族」という権威の存在、
さらには食糧管理法・・・・・・
是正すべき時期だとは思うがな。



76 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 20:53
で、またサプライサイダーの話に逆もどり?


77 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 20:55
>A・スミスの指摘は重要な事だ。
だから数百年前のA・スミスが21世紀の人口爆発やそれに伴う
食料危機まで考慮しましたか?って聞いてるのに・・人の話全然
聞いてないわ>75


78 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 20:59
>>77

 だから、その食糧危機とやらに備えて、
 国を挙げて、食料を "計画生産" しましょ! って重農主義を唱えている
わけでしょ?

 んで、それに対する批判が、じゃーその生産しちまった食料あたりは
それまでにいったいだれが消費するのかね??と説いているわけですが。

 大豊作になっちゃうと、農業製品は価格が大暴落するぞ。


79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:03
まず海外の輸入を少なくする。それに農業環境って出来るのに
時間がかかるからね。
・・で農業環境を時間かけて整えていくうちに
気づいたら食糧難ってわけです。

80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:05
>>79

 つまり、参入障壁を設けて、ガットから脱退して、
自由貿易から脱退するってことでしょ??  農業参入障壁。

 まず、第一に可能だと思って?


81 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:10
だから別に今すぐ農業環境作れって言ってるわけでないし
出来るわけでない。ただ確実に食糧難がくるから時間かけてでも
少しずつでも農業環境整えた方がいいってこと。それにあくまで
高齢者を対象にあてがうの。

82 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:12
>>大豊作になっちゃうと、農業製品は価格が大暴落するぞ。
 
  投資した分<<<<<回収した分
 
  になるように農作物を廃棄しますよね。あれって貨幣っていう
  数値に振り回されているようにも思うのですが仕組みだから
  しょうがないんでしょうね。
  まっ農家が食べたりしてるのもあるんでしょうけど、実質は
  廃棄してます。



83 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:14
これからは十分に年金が貰えなくて飢え死にする
高齢者も出てくるのに・・。

84 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:18
どうせ人口が更に増えたら輸入分の作物が日本に
届かなくなるよ。届いても高くなる。

85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:22
>>82

 おや、働いたことあるのですか??
 まあ、実際はそうです。

 スーパーや、流通やったことあるなら、知ってる人いるかもしれんが、
毎日毎日、売れ残った食品を廃棄して棄ててます。生ゴミとして
 そして、毎年毎年、2/14になると、大量にチョコレートが売れ残って、
処分しなくてはならんので、もううんざりします。


86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:22
>>83
だから、農業において資本が資本を生み出すという事
(つまり投資を上回る回収が数字上必用)という事が
絶対重視されるべきなのかと思いますけど。
でも、土地のみで農業はできているわけではないし
当然機械等は必用ですから、やはり資本主義の仕組みから逃れでない
でしょう。
正直、見てるともったいないですよ、廃棄農産物。
(肥料といえば肥料なのか・・・?)



87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:26
>>86

 せやから、あれですな。 インフレをある程度、容認するなり
認めなくちゃいけない。
 農業生産品の価格が上昇する仕組みと、それを容認して
無理矢理引き下げるような政策なりなんなり、をやめなくてはならない。当面は。

 まあ、俺たち消費者にとっては不利にはなるな。


88 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:27
>>85
廃棄しているのですか?
家畜の飼料になっていた(つまり、売却)
なんていうのは昔の話なんですかね?(^^;
廃棄だと処分費用がかかりますよね。

チョコレートは、コンビニなどは半額ですね。
デパートの生チョコなどは日持ちしないので無理でしょうね。


89 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:30
つーか、失業者に無農薬農業を斡旋して公務員給与の数分の1?の
補助金を出し、農閑期は山林の保全をして貰う。
どちらも手間の掛かる仕事だ。21世紀のフロンティア計画(w。

こんな感じだろうな。同じカネなら失業保険や生保より全然良いよ。
実際、昔から雪国の農家は農閑期には土方してる人は多いワケだし、
土建には元農家という人も多い。IT(笑)よりずっと向いてると思う。

90 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:32
>>88

 毎日、毎日、バイトが廃棄しているの見てます。ぼくもやったことあり。
 においが強烈ですわ。キムチだの納豆だの豆腐だのが、交じり合った強烈
な、においが地下のバックヤードにただよいますわ。
 肉類は、あまった時は、ときどき焼肉パーティやります。賞味期限切れて
ますがね。それでも狂牛病で、大量に廃棄されたりしたのだが

 まあ、俺たち消費者にとっては不利にはなるな。


91 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:36
>>キムチだの納豆だの豆腐だの

生ゴミなら焼却しちゃうんですかね。肥料とかにならないでしょうかね。
家庭用の残飯処理機って肥料にするんですよね。
でも、本当はホームレスに配ったほうがいいのかもね・・

92 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:37
だから問題はやがて来る世界規模の食糧難をどう
乗り切るか!?でしょ?今>>1の言うような高齢者中心の
農業ビジネスなんてすぐ成り立つわけないし、パニックに
なるだけ。

93 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:41
んで、キノコやモヤシはもう工業用品認定なの?


94 :名無しさん@3周年:03/03/13 21:41
 1930年代の、大恐慌時代に、、
 農産物増産で、大豊作になると農業製品が暴落して、農民が路頭に
迷ったって話は、世界史習ったことなら知ってるのでは?

 恐慌だから、カネないんすよ。買えないんすよ。
 んでも、農業製品が売れないんですよ。安すぎて、金払うやついなくて。
んで、売れ残った穀物を大量に海に棄ててたんすよ。
 ビルから自殺する人を横目で見ながらね。

 この辺は、スタインベックの「怒りのぶどう」 ですな


95 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:45
>94
その頃の人口はいくら位なんでしょうか?>1930年
じゃあ他の先進国がやってるやがては来る食糧難に備えて
南米農地買いあさりや遺伝子組み替え開発は無駄だということですか?

96 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:51
>>1
研修とかで農業なんて出来るものじゃないぞ?
単純作業のような言い方だけど実際には奥が深い部分が多い
たとえば農業保護区を作ったり農民の子供は生涯村から
出てはイケナイ法律を作るなどが良いと思うんだが?


97 :名無しさん:03/03/13 21:51
>>95
 あれですわ。  食料品の中でも、一番手間がかかるのが肉類で
特に、牛さんモーモーの牛肉がかねかかるんすよ。でも、一番儲かるんすよ。

 んでも、牛も生き物っすから、牛自体なんか喰っていかなくちゃならない。
 そこで、牛用の穀物の生産が必要になってくるわけっすよ。

 この牛用の穀物生産が、南米で遺伝子組み替えとともに行われているわけ。

 あと、南米は、サトウやコーヒーのプランテーションで安く買い叩かれて
いるので有名ですな。 日本の商社も関わっているんじゃない?

 ほかには、メキシコに、三菱商事の日本向け食塩生産基地がある。


98 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:56
>>94
そういうのを聞くと貨幣って幻影なのかと思ってしまうね。
農産物といっても備蓄できる豆や穀物とそうでないもので扱い
ちがうと思う。
廃棄は食料品も含め生鮮食品の宿命でしょう。

99 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:57
だからもっと後々の事考えたら国単位で真剣に取り組まなきゃ
いけないんだ。会社を参入させてもよし。
でも農業って大学出なくても(学力無くても)やってる人が
結果的にいっぱいいるわけだから要は技術指導に力をいれるべきだよ。

100 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:58
>>98

>>貨幣って幻影

 幻影以外の、何者でもないですよ。
 そういうことを、A・スミスが200年前から批判しているわけ。
 現在では、ケインズ学派とか。  違った観点からはマルクシズムが
 そこで、牛用の穀物の生産が必要になってくるわけっすよ。

 この牛用の穀物生産が、南米で遺伝子組み替えとともに行われているわけ。

 あと、南米は、サトウやコーヒーのプランテーションで安く買い叩かれて
いるので有名ですな。 日本の商社も関わっているんじゃない?

 ほかには、メキシコに、三菱商事の日本向け食塩生産基地がある。


101 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 21:59
>>101

 そういう、国家レベルの傾斜生産方式は、愚の骨頂!

102 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:00
だから一体人口爆発による食糧危機が訪れたら
どうするんだよ!?飢え死にしてもいいの?

103 :反響文士:03/03/13 22:03
>>98
貨幣=貨幣であることを止められなくなったアイドル!
っていう意見に同意かな、俺は。
元ネタ:
http://www.benricgi.com/bbs/tree/a/300262/toride.htm
の中の、
http://www.benricgi.com/bbs/tree/tree.cgi?id=toride&cmd=hensin&subdir=a&myoya=118&pacnt=114&l_cnt=300262&l_id=toride

そういうわけで、「貨幣? 意味ねえじゃん!」と皆が思えば、貨幣でなくなるの
でぃす。


104 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:03
>>102

 じゃあ、まず、お前が食料消費を抑えろよ。

 とりあえず、1日、2食な。。  余った1食は、ホームレスに配れよ!!

105 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:04
貨幣って幻影 ・・・・貨幣価値もね。
円とかドルとか売買してるけど、世界統一経済思想があるなら
やがてはEUみたいに貨幣も統合されていくべきなのかも。

106 :反響文士:03/03/13 22:07
>>102
冷静に考えようよ・・・。人口爆発をしているのは、児童労働なんかが
平気で行なわれているところだよ。そういうことを良くし、女性=子産
機械ってな地域をなくせば、緩和されるんじゃないかな。

その上で、食料を日本で増産するシステムを作ることには、賛成だ。こ
れは、リスクヘッジとなるし。とりあえず、サンチャン農業からの脱却
をしないと、都市近郊農業はおろか、全ての農業が死ぬぞ。株式会社化
を含めた、農業労働市場・資本への参入は避けられない情勢だね。でも、
それを誰がやる? ってことが問題だな(既出すまん)。

107 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:07
日本の選択肢は2つ。

1.人口爆発による食糧危機が訪れたら餓死する。
2.食糧難に間に合う様に徐々に高齢者中心の農業ビジネス
を築きあげてやがて来る食糧難の時に備える。上手くいけば
大儲け。(他の先進国はもうすでに対策をとっていきつつある)




108 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:10
>>102
人口爆発ってやっぱアジア・アフリカかな?
医療設備が整うとってこと?でも一時期じゃない?

日本は減少してるぞ。でも、輸入できなくなったら
自給しなくてはいけないよね。
有機農業と同時に狭い日本の国土でも自給できるようにやがて来る時代に
備えた、さらなる高生産効率を果たす研究が必要かな。

109 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:10
>>やがてはEUみたいに貨幣も統合されていくべきなのかも。


 こういうことは絶対にやってはいけません。
 子孫に、負の遺産をもたらします。

 リスクの分散がまったくできません。

 $と円の合体とかバカ言う香具師がいるが、騙されないように

110 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:13
特にインドや中国なんかが食糧難の要因をかなり占めるので
はないかな?しかも経済的にも発展していくだろうし。

111 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:16
サプライサイドの話ばかりが出てきますが、

前々から指摘しているように、どう日本人に食べさせていきやがりますか?

例えば、おめーらの食卓が、パスタやラザニアやワインから、
いきなり、めざしや豆腐やはくさいやサツマイモを毎日食えって言われたら
喰うわけ?
日本産の高いジャガイモ使ってる、ポテチとか・・

112 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:17
>>110
砂漠を緑化すれば農地が確保できるかも。
これは、地球環境に影響あるのかな?
砂漠の地球における存在意義ってなんかあるの?

113 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:21
>>111
しょうがなくなったら食べるんじゃない?
老人になると嗜好も変わるだろうし。

114 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:21
まあまあ、
いつまでもあると思うな。コンビニとファーストフードって事だ(w。

後は北海道農業かな。北海道以外は規模がなー。
冷涼な気候を逆手に取った低農薬農業とか面白い事をやってるな。

例えばこれは札幌の役所と「企業」だがホレ。

イチゴで取れる夢のタンパク質 含有果実を国内初開発
−産業技術総研道センターと北海三共  
 2003/03/13 07:30
http://www.hokkaido-np.co.jp/

115 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:24
最終的には人間のエネルギーの摂取方法を
変えればいい。遺伝子組み換えで。

116 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:26
>>115
君は脳の遺伝子(以下自粛)

117 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:26
 たとえば、 今の人類の食料摂取を
 1日2食にすれば、 全体の消費量を 2/3にし。1/3浮かせることできる・・

 人口が増えてもOKっではああるね

118 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:27
>>113
 君はまず食べるのかね??

 あしたっから、ステーキとパスタとワインを一切無くすといわれ て

119 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:29
とりあえず、おまいら自分ちの庭を耕すから始めれ。

120 :UNIQLOの:03/03/13 22:34
ホームページで 冬物商品見て来いよ。

日本人が 中国で 作らせりゃ おにぎり10円くらいなるよ。

121 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:34
 実は、北海道では、ある種の傾斜生産方式らしきものは
すでに実施されているのだな。

 北海道に旅行に逝けば、ガイドから北海度のよさを一生懸命、洗脳され
若い男の子がいれば、北海道にはいい女がいると勧め、若い女がいれば、いい男
がいるだのと勧め、必要ならお見合いも手配するのだという。。
 んで、結婚した暁には移住を勧める。住居は用意してあるとのこと。でかい家
とね。
 農場は余っているので、道あたりが貸してくれるんだと、資金は、無担保で
も5年だか10年だか無償で貸してくれる・・・。うんぬんと
 かなり力説して解説している。  どうよ?

122 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:39
>>120
消費者の選択の幅や利益を考えるとそれもいいけど、
中国が人口爆発(←もう、してるね)して
輸入に頼れなくなったときのことを1は言ってるのでは?

123 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:39
>>1
地方の土地を安く買うのは誰だ?国か、自治体か、企業か?

124 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:40
こういうある種の危機を前提した事柄は、切迫感がなければなかなか前に進まないよね。
関東大震災再来と言われても、行政が万全の対策を取っているわけでもないし、ましてや個人でそれに備えてる人の割合は大したものでも無いはず。
食料危機に関してだってほぼ同じような事になってるわけでしょ。
自給率改善というのはもっともな話なんだけど、現状ではコストがかかると判断される部分が多いだろうし、いざ始めるとなっても国際的枠組みを考慮しないといけないし。
何年か前の米不足のような事態が他品目で頻繁にかつ深刻度を増した形になって表面化して来ない限り、とりあえず現状維持で行くしかないって意見は変えられないんじゃないの??



125 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:41
>120
今じゃなくて早ければ20年以内に来る食糧危機を
どう乗り越えるか・・だからね。未来も中国で
安く生産できるとは限らないでしょ?

126 :113ではないが:03/03/13 22:41
>>118
君の食生活にケチをつける気はないが(笑)、残念ながら日本人は
何千年もステーキとパスタとワインを食ってきたワケじゃないよ。

むしろこの50年あまりで食生活を変えられ食糧輸出国の市場にされた
のが事実だ。成人病はあっても子供の生活習慣病なんてなかった。

君ん家の年寄りはどう?そういう物が好物なら短命そうだな(w。

127 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:42
 まず、このスレッドの中で、ホンキで
北海道に移住して、百姓になりたいやつはどれだけいるのだろうか?

128 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:42
>>116
葉緑素をもつ緑虫型人間が完成すれば問題は
日照権と水資源の配分に移行する。
そういや、日本は水資源の問題が比較的少ないからいいやね。
砂漠地帯なんて結局は水からはじめないといけない。

129 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:43
過疎化した土地くらい安くで買えないものだろうか?
ただでさえ土地の値段が安くなってるのに。

130 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:43
>>126
 で? 老人じゃなくて、自分はどうなの?
 毎日、大根とか日本食ばっかで逝けるわけ? 
 マックとかファミレスはなしだぞ

131 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:46
>>130
変化はあるさ。悲しいけど。鯨食べなくなったみたいにね。

132 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 22:53
>>1
バカ?

133 :126:03/03/13 22:58
>>130
>毎日、大根とか日本食ばっかで逝けるわけ?
和食が好きなのかと言うなら、ほとんどそうだね。
昼は蕎麦中心だし、ただ最初は物足りないだろうね(w。
まあ、これは家庭の文化の違いだろう。
ガキの頃に婆さんにダシの味までキッチリ教えられたからね。

マックとかファミレスは安くてもカネを払う気がしないんだよ。
出先でどうしても空腹が押さえられない時だけだ。年に何回だろう?

134 :130:03/03/13 23:02
>>126
 で? 老人じゃなくて、自分はどうなの?
 毎日、大根とか日本食ばっかで逝けるわけ? 
 マックとかファミレスはなしだぞ

135 :130-(131) 訂正:03/03/13 23:04
 日本食の傾斜生産方式で、ヒントになりそうなことがちょっとある。

 現金バラマキ--- 地域通貨と公明党が出した商品券構想がそれで、

ある貨幣については、日本の米としか交換できない---と規定するわけだ・・

 ちょうど、傾斜生産方式の逆場面。
 消費の場面での、傾斜消費方式だと思えばよい。


 ただし、商品券を金券ショップに持ち込まれたら、終わりだけどね。

136 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/13 23:14
んで、1はもうプラン立ててるのか?

137 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 00:11
 農業について欲しくば、邪魔な農業委員会の廃止、土地などにかかる税金を
安くしないとだめだわな。その上で技術者などの人的支援、就農者支援金給付
などやら無いとできないぞ。


138 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :03/03/14 00:33
137 が百姓になれば、OK!

139 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 01:35
今考えると、農地改革なんてすべきじゃなかったんだね。
零細農家をいたずらに増やして規模による生産性を下げてしまっている。
日本もイギリスのように、大土地所有による生産合理化を図るべき。

140 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 01:45
外国の土地を買ったほうが早い!

141 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 08:07
>>139
でも、当時は地主の搾取が激しかったからね。
小作農がサラリーマンという訳でもなかっただろう。


142 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 08:10
土地は有限だしね。
耕作面積っていうのは国によって違うだろうし。

143 :複雑屈折:03/03/14 08:17
じゃあ、高層ビルの各フロア―で農業をしよう

144 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 08:22
それだよそれそれ

いまキューピーが工場で野菜作ってんのみたことあるぞ

145 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 08:37
>じゃあ、高層ビルの各フロア―で農業をしよう
太陽の光を直接浴びれる環境じゃないと難しいんでないの?

146 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 10:33
>>1は自民党の補助金で遊んでいる馬鹿なので相手にしないでください。

147 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 10:40
素人でも栽培出来るような、家庭菜園パックみたいな商品を
開発してくれないか。地方なら10〜20坪の庭は確保でき
るし、屋根やベランダなども菜園スペースとして利用できる
のでは?

148 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 10:54
きみたち、自民党あっての日本だろ
その自民党は百姓あってこそなんだよワカル?
減反までしてるのに農業大国で再生なんかサセルか?
黙って年貢納めてなさいって

149 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 12:43
世界の金持ち向けに高付加価値農産物を作る事はありだと思うけど
まぁ多分生産から販売まで大学や企業の協力なしでは出来ないけど

150 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 20:56
<139
君は資本家の階級のようだが農地解放は当時としてはたいへんな意義があった。
共産主義の目標は農地解放だった。中国は毛沢東がこれをやり神格化された。
そして文化大革命のような馬鹿なことを止められなかった。
日本の社会構造が工業になるなかで地方には小規模兼業だらけの農村が維持されているが。
食糧難になればこの構造が生きてくると思う。
食糧難になれば減反している全ての水田に高収量の米と麦を作りタンパク質は昔の様に魚を食べればいいでないか?。
昔は牛肉等は貴重品だった。肉は昔は農家でもない家庭でも鶏を飼い残飯をやり大きくなったら、つぶして食べていた。
自分は今もこんなことを思いながらも農村は高齢した農民だらけでいいものか疑問を持っている。
しかし、農業に株式会社を入れればまず打撃を受けるのは少なくなった専業であり。農村や農協とかの雇用も維持できなくなる。

151 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 22:12
考え方−−古典派経済学**************************

■重商主義(貿易活動を重視する考え方)の考えに反対
    
<重商主義の基本的考え方>
→財政がうまくいくと,経済もうまくいくものだ…
<特徴>
i)国庫の経費(=公共支出)は生産的
ii)内国消費税は良税
iii)公債(例:国債)は生産的
(説明)
i)国が行う経済活動は経済にとって良い影響をもたらす
ii)この時代の代表的租税=人頭税(一人あたり定額の定額税)
→ただし,これには免税特権があった。(貴族や僧侶)
→このような状況では,公平な課税ができていない。
∴金持ちほど,支出が多くなるので,その支出に対して課税する方が望ましい(この意味で,消費税は良税である)
iii)政府の政策は,良ければ良いほど,経済状態は改善される。
∴公債発行によって得た収入でそのような活動を促進する事は良いことである。

■重商主義に真っ向から反対する考え方〜アダム・スミス(Adam Smith)
Adam Smith(1776)'Wealth of Nations' 『国富論』or『諸国民の富』
<Adam Smithを知るkey words>
夜警国家  神の見えざる手(invisible hand)

<基本的考え方>
(1)国が豊かになると,財政も豊かになる
⇒財政政策も自ずからうまくいくものだ…
(2)資本蓄積が重要である→それを阻害するのは望ましくない
∴国を豊かにする⇒その源泉は富である
        →では,富の源泉は?=人間労働である(労働価値説)
        →では,人間に労働をさせるにはどうしたら良いか?


152 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 22:16
■重商主義
じゅうしょうしゅぎ  mercantilism [英]  16〜18世紀
〔別ウィンドウ表示〕
 マーカンティリズムmercantilismの訳。
 16世紀後半〜18世紀にかけて、イギリスを中心とする西ヨーロッパ諸国で採られた経済政策や、その思想の総称。

 絶対王政の後期に、資本主義が産業革命によって確立されるまでの初期的段階において、王権が、官僚、常備軍、宮廷貴族など膨張した財政を維持するため、国富増大を目ざして採用した。

 必ずしも一定の学説ではなく、その思想は次のように変遷した。

1. 重金主義……貿易により貴金属それ自体の獲得・蓄積を目指す。
2. 貿易差額主義……金銀よりも貿易黒字を目ざすべしとする。商工業保護の政策へとつながる。

17世紀後半〜18世紀末 へ、重商主義批判が



153 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 22:21
■重商主義----具体的な政策としては------------

* 輸出の増進を図り、金銀貨の蓄積を促す。
* 軍事力を強化する。
* 工業を保護育成・発展させる。 が挙げられる。

 さらに、同じ重商主義でも、
1. 絶対主義的 重商主義……特権大商人の独占を保護.
 産業資本の発達を阻止する。フランスのコルベール主義、
 ドイツの官房学派など。
2. 後期 重商主義……市民革命後の未成熟な産業資本を保護する。
 英国(議会的重商主義)や、ナポレオン1世治下のフランスの保護主義。

1661年
 ルイ14世親政下のフランスで、コルベール (1619〜1683) が財務総監
に任ぜられる。
 「コルベール主義 (コルベルティスム)」の名で知られる絶対主義的な
重商主義政策を展開。

* 徹底した保護貿易
* 東西両インド会社など、特権商事会社の設立・振興
* 海運業の支援
* 国内基幹産業での王立特権マニュファクチュア設立
* 一般の手工業ギルドに対する統制・保護強化

 コルベール氏は、町の産業を奨励・保護し、町の町民に農産品を安く
買えるために、フランスの農産物の全輸出を禁止。国内のみの消費とした。
 また、農地奨励よりも工業用地・街を奨励した。
 ほっといて成長にまかせれば、温暖と有利な気候と豊かな土地からもっと
多くの作物を取れただろうに---。 
 とA・スミスにその政策を批判される

154 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 22:31
■重農主義---具体的な政策としては------------

18世紀後半--- ケネー氏一派が主張--

 重商主義は差額貿易を批判的に受けて、土地からの生産が富だとした。
 ケネーは『経済表』で生産と流通を総体的に明らかにし、富の源を"生産"に
求めたが、その思想はしばらくフランスで受け継がれた。
 商工業は原料と食料品を農業に仰ぐからその発展は農業の発展にまたねば
ならぬとし、農業発展の必要を説いた。
 地代以外の課税は生産を阻害するとする土地単一課税論と、商工業の自由
放任論は、重農主義の本質が、自由貿易主義に近い資本主義的なものである
ことを示している。
 しかし、農業の使用価値増大にだけ着目、工業の価値増殖を無視する誤り
に陥った。
 曲った棒を直すには、もう一方に強く曲げるべきである--か、どうか?
ケネー氏一派らは、農民の産業を奨励・保護し、町の商民や工商らを冷遇
した。農民以外を非生産労働者として、その地位のsageに勤めた。
 A・スミスに批判される
 
 しかし、勝ってに傾斜生産するのは結構だが、町民や国民に消費以上に
生産されれば無駄だ。結果、余った生産物は大量に棄てられた

155 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 22:32
コピペばかり貼らないで自分の理論を言えよ!!
それに大昔の学説なんか21世紀の経済に使えないよ。

156 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 22:41

んじゃああ、 その21世紀の経済ってなに???

唯物史観???

157 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 23:07
今更、農業再生なんて無理無理。中途半端になるだけで、工業、技術が衰退して
それこそ死活問題だ。食料需要は加速度的に増加しているのは事実だが、人間のテクノロジーへの
野望が止まるとは思えない。むしろ加速度的に進化するだろう。
だったら、工業にいっそうの力いれて、さらなるアドバンテージを得たほうがはるかに良い。
>>1は現実を白無すぎ

158 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 23:18
農業製品も 工業製品と同じ。。。

総売上>総費用(原資、用具、土地、支出) にならなければ、
だれもやらないか、農業従事者はすぐさま仕事をやめて
他の仕事に移らなくててはならない。

農業やらせたいん。あるいはやりたいんなら。
まず、農業製品の値上がりすることを考えろ。
そして、その物価上昇を放置するほうほうをまずはじめに考えろ

物価上昇が起これば、参入者が増える

159 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/14 23:32
>>157
最も強い競争力を持つ分野を伸ばせと言うのは確かに昔からの勝利の
セオリーに違いないだろう。

但し今の時代、国際競争力を持つ日本企業が日本に利益をもたらすとは
限らない。むしろ原材料やエネルギーだけではなく市場も労働力も外国
で間に合わせ税すらも流出するだけなのでは?あるいはタックスヘイブ
ン?その時残された日本人は何で食っていくのだろうね。

もはや国際的企業の国家への帰属意識など無きに等しいのでは?

160 :複雑屈折:03/03/14 23:52
やはり、エネルギーと食糧の完全自給は必要


161 :名無しさん:03/03/15 00:07
>>160
理由は????


そして方法は???

162 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/15 22:00
エネルギーは無理だけど
食料の自給自足くらいは出来ないと。
だから再就職先が無くて暇していて年金があまりもらえない
高齢者が農業やればいい。

163 :反響文士:03/03/15 22:24
>>155
古かろうが、新しかろうが、そんなことが問題なのではない。他の例で言えば、
ケプラーの法則が、今でも通用しないと?

ケネーの経済表すら、理解していないと思われる「学説」は、未だにあちこち
で見られるが? ちなみに、>>154は多くの示唆を漏れに与えてくれるよ。



164 :反響文士:03/03/15 22:29
>>161
分けて考えてみます。エネルギーには、いくつか展望がありますね。確率
(期待値)で考えるべきですが、エネルギー自給については、「核融合」
「プルト君のリサイクル抽出」「風力発電」「メタンハイドレード」
などなどによる、石油からの脱却が挙げられています。

食料については、かつて日本が3000万人で横ばいだったことを考えま
すと「どうなのかな?」と、思えますが、単位面積あたりの収量は当時の
2倍強ですし、エネルギーが滝のように得られるようになれば、上で出て
いるような方法(もっと具体的にはビルによる水耕栽培)で、可能性は広
がると思います。

でも、贅沢な肉食は、減るでしょうなあ。

165 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/16 09:50
重農主義 age

>>164

 現実的な方法は

>>158

 で

166 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/16 11:02
>>150 激しく同意。

農地解放してなかったら、いまごろフィリピンみたいな
不平等最貧国だろうな。

私事だが、私の家の本家は地主だったが
農地改革で土地をとられて大損しているらしい・・・。
(ちなみにウチは今、庶民レベル。)
親戚連中は未だに恨んでいるらしいが、
私はやってよかったと思っているよ。

167 :名無しさん:03/03/16 11:23
大地主や貴族になると、その人は
土地の改良より、嗜好品や土地の庭の程度や、装飾品に使うだろう
そして、その貨幣と機会は土地改良には使われないだろうと
その手の重農主義をA・スミスに批判される

168 :名無しさん:03/03/16 11:28
ケネーの「経済表」の批判(?)のパラドックスについては----

経済表では、ある土地に対して、ある費用の投下量にたいして
どれだけとれるかについて(売上金その他)について、表でオセロが
ごとく示したものだが、もしじゃあその売上を示すなら
仮りに農家があえて、供給過小にして、物価をインフレにしたら
売上もうなぎ上りとなるが--はたしてそれは豊かな国と言えるので
しょうかねえ?--(売上金倍増のみに注目して) と揶揄されるし。

 では、生産量を豊かさとしたらどうか! と考えて、物価ではな
くて生産量を示したら、では、今度は必要以上に生産過剰になって
消費しきれない分(町で消費者が買う以上に)の余剰生産をすること
にしたら---それが果たして豊かな国になったといえるのでしょう
かねえ?--と揶揄される

169 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/16 23:12
数百年前の経済学者の経済理論ばかりコピペせずに
自分の持論をレスしてけれ。

170 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/17 22:19
>>169
 すいませんでした。 謹んでお受けいたします。

 言いたかったことは、とにかくどういう方法にて日本で生産された
農産物を日本人が消費するのか。ないし消費させるのか。
 どうやって、おれたちが食うのか---なのです。
 そのひとつが、商品券なので国内産の農産物しか買えないようにしなく
てはダメなのではないかしら? ということなのです。

171 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/26 04:54

農産物を鉱工業品と同じように扱い(いわゆる農工一体論)、
関税や国内支持などの一律大幅削減をすべき、というアメリカや
ケアンズ・グループの主張の理論的根拠は、経済学でよく出てくる
比較優位論だというのは、それがいいか悪いかは別として一応分かる。

しかし、それに対して、農業の持つ多面的機能や食料安全保障を
理由に、関税水準等は各国の農業が共存できるよう各国ごとに
柔軟性が与えられるべき、と主張する日本やEUの理論的根拠は
どうも薄いように感じるんだよね。

農業には環境保全や景観維持等の食料生産以外の多種多様の機能が
あって、不作や緊急事態のために一定の食料自給が必要だという
基本的哲学はわかるんだけど、それを裏付ける理屈がないから、
どうも日本の農業交渉での主張にはインパクトがないように感じる。
農産物輸出で生計を立てている途上国をバックにアメリカはいつも、
「日本は鉱工業品の低い関税率により、これまで電化製品や車を
輸出して世界の経済大国にのし上がってきた。農産物輸出国にも
もっと多く輸出ができるよう農産物保護はやめるべきだ。」と
日本を非難するけども、それに対する日本の主張はどうも哲学論に
終わってて、パンチがないんだよな。

例えば、ひとつのアプローチとして、農産物にも市場原理を適用
するけども、各国の食料自給率によって、完全競争状態に誤差が
できるというような理屈はどうかな。ただこれだけだと多面的機能の
理屈付けにはならないけど。。。

172 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/26 05:14
地球1日あたりの現時点の食糧生産量170兆キロカロリー(ワールドウォッチ研究所)
米国人ひとり1日あたりの食糧消費量3800キロカロリー(国連食糧農業機関)

170兆キロカロリー ÷ 3800キロカロリー = 生き残るのは44億人の文明人

現時点において地球上で産み出せるカロリーは1日あたり170兆キロカロリーだ。
そこで米国人並の食生活(3800キロカロリー)をすると44億人しか生き残れない。
だから将来には老人ばかりで占められる日本人を人口調整で殺しましょう。
犯罪民族の日本人に対して食料を恵んでやるなんて道理に合いません。
社会不安を抱える日本人を核武装させるなんてもってのほかです。
日本が老人ばかりになり国家が衰退すると国体の維持目的で
核兵器を持ちたがることは容易に想像がつきます。
そうなると日本人の食料を没収しにくくなります。
世界中には満足に食事もできない飢えた子供たちがたくさんいるのです。
日本人の食事を節約して飢えた世界の子供に配分したほうが世界平和に
貢献できます。高齢化社会で発展途上国まで落ちぶれた日本なんて
核武装さえさせなければ赤子の手をひねるように簡単に絶滅させられます。
日本を先制攻撃する理由は過去の戦争を反省せず人身御供を出さないということです。
貴重な有限の資源は地球にやさしく大切に使いましょう。

世界平和のためには戦争や紛争を予防することが大切です。
日本人を野放しにすることが将来どんな惨禍をもたらすのか想像しましょう。
平和な世界秩序は日本人の手により失われ国際協調体制は崩壊してしまいます。
今こそ私たちは一人一人、自分の頭で考え判断し立ち上がり行動しましょう。

173 :反響文士:03/03/26 11:32
>>165
非現実的かなあ?? 技術のブレークスルーって、恐ろしい革命をもたらし
たりするし、上に挙げたネタの一つでも当てはまれば、かなりのモンだと思
うけどなあ。

>>171
理論の前提で同道巡りしていると思う。多面的機能は、経済学を前提とした
理論では、無理ではなかろうか、と。

174 :アポロン:03/03/26 12:52
釣りが趣味というサラリーマンはたくさんいて、釣りの雑誌もたくさん出てる
し、映画「釣り馬鹿日誌」も大人気だが、農業が趣味というリーマンはあまり
聞いたことがない。
趣味と実益を兼ねるという点では、漁業のほうがサラリーマンの第二の人生に
向いてるんじゃないか?
「釣りをやってる時が一番楽しいし、生きがいを感じる」という人は漁師に
なったほうがいいんだよ。


175 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/03/26 13:36
記者「農業は儲かりますか?」
農民「儲かれば後継者不足で悩まねーよ!」
記者「農業家はもてますか?」
農民「もてればフィリピンへ嫁探しにはいかねーよ!
   あんた農家に嫁にくる?」
記者「とんでもない!」

176 :アポロン:03/03/26 14:18
全国ブランドになった魚沼産コシヒカリを作ってる農家なんかは凄い
儲かっているんじゃないか?
農家は税金がタダ同然であるうえ、脱税して捕まったなんて話も
聞いたことが無いから笑いが止まらないだろう。
おまけに自分とこで作ったものを食べるので食費も安くでき、金が貯ま
ってしょうがないだろうな。
だがそこまで行くのが大変だったのだろうよ。
血の滲むような品種改良と、販売戦略の結果だからね。

177 :山崎渉:03/04/20 02:34
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

178 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/04/30 10:54
age

179 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/02 10:44
またわれわれの血税が
いい加減にせえよ

180 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/02 11:09
農業製品を工業製品と同様に捉える、という前提に立って
スレ全体が議論をしているように感じるが、その前提は
正しいのか?

例えば、農業製品の生産は天候不順、連作障害などの
リスクが、一般の工業製品にくらべて高いと思うが、これは
どう捉えるのか?

また、1は農業従事者として、中高年を想定しているようだが、
一般サラリーマンで人生の大半を過ごしてきた中高年が、
歳を取った状態で農業に耐えられる根拠はなにか?

仮にその根拠が農業の機械化だとしても、機械化には莫大な
投資が必要であるが、その投資はどこから引き出すのか?

仮に投資を国が引き受けるのだとすると、今の農協中心の
システムとほとんど変わらない可能性が高いが、現況の
システムを温存することになっても構わないのか?

以下、疑問がつぎつぎと湧くから列挙するのをやめるが、
解決しなければならない件案に対して、1の提案は、得られる
利益が少な過ぎるように思うが、どうよ?


181 :山崎渉:03/05/22 03:35
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

182 :山崎渉:03/05/28 11:36
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

183 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/29 10:57
農業従事者の平均年齢は60歳


184 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/29 21:59
っていうか何も国に貢献しない暇で元気な高齢者に
農業していただきたい。

185 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/29 22:03
ホームセンターで野菜苗買ってきて、肥料やったり水やったら簡単に
実が成った。農業って案外簡単じゃんって思ったよ。

186 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/29 22:13
これから世界は深刻な食糧危機に陥るんだ。
日本の暇で元気な高齢者、農業で沢山食料を栽培して
自給自足の日本にしてくれ。

187 :私は紙か:03/05/29 22:56
185 農業って案外簡単じゃんって思ったよ

アフォだな。毎年同じように収穫を上げるのは大変なんだよ。
毎年土はくたびれてくる。それに植物の根からは、他の植物の
生育を阻害する物質が出て、土の性質を変える。上手く行くのは
最初の年だけだよ。

188 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/29 22:58
プランター使えば毎年土の入れ替えは簡単。

189 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/29 23:02
そうですね 自分で食べる分は結構できるでしょう
肥料や教則本が山ほどあります。
家族に料理をつくって
なんだ料理なんて簡単だ じゃ 料理店くらいできるな
と思っているのと同じになります

あなたの作った野菜 それが商品になるかどうか は?ですね

190 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/29 23:06
自給でなんで商品にするんだよ。

191 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/05/29 23:06
利益も考えなければなりません。

野菜の苗 なんて買ってきていたらまったく採算はあいません

また普通に売っている野菜の苗の土には 山ほど科学肥料が入っていますので
そりゃ植え替えてもよく育つでしょう

農業 と 家庭菜園 は別物とお考えください

192 :私は紙か:03/05/29 23:19
>>191
ハゲ堂です。害虫や病気が出たら農薬を使わないと樹海逝きになっちゃうし。
勇気栽培は、手間がかかって難しい上に収穫は上がらない。ハウス栽培しても
雹が降ったら終わりだし、いつも借金抱えているのが農家かな。

193 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/18 13:01
もっともっとDNAを格好よく改造した
虫がつかない
寒さに強い
実がいっぱいなる
大豆を作ろう!!

194 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/18 15:46
(休憩) 老人を食べたら一石二鳥 (休憩終わり)

195 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/06/18 15:53
ホームレスをつかえ。

196 :山崎 渉:03/07/15 11:21

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

197 :山崎 渉:03/08/02 01:50
(^^)

198 :山崎 渉:03/08/15 14:48
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

199 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/24 10:41
遺伝子組み替えだらけの
しかも馬鹿高い外国産の薬漬けの(特に中国)
食糧だけ食わされることになる




200 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/24 12:31
大都会でも雑居ビルにガス冷房・ガス暖房を入れてやれば、
季節に関係なくブドウやメロンやイチゴが沢山できるぞ。

一箱2000円で一日10個売れば十分採算が取れる。

201 :ばあちゃん:03/09/28 09:03
巷に溢れるホームレス、無職の若年を
疲弊化した農村に送り込み農産物自足、販売で
生活を立てる
食料の自給率UPと失業問題を同時に解決する
社会整備を政府は急いでやる

202 :oもこもこ:03/11/21 06:44
日本の農業を破壊してアメリカの農産物を買わせる戦略があるので
日本人は防衛すべき


203 :素人志向:03/11/21 07:41
日本が輸出をした分、代わりに何かを輸入しなくてはならない。
だから、日本は自国の農業を衰退させて主にアメリカの農産物の輸入を増やしたんだよ。
わざわざ、パン食だと頭が良くなるってデマまで流したんだ。

つまり、低い食糧自給率は輸出至上主義の弊害の一つと言える。
昔と違って外貨を稼ぐ必要はなくなったから、輸出にこだわる必要はない。
まず、輸出額を減らす工夫が必要じゃないかな。

204 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/21 07:47
もうやってる
「輸出額を減らす工夫」
海外生産がそれだ
でも
失業が増えるのだよ。

205 :素人志向:03/11/21 07:56
そりゃあ、海外生産じゃあ日本の産業とは言えないもんな。
根本的には内需拡大だよ。

206 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/21 08:20
「内需拡大」は一時的にお金を刷ってでも
利権の絡まない所得税の大減税で
やってもらいたい。


207 :素人志向:03/11/21 08:42
内需拡大策としては、俺は雇用拡大またはワークシェアリング派。
十分な所得が確保できれば、十分な需要が生まれるという考えだよ。
そういえば、チンカス中学生が最近来てないな。

208 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/21 09:04
国民皆農。ベランダでもプランター使って簡単に野菜とか作れるよ。

209 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/21 19:05
農家の高齢化を考えるとやはり農地保全事業に転換は必要だ。
農地保全は中山間地まで行う必要がある。




210 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/21 20:22
10ねんぐらい昔
洋服箪笥のなかに電球つるしてケシの実を栽培してた奴が逮捕されてたな

211 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/21 23:40
株式会社による農業参入があるようだけど
これって
新しい形の地主と小作人の関係だよね?

212 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/21 23:53
>>209
農地を保全する必要は無い。
外洋に向かって平地を押し広げるのがよい。

213 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/22 00:29
食品企業や生活協同組合が素材からこだわって、自分で土から育てるための畑や果樹園を持つとか、
酒造メーカーが酒米のための田んぼを持つとか、そのような要望を阻んでいるのが今の農地法だろ。
事実上、農業を世襲制にしてしまっている原因でもある。農家で育ったものしか、農業はわからない
というのも、その閉鎖性にある。大学で農業学んでも、実務の農業へ進む道は閉ざされているしな。

214 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 12:40
アメリカは日本の農業を破壊して
アメリカ産を買わせる戦略だからな
食いもんまで支配されたら日本はお終い

農水省も農協も日本の農業を破壊する手助けをしている
様にしか見えないが

215 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 14:10
中国は地方の農村が疲弊して国家の不安定要因になっているようですね。
日本は農家保護を土建と組み合わせて行って貧富の格差をなくし社会を安定させてきた。
もう農家は高齢化した農業政策の転換期に来ている。

216 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :03/11/23 14:16
>>213
もう、いい加減、その辺の規制は撤廃した方がよいと思うけどな〜。
しかし、今のデフレ下でそれやるとデフレが悪化するばかりだしな〜。
早くリフレしろバカ政府、ってとこだな〜。

217 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 15:00
偽乳だってw

お前ら本物の乳見たことも触った事もねーだろ?w



218 :素人志向:03/11/23 15:18
>>216

それだけで上手くいくとは思えないな。
大規模農業に移行すれば、農村の働き口が減ることにならないだろうか。

219 :だな〜 ◆DNRj/G0/Mg :03/11/23 17:25
>>218
農業の生産性向上を考えた場合、大規模化は避けがたい
ことだな〜。しかし、あなたも指摘するように、それは農村の
働き口を減らすことに繋がるな〜。であるから、その余剰
労働力が他産業に速やかに吸収されるって状況で行わない
限り、失業率やデフレを悪化させることになるな〜。だから、
まずはリフレ、って話になるのだな〜。

220 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 17:32
>>219
耕作地を拡大すればよい。
新しい耕作地へのお引っ越しは避けられないけど。

221 :素人志向:03/11/23 18:17
>>219

同意。
まず必要なのは景気回復だよね。

222 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 21:10

さ〜て、今日のアジア各地のマスコミの報道は↓ (日本語訳つき)
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9613/link/link11.html

中国や韓国の農業新聞も日本語で読めるよ


223 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 23:21
>>218
大規模農業へ転換することは必然的に離農する者を伴う。
土地を持つ農業のうまみやしがらみがなければ、その土地から人は離れていくだろう。
それは過疎として避けなければいけないとしてきた。だから、日本の農林行政は
農村の人口が減ろうとも大規模化して農業を守るのではなく、
農業以外の雇用先(公共工事、観光、工場誘致等)の確保が仕事という、本来の目的
に外れたものになってしまっている。雇用先である産業誘致の開発のせいで農地や山林
はますます減り、荒廃している。

農業振興は大事だ。が、今の農業人口は兼業という面で「過剰」だ。
農業の保護と農村の保護を混同してはいけない。

224 :素人志向:03/11/23 23:51
>>223

最初から混同していないよ。
農業の振興と農村の振興を天秤にかけるとしたら、俺は農村の振興を選ぶ。
農業が無くても人々が幸せならそれで良いじゃないかな。

225 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/28 08:52
自給率が40%を切っているのは、先進国でただ一つ。

アメは120%
仏で130%
独で97% 

といったところらしい。

226 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/28 08:58
国民皆農。

227 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/28 21:28
土地狭すぎ。

228 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 12:41
いきなり農業をやれといってもねぇ...
戦後、今まで政府は工業化をするための政策をしてきたんでしょ?
(実際どうだか知らないが)
今更農業をやれといってもねぇ...
それと元々非農でリーマンの家で育った人っに聞きたいけど
農業やれる自信がある人っている?
漏れは自信がないけどな


229 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 12:44
がえ

230 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 12:45
それと株式会社により農業参入についてどう思います?
これって新しい地主と小作人の関係だと思うんですけど?


231 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 15:38
すばらしい!名スレだ

別に食糧難に備えようとかそういう戦略的立場に立たなくても、
高齢者に田舎のあまった土地をあてがい農業させるということは悪くないと思う。
実際高齢者・年金生活者は都会には用無しで、彼ら自身も居場所がないわけだし
(病院に固まってだべるのはそのためでもある)
農業によってある程度自給させるというのは非常にいいアイデアだ。

米を生産し、副食物は年金にて購入または近隣の農家と互助する。
地域経済論の立場からも、こういう形での安定したコミュニティは
歓迎されると思う。

ただこれを実現する上での最大の問題は
こういう農村のインフラをどのように整えるか?と言うことなんだな
灌漑、整地などの費用はまだしも、電気・ガス・水道などの維持に
膨大な継続的投資が必要で、そこまではさすがに国には期待できない。

結局実現段階ではローソク・かまど・井戸での生活になると思うけど(ワラ、
でも実際そういう生活でもいい、って言う人は結構多いんじゃないかなあ。
少なくとも俺にとっては、都会での消費生活はもううんざりだよ。



232 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 21:57
 


71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)