5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もの凄い勢いで誰かが質問に答えるスレ

1 :keizai:03/08/27 07:43
パート2をたてますた。


2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/27 07:57
2げt

3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/27 13:36
1980年から現在までの、日米の経済関係上重要だと思える出来事を
教えてください。

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/27 14:27
宿題かね?

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/27 16:41
日銀のHPで90年第1四半期から2003年の第2四半期までの
国内企業物価指数の前年同期比のデータを探しているのですが見つかりません。
ここ2,3年のデータはあるみたいなのですが・・。
また同様に経済産業省のHPで鉱工業出荷指数の90年からのデータも見つかりません。
どなたかご存知の方、データのありかを教えて下さい。

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/27 17:02
貧困について疑問があります。定義はよく分かりませんが、1日1ドルの生活だと貧困らしい
ですが、単純に各国を比較できるのですか?
例えば日本人の平均月収が30万円として、お米10キロ5千円とします。
A国で月収100ドル(便宜上1万円とする)として、お米10キロ166円なら、
購買力は同じになりますよね。それでもまだA国は貧困なんですか?
その他で、例えば家賃の支出に占める率の高い日本のほうが生活が苦しいケースもあると
あるとは考えられませんか?

7 :氏名黙秘:03/08/27 19:58
アメリカ国債の価格が下がってますが(90円台前半とか)
経験則上どの程度まで下がるものなんですか?

8 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/27 20:01
>>3
指定した範囲が広すぎます。

>>5
>ここ2,3年のデータはあるみたいなのですが・・。
それより前は卸売物価指数と呼んでた。
http://www.boj.or.jp/stat/pi/ntwpi07.htm

>>6
>お米10キロ166円なら
輸出してるんでない?
経済がまともに動いていたら1日1ドルなんてすぐに越えられる。

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/27 23:14
円売り介入による日本の損失ってどのくらいあるの?

平気で兆単位で売り買いするもんだから、相当なもんだと思うんですが。

10 :5:03/08/27 23:45
>>8
どうもありがとうございます。
ですが、前年同期比を扱ったデータがどうしても見つかりません。
ここ数年分のは確報、速報に載っているのですが、
90年から99年くらいまでのがやはり見つかりません。
自分で計算しなければいけないのでしょうか?

大学のレポートでエクセルを使ってグラフを書かなければいかんのです。


11 :もすけ:03/08/27 23:46
経済用語のH.Iの読み方、意味、計算式を教えてください!!

12 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/27 23:59
>>5
経済産業省に電話して聞いてみたら。。相手にしてくれないかもしれないけど

13 :5:03/08/28 00:13
>>12
ウェブマスターにメール送ってみました。

今年大学生になったばっかなのですが、
レポートって大変ですね。

14 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/28 08:43
>>9
円高のときに円を売って、円安のときに買うので逆にもうかっています。

15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/08/31 23:33
東海地方から南海地方にかけて大地震が発生して、死者が数万人程度発生する
ような事態が30〜40年以内に発生する確率が約50%程度であると思われ
ます。それ以降の日本の経済の動向や、特に為替の動向の予想を教えていただ
けませんでしょうか? 又は、その予想を学べるようなサイト・書籍をご紹介
下さい。宜しくお願い致します。



16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/01 02:21
>>5
この辺じゃ駄目なの?

卸売物価指数 長期時系列データ
http://www2.boj.or.jp/dlong/price/price1.htm

鉱工業接続指数
http://www.meti.go.jp/statistics/data/h2afdldj.html#connxls

#接続指数は、過去の指数を現在の平成12年基準の指数水準に合わせたものです。
だってさ。


17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/01 02:23
>>6
考えたければ勝手に考えてろ

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/01 02:25
>>10
前年同月比くらい自分で計算しろ

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/01 02:26
>>13
ウェブマスターは、ウェブサイトの管理人だから、下請けのIT事業者に
メールが飛んでいくだけかと。

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/01 02:28
>>13
問合せ先なら
http://www.meti.go.jp/statistics/data/h200001j.html
のページの一番下に出てるでしょ。


問い合わせ先
mail:qqcebc@meti.go.jp

Tel:03-3501-1644
経済産業省 経済産業政策局
調査統計部 経済解析室




21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/03 23:38
消費税って、減税なり廃止にして他に財源を求めるってのは
不可能なの?

22 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/04 13:43
>>21
他の財源をまず明示してごらん。
話はそれからだ。

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/05 00:40
>>21
消費税は禁断の果実だから、一回手をつけたらそうそう止められないかと。

24 :24:03/09/07 17:16
質問です。

先物取引

は この世の中に必ず必要なものなんでスカ?

トラブルが絶えないので、先物取引 なんか 禁止する  ってわけにはいかないのでしょうか?

25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 17:18
先物取引、は、要するに保険なんですが、保険と違うのは
個人が取引に参加できるということです。小口でですが。

民主主義を守るため、つまりあらゆる手段がすべての個々人に
開かれている社会を維持するため、必要だと思いまス。

26 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 17:19
リスクヘッジでしょ?

27 :24:03/09/07 17:24
>>25
>>26
ご丁寧に ありがとうございます。

要は 現物はなく 購入する権利 の取引価格を 先に確定させ リスクをヘッジ(回避させる)という事ですよね。
この取引に 資本主義国家が、個人が参加出来る事を 禁止するのは難しいのでスカ・・・
先物取引は、個人でやっても ほとんど儲からないと 聞いたのですが、
あまりにも不平等な仕組みなんでしょうね。

28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 17:27
>>27
小口の先物取引は、個人同士で売買されているはずです。
誰かが儲ければ誰かが損するので、手数料以上に稼ぐ人は稀だと思われます。
そういう意味ではショバ代を取っている胴元に有利なんでしょうが、
でも才能のある個人に証券会社を一個作らせるチャンスを与えるより
先物取引に参加させるほうがより容易ですよね。

29 :24:03/09/07 17:34
>>27
わかりやすい説明ありがdです。
証券を売ったり買ったりする証券会社 の ミニチュア版 って感じなのですね。
先物取引も株も 不勉強な個人が手を出すと、危険ですね。

30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 17:44
A)個人が勉強して株だけに手を出す。
B)個人が勉強して株と先物取引にも手を出す。
C)個人が勉強をして先物取引だけに手をだす。
D)なにもしない。

で、どうでしょう。最も危険なのはCなんでしょうが、
実際はどうなんでしょうね。
で、

31 :24:03/09/07 17:50
>>30
例えば、「勉強する」って言っても マクロ・ミクロ経済 のどこまで勉強すればいいのか っていうのが、
難しいですね。
しかも 机上だけではなく、実務での勉強も必要ですし・・・

話は変わりますが、
株は先物と違って、外務員が強引な営業する事は、少ないですね。

32 :24:03/09/07 18:21
質問です。

「世界経済はマージャンのようなもので、儲かる人がいれば、必ず存する人がいる」と 聞きましたが、
世界恐慌 の時は 儲かる国はないのですか?


33 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 18:23
>>32
今のFRBの前身に当たる銀行は、主に世界恐慌の時に儲けたお金で
米国の通貨発行権を買ったようですね。

34 :24:03/09/07 18:24
>>33
ほほぅ
という事は、やはり損する人がいれば、必ず儲かる人がいるのですね。

35 :24:03/09/07 18:29
今 景気のいい 国ってどこでしょう?

36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 18:32
>>34
損得を金銭で計る限りにおいて、必ずそうだといえますね。

37 :24:03/09/07 18:34
>>36

                _,,..-─20─‐- .、.._. 
            ,. ‐''" _,,..-─19─‐-.、.._. ``'‐.、
           ,.‐´ ‐''"´ _,,..-─18─‐- .、.._.``'‐.、`‐.、
          ヽ ,.‐´ ‐'',"_,..-─17─‐- .、.._.``'‐.、` /
           ヽ,.‐´ ‐''"´_.-─16─‐- .、.._.``'‐.、`/
           ヽ,.‐´ ‐''~_,,.-─15─‐- .、.._. ``'‐./
            ヽ,.‐´ ‐''_,,.-─14─‐- .、.._.``'..,,/
             ヽ,.‐´ ''._,,.-─13─‐- .、.._.``'.,/
             ヽ,.‐ ''"._.-─12─‐- .、.._.``'/
              ヽ,.‐''"_,,-─11─‐- .、.._.`,/
              ヽ,.‐''"_,,.--10--‐-.、.._.`/
               ヽ,.‐''_,,....--9---.、..._. '/
               ヽ,.‐'_,,...--8--.、.._.`'./
                ヽ,.'_,....,--7--.、.._.`/
                ヽ,_,.._..,,-6-..、.._.`/
                 ヽ,._,...,,-5-..、.._'/
                 ヽ,.,,...-4-.、.._/
                  ヽ,..,.-3-,、_/
                  ヽ,..-2-、./
                ミ   ヽ∧_∧
                ⊂ヽ(・∀・ )  ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー
                ∩ ゝヽ ⊂_ノヽ 
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``' 、
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``、 |
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\||
               |    20   |> .>
               _ .\_____/| |
               | ヽ________ノ i
               ヽ___________,ノ


38 :24:03/09/07 18:35

間違えた
>>36サソ にですた。



39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 19:00
>>32
それはそうだけど、ゼロサムゲームではない。

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 19:15
>>32
世界恐慌が起こる前日に株や債権を売った人が儲かった。

41 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 19:47
>>24さんへ。先物取引は、価格変動リスクに対する賭けをする取引です。
この市場はプラマイゼロのゼロサムです。参加者がボロ負けしたりボロ儲け
したり、色々ありますが、一部にとてつもなく儲ける人はいますが、総じて
チャラなので大多数の人はマイナスだと思います。

なぜこのような市場が存在するかというと、先物の対象になる財の価格変動
を先物市場で吸収する事で財の価格から切り離す事ができるからです。

農作物や天然資源のような、産出量に変動があって価格の変動が比較的激しい
財があります。こういう財に先物市場が形成されます。先物の価格は大体今の
価格とリンクして動きますので、1年後に価格が大きく変動したときでも、先物
市場の参加者が、その価格変動に対して、大もうけしたり大損したりする事で、
実物の財に対して資金を供給したり、あるいは逆に吸い上げたりする形になり、
現物を生産し、調達している人たちが価格変動リスクに晒されることが減ります。

リスクをとりたい人は、どうぞ自己責任でリスクをとってくださいというのが、先物
市場の考え方です。先物市場を規制すると、一般物価が大きく変動する事になり
ます。恐らく社会全体としては先物市場があった方が人々が暮らしやすい世の中
になると思います。

あまり公にならないだけで、先物市場で大もうけする人はいるよ。ただ、長期では
大数の法則が働いてチャラになるんですよね。普通は。

42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 19:59
仕組みを知らずに手を出せば営業に騙されて損するのは商品先物でも株でも同じだよ。
商品は鞘とか始めれば安定して儲けれるよ。大儲けはないけどね。

43 :24:03/09/07 20:10
>>41
随分 お詳しいようで・・・
勉強になりますた。感謝

44 :24:03/09/07 20:19
>>41
                _,,..-─20─‐- .、.._. 
            ,. ‐''" _,,..-─19─‐-.、.._. ``'‐.、
           ,.‐´ ‐''"´ _,,..-─18─‐- .、.._.``'‐.、`‐.、
          ヽ ,.‐´ ‐'',"_,..-─17─‐- .、.._.``'‐.、` /
           ヽ,.‐´ ‐''"´_.-─16─‐- .、.._.``'‐.、`/
           ヽ,.‐´ ‐''~_,,.-─15─‐- .、.._. ``'‐./
            ヽ,.‐´ ‐''_,,.-─14─‐- .、.._.``'..,,/
             ヽ,.‐´ ''._,,.-─13─‐- .、.._.``'.,/
             ヽ,.‐ ''"._.-─12─‐- .、.._.``'/
              ヽ,.‐''"_,,-─11─‐- .、.._.`,/
              ヽ,.‐''"_,,.--10--‐-.、.._.`/
               ヽ,.‐''_,,....--9---.、..._. '/
               ヽ,.‐'_,,...--8--.、.._.`'./
                ヽ,.'_,....,--7--.、.._.`/
                ヽ,_,.._..,,-6-..、.._.`/
                 ヽ,._,...,,-5-..、.._'/
                 ヽ,.,,...-4-.、.._/
                  ヽ,..,.-3-,、_/
                  ヽ,..-2-、./
                ミ   ヽ∧_∧
                ⊂ヽ(・∀・ )  ヘェーヘェーヘェーヘェーヘェー
                ∩ ゝヽ ⊂_ノヽ 
              | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``' 、
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``、 |
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\||
               |    20   |> .>
               _ .\_____/| |
               | ヽ________ノ i
               ヽ___________,ノ



45 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 23:32
>>41
大数の法則というのは、ケインズがいう美人投票みたいなもの?
先物と現物の乖離を利用した裁定取引はリスクをとらずにプラス収益
が見込めるけど、今ではこういった機会はなかなか存在しないのかな。

46 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/07 23:44
財務省でお札サブレが買えるというのは本当なのでしょうか?

47 :( =゚-゚)チンカス中学生 ◇WceRgJANc:03/09/08 00:17
>>42 裁定取引でつね

マクロ的な考えてみると 市場存在社会コストと各種リスク分析
ミクロ的な考えでみると 手数料コストと各種リスク分析

48 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/08 00:19
>>47
さや取りは裁定取引とは違うよ。
基本は限月ごとの価格差の変動を利用して稼ぐこと。
裁定取引だと同一商品の同限月で、市場間とか
現物対先物とかの取引が主でしょ。

49 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/08 05:57
>>45
大数の法則知らないの?

1回、2回の試行では、例外的な事がおきる事はあるけど、同じ事を
何度もやってれば、確率の法則にしたがって、期待値に落ち着いて
いくって奴だよ。

賭け事にはまった奴って、この法則を忘れて、自分の才能だと勘違い
して、結果「元手さえあれば〜・・・」となるのよね。まさに泥沼。

50 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/08 11:18
私は厨房。
粉飾決算ってどういう意味ですか?
誰か教えてください。

51 :24:03/09/08 22:40
>>50

粉飾決済 とは、 企業が 架空の売上げを 上乗せし または 経費を除外させて
企業の経営成績を よくさせるための 偽者の 決算報告を言います。

粉飾決済すると、通常より多く法人税を支払わなければならないので 通常はこんな行為はしませんが、
銀行から多く融資を受けるために 経営成績をよく見せるために 粉飾決済したり、

取締役のの経営ミスを株主に知らせないために粉飾決済する事があります。


52 :24:03/09/08 22:44
>>50

企業の経営成績を悪く見せる工作→脱税

企業の経営成績を良く見せる工作→粉飾決済

って感じですかね

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/08 23:28
政治の世界で景気回復の問題がよく取り沙汰されていますが、
景気が良い時は物を無駄遣いしているということと、
景気が良ければ良いほど後には酷い不景気がやって来ると思うのですが、
なぜ景気を良くしようとするのでしょうか?

54 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/08 23:30
とりあえずそのとき幸せだからじゃねーか。

55 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/09 00:50
>>53
〜なぜ景気を良くしようとするのでしょうか? 〜

お金を稼ごうとする行為 儲けようとする行為は 資本主義社会では当たり前の事ですよ。
競争心がなければ、取り残されてしまいます。

56 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/09 00:51
>>53
>景気が良ければ良いほど後には酷い不景気がやって来ると思うのですが
誰に毒されたんだ?

57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/09 03:42
>>56
経済の教科書

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/10 21:31
長期金利が上がって債券価格が下落するということは、資金が国債等の債券から
株等に流れているのですよね?
でも、債券を売って株に投資する人だけではなく、債券が安くなったから債券を
買う人もいますよね?

どうなんでしょう?誰か教えて下さい。

59 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/10 21:34
いるけど株の方が上昇率が大きいから、普通はとく。

60 :チンカス中学生 ◆WceRgJANc. :03/09/10 22:27
>>58

予想と保持する期間次第でしょ。

指摘の点はトラディショナルで短期的なもので美人投票理論的な視点。
債券だけで勝負しようと思えば、株式的な空売り、もしくはナンピン的に買い増し。
いずれも資金量と期間(金利負担、レバレッジ負担)で勝負の仕方を柔軟に変えた方がいい。

で、59で書いているようにレバレッジ的には株式のほうが仕掛けやすいかな。
ヘッジファンド等はレバレッジが進んでるから為替も含めて隙があれば仕掛けてくる。

異なったマーケット間の移動は日本の機関投資家は苦手かもね。

61 :t.m:03/09/10 22:47
>>58
>債券を売って株に投資する人だけではなく、債券が安くなったから債券を
>買う人もいますよね?
同様に株が高くなったら買う人もいるし売る人もいる。
ていうか、売買なんだから買う人がいれば売る人は必ずいる。

株の新規発行がないならば、株価が上昇したからといって
債権から株へ資金が流れるとはありえない。

62 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/10 23:31
>>58
個人別で見れば、時価で計った全財産をそれぞれどの資産に振り分けるか?
っていう問題に帰結するよね。すべてを現金で保有する人もいるだろうし、ある程度
大きな財産を持っている人は、土地、債券あるいは株式などに分散投資
するだろね。前者と後者に共通して言えるのは、自分の効用が最大になるような
資産配分を行っているということ。

ここで仮に、ある株式が上昇するだろうと予想する人がいれば、その人は投資債券あるいは
他の投資株式なんかを売って、その株式に投資(または追加投資)だろう。つまり、彼の保有し
ている全財産の実質価値が一定であるため、ある資産に投資することは同時に別の資産を
犠牲にしている。ということ。

ちょっと応用になるけど、現金+預金量を一定とすれば、現在の日経平均の上昇は、多数の人
が個別株価の上昇期待(あるいは全体の株価上昇期待が個別銘柄に波及)を持った結果、債券
や貨幣などの他の資産を売って株式を購入したため。当然、債券価格は低下する。このとき、
この価格を割安と判断した人たちは、株式を売って債券を購入する。そんで、債券価格がちょっと
高くなると、それを割高と感じた人たちが債券を売って株式を購入する。これを繰り返すうちに
資産価格の動きが小幅になり、資産市場は均衡していく(例外あり)。資産市場が均衡するとは、
すべての人々から見た際の個別資産の期待収益率(リスクアセット)が同一あり、すべての人々の
効用は最大化されている。



63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/10 23:43
無差別曲線分析を利用して、労働供給について説明してください。

64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/11 12:07
初心者板からきました

ぱくらないでください

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/11 12:09
物質から着ました、
↑馬鹿が来てすいません
つれて帰りますんで

66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/11 12:09
経済の本ってどれくらい売れるの?


67 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/11 12:13
ふざけんな。初心者板の物質になんの断りも無くこんなスレ立てやがって。
あいさつしに来い。今すぐだ。

68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :03/09/11 17:29
経済をよく御存知の方でも意見が分かれるのですけど、
日本はこれからどうなるのでしょうか?
預金封鎖やハイパーインフレ (国家破産なんて言う人もいる)などなど。

まぁ自国通貨を持つ国なので「デフォルト(破産)」がありえないのはわかりますが。


69 :t.m:03/09/11 20:20
>>68
>まぁ自国通貨を持つ国なので「デフォルト(破産)」がありえないのはわかりますが。

反例
ロシアは自国通貨を持つ国だったがデフォルトした。

というより自国通貨を持たない国ってそれほどないような。

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/11 20:56
物質から着ました、
67の馬鹿が来てすいません
つれて帰りますんで

71 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/11 21:02
いまユーロ債、あるいはポンド債ってどのくらい金利がつきますか?
また、手数料はどのくらい考えておけばいいでしょうか?
そのほかにも費用がかかりますかね?

72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/11 22:04
>>68
そんなもん、経済政策運営の匙加減一つで、どうにでもなる。
ただし、次の点だけは理解しておいて欲しい。

・預金封鎖
預金封鎖というのは、ハイパーインフレを抑えるために用いられる
のが一般的。今ひとつの使用例は取り付け騒ぎが起きたときの、
モラトリアム。一時的に銀行を閉鎖して各支店に札を供給する時間
を稼ぐ手段ね。半年ほど前までの、株価暴落の状態でペイオフ解禁
なんてやったら、後者の預金封鎖が行われる可能性は確かにあった。
なお、どこかのスレにあるような、財産税がらみの説は電波丸出し
というか、完全に詐欺営業トークなので鼻で笑うように。

・ハイパーインフレ
ハイパーインフレという言葉が、あまりに軽々しく使われているが、
本来ハイパーインフレは年率1300%以上のインフレを指す。
そして、ハイパーインフレが起きるためには、通貨の信用失墜では
なく、流通ストップによるモノの極端な不足が必要。需要不足の日本
ではありえない現象。ただし、小泉構造改革みたいな逆噴射政策が
クリティカルヒットしてしまうと、万が一という事がないではない。
ま、100万が一くらいかな。

・国家破産
デフォルトがありえないというのは、外国通貨建ての債務を負って
いないから。「自国通貨建ての債務」は、お札をすれば大丈夫。
           ↑ここを勘違いしたのかな?

73 : :03/09/12 02:17
質問です。
ナスダックというのは、単なるアメリカの証券市場の一つなのでしょうか?
ナスダックについて教えてください。



74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/12 05:25
ナス好きなアヒルだよ!ぼけ

75 : :03/09/12 23:53
>>74

イタイ・・・・

76 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 00:58
どちらかに詳細な為替のティックデータが見られるところをご存知の方いませんでしょうか?
出来れば1日に1万程度のデータがあると助かります。
どうか救いの手を!(もちろん自分でも調べるぞ!)

77 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 00:59
全銀協会長:長期金利、これ以上の急上昇は非常に困る
というニュースがあったのですが、なぜ急上昇すると困るのかが
わかりません。どなたか教えてください

78 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 01:59
>>76
円高・円安スレで聞いてみれば?

>>77
民間銀行がここ数年に購入した債券の含み損が膨らむからだよ。


79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 04:29
>>78
それらしいものも見つけたんですが、デモで、すぐ終わってしまいました。
ちょっと聞いてきます。
ありがとうございまつ。

80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 08:22
経済のケの字も知らない理系浪人生なのですが不思議に思ったので質問させてください。

ここ十数年で日本の借金はえらいことになってるというのに
なぜ日本のお金の価値は依然高いままなのですか?

とんちんかんな質問でしたらごめんなさいです

81 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 10:29
>>80
日本という国で見た場合、海外に対しては債権>債務の純債権国です。

日本の借金と一般的にマスコミが読んでいるものは、政府部門の債務の
事です。これは、国内の貯蓄投資バランスの反映であり、

 民間の純債権=政府の順債務−海外への純債権

という関係にあります。そして、日本は海外に対しては純債権国ですので、
政府部門の債務を海外から調達しているわけではありません。そのため
一言で言って、日本国内の経済政策一つで何とでもする事ができます。
そのため、海外の投資家から見たら、別に円安要因とは考えられません。


それから、誰かが債権を持つためには、それと同額の債務を誰かが負わ
なければなりません。100万円の借金をするためには、100万円貸して
くれる人が必要です。よって、全体で見たら債権と債務の額は同一です。
ま、貸借対象表の右と左が必ずバランスするような。

で、つまり、政府が国民一人あたり500万円の借金をしていたとして、同様
に国民は政府に対して、国民一人当たり500万円の債権を保有していると
言う事になります。何か問題があるのでしょうか?

えっと、「国の借金」とかテレビで騒いでいる人たちは、基本的にサヨクです。
軍事・安全保障、環境などの分野の話だと、2ちゃねらーはすぐにサヨクの
匂いをかぎつけるのに、経済問題では気がつかない人が多いようです。


82 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 10:33
>>81
すっごくわかりやすい説明なのに、最後のサヨク話が余計だなw


83 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 15:45
ダイナムさんに「トイザらスはウォルマートできたらつぶれる」と
言われたんですがそこら辺どうなんですか?教えてください。

84 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 22:43
えっと、最近株価が上がったりしてるのは、経済学の理論に基づくとどういうことなのでしょうか?
利子率が下がらないと債券価格は上がらないんじゃないんですか???

85 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 23:02
消費を呼び込むための政策ってなんかないですかね?

86 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 23:03
消費を呼び込むための政策ってなんかないですかね?

87 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 23:08
>>85
マスコミの前で○○を食う

88 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/17 23:12
>>87
それって、あるモノだけはやってしまうだけやから。なんかそれってミクロっぽくない?
もっと、マクロっぽい考えを。

89 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/18 05:05
公定歩合は今でも機能しているのでしょうか?


90 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/18 05:51
ほぼ機能麻痺しています。
その代わり、CP買い上げ等による市場への資金供給量でコントロールしてます。

91 :t.m:03/09/18 09:21
>>84
いまいち、質問の意図がわかりませんが・・・。

とりあえず、債券価格と株価には正の相関関係はありません。

92 :複雑屈折:03/09/18 11:21
>>84
日経平均が政治銘柄になったせいです。
総選挙が酷似される頃から下がり始めます。

93 :84:03/09/18 19:00
>>91
はっ…
株式は債券だと思っていました(・_・、)アホですね私…
>>92
ということは何故日経平均が上がっているのかを教えて頂いたのですね。
ありがとうございます。

94 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/18 19:28
>>90
麻痺ではない。
突発的に経営危機に陥った銀行への融資を行なうために存続されている。
短期金利よりも公定歩合の方が高いので現在は金融調節機能を持っていない。

95 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/19 00:06
>>93
○ 平成14年10〜12月期における外国為替平衡操作額 0円
http://www.mof.go.jp/feio/1410_12.htm
○平成15年1〜3月期における外国為替平衡操作額 2兆3,867億円
http://www.mof.go.jp/feio/151_3.htm
○平成15年4〜6月期における外国為替平衡操作額 4兆6,116億円
http://www.mof.go.jp/feio/154_6.htm

平成15年2月14日 日本銀行当座預金残高が15〜20兆円程度となるよう金融市場調節を行う。
http://www.boj.or.jp/seisaku/03/pb/g030214.htm#betsu
平成15年3月5日 3月31日までは、日本銀行当座預金残高が15〜20兆円程度となるよう金融市場調節を行う。
4月1日以後は、日本郵政公社の発足に伴い、日本銀行当座預金残高が17〜22兆円程度となるよう金融市場調節を行う。
http://www.boj.or.jp/seisaku/03/pb/g030305.htm#betsu1
平成15年4月30日 日本銀行当座預金残高が22〜27兆円程度となるよう金融市場調節を行う。
http://www.boj.or.jp/seisaku/03/pb/g030430.htm#betsu1
平成15年5月20日 日本銀行当座預金残高が27〜30兆円程度となるよう金融市場調節を行う。
http://www.boj.or.jp/seisaku/03/pb/g030520.htm#betsu1

株価の上昇は日銀・財務省による金融緩和の成果です。

96 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/21 18:48
円はどこまで上昇するのでしょうか?
個人的にはそろそろ日銀の介入が入るとおもいますが。
皆さんどう思いますか?

97 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/21 18:49
G7終ったらさっそく介入だろう。

98 :t.m:03/09/21 19:54
>>96
日本、大規模介入難しく・G7会議
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20030921AT1F2001220092003.html

だそうな。
日本が死んでたときは黙認だったが、
回復しつつあるのに介入するのはけしからんということらしい。
今は日本より欧州のほうがGDP成長率が低いし。

99 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/21 23:14
>>98
これから日本はどうなるんだろう?円高で外需に依存できないとなると
どこの需要に期待すればいいんだ?

100 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/21 23:15
>>99
お金持ち様におすがりしてください。

101 :t.m:03/09/22 01:17
>>99
やや拡張的な財政政策を採ったり、
全力の金融政策でインフレに持っていくことによる内需の喚起。


日本はデフレ終結を、IMF金融委が声明採択
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20030921AT1F2100H21092003.html

為替介入はするな。でもデフレは克服しろ。
そして財政を再建しろ、だそうです。
口で言うのは簡単だけどねえ。
INFも、もう少しましなことを言ってほしいなあ。

102 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/22 02:22
>>101
国内の長国をバンバン買いなさいという神のご託宣。
インタゲへの地ならしだな。

103 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/22 03:38
質問です。もの凄い勢いで答えよろしくおねがいしますw

労働集約型の産業って例えばどんな産業を指しますか?

余剰労働力の多い発展途上国は労働集約型産業を進め、
日本のような先進国はそれと対峙する知識集約型(高度)産業を
発展させる、という議論がありますが。




104 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/22 04:07
>>103
労働集約型>第二次産業全般
知識集約型>設計業、IT関連業、第三次産業全般、資格の必要なもの全般

えびの皮むきなんて人件費の安い東南アジアでやってもらえばいい。
日本人の仕事はおいしい料理をどう作って、どういう雰囲気で食べてもらうかを考えること。

105 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/22 06:15
質問です。
どこまで円が上昇して、いつ頃円安にもどるのか?
まーこんなこと分かれば誰も苦労しないでしょうけどw

例えば、今週110円になり、一ヶ月後119円

誰か分かりやすく、説得力のある予想お願いします。

106 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/22 07:03
質問です。どなたかお願いします。
東京三菱銀行で外貨預金を始めようとしてるんですが、
取扱いは8時から、相場公示は10:30らしいのですが、
10:30までは前回の相場が適用されちゃうってことなんでしょうか?
10:30まで指をくわえて待ってなきゃなんでしょうか?

107 :t.m:03/09/22 10:34
>>102
長国買い入れの効果って何なの?
短国は、半分現金のようなものだから買い入れても投資に回らないが、
長国はある程度資産性のある国債だから、その分が投資に回るということ?

>>105
介入しなくなるので、しばらくは円高だね。
円高でデフレが悪化し、輸出企業の業績が低下し、経済が失速する。
そして、数ヵ月後に日本経済が冷え切ってきたら
円が安くなってくる。

>>106
銀行の窓口に聞くのが一番かと。

108 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/23 09:28
すいません質問です。
ATMで自分の口座に3万円預けたところ、機械の誤作動か5万預けたことになってしまい
通帳にも預金5万と記帳されています。
これって、そのままいただいちゃって良いのでしょうか?
それともいづれ銀行から連絡があって返すことになるんでしょうか?
こちらが罪に問われるなんてことは無いでしすよね?

109 :t.m:03/09/23 10:19
>>108
ここで聞くより法律板あたりで聞いたほうがいいのでは?
あなたが2万円多いと気づいてしまった以上、
悪意を持ってその2万円を保有していることになる。
(悪意といっても、法律用語での悪意ね)

まあ、罪にはならんだろうし、ばれたら返せばいいんだし、
ほっときゃいいんじゃない?

110 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/23 10:31

t.mっていうコテハン本当にバカだなw

111 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/24 00:05
最近農作物の盗難が多発していますが、経済的にはどう解釈すればいいのでしょうか?


112 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/24 17:39
麻生太郎がスタンフォード大およびロンドン大学で学位
取ってきてるって本当でしょうか?
http://society.2ch.net/test/read.cgi/giin/1025630938/l50

113 :     :03/09/24 17:51
ひとつおしえてください

今円高ドル安ですよね。
円ユーロの関係はあまりぶれてないですね。
そういう状況下で
ユーロを買うとき、円→ユーロの方がいいのか
米ドル→ユーロの方がいいのか教えてください。

どうも計算の仕方がイマイチわかってないようです、私。

114 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/25 20:22
国税庁は、なぜ平均所得を算出しなくなったのですか?
営業等所得者と農業所得者とのばらつきが大きいとか、
若年層と中年層との差で誤差が大きすぎるとか、
何か理由があるのですか?
http://www.nta.go.jp/category/toukei/tokei/menu/hyouhon/h13/04.htm

115 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/25 22:10
>>113
どっちでも変わらないよ。もしも円→ドル→ユーロのほうが円→ユーロ
よりも安く買えるなら、前者でユーロを購入して後者で円を買い戻せば
リスクなしで儲けることができる。この一連の取引を裁定取引と言うんだ
けど、この行為によってどんな状況下でも、異なる市場を経由して得る
ユーロの価格は変わらないことになる。

116 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/27 10:26
>>110

>t.mっていうコテハン本当にバカだなw

この程度の内容なら書き込むなと言いたくなるよね。


117 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/27 11:24
>>116
てか、この程度でコテハン使う彼(彼女)の勇気に敬服する。

118 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/27 13:39
t.m.って馬鹿じゃないと思うよ。
それに一生懸命だし、好感は持てる。

ただ、やっぱり大学生なんだろうなと思う事は良くある。
時々変な事を言っているのはご愛嬌さ。

119 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/28 21:43
ええと、、、経済学に関しての質問はこの板でいいんですよね…。
当方、私立経済学部志望の受験生です。
第一志望は早大政経なのですが、滑り止めを決めかねています。
(まじめに経済学をやるなら、慶応といわれていますが早大マンセー野郎なので置いておいてくださいw)

あまりマル経はやりたくないなぁと思っているのですが、滑り止め候補としている
明治政経、中央経済、東京経済大の評判を聞いたり、ホームページを見ると
マルクス経済学という記述が多く、どうしたものかと困っています。
マル経ではなく、近経全般を学びたいのですが、日東駒専〜MARCHレベルあたりで「この先生なら!」
という方がいらっしゃる大学はあるでしょうか。
(成蹊経済、日大経済、千葉商科なども視野に入れています。)

どなたか詳しい方がいましたら教えていただきたく思います。

120 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 01:20
社会主義と共産主義の違いがわかりません。

ちなみに自分が興味あるのは、明日の相場でオレの持ち株が
上がるかどうかだけです、相場についてもポジションぬきには
予想ができません、当然経済はミクロでしかとらえられ
ませんので、厨房向けの解説をしてくれる方ヨロシク

121 :t.m:03/09/29 01:32
>>120
http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?pg=jiten_ktop.html&col=KO

122 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 03:24
Jeffrey A. Frankelの
“Assessing the Effeciency Gains from Further Liberazation”
とゆう論文の内容が知りたいんですが、知ってる人がいたら教えてください。


123 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 03:34
>>122
http://ksghome.harvard.edu/~.jfrankel.academic.ksg/

http://ksghome.harvard.edu/~.jfrankel.academic.ksg/CBG-TradeEffwFig.pdf

"Assessing the Efficiency Gains from Further Liberalization,"
Conference on Efficiency, Equity and Legitimacy: The Multilateral
Trading System at the Millennium, in honor of Raymond Vernon.
Edited by R.Porter, P.Sauve, A.Subramanian, and A.Zampetti, [Cited
in Washington Post Editorial.] Brookings Institution Press, Washington, D.C. 2001.

http://econpapers.hhs.se/HoPEc/495753504949485374697070826989956576698865786869829570826578756976.htm

124 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 03:48
>123
ありがとうございます。図々しいですが、
もし日本語で説明されたものがあったら教えてください。
申し訳ないです。

125 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 03:54
ググっただけだから、日本語の情報なんて知らないよ。
翻訳は自分でするのが筋かと。

126 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 12:30
? ←これ、通貨の単位っぽいんだけど何だっけ?

127 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 12:34
↑危惧してた通り、表示されなかった・・・。アルファベットのCに横棒2本なんだけど。

128 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 15:36
>125
レス遅れましたが、ありがとうございました。

129 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 15:40
>>127
それをCだと思うから判らない。
それはEです。

それじゃ宿題。

Eから始まる、国際的に大きな影響力を持つ通貨は、何だ?

                                      ヒント: ヨーロッパはEuropeと綴る。

130 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 17:28
資本主義の下では生産性が上昇しても
自由時間があまり増えないのはなぜなんでしょうか?
学校の宿題なんです。どなたかお知恵を。


131 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 17:31
小泉内閣を太平洋戦争になぞえて例える人がいます。
原内閣に似ていると思いますが?
なんかにてね?
これから軍部が台頭してくる時期だと思うのですかどうでしょう?

132 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 17:46
日本にはタイタニックができるのでしょうか?


133 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/29 18:40
>>131
浜口雄幸内閣だろ

134 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/30 21:49
均衡失業率の意味と、その上昇要因について教えてください。

135 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/30 22:38
1993年1ポンド何円かおわかりの方いますか?
それか過去20年くらいのポンドのレートの推移が分かるようなサイトを
ご存知でしたら教えて下さい。

136 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/30 22:49
>>134
均衡失業率って、自然失業率とか完全雇用失業率とかの事?

だったら、一般的には摩擦的失業と呼ばれる現象を指します。
これは雇用の流動性の低下によって上昇します。
例えば、産業構造の変化で、ドカタ産業が減退し、IT産業が
増加したとします。ドカタやっていた人は失業し、IT産業では
求人が増えますが、ドカタの人たちの技術と、IT産業の技術は
違うので、簡単に転職できません。で、いわゆる雇用のミスマッチ
が生じて、自然失業率が上昇します。

#プログラマーの別名はデジタルドカタなんだけどねw


1970〜80年代の欧米では、職業別労働組合の存在が、
雇用の流動性を妨げて自然失業率を上昇させていたとか、
言われています。

あと、自発的失業というのもあるかも知れません。要は社会保障
が充実しすぎていて、失業していても食っていけるから気が向い
た時だけ働くような人たちの存在です。


137 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/30 23:02
>>135
http://www2.boj.or.jp/dlong/stat/stat2.htm#03
http://www2.boj.or.jp/dlong/stat/data/cdab0780.txt

日銀にあったよ

138 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/30 23:02
労働力フローとはなんなのでしょうか?
どのようなタイプがありますか?
どなたか教えてください。

139 :135:03/09/30 23:15
>>137
ありがとうございます。
助かりました。

140 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/09/30 23:24
質問です。
プッシュ型失業とはどういう意味ですか?
検索しても全く出てこないので困っています。

141 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/01 17:48
設備投資デフレーターって何ですか?
またそれが上昇したり下落したりしたら、どういうことが言えるのですか?


142 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/03 02:57
授業中、聞きそびれてしまいまして、スワップは日本語で言うと
どういう意味なんでしょうか?

143 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/03 03:49
夫婦交換

144 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/05 17:06
日本は戦後なぜこんなに発展したの?アメリカのおかげ?

145 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/06 02:17
age


146 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/06 09:14
都市圏の人口データってどこから手に入れればいいんですか?


147 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/06 12:48
大学で配られたレジュメによると日本は一人あたりのGDPがイギリスと同じで
労働生産性がイギリスの5分の4ってことになってるけどこのデータは正しいのでしょうか?
私の記憶では日本の一人あたりGDPはイギリスの1.5倍だったような気がするのですが。

148 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/06 13:28
>>147
一人当たりGDPはイギリスの1.5倍ですね。
http://web.hhs.se/personal/Suzuki/o-Japanese/ne19.html

労働生産性という指標は大変に胡散臭い指標なので、どういう
意図をもってどういう算出方法で計算したのか確認したほうが
良いと思います。

個人的には労働生産性と言ったら、一人あたりNI(名目)だと
思うのですが、この辺は人によって異論があるでしょうね。きっと。

149 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/06 15:00
物凄い勢いで誰も答えてないスレになってる

150 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/06 15:41
せめて、もの凄い勢いで質問だけでもし続けようか

151 :t.m:03/10/06 17:13
>>149
過疎板だしねえ。


152 :t.m:03/10/06 17:22
>>146
「都市圏」をどう定義するかによって変わってくるのでは?
俺は知らん。

>>144
いろいろある。
アメリカの影響もある。

>>142
辞書参照

>>141
設備投資のデフレーター。
設備投資の物価の上下。

>>140
困ったねえ

>>138
しらん

>>132
がんばれば

>>130
いろいろあるよね

153 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/06 22:09
生産誘発効果ってなんですか?

154 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/06 23:32
ジポ法自民党案に対する問題意識が欠如しているうえ、実効性のない単純所持規制を強力に推進する人物
小宮山洋子議員
http://www.komiyama-yoko.gr.jp/

ジポ法自民党案に賛成し、また単純所持規制の「処罰化」にも積極的な人物
水島広子議員
http://www.mizu.nu/

盗聴法に反対している民主党の議員ががなぜ盗聴法の改悪につながる単純所持罪に
賛成するのやら?


155 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/06 23:39
ロングとかショートとかってどういうものですか?
ドルロングとか…

156 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/06 23:57
●●●衆議院総選挙●●●(調査期間:9月27日〜10月10日)
あなたはどの政党の候補者に投票しますか?〜小選挙区〜
11月9日に投票があると言われている次期衆議院総選挙であなたはどの政党の候補者に投票しますか?
・小選挙区で投票する候補者が所属する政党名で投票をお願いします
・有権者のみ投票をお願いします
・1人1票のみとなっております
・選挙区別に集計していますので、選挙区名は正確にお答えください

投票所はこちら→http://vote3.ziyu.net/html/dai02kai.html

参考:選挙でGO!!→http://homepage3.nifty.com/makepeace/

これと同じものを最寄りのスレにコピペをしてください
よろしくお願いします

157 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/07 01:46
>>155
http://www.jinvestor.com/news/tips/20010412/001.html

158 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/07 01:47
>>153
http://www.google.co.jp/search?q=%E7%94%9F%E7%94%A3%E8%AA%98%E7%99%BA%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%A8%E3%81%AF&hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8

159 :155:03/10/07 08:58
>>157
ありがと!

160 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/09 20:49
文春のコラムみたいなもので、「もうすぐ土地も地価も高騰するから、
今のうちに自分のコレクションの博物館を作るための用地を確保しておく」って
言ってたんだけど、これって何を指してるの?インタゲ?ハイパー?




161 :質問:03/10/09 21:01
とりあえず明日、株を売っておきたいのですが、最近の日経平均
というのはどうなんでしょう?
年末迄にもう一度、平均株価が1万1千円台以上になると予想されますか?
東京に地震が来たら、大暴落は必至なので売っておこうと考えています。

162 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/09 21:23
>>161
もう少し待ったほうがいい。再来週には11000円になる。

163 :質問:03/10/09 21:27
>>162
ありがとうございます。
株価が2万円台だった頃が幻のように思えます。

164 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/09 23:25
貨幣供給量が増えるとなぜLM曲線は右にシフトするんですか?

165 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/10 01:07
>>164
L-M曲線は
 L(貨幣需要)=aY-bi+c (a>0,b>0)
 M(貨幣供給)=m
をL=Mで解いた、資金の需給均衡をあらわすYとiの関係のグラフでしょ。

これを展開していくと
bi=aY+c−m
i=a/bY+(c−m)/b

よってLM曲線はa/b>0の右上がりの曲線になる。

mが増加したら、LM曲線は右下方向へ移動する事になる。

166 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/13 21:22
ここ最近で政府が公的資金の注入を実施した例を出来るだけ多く調べたいんですが、
そういうのを纏めたサイトはありませんか?

167 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/14 21:19
信頼できない情報だけど
村上龍「あの金で何が買えたのか」を借りたほうが、、、
(買うほどのものでもないし、著作権の範囲内でコピーorメモ)


168 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/14 22:47
>>167
プリーズ

169 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/15 19:24
日経新聞って購読する価値ある?
購読しようかどうか迷ってるんだけど。

170 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/15 19:29
>>169
無い。

171 :uduki:03/10/15 19:48
粉飾決済の意味と具体例を教えてください!!お願いします!!

172 :t.m:03/10/15 19:56
>>171
粉飾決済でいいの?
粉飾決算ではなくて?

173 :t.m:03/10/15 20:02
粉飾決済でいいのか。


意味は架空の売上げとか費用とかを計上すること。

赤字の会社が架空の売上げを計上し利益が出ているように見せかけるとか、
黒字の会社が架空の経費を計上して、税金の支払いを少なくするとか。

174 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/15 23:54
インタゲスレで見事にスルーされたのでこちらで聞いてみよう。

でも、以前にコピペされていたこの記事(信憑性は解りませんが、信じ
るとして)では最初は円安、ドル高を目指していたことになりますよね。
なぜ当時はドル高が目論まれたのでしょうか?あと、この記事では日
銀が為替介入をしたことになっていますが、為替は財務省の管轄なの
ではないでしょうか?それと「満期国債の借り換えの原資」についても
詳しく教えてください。

今週のサピオに掲載されている森永卓郎氏の文章から抜粋

浜田和幸氏によると、
今年の1月、竹中平蔵経済財政・金融担当相がアメリカを訪問し、米経済の要人と会談した際、アメリカ側とある密約がまじわされたはずだという。
「小泉氏が秋の自民党総裁選、総裁選挙に勝つためには、日本経済が好転している必要がある。ついては、日本政府はドル買い介入をしてドル高に導くので、それによって生じた資金を使って日本株を買うよう、アメリカ系証券会社を指導して欲しい」
竹中大臣はアメリカ側にこう強く要望した。
それをブッシュ大統領が了承し、「その代わり、イラク戦費をだせ」と求めた、というのである。
実際、今回の株高は日銀のドル買い、円売り介入がきっかけだった。
5月、6月の2ヶ月間だけで、日銀のドル買い、円売りは実に4兆5000億円にも上った。しかも為替介入によって市場に流出した資金は日銀が国債の売りオペをするなどして全部回収するのが普通なのだが、今回はそれをしなかった。
その結果、マネタリーベースの伸びが急激に増大した。底だったこの4月が11.5%なのに対し、5月は16.7%、6月は20.3%とわずか2ヶ月間で資金供給の伸びが2倍に増大したのである。
ちなみに自民党総裁選で小泉首相が再選が確実になってから、日銀は資金の伸び率拡大を止めてしまったため、為替は再び円高に揺れ、株価も下落してしまった。
衆議院の解散が決まった直後に、日銀は当座預金残高目標の上限を引き上げ、現行の「27兆〜30兆円程度」から「27兆〜32兆円程度」に変更することを賛成多数で決めた。量的緩和の拡大は今年5月以来。
日銀は同時に景気判断を上方修正しており、景気の回復を認めつつ量的緩和を拡大するのは

175 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/15 23:56
ちなみに前段階がこれです。

410 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん sage 03/10/15 18:18
金融緩和で米の国債を買ってそれが日本に逆流し
円高、株高らしいですが。国債を売ったアメリカにお
いては、得た金をどこが運用しているのですか?
100%政府なのかな?


411 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん 03/10/15 18:58
>>410
うん、そう。
満期国債の借り換えの原資と考えてもいいけどね。


176 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/16 03:11
だれも答えてくれないからageちゃうぞ!

177 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/16 03:39
>>175
米国債はドル建てで発行されています。

米政府 →(米国債)→ 金融機関
     ←(米ドル)←

こういう取引になります。

で、この後、財務省の為替平衡操作が行われます。

金融機関 →(米国債)→ 日銀
       ←(日本円)←

という取引になります。

つまり、金融機関は、もともと持っていたドルを、米国債経由で円に
変えてたという事です。そして、金融機関は「円」をどこで運用しますか?
円が運用できるところは日本しかありませんよね。

178 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/16 03:47
うう、イマイチ飲みこめない。
それだと円安になってしまいそうだけど現行は円高ですよね。

179 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/16 03:55
為替のレベルの話は、実質金利の差の問題。
相対的に国内の金利緩和が足りない円は金利差の積分高くなる。

180 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/16 04:00
なるほど。米国と実質金利が並ぶにはあと何兆の緩和が必要なのでしょう?
あと、177の図は不胎化、非不胎化のどちらなのでしょう?

181 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/16 20:49
為替のレベルは、購買力平価、金利差、インフレ格差、経常黒字、累積経常黒字等
によって、長期的には決定されるといわれている。短期的には資本の移動。

為替介入の詳しい解説は、図書館では見つからなかった。日銀のサイト(教えて日
銀君?)に、解説があったと思う。

182 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/17 02:58
>>178
為替レートは、他にもいろんな要因で決まります。

というか、円高になったので為替介入で何とかしようとして、
その副産物で、外資の日本株投資が活発化したのかと。

183 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/17 03:00
>>180
金融緩和とか言う前に、デフレの克服が必要

実質金利=名目金利−インフレ率

184 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/17 03:57
これだけ金利が安いのになぜ
デフレ政策を取るのかと政府を非難するの?
赤字国債も36兆も発行したし。
世の中はデフレ状態にあるのはたしかだけど。
日銀は別に金融を引き締めていないし。





185 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/17 04:18
>>184
デフレ政策=不況推進政策です。非難されて当然です。

赤字国債の発行理由が良くありません。
公共事業で景気の下支えをしようとした赤字国債ではなく、
不況を促進して税収が減ってしまった事による赤字国債です。

日銀は金融引締めをしていないのではなく、金融緩和の速度
が遅すぎて対策になっていない事が非難されています。

そして、デフレで実質金利が高くなっていますので、金利が
低くて投資が活発に行われるような状況ではありません。

186 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/17 04:27
>>184
真上の式を見ろよw
実質金利は高い。名目金利は0近辺だが0以下にはならない為。

>赤字国債も36兆も発行したし。
政府支出で見る。国債発行額が増加したのは税収が落ち込んだから。デフレ下で政府支出を減少させるなんて愚の骨頂だしね。
あと、実質で見た公的資本形成は90年代ほぼ一貫してマイナス。

>日銀は別に金融を引き締めていないし。
バブル崩壊以後、日銀は一般的に見て(テイラールールやマッカラムルール)常に金融を引き締めぎみ。
上記のルールの簡単な説明はこちら。
ttp://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je99/wp-je99-s0086.html

187 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/17 17:35
こっちで聞いた方がいいのかな。

11兆4000億の為替介入のどれくらいが外債なの?全部なの?


188 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/18 00:34
1ドル=108円台後半まで円高が進む中、政府が為替介入に使う“財布”である
「外国為替資金特別会計」の外貨準備が急増し、9月には初めて6000億ドル
(約65兆円)を突破した。このカネで買っているのは米国債。将来的にドル下落
や米国債暴落という事態となれば、思わぬ大損を抱えるリスクもある。
 政府は短期証券などを発行して調達した資金で円売りドル買い介入を行い、手に
したドル資金の約8割を米国債で運用している。zak

189 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/18 02:12
>>188
8割のうち半分が日本に戻って株が買われてると。
日本株買ってるのは米国のなんて機関なの?

190 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/18 02:41
日本はイラクに幾ら出すの?

191 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/18 04:32
>>189
米国債を日本政府日銀が買う→米財政支出増、金利低下→米景気拡大、米株高
→ヘッジファンドがリスクマネーで日本株買う→日本株高→米年金、金融機関
等の機関投資家が日本株を買う。

192 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/18 04:36
あんがと。でも>米国債を日本政府日銀が買う→米財政支出増、金利低下
ここで金利低下になるのが解らんです。自然になるのかな?FRBが人為的に?

193 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/18 06:25
お金の値段、金利は、資金の需要と供給で決まる。
米国債という米国政府の借金は、資金需要増要因。日本が買うと資金需要減要因。


194 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/18 06:42
日本のお金が流れ込むから金利低下でいいのかな?
米国内で売買すると貨幣を吸い上げるので金利上昇と?

195 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/19 21:00
色々と叩かれている公務員を目指している経済学部生です。

最近、経済学の雑誌を読んでいて楽しいのですが、
エコノミスト、ダイヤモンド、東洋経済・・・などなど、
数ある経済関係の雑誌で信頼のできるものはどれでしょうか。

理由もお答えいただけるとありがたいです。

196 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/19 21:16
>>195
信頼できるのは自分だけです

197 :t.m:03/10/19 21:19
>>195
個人的な意見ですが、信頼性はどれも似たりよったりだと思います。
だからどれかひとつだけを読むより、
いろんな種類の雑誌なり新聞なりを読んで
バランスを取ったほうがいいと思います。

あと、記事に書かれていることを鵜呑みにするんではなくて、
経済理論などと照らし合わせて、そこに書かれていることが本当かどうかを
自分で考えることが重要だと思います。
そうやって、経済理論を踏まえつつ自分の意見を作り上げていけば、
面接でも役に立つのではないかなあと。


これは私見ですので、他にも色々意見があるかと思いますが。

198 :195:03/10/19 21:25
>>196-197
ありがとうございました。>>196も的を得ていると思います。

何かに傾倒するんじゃなくて、バランス感覚を大切にしようと思います。

199 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/19 21:48
的を射ている、だな。それじゃDQN雑誌にだまされるぞ〜(藁

200 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/20 03:12
とあるスレで、こんなことを行ってる人がいますが信憑性は高いですか?

258 □   □ □ 03/10/20 02:27 ID:NrWZPsHN □
米ドル札の発行権は、米国政府には無かった筈。
連邦準備銀行はIMFの支配下にあり、米国政府からの独立が確保されている。
米国の真の支配者は、米国民ではない。
IMF理事を務めるヨーロッパ系財閥の領袖たちなのだ。


201 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/20 12:00
他で聞いてもレスが付かなかったのでこちらでお尋ねします。

たしか食料輸入と水資源絡みの問題で、水資源の世界的使用についての新しい
考え方らしいのですが(うろ覚えですみません)、
例えば、日本はアメリカから牛肉を輸入する場合はその牛を
育てるのに使ったであろう水の量を、税かなにかの形で納める
といった考え方があると聞き詳しく知りたいと思いました。
詳しく方やそういうサイト知ってたり
また、この話題に相応しいスレがあれば案内してください。

202 :t.m:03/10/20 20:26
>>200
>連邦準備銀行はIMFの支配下にあり
FRBの意思決定機関は連邦準備理事会ではなかったっけ?
その理事の中にIMFの人がいるんだっけ?

>IMF理事を務めるヨーロッパ系財閥の領袖たちなのだ
これは知らない。


>>201
>詳しく方やそういうサイト知ってたり
>また、この話題に相応しいスレがあれば案内してください。
知りません。

ていうか、その議論はどの辺が面白いのですか?

203 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/20 21:17
>>200
禿げしくデタラメ

204 :sage:03/10/20 22:47
質問です。よく為替取引とかで1枚買ったとか書き込みを見るのですが
1枚の単位(円で10万?)を教えて下さい。エロイヒト

205 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/20 22:50
1枚は1万単位。 ドル円なら1万ドル買ったり売ったりすること。1万ドルといえば、約110万円だが
これを3000円以下の証拠金で売り買いできるのだからたまらない。
業者の名前はださないので自分で調べてね。

206 :t.m:03/10/20 22:56
>>205
>ドル円なら1万ドル買ったり売ったりすること。1万ドルといえば、約110万円だが
>これを3000円以下の証拠金で売り買いできるのだからたまらない。
ウホッ、そんな仕組みになってるのか。
コワイのお・・・。

207 :sage:03/10/20 23:04
>>205 有難うございます!
とりあえずドル円2枚ほどショート仕込みます!


208 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/20 23:16
経済大国日本の経済成長率が0じゃまずいんですか?
大きいのがそのままってことは、もう充分大きくて利益もそのままってことじゃないんですか?

209 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/20 23:56
>>208
それが違うんだな。もっと高い経済成長率を想定した都市計画、経済計画、国土開発計画が目白押しだから
想定していた費用対効果の計算が全部狂っちゃったんだな。
国家レベルの計画というのは、10年、20年前に計画立案されたものが多くて、当時の経済状況がそのまま未来も続くことを
前提に想定して策定されてたりするんだよな。
で、実際に動き出した時にはまったく前提条件が崩れた状態になってしまっているわけだ。
また、こうした計画は一度決定されたらとことん推進される構造になっているからたまらない。
もう国の仕組み自体が今の激動する時代には合わない体制ということだ。
企業に関しても同じで、バブル期に策定された計画が実際に完了してみたら、想像もつかない経済状況になってしまってたりした。
何がまずいかというと、これまた想定していた需要がまったく期待できず、そうなるとイコール赤字事業を抱え込むということさ。
日本企業の調子が狂って大きな赤字を出しまくり続けてきたのも、こうしたことによるタイムラグで多くの赤字事業を抱え込んだ
ことによる。

210 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/21 00:19
>>201
簡単な説明だけだけど。
ttp://www.asahi.com/edu/newsland/1017b.html
ttp://www.asahi.com/edu/nie/syasin/a-point129.html

下のほうには、いくつかリンクもあります。


211 :t.m:03/10/21 00:23
>>210
へぇ、なるほどねえ。
日本は大量の水輸入国なのかあ。

212 :201:03/10/21 01:46
>>210
どうも、ありがとう。
探していたのはまさにこの事でした。
考えさせられます。

213 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/24 23:54
すみません、今現在の自動車メーカーのシェアて分かりますか?(海外メーカー含む)
お願い致します。

214 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/25 00:32
日本経済は良くなりますか?

215 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/25 00:36
経済政策に関する思想ていうのがよくわかりません
政治思想とか聞くけれど、政治は思想のバランスをとるもので
右の政策こそが正しいとかいや、左こそ本流であるべきとか
そんな過激派なんて最初から要らなかったんじゃないでしょうか
官僚とか経済学者とか政治家は経済政策を思想的に解釈せず、
バランスを取る事に専念していればいいんじゃないのかと最近思うのですが。








216 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/25 00:43
すみません。
ちょっとスレ違いかも知れませんが、
中島礼香さんは今どこで何をしているのでしょう。
整った愛くるしい顔立ちと豊かなバストが忘れられません。
芸能界をやめたいきさつなども噂でいいので教えてください。

217 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/25 00:56
>>208
インフラや、知識の蓄積によって生産力は常に上昇しているから、
経済成長を無理に抑制すれば生産力に余剰が生じ、失業者が増大する。
生産力の発達に見合うだけの、経済規模の拡大が必要。

>>215
利害関係を調整するのが政治。

218 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/25 11:51
>>216
今は俺の隣ですーすーと寝息を立ててるよ。
昨晩遅くまでがんばったから、このまま寝かせてやることにするよ( ´_ゝ`)y--~~

219 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/27 23:56
もし世界が1つの統一通貨を使用してたらどうなるの

220 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/28 00:20
>>219
ユーロのように、
単一通貨を使っている国や地域で、独自の財政・金融政策ができなくなる。

221 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/31 07:07
原則として国内の課税や金利規制などの法規制のない
自由な金融取引ができる市場って何ですか?

222 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/31 11:30
>222
ケイマン諸島 タックスヘイブン でぐぐれ。

223 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/10/31 16:14
>>222
やれよ。

224 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/02 01:11
上海の先月の催し物
石油、バルブ、工業展
中国のGDP、経済

以上の物に関してわかるサイトを探しています。
主に上海のことをメインに中国に関して知りたいと思っています。
これらに関連したサイトをご存じの方、
是非お教え下さい。


数が膨大すぎて、調べきれませんでした。

すけ


225 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/02 04:40
はにめて書きますんで失礼します。アダムスミスの神の手ってなんですか
聞き及ぶに市場原理に基づいた価格という秩序だと思うんですが。



226 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/02 04:48
「ロックは人生だ。」規制については下のスレッドを読んでください。
さらに何か問題が起きましたら詳細な(どんな書き込みが弾かれるのかetc.)報告を書き込んでください。

【広告】新機能 Rock54【自動排除】
ttp://qb3.2ch.net/test/read.cgi/operate/1066291585/

*他の板にもこれをコピペしてください。
 現在報告を集めてます。

227 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/02 11:19
中国情報局 http://searchina.ne.jp/

228 :224:03/11/02 12:11
>>227

どうも、ありがとうございます。
こういった総合的なサイトを探していたので、本当に助かりました。

恐縮ですが、こういったサイトは他にもありますか?
もしあるようでしたらお教え下さい。

恐縮です。

229 :227じゃないが:03/11/03 13:41
2ch中国板、アジア板も忘れずに…

JETRO中国リンク集
ttp://www.jnews.jetro.go.jp/cgi-bin/search/yomi.cgi?mode=kt&kt=06_03_01

230 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/03 21:43
リンク
海外移住情報 中国.現地事情編
ttp://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/china2.html
後は、ヤフージャパンの中国かな。

231 :パープリン2号:03/11/11 05:28
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/11/10/08.html
すいません、連結売上高ってなんですか?

232 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/11 05:50
>>231
ハンドルの通りパープリンやのぅ。
分かり易く書くと、連結売上高とは、企業グループ全体の売上高。
言っとくけど、それぞれの企業の売上げを単純に合計したものとは違うぞ。企業グループ相互の売上げ、仕入れは
取り除く。グループ全体をひとつの企業と見做して決算を行うということ。

233 :パープリン2号:03/11/11 06:36
>>232
どうもありがとうございますた。

234 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/11 19:57
住民税滞納したら一年で2割増しになりましたが妥当ですか?

235 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/12 05:04
妥当です。利息制限法によれば、29%くらい増えてもおかしくありません。
納税は憲法でも規定がある国民の義務です。早く払えば少なくて済んだものを、ナメてかかるからそういう目にあうのです。

236 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/12 18:22
>>235
時間みるとこいつも払ってなさそう

237 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/12 19:27
>>236
アホか。俺は金にはシビアだからキチンと払ってるよ。逃げて逃げられるものならともかく、逃げられないことが分かっている以上
早く払ったほうが得だからな。遅れて払ったら割り増し食らうのは分かりきってるんだから、そんな無駄金を払うつもりはない。
金をケチるつもりなら、むしろ速攻で払ってしまうのが一番得なんだよ。

238 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/14 15:20
質問があります。

利息の付け方で複利計算と単利計算というのがありま
すが
それぞれの計算の仕方はわかっているのですが、
それぞれの運用の仕方に違いがあり、双方にメリット
・デメリットが
あると聞いたのですが、単利のメリットがさっぱりわ
かりません。

借りる時は単利、貸すときは複利の方が得ということ
なんですが
実際の借金で、単利で貸してくれるところなんて聞い
たことありません。

現在、単利で運用されているものって何かありますか





239 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/14 23:13
>>238
友人知人から金を借りるときは大抵単利だろうが。
一般的な会社で単利で運用なんてしないよ。意味が無いから。

240 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/15 01:48
・サムライ債
・ユーロ国債
・財投機関債
とはどのようなものなのでしょうか?

241 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/15 02:12
・円建て外債のこと
・ユーロに参加してる国の国債
・特殊法人が発行する債券

242 :質問:03/11/19 19:49
質問です。
単純に書きます。

外資が日本でたくさんお金を稼いで、そのお金を外国に持っていかれたら、
日本(日本国民)にとって損ですか?

243 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/19 20:02
質問

一時間後のドル円のレートはいくらですか?

244 :t.m:03/11/19 22:03
>>242
得する場合も損する場合もありうる。

245 : :03/11/22 16:38
先ほどトイレに行ったら、
お尻から何か白い液体が出てきました。

病院で診察してもらった方がいいでしょうか?

246 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/22 22:10
マジレスするが
白い便ならば大問題。
大病院で精密検査が必要。

でもツリだよね?
白い便はマジでヤバイよ…。

247 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 06:29
>>245
それは大発見だ!さっそく近くの大学に持っていきなさい。







ここは経済板です


248 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 06:46
いつまで資本主義続くのですか?
競争原理は弊害しかないですよね。

249 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 08:26
>>248
就職活動がんばってください。
もしくは死んでください。


250 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 08:58
ケインズ派って憎たらしいですね、殺したくなりませんか、リアルで。
あいつらどういう職種なんでしょ?

251 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 10:52
日本の通貨がドルになった場合のメリットとデメリットを教えてください

252 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/23 15:15
メリット ・・・為替の変動で株があがったりさがったりしなくなる
デメリット・・・国家主権を名実共にアメリカに売り渡す

253 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/24 13:21
>>251
アメリカの借金が帳消しになる


254 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/24 18:32
デフレだけど、まだまだ日本の物価って高すぎると思います
もし物価を安くする為に政府が動いたら、どういう政策があるんでしょうか?

255 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/24 22:17
>>254
更に不況を深刻化させることだね。

一つは増税。もう一つは銀行いじめ。あとは公共事業の削減か。
それと金融引締めね。

あ、今やっている事をそのままやり続けるだけだねw


256 :しつもん:03/11/25 22:20
日本国はたくさん借金していて、こうしている間にもどんどん利子が
増えているらしいのですが、じゃあ国に金貸してるほうはどんどん
儲かってる訳じゃないの?
だれが儲かってんの?国が損した分、誰か得するという図式ではないの?

257 :へんとうれいそのいち:03/11/25 22:47
とりあえず海外投資家が日本国債を購入しないと簡略化してみる。
そうすると国の利払いを国民が受け取っていることになる。
これだけなら「行って来い」だ。

国は消費税率をアップしたり、課税基盤を広げたり、社会保険”税率”をアップしたりして国民の受け取っている利子収入を吸い上げて来た。
それにもかかわらずどんどん日本国の借金は膨らんでいるの。

明らかに何かが間違っている!
吸い上げ方が足りない?
国民の貯蓄も減少している情けない事態になっているらしい。

258 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/25 22:49
吸い上げた税金の使い方が間違ってるからだろ・・・。
明らかにそれが原因なのに、財務体系を全く変える気がない。
日本はもうだめぽですか?

259 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/25 23:07
間違った経済政策で、経済が縮小している。
借金は増え、個人の貯蓄は減少する。

260 :しつもん2:03/11/25 23:53
海外投資家が日本国債を買わないというのは、国内だけでお金がぐるぐる
まわると仮定するのですね。
税金で吸い上げられ、利子を受け取りバランスがとれるわけですか?
でもこれなら、国内のお金の量は変わらないはずですよね、

それなら、たとえ間違った税金の使い道とかで
いらない道路を作ってみたり、天下りした人にたくさんの退職金をあげたり
してみてもいずれ、税金として戻ってくるんじゃあないの?

国もお金が無くて、個人もお金がないのはやはり誰かが貯めこんでいるとか、
国外にお金が持ち出されているとかではないのですか?



261 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 01:02
>>260
今は、トヨタなどの企業がお金を貯め込んでいるの。
デフレだから、企業は借金を返して、ひたすら現金を貯める。経済は停滞する。

262 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 01:13
>>260
たとえ日本国債の保持者が日本国民だけだったとしても、問題がない
わけではないよ。なぜなら、政府支出の主な役割は公共財を供給する
ことだから。だから、債券の利子支払い分を公共財の供給にフタイ化す
ると、政府支出額は同じでも公共財を十分に供給できないことになる。

>いらない道路を作ってみたり、天下りした人にたくさんの退職金をあげたり
>してみてもいずれ、税金として戻ってくるんじゃあないの?

乗数効果によって数年間で投入した金額の何割かは戻ってくるけど、全額以上
は厳しいかな。金融政策しだいでは国債利率が上昇する可能性もあるし。
首都高速道路のような投資対象があれば一番いいんだけどね。消費性向の低い
人々にお金を落とすし、料金収入によって継続的にお金を取れるし。

>国もお金が無くて、個人もお金がないのはやはり誰かが貯めこんでいるとか

金持ちの企業、金持ちの個人が溜め込んでる

263 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 01:20
キャパオーバー

264 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 03:21
>>256
しー!それを言っちゃ駄目だよ。

金利をもらっているのは、預金者全員なんだから
国債暴落で高金利!となったときに得するのは、
本当は預金者である一般人なの。

でも、それがばれると、デフレで低金利誘導して
国債消化を安定化させたい財務省が、わざと一般人
が本来預金から得るべき利益をちょろまかしている
のがばれちゃうでしょ?

だから、その事はテレビでは誰も触れないように
しているんだ。

わかった?二度と、そういう事を言っちゃ駄目だよ!

265 :12:03/11/26 03:27
>>264
バカ それこそ流動性の罠、国債発行しなければマイナス金利でタンス預金が蔓延るだけ。
利益を受けているのは利ざやを稼ぐ民間銀行だよ。
民間銀行の為に国債を発行しておるのだよ。

266 :12:03/11/26 03:32
>>264
それに財務省の思惑ならそれは赤字国債の場合であって
マクロ経済政策上の建設国債には該当しないぜ。

267 :12:03/11/26 03:38
なぜ日本国民は国内銀行に預金するか・・
これが英語国圏だと簡単にキャピタルフライトが起きてるんだろうな・・
言語の壁は非金融障壁とでも言うべきなのかな・・


268 :12:03/11/26 03:44
コーカソイドは為替リスクのある日本国債買っても旨味がない。
彼らは国内にもっと高金利の金融商品がある。

>>262
おまえは乗数効果という言葉使うな、ボケが・・

269 :12:03/11/26 03:49
ボケは言い過ぎた、すマン。
まあ乗数効果というのは単に等比数列の和であるし
下々の人に金が渡るかどうかはその貰った人の消費嗜好から
渡る人との「取引の距離」と「額」による。

270 ::03/11/26 04:12
作ったものが、役に立たないと、投入した資金は、回収できないと思われる。ただし、
美術館などになると、帳簿だけでは、計れない。公共投資は、多かれ少なかれ、
計れない部分がある。

271 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 04:25
>>259
債権と債務の金額は常に一致しているよ。

君の言う借金というのは、多分債務一般をあらわしているのだろうが、
債務には個人の貯蓄のほかにも一杯ある。

この表を見て欲しい。
http://www.boj.or.jp/stat/exp/faqsj.htm#1-08

イメージがつかめるはずだ。

272 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 04:25
その上で、家計・企業・政府の資金過不足の推移はこんな感じになる。

資金過不足推移(単位:億円)
       家計    非金融法人    一般政府
1990FY  -44,032   217,910      90,716
1991FY  -17,067   323,310      -11,722
1992FY  418,833   -67,632     -105,871
1993FY  341,084  -231,627     -100,751
1994FY  355,098   -19,959     -204,212
1995FY  562,657  -530,373     -151,899
1996FY  259,061   143,169     -356,116
1997FY  364,796   189,717     -293,571
1998FY  124,379   664,260     -580,323
1999FY  811,894 -1,102,161     -308,250
2000FY    -177   964,942     -377,024
2001FY -174,844   796,813     -262,447
2002FY -326,304   723,759     -427,381

家計部門の借金比率は2001年(小泉内閣成立直後)から急速に
悪化している。一方企業部門は急速に改善しており、これが小泉
内閣が志向する経済政策の帰結である。

「官から民へ」というのが小泉内閣のキャッチコピーのようだが、
「個人から企業へ」というのが実態である。経団連が支持するのも
うなずけるというものだ。

273 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 04:27
>>265
民間企業の資金過不足状況を見る限り、別段得も損もしていない。
単に金融仲介を全うしているだけだよ。

というか、必死に否定しちゃって、みっともない。
正体がばれるよwww


>>266
えっと、赤字国債がバカスカ増えているのですが。
建設国債がどうこう以前に、公共事業は1995年以後ずーっと
減りっぱなしですが。

274 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 04:29
>>267
キャピタルフライト馬鹿キター!

キャピタルフライトは、固定相場制で対外債務を負っている国で
起きる現象です。というか、対外債務国でもキャピタルフライト
と呼ばれる「投機アタック」を避けるために変動相場制に移行した
のですが。

というか、ここは質問スレなので、しったかぶって嘘を撒き散らす
よりは、きちっと質問をしてください。見ていて痛いです。

275 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 04:31
>>273
失礼。

×民間企業の資金過不足状況を見る限り
○金融機関の資金過不足状況を見る限り

276 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 04:50
狭義、広義で違うのだろうか?
http://www6.plala.or.jp/masak12/polsci/ipe/Walerstein.html
木村氏のキャピタルフライト論を在日マクロ厨が揚げ足取る図
これを鵜呑みにしただけのようだねw魑魅
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/Kimura2.htm

キャピタルフライトと呼ばれている現象で、
要するに資本(キャピタル)がどっかに飛んでいく
(フライト)という、単純な意味である。円が買われている、
つまり円高の状態は円が安定的な通貨として信用されている
ということを意味しているが、円が売られている状態、
つまり円安は円が信用を失っていることを意味する。
簡単に説明すると、今回のキャピタルフライトとは、
資本が日本から次々と逃げていき、円が飛ぶように
売り飛ばされ、円の信用がものすごい勢いで失墜し
ていることを意味している。

まあどっちでもいいじゃん、アルゼンチンのような形を指すと限らないんだし。
在日マクロ厨がまた蠢いてるやw

277 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 04:53
在日マクロ厨は言論でバレルから顔みなくても
発言パターンでお里が知れるw
これ凄い発見!


278 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 04:54
在日マクロ厨かぁ〜ゴロいいな
使わせて貰うよ。

279 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:01
さてどなたか正確な「キャピタルフライト」の定義をお願い。

280 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:13
>>274はもの凄い勢いで逃げたわけだが


281 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:14
漏れの分厚い経済学の教科書にキャピタルフライトが載っていない。

282 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:19
>>276
えっと、変動相場制は需給の均衡で為替レートが決まるので、
一方的に通貨価値が下落していくような現象は非常に考えにくい
と思いますが。

木村君に毒されまくっていますよw

283 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:23
>非常に考えにくいと思いますが。

非常に考えにくいとはなんですか?

284 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:28
タイのバーツ暴落のようなケースはキャピタルフライトとは
言わないの?

285 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:29
>>276
広義のキャピタルフライトなんて、勝手にでっち上げないでください(藁
キャピタルフライトは、あくまでキャピタルフライトであります。

それに、広義の意味でといっても「通貨アタック」くらいしか広げようが
ありません。そして、もともと、通貨アタックで為替レートが暴落しない
ようにするために、固定相場制を放棄し、変動相場制になったんですよ。

「信用の喪失で暴落」と、アプリオリに暴落の原因が「通貨の信用喪失」
であると決め付けていますが、これは大嘘ですね。信用喪失なんて現象
は冷静に考えるとありえません。

キャピタルフライトのような通貨アタックは、中央銀行が*必ず*「反対
売買に応じてくれる」事から、為替投機の期待値が「無限大」になって
しまうために生じる現象です。すなわち、誰でも明らかに利益が得られる
という餌があって初めて成立する現象です。

変動相場制では、投機の期待値が発散する事はありませんので、激しい
為替レートの変動は本質的に起こりません。

286 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:30
>>284
タイバーツは、対ドル固定相場制で対外債務を抱えていたから暴落したんでしょ?
基本的にアルゼンチンと同じだよ。

287 :キャピタルフライト:03/11/26 05:30
発生するための条件:固定相場制、通貨切り下げ予想の発生

固定相場制では、相場を維持するために、中央銀行は表明してある
交換比率(平価)で、必ず売買に応じる。これを中央銀行が保証して
いるから、普段はその交換比率で外国為替取引が行われる。
(ま、要するに相殺するさいの交換比率ね)

ところが、対外債務の累積などの理由で、通貨切り下げ予想が起きる
と、次のような運がよければ丸儲け、悪くても損をしない状態になる。

まず、自国通貨を外国通貨に変える
1)通貨切り下げ発生 → 切り下げ後に自国通貨に戻すと差益確保
2)通貨切り下げなし → なしと確定したら自国通貨に戻す。損しない。

そのため、外国通貨に切り替える動きが止まらなくなる。
ここが第一段階。

第一段階では、外国為替市場で交換が外国通貨買いが生じているが、
この段階では、為替の説明にもあったように、別に現金を運ぶなんて事
はせずに、為替市場でやり取りしているだけ。そして、投機的資本移動
が膨れ上がる結果、需給が不均衡になり売買が成立しなくなり、本当に
通貨切り下げが必要な状況になる。

ここで、中央銀行が登場。中央銀行は平価維持のために、必ず自国
通貨売りの取引に応じなければならなくなる。

288 :キャピタルフライト:03/11/26 05:31
ところが、ここで問題が生じる。
中央銀行が自国通貨を買い取ってしまうと、国内では金融引締めになる。
そして、中央銀行の外貨準備が市場に放出される事になり、外国通貨が
市場に出回る事で、外国通貨のサイドでは金融緩和が起きる。 … (※)

 自国通貨 → 中央銀行
          (外貨準備) → 外国通貨
   ↑                   ↑
 国内経済金融引締め       外国経済金融緩和

この結果、国内経済は急激な金融引締めを受けて縮小していく。
これが、資本が実際に海外に飛んでいくように見える事から
キャピタルフライトと呼ぶ

そして、投機的売買で中央銀行の外貨準備が不足してくると、実際に
平価切下げをせざるを得なくなる。

このように固定相場制は、ある程度大きな外的ショックが起きた時には
どんどんとズレが蓄積されていき一気に爆発する可能性を秘めた、本質的
に不安定な通貨制度なのである。

289 :キャピタルフライト:03/11/26 05:32
ここで、変動相場制で通貨切り下げ予想が起きた場合に
キャピタルフライトなる現象が起きるのか考えてみよう。

(※)を見てもらいたい。

変動相場制では、中央銀行は平価維持のための介入など
しない。需給が不均衡になったら市場に任せて放置するだけ。

つまり、(※)以下に書いてあるような、国内市場での金融
引締めによる景気減速という現象は発生しない。

よって、通貨切り下げ予想が起きると、通貨は下がるが、
別に国内で金融引締め効果が生じるわけではない。

キャピタルフライトという言葉を聞いて、円に羽が生えて海外に
飛んでいく姿を想像する人が多いみたいだけど、為替の仕組み
がわかっていれば、それがどれだけ素朴で無知な想像なのか
理解できるようになる。

290 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:32
>>285
>>284は?

291 :キャピタルフライト:03/11/26 05:34
>>290
バーツって変動相場制なの?

言っとくけど、管理フロート制は固定相場制と一緒だからね。

292 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:42
高スワップ金利を求め国内通貨が下落する現象は
どう呼びますか?

293 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:45
国内通貨安による金融引締め効果があって初めて
キャピタルフライトと呼ぶのですか?
もしそうなら呼び名変えたほうがいいかも

294 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:58
バーツの暴落を検索してみた。
http://www.mof.go.jp/singikai/kokusaika/siryou/a120407b.htm
http://220.16.64.15/pages/lectures/seminar2002/02seminarI/reports01/I00528-1.html

要するに固定相場制の状況で、経済政策をミスって「バーツ切り下げ予想が起きて
しまった」事から、実際に切り下げに追い込まれるような通貨アタックを受けたという
事みたいね。

金融政策のトリレンマの意味がわかっている人なら、為替レート維持のために、
色々と捨てなければならないものがある事はわかるだろう。そして、固定相場制
が崩壊する過程をいくつか調べたことがあれば、固定相場制下での通貨アタック
を受けると連鎖反応的に通貨アタックを呼び、最終的に通貨の暴落が起きてしまう
事がわかると思う。


でさ、円レートが暴落とか騒いでいるけどさ、1995年の80円台から一時期は
150円近くまで落ちたんだけど、何か問題があった?

295 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 05:59
日銀は一生懸命円売り介入していますね。

なんでだろうね(藁

296 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 06:01
羨ましいな、祖ロスの奴はこういう
タダのような相場で儲けを出したわけか・・
もうこういう旨い相場ないのかしら?

297 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 06:09
>>293
国内通貨安って自国通貨安のこと?

金融引締め効果については、「何故、投機アタックで外貨準備が枯渇するのか」
が理解できていれば、別にこだわる話じゃないけど。

副産物で国内経済が崩壊するだけの話で、通貨暴落の本質ではない。あくまで結果。

通貨暴落が起きる本質的な原因は、今だったらヘッジファンド、昔だったらチューリッヒ
の小鬼みたいに、大手の金融プレイヤーが「確実に儲かる」と確信するような状況を作っ
て「通貨アタック」をするような状況を作ってしまう事。


変動相場制でも、通貨当局が意図的に自国通貨の高め誘導なんてのをやると、
アタックされる余地が生まれる。レーガンの強いドル政策の結果、プラザ合意が
必要になったような状況ね。前日銀総裁の速水が言っていた「気品のある通貨」
を実施に移すと非常に危険。むしろ、早めにどんどん金融緩和をして通貨を安め
に誘導しておいた方が安全。

俺は木村本を読んだ事はないけど、「日銀の金融緩和不足」が将来的に円の暴落
を招く可能性があるという主張なら、「その通りだね」と思うよ。他の理由だったら、
「馬鹿じゃねーか?」と思うけどさ(藁

ちなみに、なんて書いてあるの?

298 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 06:11
>>296
前日銀総裁の速水とか、その手のボケ総裁がいる国を探せ。

アメリカが「強いドル」とか言い出したらチャンスだ(藁
ちょっと前に一瞬言っていたけど、日本がせっせと円売り介入を
始めたら、とたんに引っ込めたよね(藁

299 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 06:18
>>297
既に通貨が安いと投機筋が嫌気をさして暴落を狙わないからでしょうか?

300 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 06:24
>>298
なぜ強いドルを標榜したアメリカが日銀が円売り介入すると
引っ込めるのでしょう?

301 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 06:36
>>299
ま、ある意味そう。

変動相場制だと毎日が均衡状態だから、今日の為替レートは既に安くなった
結果という事になる。これ「投機筋が嫌気をさして」じゃなくて、「投機の結果、
毎日が均衡状態」になっているという事。投機というのは基本的に本来はゼロ
サムゲームなんだよ。

投機(先物など)無しの実物価格の変動は、ちょっとした経済状況の変化で、
結構ピーキーに動くんだ。でも、それでは物価が安定しない。そこで、価格変動
を、「安定的な価格+リスク」というように切り分けて、ゼロサムのリスク市場で
投機筋に頑張ってもらうのさ。そこには、色々な噂が乱れ飛んで騙した騙された
の世界が生じるの。で、大儲けする人もいれば大損する人も出る。平均すると
損得はチャラ。リスク市場ってのはサイコロ振っているのと一緒で、基本的に期待
値は0のゼロサム市場になるんだ。

でも、ここで、中央銀行が人為的に為替レートを無理やり変な場所に貼り付けたり
すると、ゼロサムが破れて、期待値がプラスに発散する。そういうときには、投機が
プラスサムどころか、中央銀行が引き受け手になって、民間人は濡れ手に泡の
投機ができる状態になる。で「投機筋が舌なめずりしながら寄ってくる」状態が生まれる。


為替に限らず。古来から、この手の現象は幾らでも起きている。日本史でも教科書
に載っている事件を調べると、この手のものが結構あるよ。幕末の日本とヨーロッパ
での金・銀交換比率の違いから金が大量流出して慌てて銀の価値を下げた事件とか。
絹糸や米でもあったと思う。ほとんどが、公的機関が価格の拘束をしていたことから、
リスク無しで儲かる投機が生じて、その後に大暴落が生じるのさ。


302 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 06:37
>>300
これまでの説明を読んで、それでもわからないんなら、相場に手をだすなよw

303 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 18:16
引き出しの奥から兵庫銀行のイチロー定期預金証書(10万円)を発見しました。
兵庫銀行ってもうないですよね・・。
10万円は返ってこないのでしょうか?

ちなみに94年預け入れで、利率は3.850%となっています。
こんな時代があったんだ・・

304 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/26 18:50
分離型ワラント債というのはワラントを行使しても社債部分が残りますよね?
ということは利子を受け取ることはできるんでしょうか?

305 :305:03/11/26 22:42
質問です。
@財務省がいうには今年は税収欠陥がなく補正をくまないといっているのですがまじですか?
Aニッケイ新聞がいうには企業の中間ケサンの経常益が+30%とかいってたというような気がするのですが
株やってるとどこもかしこも減収という印象しかないのですがまじでつか?

306 :t.m:03/11/26 23:29
>>304
多分もらえる。
でも、詳しくは専門家に聞いた方が良いかも。

307 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 02:23
>民間人は濡れ手に泡の
>投機ができる状態になる。で「投機筋が舌なめずりしながら寄ってくる」状態が生まれる。
濡れ手に粟だろ?
日本史のその事例と指摘されているような事が具体的にどうリンクするか
よくわからない、その辺は言い張る以上「正確」に証明して貰わないと。

この質問にも「正確」に答える事が出来る人お願いします。
>なぜ強いドルを標榜したアメリカが日銀が円売り介入すると
>引っ込めるのでしょう?

308 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 03:25
>>307
というかさ、君やけに突っかかっているけど、何が言いたいの?
君の意見ってのが全然わからないんだけどさ。

309 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 03:34
>>308
突っかかっている?
単純に質問しているだけです、相場の理論が知りたいだけです。


310 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 03:42
>>309
>>285以降のレスをちゃんと読んだか?

311 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 03:47
>>309
301読んだけどちゃんと証明してるじゃないか。
例えば欧州での金銀交換比率が5対1でのそれが3対1なら、欧州の
市場で金を銀と交換して、その銀で日本の市場で金と交換すれば、
リスク0でぼろ儲けじゃないか。
こういった投機アタックが続けば日本当局の金ストックは枯渇し、金の
銀との交換比率を引き上げざるを得なくなる。
日本人投機家も当局がこういった行動を取ると予測して、金を購入して
銀を空売りすればリスク0で儲かる。

そういったことが実際あったかどうかは知らんけど、金本位制の崩壊とか
似たような事例ならたくさんある


312 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 03:52
>>311その話しは以前から知っています、全然答えになっていないんだが・・

313 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 03:56
強いドルと政府が言う事が何を意味するのでしょう?
アナウンスメント効果がありそうですが、具体的に政府は
何をするのでしょう?

314 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 03:59
>>312
何が知りたいのかよくわからん。詳しく教えてくれ
>>313
利上げ

315 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:07
米利上げ予測→日銀円売り介入、ドル高→米利上げ撤回
はそうだが、なぜ米利上げ予測が流布されると円売り介入する?
円売り介入は別の理由でやっているわけで


316 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:11
米利上げ→金利裁定→ドル高だよ

なんで円売り介入が出てくるの?

317 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:11
というか日銀でなくともドル買いに走るよな?

318 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:13
>>315
おまえ読解力ないなぁ。

アメリカが強いドルを標榜するのはブッシュの見栄。

「アメリカは円安を望んでいるのか」と日本は安心して円売り介入。

そこで、ブッシュははたと気がつく。
「通貨安は失業の輸出じゃねーか」

そして、強いドル政策がただの見栄だった事に気づき、無かった事に
して、日本の円売り介入を非難する。

強いドル政策をとると宣言したまま、日本の円売り介入を非難したら、
流石に馬鹿だと思うだろ?

319 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:14
>>298がそれっぽい事を、そうでないなら>>298の意味を
もう少しハッキリさせてね。

320 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:19
>そして、強いドル政策がただの見栄だった事に気づき

あんたの言うことは個人的妄想なので理解できません。
この一言で確信した。

321 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:23
>強いドル政策をとると宣言したまま、日本の円売り介入を非難したら、
>流石に馬鹿だと思うだろ?

そりゃそうだ、でもここで指摘していた経済的な疑問とは全然別次元の話しだよ・・

322 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:28
円安にしたければ円買い介入してブッシュが
逆に強いドルをいいだすのを待つ?


323 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:29
何が不満なのか全くわからんw

324 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:32
結局320は何が知りたいんだ?ここは質問スレだぞw

325 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:33
いや個人的な錯覚で起こる現象と経済的な裏付けがあっての
現象と分けて述べてもらわないと

326 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:39
>なぜ強いドルを標榜したアメリカが日銀が円売り介入すると
>引っ込めるのでしょう?

単にアメリカの(アメリカ経済全体から見ると極一部)輸出業者が困るから、ってことでしょ。
彼らは政治力が強い。
ドル高になると、他国市場でアメリカ製品の相対価格が上昇するからね。

日本政府としては為替介入を行って円安にしたいが、海外から「為替レートは市場に任せるべきだ。政府の介入止めろ。」
って言われ続けている。
だけど、アメリカ政府が「強いドル目指します!」って言ったらさ、日本政府介入による円売りドル買いは日米当局者双方の欲求を満たすことになるww
そして、その結果ドルが高くなると、、、ってな流れですか。

327 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:48
>>325
利下げやら減税やら景気拡大政策やってる最中に景気をおさ
える強いドル宣言して何の意味があるんだ?円売り介入にケチ
つけるのも当然だろう・・・。
298や318なんかはスルーしとけばいいんだよ。それに粘着してる
お前の脳みその中身が知りたいということだ

328 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 04:57
クリスマスが休みというのは政教分離原則に反していない?
なぜ欧米諸国はクリスマスが休みなのでしょう?

329 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 05:02
>298や318なんかはスルーしとけばいいんだよ。

( ´,_ゝ`)プッ
( つ旦O
と_)_)

330 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 05:17
>298や318なんかはスルーしとけばいいんだよ。
>298や318なんかはスルーしとけばいいんだよ。
>298や318なんかはスルーしとけばいいんだよ。
>298や318なんかはスルーしとけばいいんだよ。

( ´,_ゝ`)プッ
( つ旦O
と_)_)


331 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 05:42
で、結局のところ粘着君は何がしたかった訳?

木村本で覚えたキャピタルフライトネタをあっさりと否定されて
あたくれて、八つ当たりでもしていたのかな。それとも、当該の
カキコを早く埋め立てようと、必死でジサクジエンしていたのかなw

332 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/27 06:18
>必死で

( ´,_ゝ`)プッ
( つ旦O
と_)_)



333 :333:03/11/27 06:19
333げとーですなw

334 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/11/29 15:15
日本の統計2003は、我が国の国土、人口、経済、社会、文化などのあらゆる
分野にわたる基本的な統計データを、ハンディに取りまとめたものです。
我が国の官公庁や民間調査機関などが実施又は作成している統計調査、業務
統計及び加工統計から基本的なデータを選択し、編集しています。
次の目次のように24の分野、490の統計表及び60の統計図表からなっています。
http://www.stat.go.jp/data/nihon/index.htm

335 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/02 18:34
宿題で悪いんですけど「非価格競争の弊害について述べよ」これがサパーリ分からんのです
誰かえろい人教えて

336 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/02 19:04
高橋がなりAV販売権独占

337 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/02 19:25
リロード約百回目で回答キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



意味わからんl||l _| ̄|○ l||l

338 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/02 19:31
出生率から人口成長率を導出する時の計算式を誰か教えてください。

339 :338:03/12/02 19:35
あと、死亡率も与えられています。単純に引けばいいんですかね?

340 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/02 19:49
>>335
価格競争を避けるために企業間の暗黙の協調によって価格が形成される
寡占市場(カルテル、トラスト、コンチェルン等)では、生産費が低下
しても価格は下がらず(価格の下方硬直性)、宣伝などによる非価格競争が
展開される。
つまり、価格が市場の需要と供給によって決まるのではなく、企業が
生産費に一定の利潤を上乗せし一方的に決めてしまうこと。


341 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/02 20:48
>>340
おお!ご回答ありがdございます(・∀・)

342 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/02 21:21
>>338
日本では海外移民による転出・転入は無視できるほど小さいけどね。

343 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/03 22:21
最近、異変を感じています。

自販機のおつりを見たらギザ10だったり、昭和64年のモノだったりします。
とうとう今日は自販機に「10円硬貨のおつりがないよう御協力お願いします」みたいなはり紙がありました。
今の日本、何が起こっているのでしょう?

344 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/03 23:10
>>343
自販機の管理者の奥さんが倒れて、爺が代理でやってるんじゃないのか?

345 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/04 02:01
米国双子の赤字額をリアルタイムで見れるサイトありませんか。


346 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/04 04:03
国債って普通に得だと思うのですが、何か問題でもあるのでしょうか?

347 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/04 04:52
>>328
アメリカは宗教国家だぞ。それをわかってないようだな。日本国憲法の政教分離は日本の持っている
強固な共同体を解体する目的で導入されたものだ。つまり日本弱体化の意図の表れということ。
自分のとこの共同体を弱めるようなことをアメリカがするわけがないだろう。
そもそも大統領の就任式自体が聖書に手を置いて宣誓を行うものだ。
アメリカでは、常に神の名の下において宣誓することを求められる。
裁判でもそうだぞ。議会でもそうだ。証言する際には宣誓を求められる。
つまり、政治、司法、行政すべてに渉ってキリスト教とは密接不可分の関係にあるのだ。
特定宗教組織に対する公金の支出なんかは大問題だから禁止だが、クリスマスに休むのが
政教分離違反だなんてチャンチャラおかしいね。そもそもクリスマスとはキリスト教以前からの
風習を取り込んだものだから、問題視されることなどあり得ない。

348 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/07 17:42
確定申告と青色申告の違いは何でしょうか?

349 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/07 20:29
一般均衡理論でthe influencesという場合どう訳したらいいのでしょうか
まったくわかりません 教えて下さい

350 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/09 18:44
Economic Indicators.gov is brought to you by the Economics and Statistics
Administration at the U.S. Department of Commerce. Our mission is to provide
timely access to the daily releases of key economic indicators from the
Bureau of Economic Analysis and the U.S. Census Bureau.
http://www.economicindicators.gov/

351 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/10 23:13
U.S. NATIONAL DEBT CLOCK
http://www.brillig.com/debt_clock/

352 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/10 23:14
U.S. International Trade In Goods and Services:
Annual totals, 1960 - 2002 (PDF, 8k) (TXT, 11k)
http://www.census.gov/foreign-trade/statistics/historical/index.html
http://www.census.gov/foreign-trade/statistics/historical/gands.pdf

353 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/11 06:05
日本の統計http://www.stat.go.jp/data/nihon/index.htm
世界の統計http://www.stat.go.jp/data/sekai/index.htm
日本統計年鑑http://www.stat.go.jp/data/nenkan/index.htm
日本統計月報http://www.stat.go.jp/data/geppou/index.htm
ポケット統計情報http://www.stat.go.jp/data/psi/3.htm

354 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/13 16:29
他のサイトの掲示板で見つけた、外国人向けの日本語能力試験問題なんですが・・・
「まず円相場です。およそ1年半ぶりに1ドル119円台で取引されています。
 現在は先週末より2円安い1ドル119円50銭から70銭で取引されています。」
という説明があり、先週末の円がいくらだったかを答える問題で、答えは121円50銭だ
そうなのです。
これって、正しいですか?
そこの掲示板では、117円が正しいという人と、121円が正しいと言う人で
答えが割れてるので、どうなのかなーと思いまして。

355 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/13 16:31
円相場で考えているのに、ドル安で答えを出す奴がいるからじゃないのかね?

356 :ATKIN ◆lATKIN3Ric :03/12/13 17:38
こっちのほうが質問しやすそうなのでこっちにします。

あの、ちょっと質問いいですか?
伊藤元重ってひとの「マクロ経済学」と「マクロ経済学パーフェクトマスター 」
はどう違うんですか?


「マクロ経済学」
2800円 380P 2002年

「マクロ経済学パーフェクトマスター 」
1900円 272P 2003年

なんですが、目次は同じになっています。
でもページ数には100ページくらいの差があります。
どっち買えばいいんでしょう?



357 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/13 20:51
できれば伊藤さんの本でない方がいいとは思うのだけど、「マクロ経済学」
をつかっている人は多少いると言う意味で安心感があるだろうね。

パーフェクトマスターは出たばかりのせいですかね?
聞いたことがない・・・

358 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/13 20:52
>>354
なるほど、これは日本語能力を問う問題だ。でも、引っ掛け問題とも言えるね。
2円安いとは、数学で表現すると、-2。 安くなったんだからマイナスだよな。
で、逆にいうと、先週は、いまより +2 だったわけだ。 だから、119.5+2=121.5 ということだな。

359 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/13 23:19
為替介入で得たドルを当局は米国債の購入に当ててるそうですけど人民元買ったら
元高プレッシャーかける事になっていいんじゃないでしょうか?
米国債の為替差損も回避できるでしょうし。

360 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 00:01
>>356
パーフェクトマスターは副読本のはず。
ポイントとなる点のみを解説してあとは答練だったような。
立ち読みしたのが数ヶ月前なので良く憶えていない。
自分で立ち読みして内容を確認してから購入するのが良いかと。

個人的には福田・照山マクロの方が良いかな。コンパクトに纏まっているからね。

361 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 00:43
>354

1ドル=121円だったのが、2円円高になれば、1ドル=119円。
2円円安になって119円になったのなら、先週は117円だよ。

1ドル=200円が1ドル=100円になるのは、円高だ。なぜなら、
今までは1ドルの品を買うのに、200円必要だったのに、今度は
100円でOKになったわけだから、これは円の価値が高まったこと
になる。つまり、円高。1ドル=○○○円という表示で○○○の数字
が大きくなるほど、1ドルの品を買うのにより多くの円を支払う必要
があるんだから、それは円安だよ。為替レートが下がると、円高に
なるし、為替レートが上がると円安になる。間違いやすいので注意し
た方がいいね。

362 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 00:57
>>361
んなことはわかってみんな読んでるだろ。その文章で注意しないといけないのは、「円安」とは書いていない点だ。
つまり経済用語としての円安ではなく、一般用語として、「2円安い」と言っているんだ。
深読みすれば、問題作成者が経済用語としての円安、円高の意味合いを正確に捉えてなかったとも
とれるが、円安という経済用語でなく、2円安いとの表現になっているから字句通りに素直に捉えることを
出題者はここで要請しているのだろう。そう考えると、これは典型的な悪問だね。日本の試験にはよくあるパターン。

363 :t.m:03/12/14 01:18
>>359
詳しくは知らないけど、あの国の元の取引は非常に厳しく制限されていたような。
それと、外貨である以上為替差損のリスクは発生します。

364 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 01:28
>362
多分、出題者が円安・円高の意味を理解していないだけだと思うよ。
実際のニュースでは、「2円円安」とかはいっても、「2円安い」とは
いわないし。確かに悪問だ。

365 :ATKIN ◆lATKIN3Ric :03/12/14 06:59
>>357 >>360

副読本ですか。当方、ど田舎に住んでおりまして本屋が無いので、ネットで購入してるんです。
参考になりました。
どうもありがとう!!!

366 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 09:52
ちょっと経済とは板違いかもしれないけど、
見当たらないのでここで質問させていただきます。
学校で、「不動産流動化のための税制の役割」
について書けというレポートが出たんですが、どーゆうことを
書けばいいか、何を参考にしたらいいか、わかりません。
誰か教えてください!それか、参考になる板があれば教えてください

367 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 15:22
>>366
不動産取得税・固定資産税・所得税の譲渡所得
あと登記関係だったら登録免許税とかこの辺の
税金の軽減措置とかについて書けば良いと思われ。

368 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 15:33
ケインズの一般理論がわかりません。

簡単に言うと何が言いたいのでしょうか?

369 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 15:51
ケインズの貨幣需要3動機の1つである
投機的動機の説明で「流動性の罠」(利子率が下限に近いと
貨幣需要の利子弾力性が無限大となる)と言う理論があります。
その前提として「現行利子率が下落すると債券価格が上昇する」という
説明がなされていますが、利子率が下がると債券価格も下がるのでは?と
疑問になってしまいました。この辺を誰か教えて下さい。

370 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 15:54
質問です。
数年前に比べるとアメリカはインフレが進んでいて
1ドル70円ぐらいの買い物しかできないって聞きました。
ほんとうなんですか?
比較の仕方がおかしいのかもしれませんが。
これって現在は、実質円安状態を表すのでしょうか?

371 :高校生:03/12/14 16:53
質問です。
アジア通貨危機では自国の債券市場が未発達なためドルへ手を出して・・・・とあるのですが
株式を発行したり銀行から借り入れることはなぜしなかったのでしょうか?

372 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 18:45
一般理論
『雇用・利子および貨幣の一般理論』1936)の略称。この著書で、自由放任政策をとる限り
資本主義経済体制はかならずしも完全雇用をもたらさないことを論証し、中央当局の政策介
入によって有効需要を造出して不況と失業を解決すべきであるとして、修正資本主義の経済
理論を展開した。産出量の大きさは、投資と消費からなる有効需要の大きさによって決まる
という有効需要論、また、投資の量が増加すると、社会全体としてその何倍の所得ないし有
効需要が生み出されるかを説明する乗数理論を展開し、投資の大きさは利子率と資本の限界
効率(予想利潤率)が相等しい点で決まること、また利子率は、従来の経済学が考えたよう
に投資と貯蓄が相等しい点で決まるのではなく、資金を現金の形でもつかどうかに関係する
こと(流動性選好説)を明らかにした。彼はこの理論をもとに、生産量を増大させて失業を
なくすためには、〔1〕利子率を下げること、〔2〕政府が直接投資を推進すること、〔3〕
さらに、長期的には、消費需要の割合を増すために、遺産相続税と累進課税による平等化政
策を推し進めること、を主張した。スーパー・ニッポニカ 2001

373 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 19:09
>>369
債券の利子は確定している。一般の利子率が下がると、その債券は
魅力を増し、価格があがる。

374 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 21:11
>>373
クーポンあるいは額面利回りと言って欲しいところ・・・

375 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 21:43
>>370
いつと、いつを比べるかによるが、確かに
http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je02/wp-je02-1-3-07z.html
の図をみると、95年からは実質為替レートはドル高円安傾向だね
(図の解説はできない)

376 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/14 22:28
しりとり歴史人物館 第7回「多趣味」で「不幸」な大経済学者ケインズ
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tetuya/REKISI/keinz.html


377 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/15 05:05
>>359
人民元なんて買っても、糞の役にも立たないよ。

378 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/15 21:13
>>371
資本の流れの自由化が皆にメリットをもたらすという神話のもと「金融市場」を広げ
ることに躍起になったのがウォール街、財務省、IMF、世界銀行に存在するネットワー
ク、つまり、「ウォール街=財務省複合体」であると大胆な批判を行ったのがコロンビ
ア大学のエコノミスト、ジャグディッシュ・バグワティ。Foreign Affairs
当時のアジア経済天気は快晴で、日本を含め海外の金融機関はアジアに金傘を貸し
まくった。警告したのは、1995年の初めの、ポール・クルーグマンの「アジアの奇跡
という幻想(The Myth of Asia's Miracle)」のみ。後悔先立たず

379 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/16 03:42
>>378
その説明だけでは高校生にはピンとこないと思われ。おそらく前提知識が無さすぎるため。

380 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/16 12:31
今朝の新聞にヴィッセル神戸のことが載っていて
「神戸の累積赤字は42億3500万円で、負債は約16億円」とあります。
ずっと累積赤字=負債だと思っていたのですが、どう違うのでしょうか?

よろしくお願いします。


381 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/16 14:08
負債は、現在の借金。累積赤字は、今までの損益の合計。
26億円の元手(資本)でパチンコをはじめ、負け続け、更に16億円
借金し(負債)、結局42億円負け、借金(負債)は全額返せなくなっ
たようなもの。当然、元手(資本)もなくなった。

382 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/16 16:55
>>380
累積赤字=Σ期間損益
内部留保が無くなって資本金を食いつぶし始めた状態。
BSの右下(資本の部)に表示されている赤字額ね。

BSの負債の部のことなら、BSの右上(負債の部)に表示
されている金額ね。

あと最近では有利子負債の事を安直に負債と呼ぶ奴も
いるかも知れない。その場合は、BSの負債の部のうち
買掛金などの無利子の負債を除いたものとなる。

わからなかったら、ヴィッセル神戸のBSを見せてもらえ。


383 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/16 19:09
そもそも380は複式簿記や損益計算書や貸借対照表のことなどまったくわかってないと思われ。

384 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/17 03:51
>>383
でも、そういう奴に限って、新聞・テレビの聞きかじりに、尾ひれつけて大騒ぎするんだよな。

385 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/17 03:55
クエートが、テロ警戒区域に指定されますた。
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/772643EA-6069-4A70-9D13-72CD39AF096F.htm

神崎はクエートに、すっ飛んでったんだっけ(w
自衛隊もクエートなら安全とか思わないほうがヨサゲ。
ブッシュユダヤをこれ以上、野放しにすると中東はめちゃくちゃになります。
特にアメリカ人からは離れた方がヨサゲです。


386 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/17 03:56
>>216
家で寝てる。

387 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/17 08:01
今個人口座が二万で売れるらしいけど
売った本人はお咎めなしみたいだが悪意や過失があったらヤバいのか?
売ってみようかしら

388 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/17 12:26
ヴィッセル神戸は、95年頃21億円の資本金でスタートか。
神戸市が現在15億円貸していて、すべて戻ってこないらしい。

389 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/17 20:15
外資が日本でたくさんお金を稼いで、そのお金を外国に持っていかれたら、
日本(日本国民)にとって損ですか?

かなり前に↑で「得する場合も損する場合もありうる」と返答がありましたが、
具体的にどういった場合に得をし、また損をするのでしょうか?



390 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/17 20:19
>>389
この瞬間、外資から給料かその他の性質のお金をもらっている人は得で、
それ以外は損だということでしょうね。

391 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/17 21:41
>>389
中国を見たらわかりやすいだろ。史上最高のペースで外資が中国に進出して金を稼いでいるが
その結果、中国は損をしたのか、得をしたのか? 明らかに外資によって得をしてるよな? 
で、日本の話だが、外資が日本で金を稼ぐ場合に、何も無い空気中から金をひねり出しているわけではない。
なんらかのサービス・商品の対価として稼いでいるわけだ。たくさん稼げるということはたくさんの需要があるということであり
日本人がそのサービスを欲しいからこそ金を稼げるわけだよ。
例えば、外資の保険。日本の保険会社に無い営業戦略でそれまでに無い保険を提供してくれたおかげで
日本人の福利に役立ってるわけだ。金融も然り。日本の銀行や証券会社じゃ提供できない高度なサービスを提供することで
日本の会社の円滑な業務遂行に役立っている。
例えば、IT関連。サーバやOS、アプリやネットワーク機器など、日本のヘタレ会社では提供できないハードやソフトを提供
することで、ネット絡みの高度なサービスは成立している。
つまり、たくさん金を稼いでいるということは、それに見合ったサービスの提供を受けたからこそであって
損かどうかを問うことはアホらしい質問だ。日本の競争会社はその分売上げを奪われているわけだが
外資がいなかったら高度な商品を提供できたとはとても思えないから、どの道、奪われたということすら
おこがましい話だろう。
また、外資は雇用も提供している。労働環境に優れた外資が多く、外資に勤務している日本人に貢献している
といえるだろう。

392 :質問:03/12/17 23:18
日本で儲けた米資本会社が金を米に持って帰るとします。
で、円で金を貰ったから、自国のドルにする。
ここで質問です。
この会社が円をドルに変えることで円安ドル高に少なからず貢献するのですか?










393 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 00:07
する。だって円売ってドル買ってるんだから。

394 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 00:24
決算情報などに載っている全店売上、営業総収入、営業利益の関係が解らないのですが、
誰か教えていただけますか?

395 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 01:54
世界で一番信用のある銀行はどこですか?

396 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 02:09
俺のフトコロ。

397 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 03:11
売上は文字通り商品・サービスの売った総額。
営業総収入とは、売上総利益のことだろう。 売上総利益は、売上から売上原価を引いた金額。
営業利益は、売上総利益から営業に関わる経費を引いた金額。(人件費とか家賃、光熱費とか色々あるね)
この営業利益が、会社が営業活動によってもたらした利益。
さらに、ここから支払利息、受取利息等々をプラスマイナスして経常利益が出る。
決算でまず重視する数字は、経常利益。資金調達の費用も織り込んだ上での数字だから
営業利益より実態がよくわかるから重要視されている。

398 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 03:13
>>395
銀行の銀行と呼ばれているアメリカの連邦準備銀行。12あるが、その中でも筆頭格のニューヨーク連銀だろうな。
基軸通貨たるドルをコントロールしている立場だから圧倒的な存在。

399 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 03:55
全国の地方商店街不況に関するスレッドありませんか?

400 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 04:29
>397
丁寧にありがとうございました。

401 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 05:22
「逆選択」のいい例ってなんかありませんか?

中古車の例、以外で

402 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 23:15
電子政府の窓口http://www.e-gov.go.jp/(検索付)
法令データ提供システムhttp://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
総務省統計局統計データhttp://www.stat.go.jp/data/index.htm

403 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 23:38
>>401
保険当たりはどう?

404 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/18 23:59
真面目に質問したいのですが・・・
今社会人1年目で、そろそろ経理に関する仕事もしなければならなくなりました。
で、お聞きしたいんですが、「与信管理」とは何ですか?辞書で調べても載ってないし、
周りの人に聞いてもよく分からないので、どなたか、なるべく簡単に、
そして詳しく教えてくださ〜い。おねがいします!!

405 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/19 03:10
>>404
経済板でする質問じゃないな。行くなら経営板じゃないかな。まあいいや。

与信管理とは一般企業では、売掛債権を回収可能性の面でチェックすること。
日本の商慣行では、企業間の取引はほとんどが掛売りとなっていて、1月に
一回しか代金を支払わないし、回収までの期間が平均すると45日〜60日位
あったりする。その上で手形取引なんてのもあったりして、実質的には売り方
企業が、買い方企業にお金を貸してあげているわけさ。業種によっては、「末締
めの翌月末手形振り出しで手形は210日後に現金化」なんてのもあったりして、
これなんかは1年近く金を貸しているようなもの。

で、その金が返ってくる保証があるのかどうかを、相手の会社の様子を見てきたり
財務諸表を取り寄せたり、帝国データバンクや東京商工リサーチなんかで情報を
入手したりしてチェックして、売買条件を決めていくんだ。保証金もらったり、担保を
とったり、ニコニコ現金払いにしてもらったり、掛売りを認めたり、支払期日を1月に
するのか2月にするのか決めたり、手形の割合を決めたり、与信限度枠といって
売掛・手形の合計残高の上限を決めてそれ以上は現金払いでしか売らなかったり
するんだ。

これが与信管理。

銀行も同じような事をやって、貸付金の限度を決めたりしている。

406 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/19 03:14
なんで金兌換制度はだめになったの?

407 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/19 03:20
>>406
経済規模拡大に追いつく形で金を用意できなくなったため。単純な話。
金の産出は限られてるのに、紙幣は無限に刷れる。このアンバランスの大前提がある以上
いつかは停止になるのは予見されていた。

408 :406:03/12/19 03:26
いや、なんかわかりやすいね!
感覚としては金に交換可能でもいいじゃんって思っちゃうし。
ありがと、そしておやすみ。

409 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/19 03:32
>>406
歴史的には、国内経済においては国が存続する限り兌換性に留意
する必要がなかったが、外国との貿易において為替レートが金との
交換比率に応じて決められていたため、為替による貿易収支の調整
が上手く機能しなかった。その結果、貿易赤字国では貿易代金とし
て得た外貨の金への最終決済に不安が生じ一旦金平価切下げ予想
が生じると、現在キャピタルフライトと呼ばれるような、投機的な為替
アタックが発生して実際に金平価が維持できなくなってしまうという
欠点が発露した。

つまり、金兌換制度は国際通貨制度としてサステナブルな制度では
なかったという事。

また、1国経済だけを考えても、経済の成長に金の発掘量が追いつか
ない事から、最終的には紙幣の増発による、金平価の切り下げをし続け
ないと長期的な深刻なデフレに陥ってしまい、金平価の切り下げを容認
していると紙幣の信用がどんどん失われていくという欠点があった。

その上で、金も色々な資産形態のワンノブゼムに過ぎないという評価が
確立し、金兌換の必然性が無い事が浸透していった事から管理通貨
制度に移行した。

410 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/19 03:33
>>408
今だって、田中貴金属あたりに行けば金と交換してくれるよw

411 :モナ子:03/12/19 21:15
IS-LM曲線について教えてください。

412 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/20 01:42
経営者と労働者の所得格差を調べたいんですけど・・・・

413 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/20 02:58
>>411
マクロの教科書嫁

414 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/20 03:44
>>411
Iはindicationの頭文字
Sはsmall
Lはlarge
Mはmidiumの頭文字

415 :山科 ◆WvVdikyoto :03/12/20 04:42
>>412
学生さんなら、後のためにも自力で調べて計算するのがいいと思うよ。

416 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :03/12/20 18:41
IS曲線(投資財と利子と生産量の関係)
住宅、工場、機械等の投資生産量は、利子が低ければ増加し、利子が高ければ減少する。
LM曲線(貨幣と利子と生産量の関係)
全体の貨幣量が一定なら、生産量が増加すると貨幣の需要が増加し利子が高くなり、
生産量が減少すると貨幣の需要が減少し利子が低くなる。

417 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 01:27
日本が外国債全部売ったらどうなるの?
バカですいません・・・

418 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 01:56
>>417
君の言う「日本が」というのは、日本政府のこと?それとも、民間も含めて?

419 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 02:16
>>418
民間も含めてでお願いします

420 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 02:21
>>419
じゃあ、「変動相場制では全部売るという事は不可能」で終了かな。
経常収支の赤字を何十年も続ければ、いずれなくなっちゃうだろうけど、
経常収支黒字下では、ひたすら溜まっていくよ。

421 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 02:41
全部売るということは、全部に買い手が付かないといけないわけで、とても無理な話だな。
小国が持ってる外国債なら全部処分するのは比較的容易だろうが、日本クラスの規模になると事実上不可能。

422 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 02:53
バカな質問にレスありがとうございます
両方とも言われてみるとそりゃそうだって答えですね
今度はもうちょっと考えてから質問します


423 :苦楽生:03/12/22 02:59
今、いろんな人の意見が聞きたくて聞きまくってんだけど、
ミクロマクロ、両方を兼ね備えた経済学なんて存在しますか?

424 :苦楽生:03/12/22 03:00
今、いろんな人の意見が聞きたくて聞きまくってんだけど、
ミクロマクロ、両方を兼ね備えた経済学なんて存在しますか?

425 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 03:11
いい加減、1万円札が足りないんじゃないのか?
1000億枚くらい刷ったらどうなんだ
国の借金返しておつりがくるぞ
庶民にも十分行き渡るだろう

426 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 05:08
んん?? 刷ると行き渡るは全然違うだろ。国中にばらまいてくれということ?? 御伽噺を読んでたほうがいいな。

427 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 15:33
景気悪→公共投資→好景気転換

までの経路を詳しく教えて頂きたいんですが。
本とかには「公共投資により就職口を与えて、その就職した人間が
消費をする事でGNPが上がる」とか書いてあるけどイマイチ納得いかないというか。
ああちなみにこれ固定相場での話で変動相場に移行してからは
投資が国際的に流れるからここまで公共投資の影響は無いとか書いてますけど、
具体的にはどういう現象によるものですか?

428 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 15:46
>>427
とりあえずケインズ一般理論を嫁。あれは一般向け啓蒙書だし。

まあいいや、不景気の最大の原因の一つに、民間企業の設備投資不振と言うのがある。
民間企業の設備投資は、調達金利と収益率を見ながら利益があがるようなら実施する
というものだが、企業家の収益率予想があまりに悲観的になると、投資の回収ができず
利子率0でもお金を借りないという状態に陥る。ちょっと前に「右肩下がり容認論」みたい
なのが流行したように、企業家の投資収益予想はマイナスに傾いているのが実情。

ケインズは、この収益予想をアニマルスピリットと呼んだ。予想は予想でしかなく、あくまで
心理的な要因で決まると看破していたからだ。このほかにも、将来の所得予想が悲観的
になって消費が減少することも言われているが、消費自体はあまり減っておらず、ラチェット
効果の存在を認めるような結果が出ている。

さて、公共事業の効果だが、GDPと呼ばれている数字には、国内総支出(GDE)という側面
もあり、GDEは消費+投資+政府支出+貿易収支と定義されている。また、GNIという国内
総所得という側面もあり、こちらは雇用に直結する事が理解しやすいだろう。

すなわち、消費・投資の減少からGDE(≡GDP)が減少すると、GNI(≡GDP)も一緒に下がり、
その減少分は失業者となって現れる。

消費や投資が減少していく(あるいは伸び率が低下していく)事で、失業者が生まれるので
あれば、これを止めるのは本来、消費・投資の回復です。でも、経営者のマインドを動かす
事は簡単にはできない。そこで、公共事業でGDEの穴埋めをし、失業者の雇用を確保する
ことで「時間稼ぎ」をして、マインドの自然回復を待つというのがマクロ政策の目的です。

「期待」という概念の素朴な形態がケインズの時代から指摘されていたこと。そして、今でも
「期待」に直接働きかけることが困難である事が言われています。クルーグマン流のインフレ
ターゲット政策は「期待」にアナウンスメント効果を通じて直接働きかけようというものです。

429 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 15:59
補足。政府支出を10兆増やすと、一般的には乗数効果を通じて、GDPはより
大きく動きます。例えば15兆とかね。(ここまで閉鎖系の議論)


ここから貿易と国際的な資金移動を考慮にいれます。
一般的に公債を発行すると、市場から資金を吸い上げますので、金利が上昇
します。また景気が回復すると、アニマルスピリットの回復から資金需要が増え
更に利子率が上昇します。

固定相場制は資本移動が規制された世界なので、国内金利の変動が直ちに
貿易などの実物面に影響を与える事はありません。よって、財政政策の効果
はそのまま現れます。政府が10兆歳出を増やせばGDPは15兆増えます。
(上記の麗)。一方、金融政策は、自国の為替レート防衛のために制約をうけます。

変動相場制では、資本移動が自由になりますので、国内金利の上昇は海外
からの資金流入を招き、円高要因となります。そして、円高は貿易収支の悪化
要因です。そのため、政府が10兆歳出を増やしても、輸出が2兆減るなどの
経路を経て、GDPが15兆ー2兆で13兆しか増えません。一方金融政策は、
金融緩和をすると金利低下要因になりますので、輸出の増加などで更にプラス
の効果を持つ事になります。

以上が、開放体系のマンデル=フレミングモデルと呼ばれているものの説明です。

さて、問題は為替レートは普通の財以上に「期待」に左右されているので、短期的
には、必ずしも政策のとおりには動かないケースもあるという事でしょうか。

430 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 16:22
>>428 429

なるほど。かなり概論がつかめた気がします。
政府支出ってのはGDP(=GDE GNI)の埋め合わせ
(期待の充電?)だったって事ですか。

詳しい説明有難う御座います!

431 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/22 22:06
強い風が吹いて、学校の窓硝子が割れた。
税金で直すと硝子屋が儲かる。
硝子屋がその儲けで、飲みに行くと飲み屋が儲かる。
飲み屋がその儲けでスーパー銭湯に行くと、銭湯が儲かる。
銭湯がその儲けで桶を買うと、桶屋が儲かる。
政府支出による乗数効果は、風邪が吹けば桶屋が儲かる効果。
金は天下の廻り物効果。

前年比で政府支出を減らせば、その分マイナスの乗数効果が働く

432 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/23 12:05
横レスすいません。
インター大会のスレ立てようと思うんですけど、ガイシュツですか?

433 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/23 12:20
>>430
 政府支出ってのはGDP(=GDE GNI)の埋め合わせ
 (期待の充電?)だったって事ですか。

そのとおりです。

「期待の充電」というのは言いえて妙。どこかで使わせてもらいます(藁

政府がそれを行う法的根拠は、日本国憲法の第25条でも見てください。
国というのは、民間のケツを拭くために存在します。

434 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/23 12:22
>>430
そうそう。「期待」といっても、基本的には現状追認がベースなので、
政府が穴埋めして不況感が薄れたら、アニマルスピリットも自動的
に回復するんでないか?と思うのです。

逆に「不況だから改革しなきゃ!」と皆が大騒ぎしていると、アニマル
スピリットは回復しないんじゃないかと。

435 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/28 07:56
銀行が国有化されると株価が下がるようですがなぜでしょうか?
国有化されるということは効率的な再建が期待できると思うんですが。

436 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/28 12:19
株価が下がるとは??
足利銀行は1円まで下がったけど、りそな銀行は一応復活したよ。

倒産してからお金を突っ込む。→足利銀行。→株価1円。
倒産する前にお金を突っ込む。→りそな銀行。→倒産しない。

実は、俺も金融とか詳しくないから
別の人に教えてもらってくださいな。


437 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/28 14:36
古い漫画を読んでて、「テレックス」って文が出てきたんだけど、これって何ですか?

FAXとは違うの?

438 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/28 20:00
国際収支(IFS)を見てるんですが
項目の後にn.i.eっていう表示があります(current transfer,n.i.eみたいな)
どなたか意味を教えてください。


439 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/28 23:44
>>437
巨大なポケベルじゃないかなあ

440 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/29 14:43
質問です。
今は円高傾向にあるそうですが何が原因なんですか。

441 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/29 14:46
>>437
国際電信サービスかと。


442 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/29 23:50
>>440
米国の止まらない財政と貿易の双子の赤字、増加する対外債務。
日本の増える貿易黒字、世界一かつ増加する対外債権。
米国のインフレ、日本のデフレ。



443 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/30 10:01
>>442
ありがとうございます。
デフレということは実質金利も関係するのでしょうか。

444 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/30 15:02
>>443
大いに関係があるのでは。

445 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/30 15:31
Balance on Current Account 米国の経常赤字(貿易赤字)のグラフ
http://www.bea.gov/briefrm/curracct.htm
Economic Statistics Briefing Room (元サイト)
http://www.whitehouse.gov/fsbr/esbr.html

446 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/31 02:36
物価が日本のおよそ半分の国に彼女がいるんですが、、、

初任給を日本に持ってきて両替したら、10万円。
当然、貯金もしてますが、日本の銀行に移すと半額。
・・・って話をしたら 。・゚・(ノД`)・゚・。 になっちゃったわけですが、ケコーンしてこっちに
移住すると仮定して、どうにかして差を埋める方法はないものでしょうか。

200万貯めて100万消えちゃったら漏れでも暴れる・・・。

447 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :03/12/31 03:20
結婚式を、その国で行う。

448 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/31 13:25
喪前ら、
「日本の高度経済成長は1930年代から始まっていた」
なる趣旨の文を見たのだが、詳しく知りたいので
それに関連する書籍を紹介してください

449 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:03/12/31 16:25
>>446
別に金が消えちゃうわけじゃねーだろが。そのまま、その国の銀行に置いとけよ。
それか、ドルにして、ドル口座に入れとけ。ドルだったら日本の銀行もドル口座を普通に開ける時代だから
資金を移すのにも便利だ。高金利の国に預金しとくのもいい。オーストラリア、ニュージーランドがお勧め。

450 : :04/01/03 02:02


451 :バカアンチ撲滅こそ経済学の本流(偽物):04/01/04 08:50
>>444
そういえば、ゼロ金利政策下だと実質金利が高くても買いの材料にならないのでは。

452 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 13:25
僕は日本が5年以内に財政破綻すると思っているのですが、
その混乱を上手く渡っていくためにアドバイスをください。
職業は公務員なので、海外移住とかは無しで国内にずっと留まるのが前提です。

@円は紙切れになるんですか?貯金は米ドルなど外貨に両替しておいたほうが得策でしょうか?
A固定金利の住宅ローンは、インフレにより負担が軽くなることはありますか?
 今、「借金をした者勝ち」みたいな世の中になりますか?
B株式を保有していたら莫大な利益を上げることができるでしょうか?

お願いします。

453 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 13:43
>>452
釣りウザイ

454 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 15:39
学校の宿題なんですが以下のことはどこで調べたらいいですか?あとあまり経済詳しくないんで意見もあったらよろしく

@2004年度実質経済成長率  (2004年4月〜2005年3月)
A2004年度経常収支(円建て)(2004年4月〜2005年3月)
B2004年末完全失業率    (2004年12月指標)
C2004年末日経平均株価   (2004年12月指標)
D2004年末円ドル為替レート (2004年12月指標)


455 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 16:33
>>454
1.内閣府経済社会総合研究所HPまたは日銀HP
2.財務省HPまたは日銀HP
3.総務庁統計局統計センターHP
4.東京証券取引所HP
5.日銀HP

456 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 16:39
失礼。東京証券取引所でわかるのはTOPIXだな。

日経平均は、日経ネット(日本経済新聞)とかYahooファイナンスとか
証券会社のサイトで見ればいいかなと。

457 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/01/04 16:49
>>454
釣りか?
答 タイムマシンに乗って未来に逝く。

458 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 16:49
>>452

公僕失格! 下野せよ!

459 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 16:52
内閣府経済社会総合研究所
http://www.esri.cao.go.jp/index.html
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/toukei.html (実質GDP成長率)

財務省 (下の方に統計メニューがある)
http://www.mof.go.jp/
http://www.mof.go.jp/1c004.htm (国際収支状況)

日本銀行 統計・データ
http://www.boj.or.jp/stat/stat_f.htm
http://www.boj.or.jp/stat/sk/sk.htm (主要経済指標)
http://www.boj.or.jp/stat/bop/bop.htm (国際収支状況)
http://www.boj.or.jp/stat/tame/tame.htm (為替レート)

総務庁 統計局統計センター (今現在ダウンしている模様)
http://www.stat.go.jp/

Yahoo!ファイナンス
http://quote.yahoo.co.jp/

460 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 16:57
釣られちゃったよ(´・ω・`)ショボーン

461 :454:04/01/04 16:57
サンクス。ありがとうございます。

462 :454:04/01/04 18:15
あと2004年はどうなるのか自分で考えて論文にするんですが、それぞれどういう視点からやればいいですか?判る範囲でいいんで教えてください。馬鹿な大学生です。

463 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 18:25
2004年がどうなるかなんて誰にもわからんよ。過去、名だたる経済学者、経済研究所、シンクタンクが経済予想を行ってきたが
ことごとく外れてきたのが実態だ。おまえより頭が良く、おまえより経済学を知っていて、おまえより長時間勉強し、海外に留学したものの
多く、各種試験も突破した優秀な人間でも予想は外れる。
もちろん、おまえの足りない脳みそをいくら絞ってみても、間違いなく外れる。
だったら、経済の不確実性という視点から書いてみれば??  

464 :454:04/01/04 18:33
>>463
まあそんなこと判ってますが、ただ始めに抑えとく、まずここから攻めるっていう部分が聞きたかっただけでした(´・ω・`)

465 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 18:41
各研究機関の予測を集めてみるとか、、

466 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/04 20:02
1、経営者と一般労働者の所得格差について、アメリカと日本の最新のデータを調べなさい。
2、アメリカと日本において、経営者報酬の額は誰がどのようにして決めているのか明らかにしなさい。

こういうことが分かるサイトってありますか?見つからん…。

467 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/05 03:19
>>466
知らないけど、厚生労働省関係の外郭団体で統計データ出している
ところがあったような気がする。あと、ILOとか見てみたら?

468 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/05 06:34
賃金 研究 リンク
でググルと参考になるような

469 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/05 11:40
死ぬほど馬鹿な質問で申し訳ありません。
中国って為替は固定相場ですよね?
(1ドル3元でしたっけ?)
という事は現在106円=3元ですか?

470 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/05 11:48
予測した経済動向(株価や為替や景気)が本当に合っていたかどうか
検証したものを集めているサイトってないですか?

471 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/05 12:14
>>469
管理フロート制という名前の実質固定相場です。

中国当局が、あらかじめ取り決められた比率で外貨との
取引に無制限に応じる訳ではなく、いわゆる行政指導の
ような形で、極狭い枠を金融機関に提示し、その範囲内で
取引させることで交換比率を維持しているようです。
為替レートを維持するために、資本移動に相当の規制を
しています。

よーわからんけど。


472 :469:04/01/05 15:39
>>471
レスクス。
それで、現在106円=3元なのでしょうか?
それとも全ての通貨に対して固定レートがあるのでしょうか?
(んな訳ないですよね?)

473 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/05 17:10
中国 元 為替レート で検索すると容易。
1ドル107円
1元13円
1ドル8.2元



474 :469:04/01/05 17:23
>>473
検索してみました。
実質固定相場なのにちょっとは変動しているみたいですね。
ありがとうございました。

475 :466:04/01/05 22:34
>>467 >>468
サンクス。

476 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/05 22:52
>>469
http://www.asianstocks.info/ecodata/exchange.htm

年代別でのアジア諸国の為替レート

中国・韓国に対して日本はハンデ与えすぎかな

477 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/06 01:16
>>472
対ドルでの交換比率枠です。

だから、円ドルレートが変動するにともなって、円元レートは変わります。

478 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/06 01:44
円高はドルに換金してその後の円の紙切れ化への前哨戦でしょうか?

479 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/06 02:13
>>478
芯でください

480 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/06 04:02
変動相場制だから円高にも円安にも相場が振れる。紙切れ化とは何の関係も無い。

481 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/06 07:18
>>478
あなたは紙切れを1ドルで買うのかい?
私が、五秒後に紙切れになる私債権1000万円分を、額面の1%、10万円で売ってあげようか?

482 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/11 22:42
中国と日本の購買力平価(PPP)比較ってどうやれば良いんでしょう。
卒論が書けません・・・。(T-T)

483 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/12 15:23
株式板から薦められてまいりました
良ければ僕の宿題に付き合ってください。

Q株式先物取引を用いて投機とヘッジの違いを説明しなさい。
A投機はリスクを掛けた単独取引であり、
 ヘッジングは複合取引によってリスクを回避している。

これで説明として合ってますか?


484 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/12 15:31
>>483
経済板より金融板の方がいいんでないの?

まあ、それであっていると思うけどさ。

485 :ひろぽん:04/01/12 15:55
日中経済摩擦とコカンをにぎって手でこする摩擦はどのようにちがうのでつか??
だいたいは同じことですよね!
日中ティンポ摩擦!

486 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/12 16:01
>>485
Yes,その通り。
従って、無用な国際摩擦を回避するために、君の陰部摩擦も厳重に禁止させてもらう。

487 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/12 23:58
大学の宿題で出たんですが、経済の再活性化における中小企業の役割について教えてください。
中小企業での雇用が再活性化につながることはわかるけど、資金繰りとかのせいでそれも上手くいかないんですよね?
それじゃあ、中小企業が再活性化における役割て他に何があるのかわからないです。

488 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 00:03
>>485
全然違いません。それどころか、日米摩擦も同じです。
パツキン美女とゲイシャ・ガールズとでトレード・オフの関係が成り立っています。

そこに新参者の中国が纏足ガールズを送り込んできたものだから、三すくみ、三方一両得の状態になってるんです。
陰部摩擦解禁まであとわずかだよ!


489 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 00:06
>>487

 人に聞いてないで 自分で調べ、ひたすら考えることです。
頭に汗をかかなくては宿題の意味がないぞ。

490 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 00:11
中小企業はアレだ
一般的に小回りが利く
だから、新しいジャンルの開発なんかが出来る
ニッチ産業やね
そいから、事業転換も比較的早い
そんなんで新市場開拓がでけて、固まれば新産業も発展しうる

とかそんな話か?
かなりピントが甘い気がする・・・。

491 :487:04/01/13 00:39
>>489
自分なりに本やgoogleで調べた上での質問です。
中小企業ががんばっているのはわかるけど、現実問題として中小企業ていうのは、現状の状態では経営が難しいんですよね?
外部人材の活用をするにしても資金が必要なわけで、その資金が入ってこないから、厳しいわけで。
そんな中小企業が経済再活性化に役割を見出すってのはおかしいんじゃないかと感じたんです。
中小企業の役割っていうのは、経済再活性化の後についてくるものではないかと。
または、経済再活性化っていうのは中小企業と雇用される者と大企業のサイクルで生まれるもので、決して中小企業だけがこうすればいいっていうのもおかしいと思いました。
経済についての知識が浅いので、間違ってる点は多いかもしれないけど、これが自分なりにだした意見です。
それで、ここのみなさんはどのように考えているのか参考にしようと思いカキコしました。

>>490
参考になります、ありがとうございます。

492 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 00:49
>>491

 なるほど。
 外国の事例を調べてみたらどうだろう? 
 よく聴くのがアメリカのエンジェル制度。日本にも小渕内閣のとき
にできたと聴いたけど、利用度はどうなんだろうね。
 あと、日本とアメリカの投資に対する文化の違いなんかもあるわな。
日本では倒産すると債権者から死地まで追いかけられるというイメージ
があるが、アメリカでは倒産したとき経営者は
「債権者並びに株主の皆さん 残念でした。貴方たちの見込み違いでしたね
会社は倒産しました。」といって終わりだと聞いたことがある。

493 :487:04/01/13 01:13
>>492
外国ですか、それは調べてませんでした。
さっそく調べてみます。貴重な意見ありがとうございます。

494 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 02:11
大学の宿題なんですが・・・
Q小口・短期資金によって大量・長期資金の調達する方法を
証券の流通に関連して述べなさい。

社債発行で攻めていけば問題ないでしょうか?

495 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 02:13
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■警告■ これを読む前にMLMは始めないでください!!
誰もがはまってしまうMLMに潜む恐ろしい罠とは!?

無料レポート公開中
 ↓
http://www.freereport.jp/p/ppsb/
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


496 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 02:56
>>491
ただね。中小企業の経営者ってのは、オーナー社長さんだから、
経営の数字を表に出して、人に評価されるのを極端に嫌がるのさ。
その辺、なんというかドライになりきてれいないという気がします。

だから、ベンチャーの出資というと、乗っ取られるんじゃないか!
みたいな敵愾心が先に来るし、財務諸表見せてと言っても、それを
見て馬鹿にされるのが嫌なので、売上ですら人に知られるの嫌がっ
たりするんですよ。何と言うか、損得より面子が先に立つみたいな。
予算だって、外に数字を約束して、実現できなかったらどうしようとか、
売上ノルマは別として、損益は社員にすら見せたがらなかったりして。

そういう人ばかりじゃ、直接金融なんて発達しないし、直接金融が
使えない以上、担保差し出したり個人保証したりして銀行からお金
を借りるしかないわけで。

「まいど1号」なんて衛星をぶちあげて、直接金融でお金を集めようと
している、大阪の町工場の人たちなんてずいぶんと吹っ切れていて、
良い傾向だと思いますが、ああいうのがもっと出てくればねぇ。

497 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 03:50
ずばり!2004年の日本経済はどうなるか!
大学のレポートなのですが、漠然としすぎていて
実際なにを書いていいのかわからないのです。
どなたかご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします

498 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 03:53
>>497
図書館に行って、1月1日の新聞をコピーして来い。
特に日経とか

499 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 05:14
>>498

もう、マスメディアの言論は失墜しているよ。
そんなんに乗ったら、さらにあほなレポートが出来る。

まず、自分を省みなさい。そしたら、テーマでてくる。




500 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 08:50
フォーラムって何?





501 :ホソカワ:04/01/13 08:52
主任のホソカワです。歩くシンクタンクと呼ばれています。

502 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 18:23
2004年か。
じゃあ、オレが大胆予測

まず、中国人民元が切り上げ。
これにより、中国進出企業は大打撃。
仕方が無いので、中国市場に販路を見出す。
で、中国の急成長。
日本停滞。
自転車操業が破滅し、赤字であぼーん。
そこにブッシュ登場。
コイちゃんが独断で、判子をポン。
アメリカ合衆国JAPAN州完成ッ。


なるかーッ!!

503 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 22:43
この問題教えて下さい。お願いします。

ニューヨークタイムズはクリントン政権がアラスカのノーススロープの
石油輸出を解禁することを提案したと報じた。記事によれば政権は次のように述べている。
「輸出禁止の主たる効果はカリフォルニアの精油業者に世界市場よりも安い原油を提供する
ことであった。輸出禁止によってカリフォルニアの精油業者は補助金を手に入れたがその
補助金で消費者が便益を得ることはなかった。」この主張を企業行動の分析を用いて分析しよう。



504 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 22:46
503の続きです。

a.カリフォルニアの精油業者と世界のほかの場所にある精油業者の費用曲線を
描きなさい。その際、カリフォルニアの精油業者はアラスカの安価な原油を
手に入れることができるが、他の場所の精油業者は中東から高い原油を買わなければならないと仮定する。

b.すべての精油業者が世界のガソリン市場にガソリンを供給し、世界の
ガソリン価格が一つに決まるとする。長期の均衡ではこの価格はカリフォ
ルニアの生産者費用や他の生産者の費用に依存するだろうか。説明しなさい。
(カリフォルニアだけでは世界の市場全部には供給できない)カリフォルニ
アの精油業者と他の場所の精油業者の得る利潤を新しい図に描きなさい。

c.このモデルではカリフォルニアの精油業者への補助金は存在するだろうか。
そこから消費者は便益を得るだろうか。



505 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/13 22:56
2004年 日本経済 景気 研究
と、検索してみたり、各研究所のサイトを見たり。

506 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/14 01:25
>503
そんなもん、教科書読めば簡単に分かるだろうが。
経済学入門でも読んどけ。

507 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/15 15:21
〜の再構築に関する…の経営戦略について、 というレポートが出ているのですが、
テーマがなかなか決まりません。

どなたかアドバイスいただけないでしょうか?

508 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/15 18:42
2chの再構築に関するヒロユキの経営戦略について。

509 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/16 00:20
すいません、質問です。

「ドイツがアメリカに賠償金50万ドルを払った」
というようなときと、
「アメリカが国内通貨を50万ドル増刷した」
とはどういう違いがあるのでしょうか?

通貨の流通量をただ増やせば悪い意味でのインフレになりますが、
他国から受け取った場合は問題なく潤うのはどうしてでしょうか。

510 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/16 00:53
つまり、世の中に1億枚のドル札が散らばってるとしよう

50万刷った場合は、世界のドルの価値が1億/1億50万に減る訳だ。
こんな事するとみんな損するから、ドルの信用も落ちる

一方で、他国から貰った場合は、価値がドイツからアメリカに移るだけ
ドイツが損して、アメリカが得をする
他の人は変わらない。

511 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/16 02:19
>>509
ドイツがアメリカに賠償金50万ドル払った場合は、金本位制の下では
アメリカの国庫に金塊が50万ドル分移動したという事でしょう。その金塊
を裏づけに通貨を大量に発行すれば、インフレになるでしょうが。
通貨増刷とは、過程が違います。

大戦後のアメリカの好景気の原因は、むしろヨーロッパの生産施設が破壊
されいた事により、輸出が好調になった事が上げられるでしょう。同時に、
設備投資が活発化してそれに見合う供給を生み出せたという、条件も必要
ですが。

また、ドイツの方はというと、通貨を増刷したからインフレになったのではなく、
50万ドル分の金準備が消し飛んで、外為市場でマルク価値下落予想が生じ
た事から、マルクを金と引き換える動きが加速し、輸入がストップし、国内の
生産設備が壊滅していた事による供給不足とあいまって、極端なモノ不足で
ハイパーインフレに転換していったと思います。金準備が消し飛んだことで、
国庫に大穴も空いていますので、それで金本位制を停止し、紙幣の大増刷
という悪循環に入っていったと思います。

なお、変動相場制では、賠償額の多寡にもよりますが、もっとマイルドなストー
リーとなると思います。

>>510
状況的に第一次大戦後の話のようだから、金本位制前提で説明しないと。
それに穴だらけだし。

512 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/16 09:53
外国為替政策について
  1.誰が最終的な責任者か?
  2.どの機関が実際に政策を執行しているか?
  
教えて下さい。お願いします

513 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/16 12:25
>>512
日銀のサイトに詳しい解説があったとおも

514 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/16 13:44
>>512
「最終的」と「為替政策」の意味が不明。

もし「為替政策」を単に相場介入と解釈するなら
介入するのは財務省だが。

515 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/16 13:48
>>514
俺も同じ事を考えていた。

多分ハンコを押すのは財務大臣だろうね。
責任者というと内閣総理大臣じゃないかという気もする。
まあ、常識的には1.は財務大臣だろ。

2.は外国為替平衡操作は、財務省の依頼を受けて日銀が代行する。

516 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/17 14:52
この問題がわからないんです。教えてもらえないでしょうか。

需要関数がD=12−pで与えられており、
費用関数c(y)=y2/2を持つ1企業が存在する。

1)もしこの企業が競争的に行動したら、均衡価格と数量は幾らになるか。
2)もしこの企業が独占的に行動したら、均衡価格と数量は幾らになるか。

どうぞお願いしますm(__)m


517 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/17 16:18
テーラーシステム
先住権制度
IMF・GATT体制
スタグフレーション
ドッジライン

の意味を教えてプリーズ

518 :_:04/01/18 05:54
>>510-511

ありがとうございます。
ただ、金本位制でない場合のことだったのですが、すみません。
もしよかったらその場合について教えてください。

519 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/18 18:02
>>518
ドイツがアメリカに賠償金をドルで支払う場合は、
ドイツは国庫から50万ドル分のユーロを捻出し、為替市場でドルに交換。
その上で、アメリカ国庫に50万ドルを入れる。
これは国際収支上は経常移転収支になる。

この結果、ドル高となる。

ドルは一旦ドイツにより市場から吸い上げられて、アメリカ国庫に納付される。
このまま使用しなければ、国債の売りオペと同等の効果を持ち、ドルの減少と
なる。これを使用し、あるいはその分減税して初めて、市場でのドルの量は元
に戻る。

なお、ドイツの側では、ドル購入のためにユーロを放出しているので、ここでは
ユーロの金融緩和と似た現象が起きている。


よって、アメリカで50万ドル分金融緩和するのとは、全く違う減少である。

520 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/18 22:49
この前から気になっているのですが、キッフェン財って
なんでしたっけ??そんな用語はなかったですか?
検索してもでてきません…

521 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/18 22:56
>>520
ギッフェン財でしょ

522 :ぁゃゃ命!:04/01/18 23:02
ぎふんは、価格が上がると消費量がふえる財だっけ。
そんな感じの品物。まあつまらんものの事ですは。
ええ考えるのもつまらん財に違いない。


523 :520:04/01/19 00:12
521-522
ギッフェン財だたよ…
サンクス☆


524 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/19 02:22
一般的価値形態と比較して貨幣形態の特徴とは何か?

この問題教えてください;;
明日テストです調べてもわからないです
お願いします土下座土下座土下座もうだめぽ

525 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/19 02:28
3. 一般的価値形態から貨幣形態への移行
http://www5c.biglobe.ne.jp/~kyawa/capital/vol1/ch01/sec03.htm#c

526 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/20 03:09
日本の貯蓄の動向を調べるには、どのような統計を利用すればいいですか?
2、3教えてくださいm(._.)m

527 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/20 20:11
>>526
http://www.stat.go.jp/info/guide/asu/2001/a8-06-17.htm
http://www.stat.go.jp/data/zensho/1999/menu.htm

528 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/21 17:54
>>324
?

http://www5c.biglobe.ne.jp/~kyawa/capital/vol1/ch01/sec03.htm#c

529 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/22 01:22
>>524
>>526
おまえなぁ、
自分の問題をワラをもつかむ思いで人に解決を頼むのはまあいい。



ほんの一言の礼も返事もなしかよ・・
所詮自己中のガキだな・・


530 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/22 03:13
C=0.2y+20
I=60-4r
L=0.2y+180-r
の時のISの式はどーなるんですか?だれかおしえて!!

531 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/22 11:58
>>529
こうして経済板の質問スレの回答者のインセンティブが落ちていくんです。

532 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/22 12:20
一般的な利潤極大条件は、限界収入=限界費用

ってのがよく分からないのですが、どなたか教えてもらえませんか?
それかよく分かるサイトとか。

533 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/22 12:35
>>532
限界収入=商品の価格(=100円とする)

もう一個商品を作ろうと思うときに90円で作れるなら10円利益が出るから作る。95円でも作る。100円でも作る。
でも101円だと売れたら1円損するから作らない。
なので費用=価格になるまで作ることになる。



534 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/22 15:29
>>533
作ることになることと利潤極大化の関係は?  

535 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/22 15:41
>>534
セーの法則
「供給それ自体が需要を生み出す」

536 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/22 15:42
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ




537 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/22 18:33
経済学を学ぶ場合、マクロ経済とミクロ経済ではどちらから先に
勉強したら良いですか?

538 :533:04/01/22 19:11
>>534
申し訳ないけど何を聞きたいのかよく分からないから答えようがないよ。
作ったからって売れるかどうか分からないってこと?
作ることになるっていう書き方が問題なのか?
限界費用=価格になるまで作ると利潤は最大化できるってことなんだけど。

>>537
ミクロじゃないかな。


539 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/22 22:21
東アジアの輸出主導型成長について教えてください

540 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/23 00:35
為替問題でギャンブルサイト「Wager City」にて
http://www.wagercity.com/S13GQ3/
いろいろとかけてあそんでます

一月末〜2月末
円高になるのか?円安になるのか?
先生方教えてください

当たれば100ドル→150ドルにはなると思う



541 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/23 01:13
国際通貨国のメリットとデメリットを教えてください

542 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/23 08:28
円安ドル高だとアメリカは日本の製品の輸入を増やすんですよね。
http://www2.nkansai.ne.jp/users/ken/inpaku/usa.html
このサイトの真ん中辺りの為替についての表では「ドル安円高 」でアメリカの輸入が増えるって書いてあるんですけど、なんででしょうか?

>アメリカの景気が拡大→アメリカの輸入が増加・輸出余力が減少(輸>出ドライブを弱める)→ドル売り・円買い
>ドル安により輸入物価中心にインフレの火がつかないともいえない

543 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/23 10:07
>>542
俺もおかしいと思うよ。サイトの作者に抗議してみたら?

544 :542:04/01/23 12:29
>>543
やっぱりそうですよね。

545 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/23 13:23
>>541
為替リスクがなくなる一方、中銀の金融政策の選択肢がすくなくなる

546 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/23 13:27
>>545
そっちは国際通貨を受け入れる国だった。

正解は
http://kudou.s22.xrea.com/term/term3ka117.html

547 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/23 13:33
すいませんが、質問させて下さい。
株についてなんですが、欧米とかでは、子会社を切り離して
の二重上場は禁止されているんですか?
 例えば、NECが半導体部門を切り離してNECエレクトロニクス
を上場させていますが、そういうことは欧米では禁止されているんですか?
また、その理由は?



548 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/23 18:22
持ち株会社を親会社としたら、膨大な数の子会社が上場しているが? むしろ普通に上場している。
持ち株会社は上場させないのが当たり前だけどね。

549 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/23 20:22
もしも、という質問で誠に申し訳ないのですが日本がアメリカのイラク派兵要請を蹴って
アメリカを本気で怒らせた場合、日本の経済状況に変化はあったと思われるでしょうか?

550 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/24 22:53
短期借入金と
長期借入金はどちらが多い方がその企業はマズーな状態なんですか?

551 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/25 16:54
三位一体改革ですが、三位って何と何なんですか?

国と地方と??

552 :t.m:04/01/26 00:28
>>550
短期

553 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/26 00:31
 「三位」とは、

(1)国から地方への税源委譲
(2)それに伴う補助金の縮減・廃止
(3)地方交付税改革

です。 地方自治がらみの話であれば。

554 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/26 04:06
経済学素人の技術屋ですが質問を一つさせて下さい。良く金が循環すれば経済は
良くなると誰もが言いますが、例えば今回の古賀議員騒動の様な場合でもミクロ
で言えば経済効果(Koga effect?)は在ったのですか?シナジー効果も含めれば
それなりの日本の経済活動にチョットは貢献したと思うのですが?
宜しくお願いいたします。

555 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/26 04:59
経済活動においては、反復継続性があるものが評価できるので、単発的なイベント性のものは
確かに効果はあるんだけど、取立て取り上げるほどのものではないだろう。波及効果と継続性を持ってないとね。

556 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/26 13:56
>>555
即答ありがとう。お祭り一つでは駄目と言う事ですね。ヤッパリダメカ。

557 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/26 16:23
>>554
経済効果というのは、マクロで計測するものです。

ミクロという言葉はテクニカルタームですから、こういう
ところで遣うのはそぐわない気がします。

558 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/26 22:52
パチンコ板から来た低脳です。

パチ板のスレで、「パチンコに使われているお金が他に向けられると景気が良くなる」
という(あくまでも仮定の)理論について、漏れ的に疑問を持ったのですが、
何分無知なもので、経済板の皆さんのご教授などもいただきたく思い、厚かましくも足を運んで参りました。

で、当のスレで一応、好景気になる派の方から、パチンコへの消費が他の分野に向けられると、
パチンコからよりもお金が各分野に回るようになること、
不正な送金で失われるお金が無くなることで景気が良くなる旨、説明をもらったんですが、
漏れ的にはやはり、消費がシフトするだけでは±0ではないか、
パチンコへの消費と同等額が他へ向かう可能性は低いのではないかという疑問を完全に払拭できてません。

その主な理由としては、パチンコに使われた消費が他に移るだけで全体の景気が良くなるほど、
パチンコ屋で消費されたお金の循環が著しく滞っているのかという疑問と、
多額を投資するようなマニア客の消費額を、そのまま他に向けさせるのは難しいのではないか、
パチンコに消費される総額は、換金で戻ってくるお金があって可能な額で、
実際に他に向けられる可能性を持つ額は客の負け分、売り上げ30兆の8割換金で計算して6兆円と、
(数字上かもしれないけど)額自体が大幅に減ってしまう気がするのと、全体としてのその影響はないのかという疑問です。

経済について無知かつ低脳なので、見当違いなどあるかもしれませんが、解説やご意見などいただければ幸いです。
長文、スレ汚し失礼いたしました。

参考までに実際のスレを。
http://gamble2.2ch.net/test/read.cgi/pachi/1046442834/516-


559 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/26 23:07
パチンコは第三次産業です。
パチンコ屋の売上も、他のサービス業の売上も、違いはありません。

強いて、産業ごとの優劣をつけるのなら、設備投資が必要な業種ほど
裾野が広く、経済波及効果(いわゆる乗数効果)が大きく、景気への
寄与度が大きくなります。

パチンコ台の入れ替えや、新規開店などの投資が、滞りなく行われ
ているのであれば、問題ありません。

パチンコ屋の財務状況はわかりませんが、設備投資があまり必要では
なく、内部留保が膨らんでいて、貯蓄主体となっているようであれば、
景気への波及効果は小さくなります。

560 :558:04/01/26 23:42
>>559
レスありがとうございます。
ということは、設備投資に向けられる額が少なく貯蓄主体となっている産業と仮定すれば、
より経済波及効果の大きい他産業にその消費が振り向けられることで、景気が良くなると理解しても良いでしょうか?

漏れの実感としては、パチンコ屋は毎週のように新台を導入している気もしますし、
街ではうんざりするほど新しいパチンコ屋が増えてるような気もしますが、
やはり、パチンコ関連産業と他の産業との経済波及効果の評価の差というところで、
結論がかわって変わってくる感じですかねえ。

561 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/27 00:07
どこで聞けばいいかわからんのですが
タイムリーに世界の国の
1£=xxx円
1$=xxx円
1リンギット=xxx円
1ユーロ=xxx円



というのがずらーっと並んでてわかるサイトありませんか


562 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/27 02:29
為替レートが天から与えられるものだと勘違いしているアホがまた一人…。

563 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/27 17:41
>>558
突っ込むヤツが居ないから、アフォがアフォな理屈を偉そうに講釈しとるね、そのスレ(w
まぁ言ってる事は貴方の方が正論というか現実的だと思うが、
嫌韓厨とかは頭悪いんだから、ヤツらの妄想を一々真に受けて釣られてちゃダメだな。


564 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/27 17:53
>>560
遅レスすみません。

>ということは、設備投資に向けられる額が少なく貯蓄主体となっている産業と仮定すれば、
>より経済波及効果の大きい他産業にその消費が振り向けられることで、景気が良くなると理解しても良いでしょうか?

それで結構です。

もう一つ、他の第三次産業との違いで、考慮に入れたほうが良いのが、
給与面の違いですね。先入観ですが、パチンコ屋の店員って、給与が
異常に少ないイメージがあります。

従業員の所得が増えれば、それだけ消費も増えますので、これも波及
効果を生じます。


パチンコ屋だから特別という事は一切ありませんので、余計な事を四の
五の言う人は放置してあげましょう。

565 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/27 20:22
来年度予算案が来月までに成立しない可能性はあるのか伺いたい。

566 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/27 20:25
住宅金融公庫で35年ローンを組んで新築を検討中です。
国が破綻する前に住宅ローンを組んでおけば特だと言われて考えていますが
実際のところどうでしょうか?

567 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/27 21:38
>>561
為替 レート 円 でググルと色々、


568 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/27 22:38
ロバート・キヨサキについて語るスレってどっかないの?
見当たらないんだけど。
注目度低いのかな。

569 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/27 22:59
>>568
金持ち倒産貧乏倒産part誤〜教祖来日〜
http://money.2ch.net/test/read.cgi/manage/1061119844/

【速報】ロバート・キヨサキ日本講演決定!
http://money.2ch.net/test/read.cgi/manage/1060018429/

2chスレッドタイトル検索
http://ruitomo.com/~gulab/

570 :558:04/01/28 03:25
>>563
レスありがとうございます。
現時的でないとは思うんですが、その、「現実的ではないんじゃ?」 ということも含めて、
色々と疑問を持ったので、その仮定を実現するとする根拠を訊きたいと思った訳でして…。

>>564
度々レスありがとうございます。こちらこそ遅くなりました。
給与面の違いですか。たしかにパチンコ屋は少なそうなイメージありますね。
最近は大卒取ってるなんて聞きますが、その分、バイトが増えてるっぽいですし。
パチンコ屋だから特別ではない…とはいえ、漏れ的にもパチンコよりも、もっと他が繁盛するような、
そんな世の中の方が、とは思うんですがねえ…。

571 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/28 03:42
>>570
(12/11)景気判断を誤らせる「地下経済」の拡大(門倉貴史)
http://www.nikkei.co.jp/keiki/kataru/20031210c76ca000_10.html

572 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/28 04:34
>>570
ちなみに、>>571みたいなのは、相手にしないほうが良い。

地下経済とか、アングラマネーとかって、はっきり言ってNGワード。


573 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/28 15:46
日本は地下経済の対GDP比が諸外国に比べて小さい。OECDに統計がある。
最近は不況の影響で拡大しているがね。

#この点もそうだが、その他色々見ると(例えば自然失業率とか)日本は諸外国に比べて構造問題をあまり抱えていない。

574 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/28 15:57
1.財市場が完全競争市場であろうと、独占市場であろうと、企業は利潤を最大化するためには、限界収入と何が等しくならなければいけないか?
2.完全競争市場における限界収入は何と等しいか?
3.独占市場における財の需要関数がP=a+bx(pは価格、xは需要量、a、bは係数)によって示されるとしよう。a、bはそれぞれ+、−どちらの符号を取るか?
4.この独占市場における限界収入はどのような式であらわされるか?

どなたかおねがいしまっす。

575 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/28 19:28
>>574
1 限界費用=限界収入
2 (利潤が最大化されているなら限界費用)=限界収入=価格
3 a>0、b<0
4 ax+bx^2(=px)を微分する→a+2bx

あってるか分からないから参考程度にしといてください。

576 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/28 23:59
>>575さま有難うございます。申し訳ないのですが、続いて質問を書かせていただきます。もしよろしければおねがいしまっす。

1.完全競争市場に直面している企業の財の短期供給曲線は、どのように導けるか説明しなさい。
その結果、短期供給曲線は何と呼ばれる曲線と一致するか?
2.この財に関する需要関数がP=a+bx(Pは価格、xは数量、a>0、b<0)となっているとき、供給量はどのように決定されるかグラフを使って説明しなさい。
3.囚人のジレンマを解消するため、当事者はどのような対策を講じることが可能か?

1は限界費用曲線だと思われますが、出し方が分かりません。
2は分かりません。
3は独占禁止法とかと関係あるのでしょうか?

577 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/28 23:59
>>571
レスありがとうございます。
脱税とパチンコ台不正操作による非合法所得という形で、地下経済を担っているということですね。
これらは、よくいわれるパチンコの問題点ではありますが、あらためて留意しておきます。

>>572
レスありがとうございます。
そうでしたか。とりあえず、私には地下経済というものについて評価するだけの知識がありませんので、
問題として留意するにとどめておきます。

578 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/29 00:09
すいません。おしえてください。
IS曲線とはなんですか?またなんで右下がりなんですか?
お願いします。

579 :t.m:04/01/29 00:29
>>578
国民所得と利子率との関係を表したもの。
利子率が小さいほど投資が活発になり、
国民所得が増えるから、右下がりになる。

580 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/29 06:40
>>576
急いでるからますます自信ないですが

1 費用曲線を微分する
2 a+2bxと限界費用曲線(供給曲線)の交点、つまり限界利潤がゼロになる点。ふつうは需要曲線と供給曲線の交点よりもひだり上になる予感
3 囚人のジレンマが何をさすのか分からないので答えられないです。

もう少し問題を詳しく書いてもらえればもっとうまく答えられるかもしれないです。 

581 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/29 10:05
>>577
>>571は、「景気の指標が悪いのは、地下経済が存在するためで、
実際は景気が良い」と言う事を言おうとしている。

でも、実感としても、色々な指標の整合性からも、大変景気が悪い
わけだ。だから、もし仮に内閣府が把握していない経済活動があって、
それがSNA統計から漏れていたとしても、大した影響はないという事
になる。

よって、「パチンコ産業を悪く言いたい人」か、「本当は景気は悪くないと
言う人」が、本音をオブラートに隠すために「地下経済」という言葉を
使ってもっともらしく語っていると考えるのが妥当。

582 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/29 18:17
>>580さま、本当に有難うございます。

583 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/29 21:54
江戸時代の人の生活レベルでよかったら、
今の時代の技術を使えば、日本人の中で
何人が仕事すればいいの。
つまり一部が働けば残りは支えられる
んでしょうか。

584 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 00:23
日銀ってよくわからないんですけれど。
これって、いわゆるお役所ですか?それとも会社ですか?
教科書を見ても、政府の銀行とか、銀行の銀行だとかしか書いてないので、よくわかりません。
ちなみに採用はどのようにして決まるのですか?
どなたか教えてください。

585 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 00:46
日銀は、まぎれもなく株式会社です。しかも、株式公開会社。JASDAQにて株式公開してます。
しかしながら、日銀法という特別な法律の下に置かれた会社で、こうした会社は特殊会社といいます。
法律によって、政府の出資比率が55%を下回ってはいけないことになっており、政府がオーナーの特殊会社ということになります。

586 :558=577:04/01/30 00:54
>>581
レスありがとうございます。
理解力が乏しくてすいません。
地下経済であっても、統計から漏れているだけで、実際の景気には関係するのですね。
とはいえ、現実には大した影響ではないとのことですので、そのように理解しておきます。

587 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 01:02
>>585
ダウト。

JASDAQで売られているのは株式じゃなくて、日銀出資証券です。

日銀は日銀法に基づいて設置された特殊法人であり、株式会社ではありません。

日銀出資証券と株式との違いは、総会の議決権が無い事です。
つまり、日銀の部分所有者ではありませんし、商法上の社員でもありません。
配当はもらえるけど、口は一切出せません。

えっと、あんまりたとえが良くありませんが、ゴルフ場の株主会員制度と、
預託金制度の違いかと。

588 :584:04/01/30 01:31
>>585,587さん
レスありがとうございます。
昔読んだ本に、政府が半分出資している株式会社だと書いてあったような記憶があったのですが、定義が難しいのですね。
ところで、特殊法人っていうのは、お役所なんですか?
つまり、そこで働く人は公務員なんですか?
アホな質問かもしれませんが、教えてください。
宜しくお願いします。

589 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 01:57
>>588
一応公務員じゃなくて社員ですが、多分公務員関連の規定は適用されていると思う。
準公務員とかそういう立場じゃなかったかな。よーわからんので調べてみてよ。

特殊法人は、お役所じゃないけど、やっている仕事はお役所だよ。

日銀は、自分達は営利企業だと言い張りたがっていて滑稽だけどさ。

590 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 02:32
日本の財政赤字の問題点はなんですか。。。?
顕在化してますか・・・???・
誰かおしえてくだしゃい(;;)

591 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 02:36
>>590
「日銀が引き受けちゃえば無問題」って書いとけゴルア!

592 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/01/30 02:40

 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |   次の方どうぞ   |
 |________|
    ∧∧ ||
    ( ゚д゚ ) ||
    /  づΦ


593 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 02:53
あ〜ん(;;)

594 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 03:22
>>590
君は経済板における釣りのルールを学ぶ必要があるな。

そんな”教えて君”の模範的質問をしているようでは
このスレの住人に相手されないよ。

君の求める回答が何かは知らないが、
財政関連スレで

「現在の日本人一人あたりの借金は○×万円だ」
     とか
「このままでは財政が破綻し預金封鎖が行われる」

といったことでスレを煽ることで必要とする回答を
収集するのが頭の良い奴のすることである。
まぁそんなことは既に他人がやっていることだから
基本的には”検索しろ!”が答えだな。

595 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 12:46
今ドル安なんだよな。
ってことはドルを売りたい奴がいっぱいいるんだろ?

売るってことは買う奴もいるわけだ。
誰が一番多く買ってるんだ?何のために?日本政府以外で解答希望。



596 :584:04/01/30 13:04
>>589さん
ど〜もです。

597 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 22:47
日銀の国債引き受けは法律で現在も禁じられているのでしょうか?

ちなみに買いオペは一時預かりってことですか?

教えて下さい。調べてみたけどよく分からなかったので。

598 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 22:48
法庫 http://www.houko.com/index.shtml

599 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/30 23:51
>>597
財政法
第5条 すべて、公債の発行については、日本銀行にこれを引き受けさせ、又、借入金の
借入については、日本銀行からこれを借り入れてはならない。但し、特別の事由がある
場合において、国会の議決を経た金額の範囲内では、この限りでない。

というわけで、表向き禁じられていますが国会でOKしちゃえばできます。

買いオペは、市場で消化した国債を、日銀が銀行から買い入れる行為ですので、
日銀引受とは言いません。というか、これを禁止したら、円の発行ができなくなり
ます。

ちなみに、一時預かり型の買いオペは「日銀買い現先」とか言いまして、形式的
には、国債を担保にお金を貸すようなイメージになります。

600 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/31 03:20
突然経済について学びたくなりました。
何かないものかと今ぐぐってみたのですが、
めぼしい講座などは見つけられませんでした。

初めて経済について学ぶ場合、
どういう所から手をつけていったらいいですか?
高校のときにちょっとかじった位の知識しかありません。

おすすめの本や教材などありましたら教えて下さい。
お願いします。


601 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/31 13:35
アメリカは「ドル」で世界の富を搾取してるって聞いたんですけれども、
どういうことなのか、
その真偽と理屈をだれか教えてください。

「資源配分」とか「流動性」が関係しているような気がするんですけれども、
理屈がわかりません。

602 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/31 13:38
>>600
経済入門に最適な本〜2冊目
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1069897788/

603 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/31 13:39
阪大と九大の経済学部では進路に大きな差がありますか?

604 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/31 19:07
566に関連して。
35年じゃなくても、20年ローンでもいいのですが、年金や国債や少子化
など困難問題累積で、それらは向こう10年は平気でも20年後となると、
あやしいですよね。そうした中で、不動産会社や金融機関がどんどんローン
を組んでいく、というのはどういう読みなのか?20年後も平気ということ
なのか、それとも、ある意味破綻するという断絶なら現在価値での利益を数字
上だしておこうということなのか?

605 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/31 19:38
>>604
担保とってるから破産されても平気なの。

606 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/31 20:02
いや、担保ってその買った不動産でしょ。
たとえば、30年ローンで、10年残して破産したとして、20年ものの
マンションなんて安いよ、それにもまして社会的破綻が起きて多くの人が
破産したらそういった物件がどっと出てくるから、それこそ売れない、
つまり担保価値はない。

607 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/31 23:15
すいません、急いで知りたいのでログ見てません。ガイシュツだったら申し訳ない。
度忘れしてしまったんですが、実質経済成長率の求め方を教えて下さい。

608 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/01/31 23:37
すいません、急いで知りたいのでログ見てません。ガイシュツだったら申し訳ない。
度忘れしてしまったんですが、実質経済成長率の求め方を教えて下さい。


609 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/01 00:23
名目成長率−物価上昇率

610 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/01 00:40
>>608
とりあえず、
・インプリシットデフレータ
・ラスパイレス型指数
・パーシェ統合
・ダブルデフレーション
を調べろ。

そしたら、実質GDPが計算できるようになる。
実質GDPが計算できたら、前年からの伸び率を出せ。

611 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/01 11:48
>>595
日本政府のほぼ純粋な一手買いです。
輸入業者が決済用のドルを買ってますが、それだけです。
国内金融機関はドル買いに動いていません。

612 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/01 11:51
>>583
その場合はまず人口を5000万に減らす必要があります。
減らさない場合は輸入することになるので、
自動車産業や電気産業が必要で、すると幅広い部品産業が必要になり、
鉄鋼も動かし、そのためのインフラも…となるので、
結局フルセットで必要になります。
ですので現在の人口基準を維持する限りいくら生活水準を下げようが皆働く必要があります。


613 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/01 11:52
むしろ、人口基準を維持する限り生活水準を下げることは不可能です。

614 :600:04/02/02 03:17
>>602

アリガトン。
見に行ってきまつ。

615 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/05 02:19
長銀の破綻から現在に至るまでの流れを教えて下さい。


616 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/05 05:20
>>615
ぐぐって自分で調べましょう。


617 :615:04/02/05 07:16
そこをなんとか!

618 :615:04/02/05 07:16
お願いします。

619 :こんにちは:04/02/05 16:26
国民所得勘定について教えてください。

620 :名無し:04/02/05 16:28
・有効需要とその波及について
・市場の機能、有効性について
・企業の費用とは?
誰か教えてください!

621 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/05 16:47
>>615
いくら経済に詳しい人でも、ぐぐる以上のことを知ってる人はいないです。

>>619
>>620
☆  経済学質問スレッドpart4  ☆
http://money.2ch.net/test/read.cgi/eco/1070621867/l50
へどうぞ。

622 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/05 21:46
>>615
長銀破綻

現在に至る

以上

623 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/05 22:46
 リップル(厳密にはリップル中心の投資組合)は平成12年3月、国からたった10億
円で旧長銀を買収した。1200億円の増資分を含めると、総投資額は1210億円にな
る。 しかし、旧長銀の破綻処理には、約7兆円の公的資金が投入された。この損失の埋
め合わせに使われて戻ってくることのない「血税」は約3兆5900億円に上る。 さら
に、新生銀は昨年2月末までの3年間、2割以上目減りした貸出資産を国に簿価で買いと
らせる「瑕疵(かし)担保条項」を逆手にとって、そごうやマイカル、ライフ、第一ホテ
ルなどを破綻に追い込んだ。 この特約で預金保険機構(国)に買い取らせた不良資産は
計321社、1兆1702億円に達し、総計約8兆円の国民の税金が新生銀のためだけに
使われたことになる。

624 :615:04/02/06 13:28
>>621
すいません。ぐぐるがわからなかったので調べてみます。
>>623
わかりやすいご説明ありがとうございます。

625 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/08 16:21
ご紹介いただきました竹内です。私は非常に縁起の悪い男で、前に勤めて
いた長銀が倒産し、その子会社である長銀総研に勤めておりましたが、そ
こも同時に倒産いたしました。長銀が倒産して残念だと『中央公論』に連
載を書いておりましたら、その最中に中央公論社も倒産してしまいました。
そのため、神社に行ってお払いをしてもらいました。来週、「長銀はなぜ
敗れたか」という本をPHPから出します。PHPが倒産しなければ、私
の縁起の悪さはとれたということになります。

長銀は何故敗れたか
第一部 因果はめぐる
   第一章 そごう倒産
興銀のそごう再建案
新生銀行は債権放棄を拒否
マスコミと政治がそごうを潰した
民事再生法の適用
再建は精算か−瀬戸際の攻防?
国民は損をしたか
瑕疵担保条項の果たした機能
買い物上手のリップル社
堂々たる経営布陣
債権放棄しても損をしない
倒産させて買収する

626 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/08 16:28
第二部 生き残り競争のために
  第一章 長銀対興銀
そごう大躍進の秘密 重化学工業から流通業へ 絶好の融資先だったそごう
メインバンクの地位争い 使命の終わった長信銀制度 活路は不動産への融資
  第二章 栄光から凋落へ
猛進するそごう 引くに引けない融資 流通革命とデパートの衰退
新しいタイプの大型店が登場 アジアと結合する企業の出現
変わる消費動向 生活がファッションになった
第三部 逡巡の果て
  第一章 金融不信
乱脈融資の象徴−尾上縫事件 闇の世界からの脅し 大誤算イ・アイ・イ支援
「再建駐留軍」を派遣 噴出した大蔵省スキャンダル
第二章 物価下落の泥沼
担保不動産開発の無理 住専処理の深刻な後遺症 何もかもが先送り
「金融危機」ついに発生 大手銀行へ公的資
第四部 策略に敗れて
 第一章 大蔵省の大迷走
不良債権活性化」の幻想 心細いセーフティネット あまりにも無謀な財政再建
ビッグバンの失敗 暴走する国際投資マネー
  第二章 日債銀の救済
大銀行の救済は国際公約 くだされた「投資不適格」の宣言
「大蔵省管理銀行」へ 大蔵主導の奉加帳方式による救済
日本生命の反乱 粉飾された大蔵省検査
第三章 長銀の起死回生策
外資との提携に賭ける 期待された明るい未来 スイス銀行の変心
大いなる誤算 大蔵省の責任逃れ
  第四章 長銀陥落
内堀も外堀も埋められる 市場からの波状攻撃 あまりに絶妙なタイミング
住友信託の逡巡 政争の具と化した長銀問題 長銀救済の方が安上がり
長銀・日債銀の経営者はスケープゴード 長銀マンの性(さが)と誇り

627 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/08 22:50
富士通は韓国でどの現地の企業とパートナー組んでますか?

628 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/09 19:20
社会保険に加入する際、未納金額の有無は会社にバレますか?

前に勤めてた会社を辞めて以来、10ヶ月も年金を納めてませんでした。
今の勤め先では、社会保険にまだ加入してないので、
給料出たら2ヶ月分くらいずつでも、窓口で支払ってました。
ところが、明日から急に社会保険加入対象になりまして…
(先週通達がありました)
一括は無理だけど、払う気はまんまんです。
ただ今現在も完納できてないので心配なんです。

629 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/10 07:33
>>628
経済的事情で払えなかったことを経理担当に相談してください。

630 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/11 00:30
社会保険を仮に20年とか収めた後、受給年齢前に退職し、その後払わないと
どうなるんですか。


631 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/11 17:59
>>630
受給資格はあるが、受け取る金額は少ないのでは?

632 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/11 19:11


ところで、フォトリーディングの本持ってない人は
買ってから速読について考えてみてください。
今のところフォトリーディングを超える速読法って無いと思います。
速読さえ身につければ、英語だろうがどんな学問だろうが、研究者並に
習得できると神田さんが言っています。
どんな本にも対応しています。
もしかしたら、年間1000冊も夢ではないかもしれません。
現に、セキュリティサイトのアカデメイアの管理人イプシロンさんなんかは
年間1000冊以上読んでいます。
あの人にはマジビビリました

ソース:http://atkinson-web.hp.infoseek.co.jp/atkinson/news_book.htm




633 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/11 21:31
アホな質問でゴメン。
デフレとデフレスパイラルってどう違うの??

634 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/11 22:11
証拠金取引で一番使えるチャートは?

635 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/12 00:12
「ものすごいスピードでサラ系の質問に答えるスレ」
自分のお気に入りから消えているんですが…
スレ違いも甚だしいかもしれませんがどうか誘導願います。

636 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/12 01:38
サラ系って、アラブ混血のこと?
もうJRAではなくなっちゃったでしょ。

637 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/12 05:01
>>635
サラ系とは、サラブレッドとアラブの混血で、
アラブの血量が25%以下のものです。

・・ごめんなさい。



638 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/12 19:06
「財政赤字を今後五年間で半減し、貯蓄率の向上で経常赤字の改善を目指す」

 スノー米財務長官はG7開幕直前の六日午後、英国、フランスなど参加国の財務相らと相次いで会談、
「双子の赤字」に対処する方針を示した。

http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/danmen/danmen2004/0207.html

・・とのことですが、貯蓄率を引き上げるということは、金利を引き上げるということ
でしょうか?

639 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/13 00:15
レガノミック って用語を説明してくれませんか?
関連ページもあれば嬉しいです

640 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/13 00:46
>>638

日本こずきまわしていれば物価なんて上がらないから、
あとはゲップが出るまでひたすらヘリマネすればいいだけなんだろ・・・

641 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/13 00:48
>>638
さあ。

少なくとも、貯蓄率が財政赤字と経常収支赤字の原因という言葉が出る
だけ、日本の誰かさんよりずーっとマシだと思いますが。

642 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/13 00:52
>>640
ヘリマネみたいな事をやったら、余計経常収支赤字、財政赤字が増す
だけですよ。アメリカの場合は、日本とは状況が逆なので、金利引き上げ
でも何でも景気減速するような事をやらないといけない状況になっている
のです。

前回のプラザ合意の時の事を思い出していただければ良いかと思います
が、アメリカだけ単独で実施すると、アメリカ経済が不景気になりすぎるの
で、同時に日本などの他の先進国に内需拡大による「輸入の増加」をお願
いする事になるでしょう。まあ、お願いというより、命令ですが。


そういう形での外圧をもらわないと、景気を良くしようという気にならない
日本の政府もいい加減異常だと思いますが。

643 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/13 00:58
>>642

日本と連結しているからこその緑間ちゃんの裏技だよ

644 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/13 01:02
日本の貯蓄をごっそりアメリカの貯蓄に名義換えすればいいだけだから、
簡単じゃん。

645 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/13 21:19
で、デフレとデフレスパイラルの違いを答えられる人は??

646 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/13 21:33
新スレ↓
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/phs/1076672068/

647 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/13 23:52
>>645
自分で調べろ アホ

648 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/13 23:53
>>645

ttp://members.jcom.home.ne.jp/i-am-a-student-boy/begin.htm


649 :sage:04/02/14 00:37
なぜ外資は日本で新しい銀行業務をしないの?

650 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/14 03:01
>>638
経常赤字は、国内貯蓄と投資の差額ではない。
貯蓄は、国内貯蓄と海外に対する純債務の合計。経常赤字=海外に対する純債務
国内貯蓄=投資。金利を上げると、不況になり、財政赤字が増えても、経常赤字
が減るとは限らない。ドル安にするのが最善かつ当然。




651 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/14 11:44
理系の学生なんで、ちょっと恥ずかしい質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

今起きている、BSE問題や鳥インフルエンザが与える打撃によって、未来(近い)の消費者はどのような影響を受けるでしょうか。
そしてそこに発生すると思われる、日本の経済政策(輸入とか)みたいなものはありますか?

652 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/14 13:04
財務省の為替介入外貨準備高の借入枠が140兆円予定されているとも聞きますが
具体的にどうやって準備貸し入れされているのでしょう?


653 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/14 19:15
>>651
食肉の相場って、こういう問題がなくても結構普段から荒れているんだよね。

で、この問題が長期化してくると、BSEで輸入ストップの余波がどこかに生じる。
例えば、アメリカ産牛肉の輸入ストップをした時に、代わりに輸入できるところが
あって、そこが充分な供給量を持っていたら、仕入先が変わるだけで大した影響
がでないで済むけど、そうでない場合は、供給曲線の左シフトが起きて、価格の
高騰と販売数量の減少が、同時に起きる。

また、牛肉の価格が上昇し、消費量が減った分、例えば豚肉や魚肉など、他の
食品に消費がシフトし、そちらの販売数量が増え、価格も上昇する。

鶏に関しては、牛と違って、生産から出荷までの期間が大変に短いので、あまり
長期化する心配は無いと思う。


経済政策ってのは、特にないでしょ。
あんまり物価が上昇すると日銀が金融政策のスタンスを引き締めちゃったりする
可能性はあるけど、こういうサプライショックインフレの時には、金融引締めすると
露骨に景気が悪化するから、やらないで欲しいな。

サプライ要因のインフレの解決策は、いわゆるサプライサイド政策で規制緩和が
有効だな。つまりBSE問題を無視しろって事になるw。これぞ竹中流www

654 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/14 21:16
FCオーナーが集うスレってどこにありますか?

655 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/14 22:41
>>653
後半は知識不足のせいでよくわからなかったのですが、前半はよく理解できました、ありがとうございました。
サプライサイド政策で規制緩和がよくわからないです、すいません;;

656 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/16 06:54
>>655
275 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:04/01/20 09:35
米国の狂牛病が日本経済に及ぼす影響
〜輸入停止が長期化すれば、2004年度のGDPを2401億円押し下げ〜
http://www.dai-ichi-life.co.jp/news/pdf/nr03_52.pdf

278 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:04/01/26 22:29
>>275
鶏インフレエンザの影響が重なった場合の数値も計算してください

279 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:04/02/01 12:29
>>278
鳥インフルエンザが日本経済に及ぼす影響
〜米狂牛病と合わせれば、2004年度のGDPを5414億円押し下げ〜
http://www.dai-ichi-life.co.jp/news/pdf/nr03_54.pdf

657 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/19 21:43
ttp://www.asahi.com/business/exchange.html
こんな感じでもっと多くの通貨が見れるページ知りませんか

658 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/19 21:45
自己レス
ttp://www.btm.co.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/kawase.htm
これくらいが最多かな

659 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/20 09:52
2002年のユーロの変動(?)、1ユーロ何円とかいう動きを
知りたいのですがいいサイトありませんでしょうか。
ぐぐってみたもののたどり着けず・・よろしくお願いします。

660 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/20 15:54
経済学スレッドにも書いてしまいましたが、
どうやらこちらのほうが質問に合っているようです。

大阪の景気が悪いと聞きました。
阪神効果は無かったのでしょうか?

661 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/20 20:09
>>660
ない。

662 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/21 08:44
日銀が中長期的にインフレターゲットを行うと宣言するだけで、デフレがインフレに転換するのでしょうか?
正直言って信じられません。

663 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/21 12:33
>>651
吉野家の牛丼が食えなくなる位だと思うが。。。
消費者よりむしろアメリカの供給側が大打撃受けてる。
このままいくと売上が10分の1程低下するとか。

>>653
そうしていくことでBSEがしょっちゅう見つかるようになって
誰も牛肉買わなくなってショボーンにはならないか?w

664 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/21 14:23
>>663
BSEがしょっちゅう見つかるようになったら、生産・流通業者は必死で対策するようになるでしょ。

当事国において、今はまだ、「運が悪かった」で済ませられるレベルだ。

665 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/21 18:55
りそなから資本金減らしたって手紙がきたんだけど
これって商法の定めに従い送ったと書いてあるが
それ以外の理由はないの?

666 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/22 02:17
財務分析について教えてください。

ある卸売業者の2期間分の財務指標等が以下のように
与えられています。
              前期   今期
総資本経常利益率  7.3% → 10.2%
売上高営業利益率   2% → 2.6%
自己資本経常利益率 25% → 34.3%
売上高総利益率   21.4% → 21.2%
売上高経常利益率  1.8% → 2.3%

売上高総利益率が横ばい(やや減少)であることを
除いて、他の指標は増加傾向にあります。
この指標だけから言える業者の問題点、
今後改善していかなければならない点というのは
どのようなものなのでしょう?

売上高総利益率以外の指標を見ると
儲かってて、良好な企業という感じがするのですが・・・。

667 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/22 14:56
ダンピング問題ってなんですか?
ぐぐってもよくわかりませんでした。

668 :667:04/02/22 14:59
gooで調べたらわかりました。
すみませんでした。

669 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/25 17:21
3月31日にエイベックスのCDがいっぱい発売されるようで
芸スポ板なんかでは「決算大変なんだな」なんて言ってるのですが
どーゆーことなんでしょうか?

670 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/25 17:27
>>669
3月31日発売のCDの新譜は1週間くらい前には出荷済みになっている。
つまり、初回出荷分は売れようが売れまいが、既に店舗の方に渡っていて、
売上と利益を計上できるって事。

自動車メーカーのディーラーへの決算対策の押し込みみたいな事ができるって事。




671 :670:04/02/25 17:31
社内でCD業界のお手伝いをしている部署があるんだけど、
3月末はもともと新譜が多い時期ではあるよ。普通は日曜日
発売なんで3月28日なんじゃないかと思うんだけどさ。
面白そうなんで新譜のスケジュール聞いて見るよ。

11月末から12月頭とかも新譜発売が多い時期。

672 :669:04/02/25 18:06
>>670-671 ありがとさん!

673 :670:04/02/25 18:22
ちなみに、CDは再販物なので、一旦売上を計上しても、
返品枠に従い、後で返品が来て売上・利益が減る可能性はある。


この質問を考えていたら、昔、何故新譜の発売月に偏りがあるのか
聞いたときに、最後まで釈然としなかった3月末新譜の謎が解けた
かも知れない。

11月末〜12月は、あまりお出かけしない時期なのでCDは良く売れ
るし、クリスマスソングがあるという説明で納得したんだけど、3月末
は、なんか良くわからなかった。

卒業ソング関係は1〜2月だし、新社会人が増えるとCDの売行きが
増えるという説明ではどうしても頭の中でイメージが沸かなかった。
やっぱ決算対策なんだろうね。

674 :マクロ:04/02/25 23:44
著者 大久保隆弘 
経済学が面白いほどわかる本[マクロ経済編/経済政策論]

誰か、上記の本を読まれた方いませんか?
というのも、単純なミスだと思うのですが間違いと思われる箇所があるからです。

294ページの
 CHECK POINT76 為替レートの変化によるクラウディング・アウト効果
 財政政策→利子率下がる→円高→輸出が減る

 「利子率下がる」は間違いで利子率上がるだと思います。
 単純な書き間違えだと思うのだが、どうなんでしょう?
手元にこの本持っていらっしゃる方いましたら教えて下さい。


675 :マクロ:04/02/25 23:45
著者 大久保隆弘 
経済学が面白いほどわかる本[マクロ経済編/経済政策論]

誰か、上記の本を読まれた方いませんか?
というのも、単純なミスだと思うのですが間違いと思われる箇所があるからです。

294ページの
 CHECK POINT76 為替レートの変化によるクラウディング・アウト効果
 財政政策→利子率下がる→円高→輸出が減る

 「利子率下がる」は間違いで利子率上がるだと思います。
 単純な書き間違えだと思うのだが、どうなんでしょう?
手元にこの本持っていらっしゃる方いましたら教えて下さい。


676 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 00:17
>>674
どう見ても単純な書き間違えでしょう。

677 :Jr.Dr.御手洗 ◆MiJ.aMrglc :04/02/26 04:32
バブルのことについて今勉強してるんだけど地上げ屋ってなに?


678 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 05:51
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040225-00000226-kyodo-bus_all
満額回答って何なんですか???

679 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 06:07
>>678
労動組合の賃上げ要求額を企業側が満額(全額)受け入れること

680 :678:04/02/26 06:12
>>679
労組側の「△△円上げろ」に対して経営側が「あーいいよ」ってことですか?

681 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 06:13
【人生相談】パンドラの箱 vol.7
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1077551453/
香ばしいよ



682 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 06:15
>>677
一区画丸ごと開発する際に、そこに土地を持っている何人もの人や、
集合住宅に入っている人たちと交渉して、バラバラの所有権を一つに
まとめることで利益を得る人たち。土地はまとまった方が、より高い
価値を持つからね。バラで仕入れてまとめて高く売るの。

クライアントに依頼されてやる人もいたし、投機的に買い占めて地価
の上昇を狙った人たちもいたし、中には暴力的手段で住民の土地に
対する執着を薄くし、安く買い叩いて、まとまった土地を高く転売する
事を目論んだヤクザまがいの人もいた。

>>678
組合と会社の昇給の話し合いで、組合が提示した昇給希望金額を、
そのまま認める事を満額回答と言います。普通は組合が高めの要求
を出して、両者で交渉して、会社は少しでも賃金のアップを抑えるので、
満額回答は、それほどある事では無い。

なお、昇給といっても、個々人の年功序列や成績による昇給ではなく、
ベースアップといって、会社ごとの給与体系に依存した「平均給与」の
アップ額を言う。モデル賃金を使っている会社も、リアルに平均給与を
使っている会社もあるので、単純比較は難しい。

よって、ベースアップは、主に物価上昇(ベア)に対応するものだが、
会社の業績によっても増減する。


683 :678:04/02/26 06:22
>>682
ということは、トヨタは絶好調だから満額回答ができた、ということですか?

684 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/26 06:35
>>683
そういう事でしょ。

ただ、トヨタは経常利益が1兆円くらいあるから、
実は要求額が低すぎなのかも知れない。

685 :678:04/02/26 07:29
>>684
なるほど、よくわかりました。ありがとうございました。

686 :Jr.Dr.御手洗 ◆MiJ.aMrglc :04/02/26 08:16
>>682
どうもありがとうございました!!!


687 :くろしろ@ポストポストマルクシズム ◆W2g82RnPPM :04/02/28 15:09
経済とは何でしょう? 何を定義するのでしょう?

688 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 21:14
>>687
ヤフーで調べろ アホ 質問はそれからだ あほ

689 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 23:21
コンチェルンとコングロマリットがまったく同じものと思えるのですが、別物でしょうか?

690 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/02/28 23:35
 

691 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/01 21:47
輸出企業等が活用している(為替予約 円買い・ドル売り)について
お尋ね致します。為替先物の場合は円の価値が上がること、すなわち
円高になることが、円買いの利益でしょうか?
仮にレートが1ドル=100円とします。このレートで為替先物をします。
この場合、円買いとは、外国通貨に対して円の価値が上がることを意味
しているのでしょうか? だとすると、80円になると20円の利益?





692 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/01 23:57
>>691
大体Ok
「為替予約をしていたおかげで20円損しなくて済んだ」って表現だな
(裏返しの表現で儲かった)

で、円安になったら為替予約の権利を放棄して、市場で調達。



693 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/02 01:46
>>691
為替予約をする前は損をする可能性も得をする可能性も両方あったわけで、
その可能性(リスク)の芽を事前に摘み取り、損得を今の時点で確定するのが
ヘッジという考え方です。輸出企業がヘッジを考えて為替予約をしたときには、
結果として1$=80円になったとしても20円得したとは考えません。

もし、円高を予測し、円高から受ける損失を避けるために、為替予約をするので
あれば、それは投機です。その場合は、20円得したと考えて良いと思います。

オーナー企業の社長さんが、自らの才覚を信じて、投機を考慮した予約を行う
のは自由ですが、公開企業は、事前に為替リスクに対する方針を株主さんに
説明して、為替リスクについての理解を取り付けないといけません。そのため、
どちらかというと、でかい輸出企業では誰にでも理解できるように、ヘッジを主眼
においた機械的な(例えば8割を予約、2割を現物というルールで縛る)運用方法
を先に宣言して、事務処理的に予約をしていきます。

よって、一般的な輸出企業では、20円の利益とは考えないと思います。
上記の例で言うと、予約しない2割の部分で、為替差の損得が発生します。

694 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 00:10
ここで聞いていいかわからないんですが、
大企業の監査部ってある程度のキャリアがある人しか配属されないんですか?

695 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 00:13
新札の発行っていつからでしたっけ?

696 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 00:20
>>695
今年の秋だよ〜ん

697 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 00:58
>696
さんくす

698 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 01:36
経済評論家を評価した本が話題らしいんですが
著者題名ともに失念してしまいました。

ご存じのかた教えてください。

699 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 01:38
>>694
名誉職にしとけば、そういう人たちは骨身削ってまで真剣に監査しないし、
同時に社会的評価がある人たちなら、周りの人も監査結果を信用してくれる。
一石二鳥とはこのことです。

700 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 01:39
>>698
エコノミスト・ミシュラン

若田部、野口旭、もう一人は忘れたw

701 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 01:40
>>699
前後が矛盾しているように感じるんですが、結局は監査部はエリートが多いってことですか?

702 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 01:43
>>700
これっぽいです。ありがとうございます。

703 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 04:58
>701
監査部、それは閑職です。
主に、役員になれない人や今期で役員を辞める事になるが会社にはまだいてもらうって人がなる。

704 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 18:29
誰か欧州の地域経済統合についてとことん教えて欲しい。

705 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 18:33
上げ忘れました。すみません。

706 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 20:30
>>704
ヤフーで調べろ アホ 質問はそれからだ あほ

707 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/04 23:26
転換社債型新株予約権付社債が発行されるとどうなるんですか?
株価は下がりますか?

708 :443:04/03/05 08:23
>707
一般的には下げ要因。
需給悪化懸念ってやつね。

709 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 10:55
US$33.00って、日本円でいくらですか?

710 :t.m:04/03/08 12:07
>>709
そういう質問は、電卓に聞いたほうが早い。

711 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 16:11
海外のヤフオクに出品しようと思っているのですが、送入金方法に悩んでいます。
海外取引なんてやった事無いのでよくワカランです。
例えば香港なんですが、日本のこちらの銀行口座を指定して入金は出来るんでしょうか?(UFJですが)
又、チェックや現金を送ってもらう手も考えましたが、両替手数料が半端じゃ無く、2〜3割も取られると利益が有りません。
どうしたらいいのでしょう?あきらめずに、いい手があったらご教授願いたいです。

712 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 16:25
>>711
手数料は相手に負担させろ

713 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 16:28
>>712そうすると競争力が落ちるのです。
商売は金利と為替って本当ですね、ここに強くなったら一皮剥けそうなんですが。
引き続きご教授を!


714 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 16:47
>>713
だったらやめろ

というか、輸出手続どうするの?

715 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 18:19
>>封筒に入る程度の物なので、っていうか遊戯王とかのカードなんですが。落札者にそのまま送ります。
そのうちにホムペ作って売ろうと思ってますけどね。
EMSとか普通の書留(recommande)でやろうと思っています。受け取り証明とか保証とかついてますから。

716 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 19:13
人口性比を総人口に対する割合にするにはどうしたらいいんですか?

717 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/08 20:35
ブッシュの経済アドバイザーをやってるらしいマンキューという人は
経済学の教科書とか書いてる有名なマンキューと同一人物ですか?


718 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 11:23
携帯電話が不況の原因って本当?
知り合いが言うには携帯が普及してからは
皆、電話代や基本料金がかさばり
他にお金が使えなくなり、お金を使わない人が増えたからとか言っているのだが?

719 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 14:05
>>718
携帯の通話料だって基本料だって、立派なGDPです。

720 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/09 14:07
景気がいいとき
携帯につぎ込んで、更に他のも買い捲る

景気が悪いとき
携帯のために、他の消費を押さえる

結局はマクロの問題

721 :iii:04/03/09 19:58
日本IBMの採用試験の英語ってリスニングありですか?

722 :SPW!:04/03/09 23:58
『ワークシェアリングを導入して、パートと正社員の給料格差を小さくするべき』とある文章にかいてあったんですが給料格差を小さくする利点はなんですか〜?

723 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 00:12
>>722
何にも無いと思うよ。

724 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 00:38
722。パートと正社員の待遇格差を小さくするのは、意味があるぞ

725 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 09:08
>722
パートと正社員の給料格差を小さくしろ、つまりパートの給料を上げろって事を言いたいんじゃないの?
ま、読みようによっては正社員の給料を下げろとも読めるが…。

726 :722です:04/03/10 09:30
>>724
どういう風に意味があるんですか?

727 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 09:47
そもそもパートと正社員という分類自体が終身雇用制の副産物。いずれ希薄になってくよ。
外国ではパートタイムかフルタイムかの区別しかない。

日本も早くそうならないとね。パートもフルも、ちゃんと税金掛金や年金払うようにね。

728 :722です:04/03/10 10:42
>>727
ありがとうございます。なるほど、そういうわけなんですね。ワークシェアリングを日本も進めて行くべきだとおもいます。

729 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 10:56
ワークシェアとは別の話だろ。
正社員&終身雇用が崩れるだけ。
失業者が出ないように仕事を分け合うという考え方が受け入れられるのは単純作業だけだろう。


730 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 11:34
☆☆女宇宙刑事シルビア☆☆
 
200X年、トウキョウシティ。一人の美しい熟女が幸せな家庭生活を営んでいた。
優秀な物理学者を夫に持ち、一人娘と三人で暮らすその女の名は杉村玲子。
だが、彼女には大きな秘密があったのだ。
今を去る10年以上前、全宇宙制服を企む悪の組織アクセルが地球にも魔の手を伸ばしてきた時、
銀河警察はそれを阻止すべく男女二人の宇宙刑事を地球に派遣した。
その二人ジェンマとシルビアの活躍で地球の平和は守られたのだった。
アクセルの本体も銀河警察の力で壊滅した後、男性のジェンマは銀河警察本部へと栄転したが、
地球の事が好きになった女性のシルビアは、地球での仮の姿、玲子のまま残ったのだった。
その美しさで新進気鋭の物理学者、杉村慶一郎のハートを射止め、
9歳になる綺麗な愛娘、沙織にも恵まれた彼女は齢30になっていたが、
美貌にも衰えはなく満ち足りた生活を送っていた。
しかし、その玲子=シルビアに再び戦いの日々が訪れようとは本人も全く予想もしていなかった。

杉村玲子=シルビア・・普段は専業主婦をしているが、その正体はかつて地球を守った宇宙刑事シルビア。
アクセルに滅ぼされたクリスタル星の生まれ。
変身後のイメージはアンドロ仮面に似ている。

杉村沙織・・玲子の美しい一人娘。現在は小学生だが、
後に成長して宇宙刑事となり母とともに地球の平和を守るようになる。

杉村慶一郎・・玲子の夫、帝都大学の物理学の助教授。

ガロウム・・アクセルの元大幹部。狡猾で残忍な性格の持ち主で、アクセルの再建を目指している。

メデューサ・・ガロウムの手下の怪生物

ジェンマ・・かつてシルビアと一緒に地球を救った宇宙刑事。現在は銀河警察の本部に所属している。

731 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 14:00
本日は「ボイド」なので注意してくださいって書いてあることがあるんですが、
これって何ですか?月の位置が悪いとか何とからしいけど一種の迷信みたいなものですか?

732 :為替:04/03/10 19:48
為替介入と言えば、一般的に円売り・ドル買いを思い浮かべますが、
例えば、石油価格が上昇した場合、政府・日銀が円買い・ドル売りを
通じて為替相場を円高に誘導することはあるのでしょうか?

733 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 20:42
質問です。
日銀が輪転機を回しまくるとインフレになると言われてますが。
どうしてですか?
その経過順がよくわかりません。
まずそのお金はだれの所に行き、その人が何をどうしてインフレになるの?

734 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 22:17
>>733

http://members.jcom.home.ne.jp/i-am-a-student-boy/begin.htm

735 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 22:47
消費税の総額表示が始まるらしいですが景気にいい影響を与えますか?
便乗値上げで企業ウマーとか、企業努力で収益悪化とか。

736 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/10 23:14
>>735
お前な、どうして景気が影響すると思うんだ?え?

737 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/11 04:20
ミクロ経済学を勉強し始めた者です。
下級財の中にギッフェン財とそれ以外のものがあると書いてあります。

下級財:所得↑ならば消費量↓
@ギッフェン財以外の下級財:価格↓すれば消費量↑
Aギッフェン財:      価格↓すれば消費量↓

上記の場合、消費量が増大することは下級財の定義に反しないのでしょうか?

738 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/11 15:52
>>737
所得による効果と価格による効果の違いによる

739 :737:04/03/11 16:08
>>738
所得が増加している前提で、
ある財の価格が低下した場合、トータルとして消費量増大しても
それは下級財ということができるのですか?

740 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/11 16:18
>733
質問です。
日銀が輪転機を回しまくるとインフレになると言われてますが。
どうしてですか?

そのお金を日銀の職員が山分けして自由に使えば一番インフレになるのだが。
勿論、女を買うのも自由だ。
                             日銀職員より

741 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/11 16:35
質問です。

経済を学びはじめた学生です。
レバレッジがどういう事なのかよくわからずgoogle等で調べたのですが
どうもうまく飲み込めません。
調べた結果こういう事が書かれていました。

「カジノのルーレットで1ドルを赤に掛けて買った場合の儲けは1ドルしか
ありませんが、9ドルを借金して10ドルを赤に掛けて買った場合には儲けが
10ドルになる、ということです。本来は1ドルしか儲けてない筈なのに、借金
をすることで10ドルの儲けになる訳です。この「1ドル→10ドル」がレバレッジ
効果になります。」

この例文でわからない事は、借金した9$があるのになぜ10$儲けているのでしょう
か?借金を返したら1$になってしまいます。それどころか利息を計算に入れると
1$を割ってしまいます…

ご教授お願いします。

742 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/11 17:02
>741
若いのは頭で考えるだけだからダメなんだよ。
レバレッジを知りたければ
アコムで金借りて、馬券でも買いなさい。
すぐ、体で分かりますから
                      日銀職員より

743 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/11 17:14
>>741
あの。カジノで赤にかけたら、2倍のリターンで、元手1ドルで2ドル手に
はいって、1ドルの儲けって意味でしょ。

だから、10ドルかけたら、20ドルリターンで、元手1ドル、返済9ドルで、
10ドルの儲けでしょ。

説明がちょっと言葉足らずだけど、全然おかしくないよ。

744 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 00:21
>>739
下級財ってのは要は貧乏人が欲しがるようなもの。
所得が増加していれば、消費量は落ちる。
金持ちになればいらないもの。

所得一定で価格が下落すると
貧乏人からすると安い今のうちに買いだめておこう
→ギッフェン財以外

貧乏人とはいえ買い溜めるものでもないし
安いのって何か粗悪品っぽくね?
→ギッフェン財

所得が増加しているとすると、下級財は買わなくなる。
トータルとして消費量が増大するケースがあったとしても
所得の増加の影響と、価格下落による影響に分解して
調査することになると思う。

745 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 00:39
比較優位説についての質問です。

3国2財モデルを考えた場合でも、成り立ちますか?
交易の成立しない国(ハミゴ)が出てきてしまうのでしょうか?

746 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 10:43
教えて下さい。
 よく,週刊誌で家計簿診断をしていますが,モデルとなるような民間でも政府でも
  統計資料はありましたら,教えて下さい。家裁の調停で私の家計費の運用が
 適切だったと判断するための資料にしたいのです。お願いします。 
 

747 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 13:02
ふと気になったんですが
ハイパーインフレション中にGovermentがFiscal Reformをしてさらにpriceとwageに
ガイドをつけた場合AS-ADはどうゆう動きを見せてくれるのでしょう?


748 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 13:26
>>746
とりあえず日本語で質問できるようになってから
また来てください。

749 :747:04/03/12 13:29
ふと気になったんですが
ハイパーインフレション中に国が構造改革(?)をしてさらに値段と賃金に
ガイドをつけた場合AS-ADはどうゆう動きを見せてくれるのでしょう?

750 :t.m:04/03/12 13:53
>>745
成り立ちます

751 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 15:17
>>749
Fiscal Reformは、財政再建ではないのかな。
構造改革は、Structual Reformだよ。

752 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 17:05
実質金利について思ったんですが、金利に重課税してしまえば実質金利が下がることにならないでしょうか。

753 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 17:40
資金の供給サイドはマイナス金利のように見えるけど、
資金の借り手サイドは全く恩恵をうけないよね。

資金の需要供給曲線(縦軸は金利)を書いてみて、供給曲線を
上に課税分だけシフトしたケースを考えてみて欲しい。
結末は、名目金利上昇、貸し借りの残高減少となる。

名目金利が上昇するので、「実質金利も上昇」という結末を迎えるかと。

政策の評価としては、悪戯に名目金利を引き上げる効果を持ち、資金の
還流を阻害するので、デフレをさらに悪化させるものと思われます。


754 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 18:26
>>753
>政策の評価としては、悪戯に名目金利を引き上げる効果を持ち、資金の
>還流を阻害するので、デフレをさらに悪化させるものと思われます。

その通りだと思いますが、過度のインフレを抑制する方法としては評価できるのではないでしょうか。
公定歩合操作と比較するとどうなるんでしょうか?

755 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 21:16
>>754
あの。君は何を問題意識にしているの?

実質金利を下げたい=デフレを解消したい

じゃないの?

それから、実質金利を上げるのは簡単だよ。
名目金利を上げればいいんだ。
公定歩合操作ですぐにできる。

756 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 21:19
>>754
税率の変更には、国会での決議がいる。法案として通さなければならない。
公定歩合の操作には、日銀の政策委員会だけで良い。

政策変更の迅速性は公定歩合の方が全然上。

757 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 22:08
この板では、不良債権を処理しても景気は回復しないって意見が多いようですけどなんででしょうか。

としたら小泉の経済政策はアホ???

っていうかもしそうなら一体全体どうすれば景気が・・・

758 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/12 23:07
>>757
不良債権の発生は、不況の原因ではなくて結果なのです。
不良債権処理のみを行った場合、景気が回復するかしないかは、
下駄を飛ばして占ってるようなものです。

景気回復のために必要な経済政策は50年前から変わっていません。
というか、お金を発明して以来、人類の歴史の中で普遍的なものです。


759 :754:04/03/13 02:19
>>755-756
ありがとうございました。

>>755
>あの。君は何を問題意識にしているの?
>実質金利を下げたい=デフレを解消したい
>じゃないの?

いえ、円高対策とインフレ抑制です。
さすがに、デフレ対策にはならないと思います。

>>756

なるほど、税率変更は迅速性に欠けますね。

760 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 02:46
>>759
君の方法だと、名目金利上昇=実質金利上昇だから、円高誘発になるよ。

それと、インフレになったら名目金利は上昇するけど実質金利は下がるから
程度問題だけど、今の極端な実質金利高の状況からすると円安要因として
働くよ。

というわけで、円高対策とインフレ抑制を同時に考える必要はないと思います。

この点で、問題意識に疑問を感じた次第です。

761 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 03:34
初歩的ですみませんが・・・
地震かなにかで家や工場が壊れたり、GDP計測期間前からあった在庫が使えなくなった場合
これにかんしてGDPはマイナスになるんでいいんですよね・・・?

762 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 06:53
>>761
GDPは、新しく生み出された価値しかカウントしないから、
地震等の損害は計算外。

763 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 08:23
>>762
なるほどありがとうございます
ちなみにNDPだとどうなるんですか?

764 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 08:52
>>763
762と同じ

765 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 09:04
>>764
でも減価償却は計算しますよね?
これだけ特別なんですか?

766 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 15:23
>>765
減価償却は計算しないでしょう。特別だから。
減価償却=固定資産減耗、は通常のものを計算。

767 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 15:25
766の固定資産減耗は、固定資本減耗に訂正

768 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 19:34
 1000万円のヘリコプターマネーに伴う、
現在の状況下で日本人の特性を考え、マイナ
ス面とプラス面、それに伴う影響は何ですか?

 尚、ヘリマネは理想的に行われたと仮定します。


769 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/13 22:36
>>766
ええとすみません
NDP=GDP−減価償却分
で、計算に入ってますよね? 減価償却を計算しないのはどういうことなんですか・・・?

770 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 00:10
地震等の特別な損害は、新しく生み出された価値ではないから、GDPにも
NDPにも計上されない。減価償却も計上されない。
減価償却=固定資本減耗、は通常のものを計算。
そのように定義されている。

771 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 06:26
>>770
何度もすみません・・・
通常のものを計算とはどういう意味でしょうか?

772 :http://www3.to/nouryoku:04/03/14 06:42
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ・ 速読
 ・ 論理的思考
 ・ 潜在能力開発(右脳開発)
 ・ 記憶力・脳
 ・ 文章力
 ・ コミュニケーション力
 ・ 東大受験
 ・ 司法試験     

皆さん勉強がんばっていますか?
勉強がどうしても進まない・・・       
やる気がしない・・・
問題が解けない・・・       
勉強法がさっぱりわからない・・・
そんな人は必見!       
勉強ができないのは、頭が悪いんじゃない!
勉強方法や、時間の使い方、さらには脳の使い方が悪いんです。         
そんな能力開発に超役立つ本を集めて見ました。
限界を感じてるあなた!       
もう一度人生やり直すチャンスです!
試験に受かって、思い通りの人生を歩みましょう!!             

名前欄をクリック!!!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

773 :幕府崩壊:04/03/14 07:48
あのさ、東京、神奈川、大阪って、累積赤字が、5兆とか6兆っていうけど
なんで、毎月、職員、何万人もの、給料が、出るの? 
地下で、24時間、休みなく、札刷ってるんかい?

774 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 07:58
>>771
固定資本減耗は、再生産可能な有形固定資産の通常の摩損、損傷、予見される
滅失、通常生じる事故からの減耗を評価した額。
地震等の災害、テロ等による特別な損失は含まれない。

775 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 10:23
 中国は経常収支黒字なんだよね。ということは資本収支赤字
の結果としての経常収支黒字であり、
中国国内は 貯蓄>投資 なんだよね(ISバランス論から)。
でも、中国は今、外資の進出がスゴイとか言われてるのだから、
変じゃないか。

776 :t.m:04/03/14 11:47
>>775
年間の中国人保有の対外債権の増加額が
外資の年間投資額を上回る可能性はあるわけだから、
外資の進出と経常黒字は必ずしも矛盾しないと思う。

経常黒字ということは、自国の投資を自国の貯蓄だけでまかなえるのに、
なぜ、外資の投資を必要とするのか?
中国は外資の資金ではなくて、それに付随する技術・ノウハウを欲している、
と考えれば説明がつく。

中国は外資の資金と同時にやってくる技術やノウハウを欲して、
また外資は中国の投資先の魅力から、外資が中国へ進出している。
その一方で中国人は貯蓄の一部を海外債権の形で保有している。

外資の中国投資収益率>外国債券の収益率>中国人の中国投資収益率
という関係が言えるとしたら、
外資の積極的な投資と、それ以上の中国人の大量の外国債券の保有により、
外資の進出と経常黒字が両立しえると思う。


これは自論なので、正確に知りたければ、
専門家の人に聞くことをお勧めします。

777 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 13:42
確定申告って郵送の場合は15日の消印有効?それとも15日必着?

778 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 13:43
確定申告って郵送の場合は15日の消印有効?それとも15日必着?

779 :777:04/03/14 13:45
二重書き込みすみません。
知ってる人いたら教えて下さい。

780 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 14:00
税務署に電話したほうが早いよ

781 :777:04/03/14 14:35
でも今日は税務署休みだから電話できないし…
誰か知ってる人いないですかね?

782 :t.m:04/03/14 16:28
>>781
質問する板が違う気が・・・。

確定申告 質問受付 その5
http://money.2ch.net/test/read.cgi/tax/1079151004/


783 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 16:38
>>t.mさん

比較優位説についての質問です。

3国2財モデルを考えた場合でも、成り立ちますか?
交易の成立しない国(ハミゴ)が出てきてしまうのでしょうか?

これに対する返答が「成り立つ」ということでしたが、自分で考えると
やっぱり、成り立ちません。

A,B,Cの3カ国あって、財がX.Yの2財しかない時、交易は、それらのうち
最も有利に生産の可能な2国間だけで成立し、中間的な条件の国は、輸出
する財がない(相手国が買ってくれない)と思います。

784 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 16:53
>>781
http://www.taxcom.co.jp/news/zeimu/2004/2004_03/zeimu2004_03_03_001.htm
板違いだとは思うが、ここ見れ

785 :為替:04/03/14 17:57
もう一度貼ります。
為替介入と言えば、一般的に・円売りドル買いを思い浮かべますが、
例えば、石油価格が上昇した場合、石油を安く購入できるようにするために、
政府・日銀が円買い・ドル売りを通じて為替相場を円高に誘導することはあるのでしょうか?

786 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 18:06
>>785
ドル売りでドルが安くなったとしてだ
米国民はどうしたらいいんだい?
ラムズフェルドが乗り込んで来ちゃうよ?

787 :為替:04/03/14 18:14
785を補足しておきます。
今現在の為替相場に対してどうこうというのではなく、
今まで過去にそのような介入があったか?ということです。
宜しくお願いします。

788 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 18:18
>>787
あるよ。


789 :t.m:04/03/14 19:17
>>783
中間的な条件の国は、自国の相対生産性と財の相対価格とを比較して、
有利な財を生産するだけでは?

そんで、その生産すると決めた財に対して比較優位を持つ国と同じ価格になるように
相対賃金が調整されるので、
輸出できないということもありえない気がしますが。

790 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 20:40
>>785 787
ないよ。
常識で考えろ

791 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 20:42
くず共が!!

792 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 22:04
しょうもない質問でごめんなさい。

$18.30って、日本円にすると幾らなんですか?

793 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/14 22:07
新古典派でいい学者はいますか?

794 :777:04/03/14 23:56
なんか板違いだったみたいで、迷惑かけてすみませんでした。
おかげで無事に申告できました。どうもありがとうございました。

795 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/15 03:38
ちゃんと事後報告をする>>794は礼儀正しい!


796 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/15 19:26
792と793てよほど寂しんだろうなー

797 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/15 20:35
GDPの計算の仕方を教えてください。
知っている人がいたらでいいです・・・

798 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/16 00:09
生産額ー中間生産額=GDP

799 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/16 00:57
>>797
足し算。

800 :質問:04/03/16 03:33
大陸棚のメタンハイドレートを織り込んだ経済議論を誌面で見ることがない
のですが、なぜでしょうか。
日本経済を悲観している論客の論理を一発で粉砕する威力をもっていると思うのですが。
採掘権問題があるにせよ、30年後は日本は資源大国になっていることは間違いない
わけなのに。
この私の憶測が見当違いなだけでしょうか。

801 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/16 03:59
>>800
経済学において、メタンハイドレードの発掘なんてのは、
外部のかく乱要因の一つに過ぎないのよ。

802 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/16 04:05
日本の累積赤字が600兆円以上あるってよくいいますが、アメリカの累積赤字
は、いくらぐらいあるんですかね?

803 :質問:04/03/16 04:07
>>801
なんか納得できないなぁ。
経済学の無能さを示す皮肉ですか?

804 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/16 05:22
経済学以前にメタンハイドレートは海に接している国ならたいてい保有してるのでは。
よって海外輸出までは行かないと思いますね。
材木なんかと同じでコストが重要視されるかも。

805 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/16 05:44
そこで円安ですよ。

806 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/16 07:21
その生産額と中間生産額はどのようにして計算・集計するのでしょうか?
知っている人がいたらでいいです・・・


807 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/16 07:22
すいません。↑のは>>798にです。

808 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/16 09:02
「流動性の罠」ってどんな現象なのですか?

809 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/16 11:59
失業率と消費者物価指数はSNAには入ってないんですか?

810 :800:04/03/16 16:18
800ですが、このスレで質問に答えてくださった方ですらよくお知りでない
内容だったようで、残念です。大学院すれ
で聞いてみます。

811 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/16 21:00
経済板と競馬板って似てますよね。そっくり。

812 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/17 00:05
>>806
工業統計や商業統計を嫁

>>809
国民経済「計算」と「統計」は違うよ

813 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/17 00:10
>>812
違いがよくわからないです・・・
それと、GDPと失業率と消費者物価指数がそれぞれ何にカテゴライズされているのか教えてください

814 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/17 06:49
>>812
工業統計や商業統計のどういった項目が生産量や中間投入になり
どういった項目が固定資本減耗になるのでしょうか?
詳しそうなので、重ねてお聞きします。

815 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/18 01:49
>>814
教科書読めと言っとるのだ
その程度のこともできない馬鹿はさっさと消えな

816 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/18 09:12
>815
教科書読めといわれても経済学専攻ではないので
どの本を読んでいいのか分かりません。
出来ればお勧めの、私の質問した内容の載っている
教科書を教えて頂けませんでしょうか?
有ればで良いです。
でも、知っている人が”居るのなら”
ここで教えて頂ければなお
有り難いです。

817 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/18 09:21
>>815
スレタイも読めないバカがいるのはここですか?

818 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/18 10:55
93SNA推計手法解説書 : 暫定版
http://opac.ndl.go.jp/Process?MODE_10100001=
ON&SEARCH_WINDOW_INFO=01&THN=139&INDEX_POSITION=
3&DB_HEAD=01&SORT_ORDER=01&SHRS=RUSR&QUERY_FILE=
8694243253_9088388&TA_LIBRARY_DRP=99&DS=0&CID=
000002947425&SS=01&SSI=0&SHN=139&SIP=4&LS=8694243253&DATA=
null1079574785494

これが一番ヒットしそうだな。あとはキーワード「SNA」で調べて頂戴

819 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/18 11:04
トリビアの泉で標本調査には2000,4000の標本数が
必要だといってましたが、その数の根拠って何なんでしょうか?

820 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/18 20:07
>>815
おそらく、寂しい人が書き込んでいるのだろう。
同一人物だと思う。
教科書読む意志がないのに何で質問するのだろうと思うけどな。

821 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/18 22:26
 ISバランス論では、資本収支が外生変数で経常収支が内生変数であると
される。なぜなら、消費行動は為替レート変動の影響を受けるが、
投資行動は為替レート変動の影響を受けないからである。
 しかし、例えば、自国内ISバランスが S>I で、資本流失が起きた
とき自国為替レートが減価するが、その時、外国の生産要素価格が上がる
ので→費用関数が上へシフト→投資の限界効率曲線が左へシフト→さらなる
資本流失 とういう悪循環が起こらないだろうか。資本流失が起きても
投資の限界効率曲線が変わらないというのは、非現実的な仮定ではないか。


822 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/18 23:07
工業統計調査 調査項目の一部
「現金給与総額」→個人所得
「原材料使用額等」
「有形固定資産」取得額→投資
「減価償却額」→固定資本減耗
   「製造品、半製品及び仕掛品、原材料及び燃料の在庫額」→在庫投資
「製造品出荷額等」
計算項目の説明から
(1) 生産額→供給
生産額=製造品出荷額等+(製造品年末在庫額−製造品年初在庫額)
+(半製品及び仕掛品年末価額−半製品及び仕掛品年初価額)
(2) 付加価値額→純生産
 生産額−内国消費税額等−原材料使用額等−減価償却額

823 :t.m:04/03/18 23:07
>>819
必要な標本数は場合によって変わってくる。
詳しくは統計の本を参考にするとよろしいかと。

824 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/18 23:51
工業統計では、原材料及び製造品が製品毎に集計される。
これを産業連関表マトリックスに投入すると・・・?


825 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/19 00:54
>>824
投入係数出すのにちゃんと調査しているんだよね?国のやつは。

826 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/19 11:04
初歩的で済みませんが・・・
GDPデフレータとインフレ率は同じなんですか?

827 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/19 11:13
>>826
同じというよりは
インフレ率を測る尺度のひとつとして
GDPデフレーターがある、と考えたほうがよいでしょう。
インフレを測る尺度としてはほかにも
消費者物価指数、卸売物価指数などがあります。
ただ、どれも一長一短で、ただ一つの指標のみをもって
インフレの実態をつかもうというのは難しいようです。
ちなみにデフレータは確かに有力な指標ではありますが
同じコンピューターでも性能が倍になると価格を
半値として計測するなど、物価の下落がやや強調されて
あらわれる傾向があるといわれています。

828 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/19 22:08
日本は物価が高いとよく聞きますが
他の先進国に比べて突出してるんですか?
なぜそんなに高いのでしょうか、安くできないのですか?

829 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/19 22:22
>>828
>なぜそんなに高いのでしょうか、安くできないのですか?
既得権を守るため。

830 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/20 00:43
>>828
円高だから。

1ドル=360円の時代は、アメリカが超物価高の国に見えたものだったなぁ。

831 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/20 00:44
一目均衡表の読みは
いちもくきんこうひょう ですか それとも
ひとめきんこうひょう ですか それとも
それいがいですか
おしえて

832 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/20 18:43
GDP計測期間前に生産され、仕入れた材料を使って計測期間中に最終財を生産した場合、
GDPはどのように計算されるのですか?

833 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/20 20:29
為替レートって、購買力平価で決まるんじゃ
ないんですか?
どっかの文献で、各国のインフレ率で決まるとも
かいてありましたが、どれが正解なんですか?
おながいします。

834 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/21 00:07
>>831
ひとめひとひらおもて

835 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/21 00:26
>>832
GDP計測期間前に生産され、仕入れた材料100を使って計測期間中に
最終財150を生産した場合、 GDPは150ー100=50

会社の決算書の材料仕入れ金額は、当期仕入れ+期首材料棚卸−期末材料棚卸

836 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/21 00:47
>>833
(貿易財)購買力平価、インフレ格差、金利格差、経常収支、
累積経常収支等で決まるといわれる。短期は思惑。

837 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/21 04:54
質問させてください。
通貨の「切り下げ」「切り上げ」って言いますけど
この「切り」ってのは何なんですか?
切らない場合の上げ下げはあるんですか?
通貨以外に「切り」をつけるあげさげはあるんですか?

それと銀行のバランスシートの話になった時だけ「BSが毀損する恐れが…」
って感じで「毀損」を使いたがりますが、銀行以外の話題では聞いたことがありません。
「切り上げ」も「毀損」も口に出して言うと気持ちイイ言い回しなので
得意げになって使ってるようにしか思えません。

838 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/21 13:38
>>833
購買力平価なんてただの飾りです。
為替レートの決定理論はいくつかありますが、答えはありません。

中期的な予想には、アセットアプローチ(資産平価)が有効です。
これは、実質金利(名目金利−インフレ率)に格差があると、大量の
資金が為替市場を通じて取引される(裁定取引)からです。

ただし、名目金利やインフレ率は経済政策で大きく変動します。
そして、その変動を予想して先に動ければ利益が出ます(投機)が、
単に政策の変動に追従しただけでは維持しかできません(ヘッジ)。

そのため、短期においては、政策変更の予想やら噂やらヤラセやら
が色々出てきて、為替相場は、まったく予想がつかない動きをします。
これが、ランダムウォークといわれるものです。

財の市場が与える影響(購買力平価)なんて、この2つから見たら
ゴミみたいなものです。

839 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/21 13:42
>>837
きそん 0 【▼毀損】
(名)スル

壊すこと。特に、名誉や信用をそこなうこと。
「名誉―」「教育家たる体面を―する/社会百面相(魯庵)」
〔「棄損」とも書く〕
http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?qt=%D4%CC%C2%BB&sm=1&pg=result_k.html&col=KO


つまり、「BSが毀損する」というのは、実害があるなしに関わらず、
単に「格好悪い」という事です。


840 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/21 13:48
>>837
きりあげ 0 【切(り)上げ】
(1)適当なところで切りをつけること。
「ここらで―にする」
(2)計算で、求める位に満たない端数を取り去り、求める位に一を加えること。
⇔切り捨て
(3)通貨の対外価値を引き上げること。
⇔切り下げ

http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?qt=%C0%DA%A4%EA%BE%E5%A4%B2&sm=1&pg=result_k.html&col=KO

というわけで、切り上げについては、辞書にも載っている用語です。
「切り」を抜き出して意味を問うこと自体、無意味だと思います。

なお、これは固定相場制(管理フロートや金本位、スネーク相場)での
公定の通貨価値の変更に際してのみ使用する言葉です。変動相場制
で、為替介入などして通貨価値を変えようとしても、「切り上げ」「切り下げ」
という言い方はしません。単に「上げ」「下げ」です。


841 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/21 15:27
thanx!

名誉毀損は普通に使うわ。忘れてた。
なんか調子ノッテル感たっぷりで使ってるの聞いて
辞書ひくよゆうなかった。御免。

842 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/21 19:38
すみません。出会い系で知り合った人に職業を尋ねたら、こんな返事を貰いました。
「職種ですが、国勢調査の分類でいうと、37類にあたる無職です。」
これは簡単に言うと何をしている人なんでしょうか?

無知なのでどこでお聞きしたらいいのかもわからなくって、
多分経済ネタなのかな?ってここのスレにきちゃってスマソでつ。

843 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/21 21:56
>>842
国勢調査の分類は、日本標準職業分類というものです。
この辺を参考にしてください。
http://www.stat.go.jp/index/seido/9-2.htm

37 接客・給仕職業従事者
    371 飲食物給仕従事者
    372 身の回り世話従事者
    373 接客社交従事者
    374 芸者、ダンサー
    375 娯楽場等接客員
    376 旅館主・支配人

この辺でしょうか。

でも、無職と言っているので、今は仕事していないんでしょ?
それか、いわゆるフリーターのウエイターとかなんでしょうね。

844 :842です:04/03/21 23:08
>>843さん
凄いです〜(**)!こんなに早々のレスを本当に有難うございます!
検索してもどれがどれなのかさっぱりわからず途方に暮れていたので感動でつ!
なんかMっぽい人なので、君に奉仕するよ、みたいな意味を込めていたのかなぁ
って今ちょっと感じちゃいまつた。
この人とは別に個人的に一体37種って?ってすごく気になってしまったので
胸の突っかえがとれて嬉しいです〜。有難うございました!

845 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/22 02:06
クルーグマンの経済入門の中で「アメリカの貿易赤字を埋め立てたのはアメリカの
資産の販売、例えば株とか債権とか土地とか、最近では会社丸ごととか」とありますが、
いまいちスッキリ理解できません。

例えば、私が日本車をアメリカに持っていって1万ドルで売ってきて日本に帰ってきて
106万円くらいに両替した場合、日本の貿易黒字は106万円で資本収支は106万の赤。
で、アメリカはその逆。。。ですよね?

確かに私はアメリカの輸入業者から1万ドルもらったけど、アメリカの資産買った覚えないんですけど。。。
それと会社丸ごと売るというのは株を全部買ってもらうのと同じ意味ではないんですか。

846 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/22 02:39
>>845
まず、あなたが車を1万ドルでアメリカで売ったとする。
代金はドルであなたの外貨口座に送金される。
あなたは、それを円に両替して、引き出して使えるようになる。

1万ドルの持ち主があなたであろうと、あなたが両替してもらう銀行であろうと、
日本サイドが1万ドル持っているのは変わらない。銀行の口座に入れて寝かし
ておいても、そのドルを運用して利息を稼ぐのが銀行のお仕事。両替して銀行
の所有ドルになっても、それを運用して利息を稼ぐのが銀行のお仕事。

そしたら、そのドルで何を買うのでしょうか。
普通は金融資産などを購入して利息を稼ぎますね。


また、アメリカの貿易赤字が特に問題視されていた1980年代半ばには、ドルが
下落した分、日本円の価値があがり、以前は高嶺の花だった米国の色々な資産
がとってもお買い得になりました。日本企業は、元気モリモリで米ドルを調達して
米国の企業買収や不動産投資をしました。米ドルを調達=「円売りドル買い」です。
これで、ドルの下落が抑えられ、ドル安による輸入インフレを防ぐ事ができました。

847 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/22 02:40
>>838

短期は思惑や政治環境
中期はアセットアプローチ

が説得力あるとして、長期はやっぱり購買力平価なんじゃないかと
思うんだけど?

848 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/22 03:50
>>847
そもそも長期なんて考える意味があるの?

また、購買力平価為替レート=貿易収支を均衡させる為替レートという保証ってあるの?

そういや購買力平価って誰がどうやって計算しているのか知らないや。
国際経済学の教科書じゃ良く見るんだけど、なんかアプリオリに購買力平価為替レート
があったとしたらでモデル組んでるだけに見える。

849 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/23 04:15
国債の評価について

先日、新聞に「今期の決算から、満期保有目的の国債は時価評価しなくていいよ。
だからこれからも国債買い支えてね」という内容の記事がありましたが、
これはインチキ会計のススメですか。それとも、「日銀は万券刷ればいくらでも
買い戻せるんだからあたりめーだろ」ですか。

まあ、いずれにせよ大量に国債もってる銀行さん達はホッと胸を撫で下ろしているでしょうね。

850 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/25 21:49
>>821 自国内ISバランスが S>I で、資本流失が起きたとき

いわゆる貯蓄は、国内貯蓄と性格の違う対外純債権とからなる。
国内貯蓄=投資。対外純債権=経常収支
S>I で、資本流失が起きるという、ISバランス論は誤り。

851 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/26 00:55
>>821
ISバランス論では、経常収支=資本収支を前提にして、税収が内生変数となるのですが。
何か、勘違いしてISバランス論とは全然別のものを批判しているように感じる。


>>850
何が言いたいのか、意味不明。



852 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/26 01:16
ドルロンガ-とかショートとかいったいなんなんですか?

853 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/26 06:07
▼円相場/リストラの進展は、かえって円高促進的な状況を招く 
クレディ・スイス・ファ−スト・ボストン証券会社チ−フ・マクロ・ストラテジスト田中
泰輔さん(Taisuke Tanaka/Chief Macro Strategist, Credit SuisseFirstBoston:CSFB)
は、「景況改善やリストラによる体質強化を円高の根拠とする見方に、単純には同意でき
ない」として、日米生産性の相対比率はドルの優勢を示唆している一方、円は割高方向に
傾斜している、と言う。 <購買力平価で見た、日本経済と円に生じている内部事情> そ
こで、議論の次のステップとして、日本経済と円に生じている内部事情を、購買力平価
(以下、PPP)の観点から考察している。図表2 は、今ではすっかりお馴染みになった
日米の消費者物価、生産者物価、輸出物価の3 種で評価したドル・円の相対PPP(1973
年基準)である。ポイントは、「これらPPPの大幅な乖離である」と言う。輸出物価
で見たドル・円の理論値は70〜80 水準である一方、消費者物価ベースでは今でも160 台
と倍以上の開きになっている。同じベースのドル・マルクのPPP(図表3)と比べると、
違いは明白だ。 金融情報サイトYenDokkiから引用」

854 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/27 10:23
「ロング」と「ショート」
 「ロング」は買い持ち、「ショート」は売り持ちのこと。為替ディーラーはドル
が上がると思えば安いうちにドルを買っておき、思惑通りドルが値上がりした時に
ドルを売って差益を稼ごうとする。この時のドル買い持ちポジションを「ドルロン
グポジション」と言い、その反対にドルを売り持ちにすることを「ドルショートポ
ジション」を作ると言う

855 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :04/03/27 13:09
アメリカの銀行に定期預金したいのですが
全米銀行の高金利ランキングのサイトが以前あったのですが
どうやって探せば良いでしょうか?

856 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/27 13:50
とっても質問があります。

よく株を買うとき、リスクとリターンを考慮して買います。
んで、機関投資家の人達は、儲けすぎると、それだけ高リスクを取ったと怒られますが、

高リスク、高リターンの期待値が1で
低リスク 、定理ターンの期待値も1ならば、

どちらを取っても、同じだと思うんですが、違うんですか?



857 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/27 14:29
>>856
普通、そういう場合は期待値を0と表記します。
前者をリスクラバー、後者をリスクアバーターと言います。リスクラバー
と言っても、期待値がマイナスなのにリスクを嗜好するギャンブルとは
違います。

ちなみに、先物取引や、オプションなどの派生商品の類は、みな期待値
は0ですが、万が一ミスったときの損失が馬鹿でかくなるので、虎の子の
資金を突っ込んでいる人はリスク回避的な運用を要求しますし、あぶく銭
で遊んでいる人はリスクの大きさに賭けて更なる増加を目指します。

期待値が同じでなければ、商売になりません。そして、リスクをとるかとら
ないかというのが、金融商品では重要な区別になります。

858 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/27 14:35
>>854
解りましたありがとう

859 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/27 15:33
>>857
なるほど。

でも、あぶく銭で遊んでる人はリスクの大きさに賭けるっていう説明に納得出来ない。
いや、どの経済学書を読んでも同じこと書いてあるんだけど、

同じように期待値が0であるならば、そのゲームを数十回繰り返せば、
結局、高リスク高リターンで得られる額と低リスク低リターンで得られる額は
同じになるはずじゃない?確率的に。

だったら、リスクテイカー=あぶく銭で遊んでる人

という説明にはならないと思うんだけど。



860 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/27 17:01
>>859
だから、何十回と繰り返せるだけの財力がある人はリスクとっても良いけど、
1回しかチャンス無い人は、失敗したときの事考えるでしょ。

861 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/27 20:53
かの有名な武隈センセの演習ミクロ経済学が、
数学をやっていないばかりに解けません。
この数学が解けるようになるには、
どんな数学のテキストや問題集を使えばいいでしょうか??

862 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/28 13:26
武隈センセの経済数学やれよ

863 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/28 22:23
質問です
銀行のカード作るとしたらどこがいい??

864 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/29 00:19
>>863
時期的にいって新入社員っぽいな。

とりあえず会社のお勧めするところにしとけ。

865 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/29 11:19
>856
多分その機関投資家が指標に使っているのがVaR(バリューアットリスク)だからだよ。


866 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/30 00:38
景気の変動が起こる経済の条件として
壱 資本主義
弐 開放経済

この二つの条件であってますか?
というか社会主義では景気の変動が起きないと考えてるんですけど
間違ってますか?

867 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/30 04:00
>>866
間違っています。

868 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/30 20:42
今、細野真宏の経済のニュースが面白いほどわかる本を読んでいて思ったのですが
ドルを売って円を買う人がおおいと、ドル安になるんですよね。
でも例えばAがBにドルを売って円を買う場合、
BはAからドルを買って円を売るわけだから、
円もドルも価値は変わらないのでは?と思ったのですが、
実際円高とかになっているので、どうしてなんでしょうか?

869 :t.m:04/03/30 21:21
>>868
売買成立時点では需給は一致しているが、
現行価格では一致するとは限らない。

例えば1ドル120円で、円の需要がドルの需要より大きければ取引が成立しない。
そこで円が高くなり円とドルの需要が一致する価格(例えば110円)で取引が成立する。

>ドルを売って円を買う人がおおいと
この表現がちょっとまずいかもしれない。
ある価格においてドル売って円を買いたい人が多いと、円高ドル安になる。

870 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/30 21:26
>>868
通貨も値段を持つ商品だと考えることで理解しやすくなる。

現在1ドル紙幣が105円で売れる商品だった。
しかしドル紙幣を作りすぎて棚から溢れんばかりの在庫を抱え、
現在の値段では売れなくてあまってしまうことが予想された。
ここで店主は値下げをすれば在庫を処分できると考えた。
その結果1ドル紙幣を104円で売り出すことにした。

<概念図>
1ドル105円で買ってくれる人 10人
1ドル104円で買ってくれる人 20人
1ドル103円で買ってくれる人 30人

店主はドル紙幣を30枚売る必要があった。
本当なら105円で売りたいのだが買ってくれる人が10人しかいなくて、
残りの20枚は値下げをして104円で20人に売った。

871 :  :04/03/30 21:37
日本でテロが起こると
得する金融商品、損する金融商品を教えてください

872 :868:04/03/30 21:37
>>869
難しいですね。出直してきます。
というかこういう説明をきちんとしている分かりやすい本がないんですよね。
実際ドル売ったりとかは学生の僕には程遠い話だから余計に分かりづらいというか。

>そこで円が高くなり円とドルの需要が一致する価格(例えば110円)で取引が成立する。

そこで円が高くなるのは円の需要がドルの需要より大きかったからなんでしょうか?

873 :868:04/03/30 21:44
>>870
おっしゃっている内容は理解できるのですが、
それと僕の質問とを結びつける能力が僕にはないみたいですので、
出直してきます。
すいませんでした。

874 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/30 22:08
>>872
ミクロ経済学を一から勉強しなおせ。

少なくとも、需要・供給と需要量・供給量の違いが理解できるようになるだろ。

875 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 08:08
消費税の表示が内税になりましたが
どんな効果を狙っての変更なのですか?

876 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 12:03
アメリカ、日本、EU、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、中国
の月毎の経済指標を見る事の出来るサイトってあるでしょうか?(年毎ならあったのですが)
有料でもかまいません、どのたか御存知の方いましたら教えて下さい。

877 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 13:23
>>875
レジを通さなくても足し算だけで支払い総額が分かるようになる。これだけじゃないの?

878 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 13:49
>>875
30円のお菓子を10個買うと、、、

以前までは30円*10*1.05=315円
これからは32円(税込み)*10=320円

便乗値上げが可能になります。

879 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 16:55
http://www.forbes.com/2004/03/24/04f2000land.html

                        Sales (販売) Profits (利益) Assets (財産) Market Value (市場価値)
1   Citigroup United States Banking   94.71       17.85      1,264.03      255.30
403 Mizuho Financial Japan Banking   24.40       -20.11      1,115.90          30.87

このランキングの見方がいまいち分からないんですが
市場価値って何なんですか?

880 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 19:55
>>875
ガソリンや酒のように税金払ってますよって感じが無くなる

881 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/03/31 22:29
質問おねがいします。

長期的に平均をとって見ると緩やかにであれ一貫してインフレが進行しているのは
何故ですか?市場に出回っている通貨の量を少しずつ少しずつ政府が増加させてる
からですか?

882 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 00:06
ある資格予備校のテキストなんですが、
マークアップ原理の式が次のようになってます。

P=(1+m)・W・N/Y

労働生産性が分子と分母逆さまになってますよね?
一応聞いておきたいんですが。

883 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 00:23
>879
時価総額だよ。

884 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 00:48
いくら調べても分からないので質問させて下さい。

固定相場制のもとでのマンデル・フレミングモデルで
国内利子率が世界利子率よりも高い場合、自国に資本が流入して来ますよね。
つまり、資本収支が黒字となるわけです。
そして資本収支=経常収支の関係から経常収支(貿易サービス収支)が
改善されて、IS曲線が上方にシフトすると思うんですが、そうはならない。
どこがおかしいのか、指摘をお願いします。


885 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 01:01
>>884
もう一度教科書を確認してください。
資本収支+経常収支=0の関係ですよ。
資本収支が黒字なら、経常収支は赤字です。
つまり輸入が促進されるわけです。多分、資本が流入する前の過程で輸入が促進されることが説明されていると思いますが。

886 :884:04/04/01 01:30
>>885
解答ありがとうございます。
うひゃー、上方てことはありませんね。失礼しました。
しかし、教科書(中谷)では輸入に関する記述はありません。

自国利子率>世界利子率→資本流入→獲得した外貨が中央銀行に持ち込まれる→
マネーサプライ増=LM右シフト→自国利子率=世界利子率で均衡
とだけしか書かれていません。
輸入がどの様に絡んでくるのでしょうか?

887 :884:04/04/01 03:01
解決しました。
等価な資産の交換なので資本収支は変わらないのですね。

888 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 12:41
>>885晒し上げ

889 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 14:12
>>881
大変難しい質問です。
一般的には経済が成長するのは総需要が総供給を上回っているからです。

総供給を増やすべく、資金の余剰部門は投資をしたい資金の不足部門に
貸付・株式投資などを通じて、資金の供与が行われ、貸し借りを通じてマネー
サプライが増加します。一般的に、通貨の量という場合にはこのマネーサプ
ライを指します。

もしあなたがベースマネーの事を言っているようであるのなら、むしろ総需要
が総供給を上回っている状態を維持するために、ベースマネーの増加が必要
という事に過ぎません。貸し借りの効率は、完全に伸縮的ではなく、そのため
マネーサプライはベースマネーに対して通常の状態では安定的に10倍程度
となる関係にあります。経済が発展していく過程で、必要な通貨量も増していき
ますが、それに追従するようにベースマネーを増やさないと、景気が悪化して
総需要が減少してしまうのです。そのため、一見するとベースマネーの増減で
景気(≒インフレ率)がコントロールできそうに見えます。が、これは金利が充分
にプラスとなるだけの総需要の超過がある時に見られる現象にすぎません。

ちなみに、現在のデフレでは総需要<総供給となっているため、金利が0%に
近づき、資金の貸し借りが非効率化して、通貨乗数が6〜7程度まで下がって
しまっています。ベースマネーを増やしてもマネーサプライが増えず通貨乗数
が下がってしまうようです。この事を、現金需要が無限大になったと称し、流動性
の罠と言います。

長期的にインフレが進むのは、総需要が安定的に増加しているからという事に
他なりません。

890 :ど素人:04/04/01 21:40
いま、『経済学という教養』本を読んでいるのですが、
実質利子率=名目利子率−インフレ率
とありました。他の本でも同じような記述を見かけたことがあります。
私の考えでは、
(一期目に持っているお金/一期目の物価)×(1+実質利子率)=(二期目に持っているお金/二期目の物価)
一期目の物価×(1+インフレ率)=二期目の物価
一期目に持っているお金×(1+名目利子率)=二期目に持っているお金
より、
実質利子率=(名目利子率−インフレ率)/(1+インフレ率)
になります。
インフレ率が十分に小さければ、最初の式と同じとみなせますが、
その旨の記述は見当たりません。
私の考えは、どこかが間違っているのでしょうか?


891 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 22:03
>>890
インフレ率は充分に小さいです

892 :t.m:04/04/01 22:08
>>890
その考えであってる。

893 :890:04/04/01 22:11
>>891
>>892
ありがとうございました

894 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/01 22:42
実質利子率=(名目利子率−インフレ率)/(1+インフレ率)
から
実質利子率*(1+インフレ率)=名目利子率−インフレ率

実質利子率*インフレ率を無視すると近似的に
実質利子率=名目利子率−インフレ率 が成り立つ

895 :890:04/04/02 21:13
>>894
レスありがとうございます。

896 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/02 23:21
経済学には現実の数字が当てはまるものが多いので、充分に小さいと
わかりきっているものに関しては近似式を使う事が多いし、その事を敢えて
書かない事も多い。ま、そういう事です。

ちょっと不親切といえば不親切ですよね。

897 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 00:29
ブッシュがアメリカ国内の雇用の上昇のためにドル安の方向へ
支持しているのはどういう理由からなのでしょうか?円高が進むのが心配です

898 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 03:03
ミクロ経済学を勉強するのに使うべき教科書は?
大学学部のレベルは身につけたいです。


899 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 09:47
>>875
千%、増税の準備

900 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 09:49
>>897
大統領選に勝つため

901 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 11:03
>897
自国通貨が安い方が輸入が減り、輸出が伸びるだろ。
輸入が増えるって事は、国内の消費の内の幾分かが輸入品に回るって事だ。
それに対し、輸出が伸びるって事は企業の製品の売上が増加するって事だ。
一般的に自国の通貨が安ければ、輸出が伸びて輸入が減る。
だからブッシュ雇用対策の為にドル安を支持する訳。
900が言っているように大統領選に勝つ為にはドル安である方が良い。
そりゃあ失業者は現在の政権を支持しないのが普通だからな。
ま、日本の場合はちと違うようだが(苦笑)

902 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/03 13:19
ただし、アメリカの場合は、対日本ではなく、中南米相手の貿易だろうね。

903 :名無しにょん:04/04/03 23:28
相談者    上場会社の事務員
困った相手  株主 

株主からの問い合わせについては、IR担当者が応対します。
時間外でもあり、担当者も帰社している旨を伝えましたが
それでも(そこそこ)話が出来る人を出せ!と言うことで応対しました。
私なりに頑張って、株主の質疑に回答してきましたが
私の所存では回答しがたい内容もあり、また株主側からも不満の声が上がってきました。

私は50社近くの会社に投資している。
投資額だって総額で数百億円だぞ。
私は投資顧問業を経営している。
そこらへんの小口株主と思って馬鹿にしてるんだろ。
と延々と難癖を付けてきました。そして

私を怒らせたな オマエの会社の株を過半数買い占めてやる。
そして、オマエを解雇してやるからな!

さて、相談事です。
過半数を越えて保有する大口株主の一存で一般従業員は解雇できますか?

所詮、ハッタリを言ってるだけだと思いますが
いつ、また横柄な株主から電話が来るかもしれません
回答をお待ちしております。

904 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/04 04:27
>>903
会社の業績なぞ無視して、一個人への恨みを晴らそうとして株式を買占め、
やる事は社員の首切りだけなんてのは、はっきり言って馬鹿としか言いようが
ありませんので、実際にその人がそういう行動をする事はありえません。

もし、投資顧問会社を経営しているのであれば、自分の金ではなく、他人の金を
預かって運用している立場なので、個人的な恨みをもとに投資先を選定する事が
表ざたになって困るのはその株主さんだと思います。

逆に「人のお金を預かっているから、きちっとした事を聞かないと困る」という理由で、
必死に情報を聞き出そうとしているのであれば、相手の立場も酌量してあげてください。


ただ、話の流れを読むと、「そこそこ話ができる人」という事であなたが応対した訳
で、相手が期待するレベルでなかったなら、応対すべきではなかったという事で
しょう。その辺に、誤解があって、相手が立腹してしまったのではないでしょうか。
時間外で応対できないのであれば、電話機を取らない。これは、営業関連の部署
では、かなり常識的な事です。こういうとき、相手は、担当者がどうのではなく、
会社の姿勢として捉えがちですので、下手に電話に出ない方が良いです。

ただし、本当に時間外に聞かなければならないほど、切羽詰った状況なのでしょうか。
どうせ株式市場はクローズしていますから、明朝一番とか、担当者に連絡をとって
折り返すとか、そういう対応ができたら、その方が良かったように思います。

905 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/05 16:12
経済学板
経営学板

ってどこにあるんですか?

906 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/05 23:33
知らんけど、経済の問題を数学板に投げるのやめろよな…

907 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/05 23:58
経済学と経営学の違いを教えてください。

908 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/06 00:43
>>907

解決しました

909 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/07 01:03
>>905
経済学版はいちごにあるよ

910 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/07 20:51
>国債の評価について

>先日、新聞に「今期の決算から、満期保有目的の国債は時価評価しなくていいよ。
>だからこれからも国債買い支えてね」という内容の記事がありましたが、
>これはインチキ会計のススメですか。それとも、「日銀は万券刷ればいくらでも
>買い戻せるんだからあたりめーだろ」ですか。

誰も俺の質問答えてくれね。俺馬鹿だから答えわかんね。
昨日の日経の大機小機のコラムでは批判気味だった。

もし、ある銀行が大量の国債をもっていてBS上は含み損無しってことになっていたとして、
なんかの拍子にその銀行が潰れたとするでしょ。
そうすると、まともな資産ってことでほかの銀行に引き継がれると思うんだけど、
引き受ける側は満期保有なんてしたくなければそこで売っちゃうでしょ。
で、評価損発生ってことで前の銀行のBSは何だったの?嘘だったの?ってことになる。

それに、好きなときに満期保有目的かそうじゃないかを変えることができれば
とことん国債買い込んで金利上昇時は「満期保有ですが何か?」ってことにして
金利低下時は高値売り抜けしてウマーってこと?

ここら辺教えてください。あと日本以外の国はどうしてるのかも教えてください。

911 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/07 23:26
質問です。
為替は今円高基調にありますが、どうしてガソリンの価格が高騰するのですか?
円高であれば安く、円安であれば高くなるはずなのに。

912 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 00:06
>>910
それを言うなら、破綻してから、実際に買収が決まるまでの間にも
価格が変わるわけで、時価会計やろうがやるまいが、前のBSは嘘
だったという事になる。


ちなみに、東南アジア方面に行った時に聞いてきた話では、会計士
が自分なり基準で決めている。というか、経営者とのネゴで決める
そうです。公開企業の話じゃないけどね。


というかさ、>>910の発想って、「あいつら悪い事しているからとっちめ
てやろう」っていう気持ちが出すぎで、全然公平な判断をしようとして
いるように見えないよ。

そもそも論は、会計サイドで時価評価にしながら、税制では「時価
なんぞ認めん。税金を払えゴルア!」ってな事やってるところにあるん
だからね。会計士が認めた減価分は損金計上を認めるとかしてれば
税効果なんてややこしい事もしなくても良いし、節税目的で時価会計
を自発的に取り入れる企業も出てくるだろ。

そもそも、この手の話になると、投資家保護が言い訳で出てくるけど、
会社の会計基準をチェックしないようなタコ投資家は、自己責任で損
をすれば良いんだ。

913 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 00:08
>>911
それ以上に、原油が上がっているからです。

OPECでの産出量削減とか、中国の好景気とかで、需給バランスが
変わって、原油価格が上がっています。

それと、為替予約もあるし、化学業界の価格交渉って独特だから、
タイムラグは相当にあるよ。なにせ、今から価格交渉が始まって、
半年後に決着したら、180日さかのぼって価格の遡及改定する
業界だもん。

914 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 00:22
>>913
>>それと、為替予約もあるし、化学業界の価格交渉って独特だから、
タイムラグは相当にあるよ。なにせ、今から価格交渉が始まって、
半年後に決着したら、180日さかのぼって価格の遡及改定する
業界だもん。

これってガスにも同じこといえるの?

915 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 04:11
>>912アリガト

俺、全然、「あいつら悪い事しているからとっちめてやろう」って気は無いんだけど
そう思われるのなら、「日銀は万券刷ればいくらでも買い戻せるんだからあたりめーだろ」派
が一般的ってことですか?

これ結構重要なニュースだと思ったんだけど俺、なんかずれてんのかな。

916 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 04:29
>>915 元ネタ読んでいないけど。

今の会計制度改革は、日本を直接金融主体の経済に変えたくて仕方が
無い金融屋さんたちの思惑で決まってきたように思う。そして、税制サイド
とは全く話し合おうともしないで、勝手にガンガンやっている。もう現場無視
も良いところ。どこか狂っていると思う。投資家に甘く、企業家に厳しいだけ。
だから、プロパガンダの一環で銀行を叩いて喜んでいる。


「万券刷れば」っての、何が言いたいのか良くわからんけど、国債は最初
から政府の通貨発行権が裏づけで発行されているんだから、円経済に
おいてはインフレによる減価を覗けば、その価値は現金を持っているのと
大差ない。

金利が上昇すると現金化するときに価値が下がるとか言うんなら、満期
保有していても、その償還金もインフレで価値が下がっているんだよ。
インフレってのは今の円と将来の円の価値の差に過ぎない。インフレで
将来円の価値が値下がりするってんなら、じゃあその将来の円を今の
価値に直したら安い評価になりますってだけのこと。

だから、国債と危険資産(株など)との間で流動性の罠が起きる。


そもそも、こんなのが話題になる事自体、今までの会計制度改革の方向
性が狂っていたという事に過ぎない。でも、狂っていた会計制度が正しい
方向に向かうことがわかっただけでも、重要なニュースだよ。

917 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 15:38
夜中の4時半なのにレスもらっちゃたよ。スゲエ。
現場を知る声って感じ。

取り急ぎ、お礼だけ。

918 :t.m:04/04/08 19:33
>>910
>もし、ある銀行が大量の国債をもっていてBS上は含み損無しってことになっていたとして、
>なんかの拍子にその銀行が潰れたとするでしょ。
>そうすると、まともな資産ってことでほかの銀行に引き継がれると思うんだけど、
>引き受ける側は満期保有なんてしたくなければそこで売っちゃうでしょ。
>で、評価損発生ってことで前の銀行のBSは何だったの?嘘だったの?ってことになる。

上場企業or大企業が提出を義務付けられている財務諸表の中に
付属明細票というものがあります。
その付属明細票に満期保有目的債券の簿価が書かれているので、
それと時価を比べればどれくらいの含み損益があるかは容易にわかります。
買収する企業はそのくらい見るので、上の問題は発生しません。
まあ、投資家もそれくらいは見たほうがいいかもしれません。


>それに、好きなときに満期保有目的かそうじゃないかを変えることができれば
>とことん国債買い込んで金利上昇時は「満期保有ですが何か?」ってことにして
>金利低下時は高値売り抜けしてウマーってこと?

残念ながらそれはできません。
一回、満期保有目的債券をほかの科目に変えたり、売却したりしてしまうと
すべての満期保有目的債券もほかの保有目的に強制的にさせられ、
その企業は数年間は満期保有目的債券を使えないというペナルティが課されます。


上は間違っているかもしれないから、詳しくは専門家にお聞きください。

919 :t.m:04/04/08 19:34
>>918
×付属明細票
○附属明細票

920 :脱税!:04/04/08 20:48
ここにも死刑にする奴がいます

     http://www.page.sannet.ne.jp/pepetaro/


921 :経済初心者:04/04/08 21:53
私にとって、経済は難しく皆さんのハイレベルな会話からガクンッと
レベルが落ちる質問なんですが、経済に詳しい方教えてください。

『今このご時世、一戸建ての家を買うべきか、借家住まいを続けるか?。
固定金利で借金してインフレで得するか。どんなもんでしょうか。』

という板があるのですが、この「固定金利で借金してインフレで得する」
というのは、どういうことなんでしょうか?どなたか分かりますか?



922 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 22:11
>>921
私も詳しく無いんですけど。
確かにおかしい。
多額の借金をしてインフレで得をするなら解る、資産も上昇するならば。
持ち家は減価償却があるから必ず減るけど。
しかしインフレで必ず金利が上がり、固定を上回るとは限らない。
投機場になり資金需要が増して金利が上がり、物価も上がる場合はそうなるかもしれないが。



923 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 22:19
ちょっとタイムリーじゃない話なんですが、
1998年にクルーグマン教授が日本が流動性の罠に陥ってることを指摘したのに併せて、
金融の量的緩和政策を勧めた理由とその政策をとったときの効果をIS−LM曲線とインフレ曲線で説明してもらえないでしょうか。
量的緩和で、インフレ需要曲線がシフトするのは分かります。そして期待インフレ率が上がるのもわかります。
フィッシャー方程式で、実質利子率が下がるのも分かるんですが、実質利子率が下がるとなぜ、流動性の罠から抜け出せることになるのでしょうか?
アンポンタンなオイラのために、是非お願いします。



924 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 23:58
消費税が上がるということは、
インフレがそれだけ進むことと同意ではないかと思うのですが違いますか?

925 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 00:33
>>923
流動性の罠というのは家にあった経済原論の本を見ると

こうして利子は資本そのものの属性とみなされ、不払い労働の転化物たる起業者利得は、
逆に利子と対立するところの賃金=監督賃金として観念化され、この監督賃金が普通の賃労働者のそれよりも高いのは
@その労働が複雑労働であり
A彼が自分自身に労賃を支払うからである、と言う外観を取るようにさえなる。
こうして利子産み資本はまさに資本物神の最高形態、その完成の頂点に到達する。
に該当すると思われます。

これより実質利子率を下げないと神様が大猿になって暴れる事が中国の故事にあるので、下がらないと抜け出した事にならないと言う意味だと思われます。



926 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 01:11
>>923
多分・・・実質金利が低下→名目利子率一定でも民間投資増→IS曲線シフト・・・ってことなのでは??


927 :とーほくの資産家:04/04/09 01:47
借金して家を買うのならば勧めません。
家を建てると、家族がケンカになったり
世帯主が病気になったり、三隣亡でトラブル
になったりと、リスクが多い事も考慮して。


928 :名無しさん:04/04/09 01:51
インフレ懸念がない人が庶民のみならず政府にもあるのか。
それとも、いつかは自然発生するインフレが起きるのを取りあえず
なんとか財政再建で頑張ってますのポーズで時間稼ぎをしているのか
どっちでしょう。

929 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 02:02
すみません素人なんですけど
よく円介入で10兆円とかとてつもない金額がでてくるんですが
一体どこからそんなお金が出てくるんですか?
ガイシュツだったらごめんなさい

930 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 03:49
>>911

将来、借金してでも持ち家が欲しいのなら、デフレの時に固定金利で借金した
方が名目金利は低くて済む。景気回復するまで借家で過ごし、その後、インフレ
が来て金利が上昇してから金を借りるよりはお得。

ただし、ここで注意しなければならないのは、インフレがいつくるか誰にもわからず、
デフレがいつまで続き、その間に持ち家のための借金返済で首が回らなくなって、
自分が破産してしまう可能性もあるという事。

あくまでも、自己責任でやってください。

なお、インフレになったら、金利は上がります。財市場と金融市場は投資を通じて
リンクしています。日銀の中の人が狂って訳のわからない金融政策を行うと、
リンク度合いがイビツになりますので、ここで読みが外れるケースはありえます。

931 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 03:53
>>923
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/japtrapj.html
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/liquid-j.html
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/jrespectj.html
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/scurvej.html
http://www.post1.com/home/hiyori13/krugman/japtrap2j.html

この辺を読んでみてはいかがでしょうか。

訳が気に入らない人も多いので、そういう方は原文で。

932 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 04:08
>>924
違います。

消費者サイドは、インフレになりますが、生産者サイドはデフレになります。
政府が中抜きをすることで、均衡点が狂って、数量ベースは減少します。

933 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 04:11
>>929
今の日本は、貯蓄−投資という面でみると、完全にお金が余ってしまっている
状態です。お金の貸し手はいても、借り手はいません。

そこで、みんなのお金を預かっている銀行は、仕方なしに国債を買って運用して
います。

今回の為替介入も、政府短気証券という形で、銀行に余っているお金を、政府が
借りる事で実施しています。

ただし、全部ではなく、一部は日銀が直接引き受けて、「お札を刷って渡す」方式
で資金を得ているようです。

934 :経済初心者:04/04/09 10:09

どうしてイラク事情が悪化すると、@「円安ドル高」方向になり、
同時に日本の(世界的に?)A株価が下がるのですか?(というより特定の業種に買いが集中
するのかな?)

経済に詳しい方教えてくれませんか?

935 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 12:52
>>934
イラク情勢の変化で、日本の政治状況が不透明になるので、
外国人投資家から見て、日本のカントリーリスクが増します。←ここの解釈は人それぞれ

外国人投資家は、彼らの資金のポートフォリオバランスを変更し、
その結果、円で運用する分が減少します。つまり、円を売ります。
そして、もともとその円を運用していた先は株式市場です。

この結果、円安、株安となります。

こういう事?


936 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 17:21
ごっくん待受け
http://m-no1.jp/

937 :経済初心者:04/04/09 18:21
>>935 レスありがとうございます。なるほど・・・

イラク情勢の変化で、日本の政治状況が不透明になるので、
「円」と「ドル」なら「ドル」の方が信用性・堅実性がある?ので、
とりあえず「円」から手を引き(日本株を売り、ドル買いして)
「ドル」を手元に残しておくという保守的な思考へ移った結果なのですか?

もしそうなら、米国も同じように政治状況が不透明なんじゃないでしょうか?
同じ不透明なら自国の通貨を手元に・・・ということでしょうか?

938 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 18:25
>>935
最近株価の上昇が順調だったので、どこかで利益確定しなきゃいけないなぁ、と思ってた矢先に
ちょうどいい材料ができたんで、みんなが売って株価が下がった、と言えないですかね?
あくまで今回に限る理由ですけど。

939 :経済初心者:04/04/09 20:31
↑フムフム・・・。

940 :経済初心者:04/04/09 20:47
横レス申し訳ないですが・・・・
>>933のなかで、
「今の日本は、貯蓄−投資という面でみると、完全にお金が余ってしまっている
状態です。お金の貸し手はいても、借り手はいません。」という部分なんですが、

この★お金の貸し手はいても、借り手はいません★とありますが、最近まで
銀行の「貸し渋り、貸し剥がし」とか言って、中小企業の借り手はたくさんいても
極力、貸したくないという状態なんだなぁ、と思っていましたがもうその状態を
脱したのですか?or中小企業は良い借り手とはみていないのですか?


941 :929:04/04/09 23:16
>>933
大変良くわかりました。
わかりやすい御説明ありがとうございました。

942 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 01:02
>>940
運転資金の借り手はいても、投資資金の借り手がいないという意味です。

運転資金は貸しても借金の返済に回るので、マクロ的には投資ではありません。
△貯蓄の減少で、貯蓄の増加を生み出しています。


同じ中小企業でも、経営状態が良いところには、ずーっと前から銀行の支店長
が「資金は必要ありませんか?」と揉み手をしながら日参しています。
金利も、昔では考えられないような数字が出ています。長期プライムレートと
ほとんど変わらないとか、時期によっては長プラより安い金利が提示されたりして。



943 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 03:16
「米の過去最大の経常収支赤字をうけてドル安が進み…」
といった解説を聞きます。
経常収支が赤字という事は、国内で作るより多く消費している訳ですよね。
消費が活発なら景気は良いのではないでしょうか?
なぜ景気がいい国の通貨が安くなるのでしょうか?

バブル当時、ホンダがNSXを発売した時は日本で売れまくって生産が追いつかず
アメリカで生産されたNSXを逆輸入して国内で売っていました。(懐かしいなぁ)
これが大大大規模で起こると日本は貿易赤字になりますが、その時は円安になるのでしょうか?
日本人全員が車を買いあさる程の消費は、超好景気でないと起こらないと思います。

消費が活発な好景気国=経常赤字=通貨安になってしまうのは理解に苦しみます。

そもそも経常収支が赤字だと何が悪いのでしょうか?
好景気=経常赤字=通貨安=悪いこと が成り立つと
好景気=悪いこと になってしまいます。



944 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 06:39
赤字だと国内の企業や政府が借金をしているから、国内で経済政策をおこなうときに、
海外からの借金を気にしなくてはならなくなる。まるで一塁にランナーがいるときの、
ピッチャーのようで、気が散ってしかたがない。だから赤字はだめです

945 :経済初心者:04/04/10 07:05
>>942 難しくて頭が痛くなってきましたが・・・

★942でいう「運転資金」とは単に、既存の銀行借入を他の銀行借入にシフトするなど
借入先を変更する場合の「@肩代わり資金」だけを指すのでしょうか。それとも
一般的で短期に回転する「A経常運転資金」や「B売上増加運転資金」なども含むのでしょうか?
もしAやBの場合にも貸し渋り等に遭うのならシビアな話ですが・・・。

★また、「投資資金」とは事業規模拡大のチャンスを掴んだような企業が、長期的かつ継続的に
使用する固定設備(土地や生産設備など)に投下する「C設備投資資金」を指しているのでしょうか?
そうであるならば、942でいう「投資資金の借り手がいない」というのは即ち、銀行が揉み手日参の
ターゲットとするような将来性ある企業が少なく、逆に短期サイクルの@ABのような企業が単に
多いがために貸し渋り・貸し剥がし現象が目立って見られているということですか?

(無知なために)見当外れな質問でしたら、すみません・・・。



946 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 13:36
>>943
米国経常赤字、日本経常黒字
→円需要が多い→円高ドル安。

経常収支の赤字は、海外からの借金増とおなじ。
借金して景気がよいのは放蕩。そんな国の通貨は信用されない。ドル安

947 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 16:45
なるほど、そうすると
放蕩にならない程度の消費増=好景気=良いこと
なら、みんながその国の通貨を欲しがって通貨が強くなる。
でよろしいでしょうか。
国内でいっぱい作ったモノのほとんどを国内で消費して、さらに輸出して
経常収支も黒にする。
こんな感じの好景気は最近の日本、アメリカにあったのでしょうか。
それとも 強い国=強い通貨 はそんなに関係ないのでしょうか?

948 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 16:50
>>945
肩代わり資金、経常運転資金と区別していますが、借り先が銀行なのか、それとも
仕入先なのかという違いに過ぎません。売上増加に起因する必要資金も、それが
仕入れのためのものであるならば仕入先に借金をしないための肩代わり資金に過ぎ
ません。また、売り掛けサイトを長く持ったが故に運転資金が必要になるのであれば、
それは販売先の借金を売掛債権で肩代わりしているという事です。借金の相手が、
銀行なのか、仕入先なのか、それとも販売先にお金を貸したがために運転資金が必要
になったのかというだけのことで、@〜Bの区別はあまり意味がありません。

銀行は、融資をする際に、「返済能力」をチェックします。単に、担保を有するか、それ
とも経営基盤がしっかりしていて、返済計画に信用がおけるかという視点で、貸し先を
選別します。この点に信用がある企業には、銀行もお金を貸そうとします。@〜Bに
該当する資金が欲しい企業でも、この条件を満たしていれば銀行はお金を貸してくれます。


同時に不景気であるために、設備投資願望を持っている企業が大変に少ないので、
設備投資のための借り手がとても少ないという状況になっています。

また、企業のリストラ・価格破壊の波は、企業間取引にも波及しています。下請け零細
企業が、元受企業からの無茶な価格での受注を飲まざるを得なかったり、あるいは生産
拠点の海外シフトで売上減少が明らかな会社は、「返済計画」を建てようがありません。
返済できないのが明らかな相手にお金を貸す人はいないでしょう。そして、こういう会社
が大変に多くなっています。

おっしゃる通り、貸し渋り・貸し剥がしが目立つのは、こういう事からです。

949 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 17:01
>>945 続き

竹中大臣くらいに雲の上の人になると、下請け零細企業は「負け組み」であり、「淘汰
されて当たり前」と考えるようで、経済の構造改革が必要と何度も言っています。
企業は生産性をあげるために、リストラ・生産拠点の海外シフトをして、下請けの零細
企業の多くが、経営困難に陥りました。

そういう先に預金者のお金を預かっている銀行がお金を貸さないのは、ある
意味当然です。そして、そういう企業に融資してあるお金は、「返済の見込み」がない
不良債権に他なりません。追加融資などで時間稼ぎして貸出額を増やしても、将来
の損失を増やすだけなので、とっとと相手を倒産させて、損金を確定してしまえという
事になります。これが不良債権処理です。

しかしながら、貸し渋り・貸し剥がし問題が大きくなるにつれ政治的に許容されなくなっ
たのでしょう。

銀行に対して、2つの事を要求するようになりました。
1.不良債権を新しく作るな。今ある不良債権は速やかに処理しろ。
2.貸し渋り・貸し剥がしと呼ばれるような事はするな。

矛盾していますよね。

950 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 17:15
>>943
景気問題とは切り離して考えた方が良いですよ。

為替レートは、基本的に金融資産の収益率を裁定するように決まります。
貿易赤字があまりに多いようであれば、総需要を削減するために、金融引締め
が行われる可能性があります。そして、金融引締めを行うと、金利は上昇します
が、株などの価格は下がります。ドルで運用すると良くないという事になります。

短期的な株価は、このような政策変更を「予想」しながら決まります。ですので、
貿易赤字のニュースを聞いたときに、上で書いたように考える人もいれば、別の
理由で貿易赤字=ドル安と考える人もいれば、逆にドル高を予想する人もいる
でしょう。そういう人たちの、手持ち資金の売買を通じて、最終的には全体の平均
のような形で、為替レートが決まります。短期的には、市場参加者全員でこっくり
さんをやって為替レートを決めているようなものです。高くなると思う人が多ければ
高くなり、安くなると思う人が多ければ安くなります。それだけのことです。

なお、固定相場制下では、貿易赤字は外貨準備がいずれ枯渇する事を意味します。
そのため、貿易赤字は良くないこととみなされるのですが、変動相場制は、経常取引
の決済を資本取引で行いますので、貿易赤字の場合は、アメリカに対し金融投資を
する国が増える事になります。アメリカにおいて、金融市場でマネーの錬金術があれ
だけ発達した理由は、長らく経常収支赤字を続けてきたからに他ならないと思います。

世界の貿易取引を考えたとき、日本が経常収支黒字であれば、日本以外の全ての国
を合計した「その他国の経常収支」は赤字になります。もし、経常収支の赤字・黒字が
問題になるのでしたら、日本の経常収支黒字が、他の全ての国の赤字を生み出している
わけで、黒字も赤字も、同じ問題の裏返しに過ぎず、どちらも良い状態ではないと言える
でしょう。というわけで、経常収支が黒字だろうと赤字だろうと、別段問題ではありません。
今、日本で「経常収支黒字を増やそう」と主張する人がいたら、その人は固定相場制時代
から頭の中が進化していないのか、それとも輸出企業の代弁をしていると考えて良いと
思います。

951 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 17:20
どうして最近のマスゴミは実質成長率だけで
名目成長率を併記しなくなったの?
政府の圧力?
2月なんか実質値0.2%成長だから名目だとマイナスでしょ?


952 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 17:46
>>950
ありがとうございます。
大変解かりやすく、納得のいく説明でした。

ニュース、新聞だけを見ているとこういった解説は得られませんが
どういう勉強法がいいでしょうか。
「誰でもわかる経済」式の入門書には経常収支とは何か、という説明
はありますがそれがいいのか悪いのか、どうしてそうなるのか、という所が
抜けています。
数式ではなく、950さんのように言葉で因果を解説している解説書が欲しいです。
何かお勧めはありますか。今のところこのスレが一番役に立ってます。

953 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 17:59
小泉の言う構造改革をするとどうして景気が良くなるんですか?
郵政民営化や道路公団民営化して効率重視にしても短期的には
雇用やデフレに悪影響が出るだけなんじゃ?


954 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 17:59
>>952
良質の教科書で勉強すべきでしょう。
そして一番良いのは、良い師にめぐり合うことでしょう。

955 :経済初心者:04/04/10 19:14
>>948 >>949
繰り返し読んでいる内に、だんだん分かってきたようです。
銀行が行う融資に関する基本常識や、それに対する日本の現状について
そもそも自分はかなり知識欠如ということが分かりました。
長文で丁寧な説明どうもありがとうございました。


956 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 19:36
>>947
>国内でいっぱい作ったモノのほとんどを国内で消費して、さらに輸出して
>経常収支も黒にする。こんな感じの好景気

1929年大恐慌以前のアメリカ、第二次大戦後のアメリカ、
80年代末の日本が該当するのでは。

957 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 20:20
>>955
あなた良い人ですね。ついでなので補足しておきます。

本来、投資を行う資金の貸し出しというのは、とてもリスキーなんです。なぜなら、投資を
して事業が軌道にのって収益が上がるという過程が必要で、事業が失敗する可能性が
かなりあります。あなたが、もし銀行員で、事業の可否の判断ができるのであれば、退職
して起業家になったら良いでしょう。起業にしても投資にしても、誰にも成否がわからない
から、やりたい人が夢を持ってチャレンジするのです。

というわけで、銀行サイドからすると、返済計画がしっかりしていれば、運転資金の方が
貸し出しやすいのです。例えば、売り掛けサイトが長いために必要な運転資金なんての
は、販売先企業が信用できる会社なら、確実にお金が帰ってきます。

運転資金を借りる会社が「悪」みたいな事を言う人もいますが、そういう問題じゃないんです。


958 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 20:20
>>955 続き
本来、投資資金は「返済の必要のない」株式などの直接市場で調達した方が「自己責任」
という事がはっきりして良いのでしょう。銀行では、預金の保護という観点が必ずついて
まわりますから。しかし、日本は違いました。銀行の融資がメインでした。

これは、一つには政府系の投資資金を融資する金融機関が数多くあった事によります。
日本興業銀行、長期信用銀行、商工中金、その他諸々。また、都市銀行だけでなく、数多
くの地銀、第二地銀、信用金庫があり、これらが利便性から、ちょっとお金を預けておく
用途、決済に使う用途として大変に重宝してきました。自動引き落としなんて、最たるもの
です。これが、金融の中核を占めました。郵便貯金などは、むしろ財政投融資として、政府
系の投資事業に供される事が多かったようです。

もう一つは、「資産家」が極めて少ないという点です。自分のお金を運用する必要がある人
が少なかったので、信託銀行もあまり発達しませんでしたし、証券会社も営業マンの足を
使った、小金持ち相手のセールスが主体でした。これは、税制というか、日本という国の
国民の幸福に対する考え方から生まれたものです。一部の資産家の末裔を優遇する国
ではなく、重い相続税を課すことで、できるだけ全ての人が同じスタートラインで競争できる
ようにするためでした。

また、日本古来の金融制度である「手形」の存在も大きいと思います。日本においては、
銀行は手形の決済をする場所という位置づけでもあります。手形は小切手とは違い、
企業間の資金融資的な側面も含まれています。また、それを債権化して、売買する事が
できます。が、同時にこういう便利な金融商品は連鎖的に巨額の負債を生じてしまうリスク
があります。それを避けるために、手形決済に関するトラブルは、全国の銀行取引停止と
言うような厳しい罰が課されるようになったわけです。この事が逆に、銀行の信用を高めた
と言っても良いと思います。

959 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 20:21
>>955 続き
さて、構造改革という名で進められている金融・財政改革を、捉えなおして見ましょう。
・投資資金を直接市場にシフトする
・政府系金融機関の統廃合、売却
・税制のフラット化と相続税簡素化による資産家の育成
・ペイオフ解禁を行う事で銀行の信用度を弱める
・会計制度改革で、投資家保護とも言えるような、過度の会計制度見直しを行う

これらを行っています。

「改革が必要」というだけで、目的はいまだに明確にされていません。

日本型の経済が、もし良いものではないのであれば、今の日本の経済的地位は
ありませんでした。何故、今、これを変えなければならないのか、なぜわざわざ
不景気になるのがわかっていて、今こういう事を行うのか、僕には理解できない
というのが正直なところです。

960 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 21:52
>>956
日本は86年から90年にかけては経常黒字は減少しています。
バブルの絶頂だった年が近年では最も黒字が少ない年になっています。

まぁ、経常収支の黒と赤に勝ち負けはないという>>950の説明でFA。


961 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 22:40
>>960
バブルの頂は、政策で経常黒字を減らし、国内需要をつけた。
というか、その政策がバブルを生んだ。その政策の推進理論がISバランス論

962 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 22:44
>>961
何故、そこでI−Sバランス論が取り上げられるのか、意味不明です。


963 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 23:02
>>962
貿易摩擦、経常黒字の原因は、貯蓄超過。
従って、国内投資を増やせ。


964 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 23:12
>>963
海外投資ではなかったのか。
ニューヨークにビルたてたり、工場をたてたり。


965 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 23:14
>>963
至極まっとうな事じゃないですか。

966 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 23:16
>>963
経常収支黒字を増やすためには、景気を悪くさせろと。
あ、小泉内閣もI-Sバランス論に則って構造改革をしているんだね。

今、気がついたよw

967 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 23:21
本社が日本にあれば、仕事は全部低賃金の国でやればいい。

968 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 23:24
>>966
多分T−Sバランスが問題になったのはこの為。
http://wp.cao.go.jp/zenbun/sekai/wp-we87/wp-we87-00208.html

969 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/10 23:59
投資が増えたら景気が良くなるに決まってるじゃん。
ま、景気が良いから投資も増えるんだが。


970 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 00:02
>>961
バブルを生むほど好景気だった事自体は悪い事では無い。

バブルの良くない点は、土地転がしで違法行為を平然と行うやからが
のさばったことであり、このこと自体は、警察・司法が正しく機能して
いなかったことが原因。この点については、その後も全く改善されていない。
何故改善されないかというと、「バブル自体が悪い」という事で、皆が納得して
しまったからだ。

そして、もう一つは、その崩壊過程。政策的に無理やり破綻させてしまった。
このミスを糊塗するためにも、バブル自体が「悪」でなければならなかった。

971 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 00:16
>>964
プラザ合意後の急激な円高により、円高成金がニューヨークのビルを
かったり。自動車等は貿易摩擦回避や、円高対応の海外進出も。

972 :t.m:04/04/11 00:18
>>970
土地転がしって違法だったっけ?

973 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 00:19
>>972
いや、それじゃなくて、人が住んでる家にトラックが突っ込んだりした奴

974 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 00:28
国際収支の経済学 / 東京銀行調査部著 税込価格 ¥ 2,447 (税別:¥2,330)
出版社 有斐閣 発行年月 1994.06
国際収支の基本概念と仕組み・理論・資本移動のメカニズム・為替
相場・資金フローの構図・分析の視点・政策選択と役割などを、理
論的・実務的に整理し、実務的な側面をも織り込んだ体系的なテキスト。

入門 国際収支 統計の見方・使い方と実践的活用法
日本銀行国際収支統計研究会 (著)<東洋経済新報社> ¥2,940 (税込)
国際収支についての入門書

975 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 00:43
>>952
経済入門に最適な本〜2冊目
http://money2.2ch.net/test/read.cgi/eco/1069897788/


976 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 00:48
「親のお金」の時代。
マジレスです。
これがいくとこまでいって欲求不満爆発し、
共産革命が勃発、金持ちの娘は輪姦の上市中ひきまわし、
両親は、自己批判させた上で強制収容所送りとなり栄養失調で死亡。
息子は、まぐろ漁船にのせらrて、半年間重労働の後
海にほうりこまれ、サメの餌。
一日も早くそうなってほすい・・・

977 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 01:34
経常収支の赤字黒字の話を蒸し返すようで悪いんだが、
経常赤字が悪いってのは誰が言い出したんだろう。
マスコミでは黒字信仰っていうか、赤字になったら日本終わるみたいな雰囲気だよね。
経済学やった人なら大丈夫だけど、一般人はよく誤解してる。


978 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 01:58
>>977
そういう人に限って、資本収支の赤字を「アメリカの陰謀だ!」とか信じているw


まあ、1971年のニクソンショックとスミソニアン合意までは固定相場制の時代
だったわけだし、日本はその頃の外貨獲得路線を1980年代まで継続しちゃった
から、プラザ合意があったわけだし、誰が言い出したんじゃなくて、新しい仕組み
に発想がついていっていないだけなんだと思う。ほら、本書いて偉そうな顔をして
いる連中って年寄りが多いから。

1985年ごろって、金本位制についてはとっくの昔に諦めはついていたけど、まだ
固定相場制への復帰も夢見ている人が多かったんじゃないかな。ECU(現ユーロ)
の通貨バスケットとかスネーク相場とか。意外と新しい話なんだよ。

戦後の国際通貨制度の歴史
http://www.mbfutures.com/sc/e/e03.html

979 :経済初心者:04/04/11 03:04
>>957>>959
私は最近話題の年金問題に興味を持ち、年金についてはかなり勉強していましたが
興味が広がり、各新聞の経済webページの全般をを断片的に読むようになりました。
株の運用を少額する程度で、頭が硬く経済時事の理解には難儀しています。
このスレで他の人のやり取りを見ているだけでも、一読しただけでは分かりませんが、
繰り返し読んだり、調べたりして分かってくると面白いものですね。
957〜959も繰り返し読まさせて頂きます。どうも有り難うございました。

980 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 03:49
>>978
昔ながらの学者さん達が『素』で間違ってた訳ですか。
>資本収支の赤字を「アメリカの陰謀だ!」
陰謀!!やっぱ世の中のマネーゲームを操ってるのはユダヤ人ですよwww
よくユダヤの陰謀って聞くけど、具体的に誰が(どの会社が)、何の為に、どうやって
経済を操ってるのか誰もちゃんと説明してくれないのよね。
こじつけの電波理論を聞きたいのにさ。
でも便利だよね、陰謀って。
解からないことがあったら
「あ、これユダヤの陰謀だよ」
「ああ、そうだな。それじゃあしょうがないな」
「ウン、間違いない」
これで終わりだもん。理屈もクソも無い。すげえ便利。
雑談でごめん。

981 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 14:57
>>980
マクロ系の人は、そんな間違いはしないけど、ミクロ系の人、特に厚生経済学
系の人が知りもしないでマクロ語ると、こういう間違いは素でやるよ。

でもね、本当に間違いが目立つのは、経営者連中(経団連とか)や、有名な元経営者
の精神論とか、株式投資の予想屋や、小説家や落語家が経済評論している奴とか、
そういう連中だと思うよ。

大きな本屋に言くと、経済書のコーナーが2ヶ所あるのに気づくと思う。
1ヶ所は、入り口近くの新刊コーナーの近くにあるビジネス書籍。もう1ヶ所は、
かなり奥まったところにある経済学術書のコーナー。両方とも同じ現象を対象
としながら、書いている内容は正反対の事が多い。

982 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 15:11
>>979
年金問題は、経済学的にどう捉えるのか難しいよね。
財政学的には破綻まっしぐらの現象は確認できているけど、
マクロ的に論じられた事が、あまり無いと思う。

あれ、本来は国民の貯蓄なんだよね。でも、税金と一緒に給与から
天引きされて、手取りしか見ていない人からすると、貯蓄ではなく、
租税と捉えられてしまう。マクロ的には貯蓄なんだけど、個人の所得
の配分としては租税と捉えられているから、別途貯蓄を作りたくなり
貯蓄が多すぎる経済を生んだという事かなと。

で、そのことが不況期には・・・

ここは議論スレじゃないから、視点の提供にとどめておく。

起きている現象の大半がわかった上でないと、判断は難しいよね。
一部しか見えていないと、対症療法で余計悪化させる事があるからね。

983 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 15:29
>>981
俺はマクロ経済とは国家の金融政策に過ぎないと思う。いわば公務員試験の為の経済学。
現実の経済は精神論や投資の予想で動いていると言う皮肉があのグルーグマンと言う人の論文の趣旨では無いかと。

雇用問題とかについても完全雇用下でといういわば理想気体状態を仮定しているわけで、
おそらく実績がでなくても特殊構造のためとかミクロの問題とかになる。

完全雇用創出をマクロで解決するのは不可能であり、雇用のためのマクロ政策を叫ぶ奴は警戒したほうがいいと思う。

984 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 15:31
>>983
議論は他スレでやれ

985 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 15:49
>>983 これも質問と捉えて回答をしてみる。

真に警戒すべきは、やりたい政策が先にあって、理由を後付けで考える連中です。
この点は同意します。

政策を唱えるのは政治的な行為なので、好きじゃない。これが経済学者一般の態度です。

故に、サプライサイドなどは、経済学とは考えられていません。

マクロモデルにしても、厚生経済学の部分均衡モデルにしても、物事の理解のための
ツールなわけで、そのツールを活用し、モデルに組み入れられた指標の変化を見ること
で、現状把握ができる。ミクロモデルも、マクロモデルも、それぞれ有益なツールですが、
ツールの限界を知らずに当てはめると間違った答えを導き出します。

>>981の批判は、経済全体を捉える事ができない部分均衡モデルをもってマクロ経済を
語る御用学者に対する批判です。同様に、マクロ経済の安定だけを考えていては、個々人
の資源配分のゆがみを捉える事はできないでしょう。


さて、このように経済学は本質的に現状分析のツールを作り出し、現状を分析する学問で
ありますが、これを使い、ある政策の帰結を予想し、政策を批判することだけでは、ただの
批判屋といわれてしまいます。

経済学に対して、>>983の批判より前から一般に行われている批判は、「政策提案もしない
で、今やろうとしている政策の批判ばかりしている」というものです。

986 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 15:57
>>983 続き

さて、バブル期と、その後の不況期の2つの極端な経済状態を経験したわけですが、
その間の経済学者の主張の変遷を覚えている人は少ないようです。

1)バブル期
プラザ合意による極端な金融緩和状態を政治的に継続せざるを得ないのなら、公共
事業で財政支出を増やすのは、景気の過熱を招き、経済に悪影響を与える。むしろ、
歳出を抑え、財政均衡を目指すチャンスと捉えた方が良い。

2)不況期
今は不況期なので、公共事業削減の計画は一旦凍結し、効果があるかは不明だが
より一層の金融緩和を行い、景気対策を重点にした方が良い。不況期には、貯蓄の
パラドックスが働くので、財政再建は不可能。

やりたい政策が先にあったら、こういう180度反対方向の批判はしないはずです。

>>953さんが批判しているのは、バブル期にあっても公共事業を主張していた人たち
でしょうし、不況期に財政再建を主張する人も「財政再建がしたい」が先にある人たち
だと思います。いかがでしょうか?

987 :keizai:04/04/12 04:37

もの凄い勢いで誰かが質問に答えるスレ パート3をたてました。
http://money2.2ch.net/test/read.cgi/eco/1081711993/

988 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/12 12:53
>>987


321 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)