5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●     経済英書のスレ      ●  

1 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 17:16
経済英書を読んでわからないところがあればカキコして、わかる人は教えて
あげよう。

2 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 17:38
2


3 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/08 21:03
経済に関する英書は単語をしっかり憶えれば、
文法的には簡単。

エコノミストとビジネスウィークを読む辞典
著者名:市川 泰男 他
出版社:蒼穹出版

はオススメ。

4 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 10:40
経済英書からです。

A perfectly inelastic supply curve in a competitive market exists
when firms cannot vary input usage.

上記の英文の趣旨は

消費者の買い圧力が強いので、生産者は少しの供給量でも価格が変化するので参入
するということでしょうか。

5 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 10:46
引き続き経済英書からです。

When markets are perfectly competitive, consumers have goods
and services produced at the lowest cost in the long run.

英文の主旨として均衡価格をさしているのでしょうか。需要者はそこで財を
手にいれることができるし、生産者は重最低限の価格で生産できる。最低限
の価格で生産した場合、赤字が生まれる。

6 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/09 12:06
Dixit & Skeath の Games of Strategy を某スレで勧められて買ったんだが、
池袋のジュンク堂に行ったら 2nd edtion が置いてあるではないか・・・。
俺はなんて愚かなんだ・・・。

7 :経済初心者だが:04/04/10 02:38
>>4

企業が input usage を変化させることができない場合は
競争の存在する市場においても完全に非弾力的供給曲線が現出する。

いちおう訳してみた。
input usage って辞書に載ってないよ。

8 :経済初心者だが:04/04/10 02:40
>>5
これも訳してみますた。

市場において完全に競争原理が働く場合、消費者は最終的に最も低い
コストで生産された商品やサービスを享受できる。

9 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 01:18
>>5
市場が完全競争的であるなら、
長期では消費者は最小の費用で作られた
財・サービスを購入できる、かとおもいます。

文脈が無いと何とも言いかねます。

>>4
完全に非弾力的な供給曲線が完全競争的な市場に存在する条件が
when以下に書かれているかと思いますが、これも文脈が欲しいところです。

P
 |   | S(供給曲線)
 |   |
 |   |
 |   |
 +--------------- X
perfectly inelastic supply curve
(価格に無反応)

このような類の性質は、
土地であるとか、生産不能な財に関して、
ある価格以上で成立するものかと思います。
ちょっと自信ないですが。
生産要素が有限とかそういう話だったりすると
普通の財でもこういうことが起こるような気もしますが自信ないです。

10 :経済初心者だが:04/04/11 01:26
で、結局 input usage は 9氏も含めて経済板の人は誰も訳せないの。

11 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 01:42
>>4
競争下においても企業が生産手段を他に利用できないときには
完全に非弾性的な供給曲線は存在しうる。

perfectly inelasticは9さんの書いているとおりの供給曲線です。
input usageは投入物の利用方法というのが直訳です。

12 :経済初心者だが:04/04/11 01:51
>>11
ほうほう。なんとなくわかるような気がする。(あくまで気がするだけ
だけど) 補足説明ありがとう。

13 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/11 12:52
A perfectly inelastic supply curve in a competitive market exists
when firms cannot vary input usage.
競争市場における完全に非弾力的な供給曲線は、企業が投入使用を変える事ができないときに存在する。

When markets are perfectly competitive, consumers have goods
and services produced at the lowest cost in the long run.
市場が完全競争的であるとき、消費者は長期においては最低費用で作られる財、サービス
を買う。
In a perfectly competitive market, consumers obtain goods and
services, with their cost the lowest in the long−run.
と上の文章とどちらがより自然?

14 :経済初心者だが:04/04/12 01:44
>上の文章とどちらがより自然?

自然かどうかの判断はネイティブスピーカーじゃないと難しいよね。
しかもこの場合、多少は経済の知識がある人でないと。
ほんとに必要なときはお金払ってネイティブチェックをしてもらうしかないだろうね。



15 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 10:19
age

16 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/13 11:07
>>4-5の人は
OKweb(またはおしえてgoo)の英語のカテゴリーで
同じこと質問してたな。
英語の知識も経済学の知識も中途半端で
書いてある以上の勝手な解釈してると諭されていたが。

17 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/14 09:23
age

18 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 09:35
age

19 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/15 19:34
heteroskedasticity 不均一分散

20 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 02:15
>11
これって、例えばマーシャル安定性の議論で、建売住宅みたいに前期の需給関係
を参考にして今期の販売量を決めるといった財の場合のことかな。価格調整ではなくて数量調整の場合。

21 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/16 21:17
Is this the case of such a good as sales in this term is determined by considering on
a relation between demand and supply in the previous terms, which is discussed in , for example,
Marshall stability and similar to pre−fabric house?

Especially, in the case of quantity−adjustment, as opposed to price−adjusutment.

22 :経済初心者:04/04/16 23:23

Consumer-price inflation in Turkey fell to 11.8 % in the year to
March, from 14.3 % in the year to February.

The Economist とかによく書かれてある表現なんだけど、上の in the year
to March 〜 February の部分はどう訳すんですか。どなたか教えてください。

23 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 01:05
>>22
トルコの消費者物価上昇率は、その年の2月には14.3%だったのが、
3月には11.8%にまで下落した。


24 :経済初心者:04/04/17 01:57
>>23
レスありがとうございます。
>その年の2月には14.3%だったのが、3月には11.8%にまで下落した。

そうすると
fell to 11.8 % in March, from 14.3 % in February in the year
と同じなんでしょうか。




25 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/17 02:21
>>24
直訳するなら、「2月(まで)は14.3%だったのが、3月(まで)には11.8%に〜」じゃないかと。

感覚的には、2月、3月のそれぞれの頭かなという気がするけど、そこまでの意味を込めて
toを使ったのかは、前後の文脈や実際の数字を見ないとなんとも。

26 :経済初心者:04/04/17 02:47
>>25
ありがとうごさいます。
ちなみに22の文は The Economist の最新号(4/10-16)の一番最後のページ、
overview のコーナーのトルコについて書かれた全文です。他の国についても
よくこの in the year to という言い方が使われています。the year というのは
結局今年のことだと思うのですが、経済記事の書き方をよく知らないので判断が
つかない。 (;´Д`)

27 :経済初心者:04/04/18 20:56

Of all the things that might upset America's financial system,
top of most lists are Fannie Mae and Freddie Mac. The two companies
stand behind $4 trillion-worth of morgages ; when that much money
is involved, even a minor glitch can send tremors through financial
markets.

上の文章の stand behind 〜 morgages の訳をどなたか教えてください。

28 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/19 03:10
>>27

「この二社で四兆ドル相当の住宅ローンを支えている」ぐらい?

stand behind はとくに経済用語というわけではなかろう。

29 :27:04/04/19 18:59
>>28
ありがとうございます。
behind を引いたら「滞って」とか「赤字で」とかいう意味があったので
迷ってしまいました。

30 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/19 19:48
Why might official statisticians be overstating America's GDP ---
and productivity with it? Mr Hatzius suggests that they may be
undercounting imports of intermediate inputs of goods and services
produced abroad by American firms that have outsourced jobs to
cheaper countries. Since GDP is calculated as domestic spending
plus exports less imports ( including imports of intermediate
inputs ), this would lead to an overstatement of GDP.

The Economist の一節です。Since 以下の文の訳を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

31 :経済初心者だが:04/04/19 23:33
>>30
いちおう訳してみますた。

GDPは国内支出に輸出額を足したものから輸入額(中間投入の輸入も含む)
を差し引いたものとして計算されるので、このことがGDPの過大な見積もり
につながるのである。

訂正があればよろすく。

32 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 01:02
>>31
「このこと」は、直前の文章(中間生産物の輸入額の過少評価云々)を
指すと思うんだけど、この文章だけだと「sinse」以下の句を指すような
文章になっているかなと。

ま、前後の文章もついてれば、意味は通じるんだろうけど。


33 :経済初心者だが:04/04/20 01:52
>>32
レス thanks 。
なるほど確かに訳文からだとそう誤解されそうですね。もちろん this が指す
ものは they may be undercounting 〜 cheaper countries です。
「このことが」→「中間投入(中間生産物?)の輸出額を過小評価することは」に訂正。

34 :経済初心者:04/04/20 19:59

Relations have improved vastly with the Ministry of Finance.
One such result is that the Bank of Japan no longer fully
"sterilises" intervention in the foreign exchange markets.
Of old, the yen that it printed to buy dollars would be mopped
up by selling bonds. Now it lets some of at least of the
resultant liquidity flow into the economy.

The Economist の日銀と財務省の関係について述べた文です。
文中の the yen 〜 bonds はどういう意味でしょうか。

35 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 22:11
>>34
財務省との関係は大幅に改善された。その結果として、日本銀行は為替市場への介入を
もはや完全に「不胎化」する事はなくなった。

「かつては、ドルを購入するために印刷された円は、国債を売ることで吸い上げられていた。」

こんな感じでしょうか?

それより、最後の文章は英語独特表現なので意訳しないと上手い日本語にならない感じだね。



36 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 22:36
これらの本について、簡単に書評をお願いします。
・Barro, Robert, "Getting it right," MIT Press
・Krugman, Paul, “Pop Internationalism,” MIT Press
・Lucas, Robert,“Models of Business Cycles,” Basil Blackwell, 1987

37 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/20 22:48
>>36
自分で書評を検索しなよ。きっと出てるから。

38 :経済初心者:04/04/21 02:37
>>35
ありがとうございました〜。( ´∀`)
bonds はこの場合やはり日本国債のことでよかったんですね。

39 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/21 07:32
pushing yields higher
意味を教えてください。

40 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/21 15:05
これだけじゃわからんけど、とりあえずイールド曲線をググってみたら?

41 :経済初心者:04/04/21 17:22
yield ってふたつ意味があるよね。「産出(力)、産出高、出産額」とかのやつと
「利回り、収益」という意味と。文脈によってどちらか判断する。
push 〜 higher は「高める、押し上げる、増大させる、増す」など。

42 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/22 00:49
>>36
経済学の正しい使用法
クルーグマン教授の良い経済学、悪い経済学

43 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/23 09:33
If a country has a freely floating exchange rate system and is
experiencing an appreciation in the extremal value of its currency,
it has no balance of payments surplus or deficit after short-run
exchange-rate adjustments are complete.

もし、ある国が自由な変動為替相場システムを取っているとして、通貨価値の
極値的な上昇を経験すれば、国際収支に於いては過不足は生じない
(短期間的な為替相場の調整が完了した後であれば)

直訳すると上のようになるのですが、具体的にはどう解釈したらいいのでしょうか


44 :セックス:04/04/24 02:00
>>43
ある国の通貨が自由変動相場制に則っており、
その通貨の(国際)金融市場における相対的な価値があがっている局面では、
短期的な為替相場介入では経常黒字もしくは経常赤字の超過分(額面上)を調整することは出来ない。

……たとえば、
アメリカ=経常赤字・輸入超過の国がドル高の局面にあった場合、
短期的な為替介入政策でドル切り下げを実行したところで、
ドル額面で計上するかぎりは輸入超過額が変動するわけではない。
10,000ドルの製品を輸入購買するためにはアメリカ企業のドル支払い額はほぼ10,000ドルのまま(あたりまえだ)。
なるほど輸出側の日本の製品価格は円高で高価になるだろうが、それは日本企業の負担であって輸入側アメリカの負担ではない。

そもそも、貿易における商品自体の需給の関係が長期的に変わらないかぎり、
アメリカが買い続け、日本が売り続ける関係は変わらない。

如何だろうか?どこかおかしいか?


45 :セックス:04/04/24 02:11

ところで俺からも質問。
以下、簡単な英語なんだが、じつにわかりにくい。

Japan has failed to boost its economy back on heat by loosing its liquidity too slowly.
金融緩和をゆっくり進めたから景気復活が遅れたの?
それとも金融緩和をゆっくり進めなかったから?
後半のby....がどこにかかっているのかわからん。





46 :セックス:04/04/24 02:16
>>45
ごめん、これ俺の作文なんでちとスペル間違ったわ。
ちゃんと書くと、
Japan has failed to boost its economy back on heat by "loosening" its liquidity too slowly.


47 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 02:34
>>46
http://jiten.www.infoseek.co.jp/Eiwa?pg=result_e.html&col=EW&sm=1&qt=loosen&svp=SEEK&svx=100600
loos・en
━━ v. ゆるむ[める]; 解ける[く]; ばらばらになる[する]; 解き放つ; 動きを楽にする;
ウォームアップする ((up)); (せきを)鎮める; (下剤で)通じをつける.

・loosen up 筋肉を柔軟にする.


「金融緩和のペースが遅かったから」という意味だろうけど、「loosening its loquidity」
だと、ただの金融緩和に限らず、「流動性に対する何らかの縛りを緩めなかったから」
的な広い意味になるような気がする。窓口規制の解除みたいなのも含んでいるような。
前後の文脈にもよるけど。

48 :経済初心者:04/04/24 02:58
>>45
経済は初心者だが英語はそれなりに自信があるのでひとこと言わせてもらいます。
〜 by loosening its liquidity too slowly. は「金融緩和をゆっくり
進めなかったから」の解釈のほうでしょう。
言い換えると「早急に金融緩和策を講じなかったために」。
ちなみに boost its economy back on heat の部分は
get its economy back on track という表現をよく使いますね。
boost 〜 back on heat はあまり見かけないような気がする。

49 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 03:50
>>48
「金融緩和をゆっくり進めなかったから」を言い換えると、
普通は「金融緩和を性急に行ったため」になると思うが。


50 :経済初心者:04/04/24 07:17
ガーン !!! m(_ _)m 混乱を引き起こして申し訳ないです。コピベミスです。
>〜 by loosening its liquidity too slowly. は「金融緩和をゆっくり
>進めなかったから」の解釈のほうでしょう
       ↓
「金融緩和をゆっくり進めたから」に訂正。
49さんご指摘ありがとうございました。

51 :セックス:04/04/24 14:11
>>48
>>49
>>50

ほーら、ね。
俺の簡単な作文でも、やっぱりみなさん混乱してるw
この手の文章は誰でも訳せるようにみえて、じつは真意がよくわからないんだよ。
ただ俺はこのケースでは
日本は金融緩和による経済回復に失敗してしまった、と解釈したい。

by以下はfailにはかからず、boostにかかる、と。


それから>>44の俺の解釈は正しいと思うか?





52 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 14:42
>>51
一部こぴぺミスを除けば、全員そういう解釈していると思うが。

英語の力がどうかわからんが、日本語の力に若干不安があるようですね。

53 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/24 14:46
>>51
あれだけの文章で前後の文脈もわからずに、あそこまで話を膨らませられる
君の想像力に敬服しているよ。マジ尊敬しちゃうw

54 :セックス:04/04/24 23:28
じゃあ他にどういう解釈があるの?
ちゃんと解説してみなさいよ、出来るなら?


55 :経済初心者:04/04/25 03:18
43は an appreciation in the extremal value of its currency の
部分が特にわかんないね。「通貨の極値的価値における上昇」?
(extremal なんて単語初めてこれで知ったよ)
これって、通貨が極端に上がった、ぐらいの意味なのかな?
もとの英文の出典が知りたい。

boost its economy back on heat という表現についてひとこと。
結構自分は英文読みこんでるけどその表現はあまり目にした覚えがない。
経済専門の分野では使用されてて自分が詳しくないから知らない
だけかという気もしたけど、念のためぐーぐる検索してみたら
boost its economy back on heat は一例もヒットしなかった。
get its economy back on track は205件ヒット。
こちらの言い方はThe Economist や BusinessWeek などで頻繁に目にする表現。
やっぱり boost its economy back on heat は使わない方がいいと思いますよ。

56 :経済初心者:04/04/26 03:26
ところで 43 の the extremal value of its currency という表現だけど
ぐーぐるで検索しても一件もヒットしない。
extremal value of the currency でも extremal value of currency でも
駄目。
in the extremal value of は3件ヒットするけどいずれも物理学関連。

ひょっとするとこの英文は日本人が書いた不自然な英語かも、と思う。
表現がまずいためにわかりにくくなっているのを内容の難しさと
勘違いしてああでもないこうでもないと考えるのはいやだなあ。

57 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/26 09:42
Debt-serving problems of less developed countries that primarily sell raw materials to USA
would be eased by an expanding US economy with stable money supply growth.

内容がわからないよ。誰か教えてちょ

58 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/26 09:44
If the annual US inflation rate is expected to be 3%, and the German mark is expected
to depreciate against the US dollar by 12%, a German firm importing
from its US parent can expect the costs of imports denominated in markss to
increases by about 17%

これもわからない

59 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/26 17:39
>>57
Debt-serving problems of less developed countries that primarily sell raw materials to USA
would be eased by an expanding US economy with stable money supply growth.

主としてアメリカに原料を輸出している途上国の債務の元利払い問題は、
安定したマネーサプライの増加にともなうアメリカ経済の成長があれば
緩和するだろう。

かな。

60 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/26 17:48
If the annual US inflation rate is expected to be 3%, and the German mark is expected
to depreciate against the US dollar by 12%, a German firm importing
from its US parent can expect the costs of imports denominated in markss to
increases by about 17%

もし、アメリカの年間のインフレ率が3%で、ドイツマルクがUSドルに対して12%下落する
と予想されるなら、アメリカの親会社から輸入するドイツの会社は、輸入コストがマルク
表記で17%ほど上昇すると予想するだろう。

こんなところ?

61 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 10:28
>>59 これはアメリカの経済が発展し、マネ−サプライが増加すれば、
   なぜアメリカに原料を輸出している途上国の債務の元利払い問題は緩和されるのか


62 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 10:51
>>60 ありがとうございます。

続きに

Assuming the original exchange rate is $1 to 2 marks and that US inflation
is 3%, the cost in marks to purchase what once cost $1 will now be 2.06 marks.
However, if the mark also depreciate by 12%, that is, if the mark is
expected to be worth 88% of its current value, the exchange rate(before inflation)
will be $1 to 2.2727(2÷88) marks.
At this rate, 2.3409 marks(2.2727x1.03) will be required to purchase
$1. Costs in marks will therefore increase by just over 17%(.3409/2.00)

17%になる説明ですが、
is 3%, the cost in marks to purchase what once cost $1 will now be
2.06 marks.
これがなくても十分意味が通じると思うのですが、どうでしょうか


63 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 12:31
>>61
原料輸出国はドルペグで、対外債務はドル建てなわけで、
アメリカが好景気になって輸入が増えれば、途上国側で
外貨準備が増えるので、途上国も通貨発行してドル転する
事で返済ができるようになる。

外貨準備なしで通貨発行は、通貨切り下げ圧力になるので、
事実上不可能。アルゼンチンみたいに外貨建ての借金をして
借金を返済するうような自転車操業に陥る。

64 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 12:36
>>62
意味が通じるだけなら、>>58だけでも十分通じるよ。

後は、筆者のくどさの問題じゃないの?

65 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 12:43
大学院入試に使える英書を紹介キボンヌ

66 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/27 13:01
A firm seeking to optimize its capital budget has calculated its
marginal cost of capital and projected rates of return on several
potential projects. The optional capital budget is determined
by calculating the point at which marginal cost of capital meets
the projected rate of return, assuming that the most profitable
projected are accepted first.

67 :セックス:04/04/27 22:41

>>66
いわゆる資本効率最適化をはかる企業は、
数件のこれはという投資物件において、投下資本の限界コストとその物件の利益率を算出しているものである。
投下資本の限界コストが見合う可能性のある物件をもとに、見込み投資額も定められるわけだが、
当然もっとも利益率の高い物件が最優先の基準とされることはいうまでもない。


68 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/28 12:57
>>63

自分なりに意訳してみましたが、こんなものでしょうか

輸出国はドル建てでお金を受け取るのであるから、アメリカの成長が続く限り、ドルで受け取り、ドルで借金を返していくから債務の元利払い問題は緩和するしていくだろう。



69 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/28 13:20
>>68
それは意訳しすぎ。

というか、行間を補間するのなら、金融政策のトリレンマ、固定相場制での
金融政策の縛りと言ったものを念頭においたものにした方が良い。元文章
が100伝えたいことがあったら、120くらい伝えるのが意訳であって、80し
か訳していないのは、よろしくないと思われ。

70 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/28 16:02
>>63 ドルペグ(ドルで受け取る)−ドル建債務がプラスなので借金が返せる
  ということですよね



71 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/29 20:54
ひとりで何やってんだよおまえww


72 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/04/30 11:22
age

73 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 05:23
classical linear regression model 古典的線形回帰モデル

74 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 11:33
sage

75 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/01 11:35
sage

76 :じゃあおれも:04/05/01 16:22
sage

77 :そーりゃ、もう一丁:04/05/01 16:23
sage

78 :氏名黙秘:04/05/01 22:19
age

79 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 18:30
afe

80 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/02 22:53
どうやら計量経済に撃沈したらしいなqqqq

81 :経済初心者:04/05/03 01:07
Newsweek の5月3日号の記事なんだけど。
Richard A. Werner という人が書いたコラムの中に次の一節がある。

Instead of engaging in futile debates with academic economists,
Fukui simply introduced a number of new ways to put money in
circulation, demonstrating that he understands what his
predecessor denied ; the problem in Japan is not weak demand
for money (small businesses are clamoring for loans) but problems
in supplying money through standard banking channels. As a result,
Fukui has been praised as both a technical expert and a good
communicator.

日本の問題は需要の方じゃなくてサプライの方の問題だったのか?
それってジョーシキ?

82 :経済初心者:04/05/03 01:08

補足
いちおう訳でつ。

「経済学者のエコノミストと不毛な論争をするかわりに、福井氏
はただ単に通貨を循環させる数々の新たな方策を導入し、前任者が
否定したことを自分のほうはよく理解しているということを知らしめた。
すなわち、日本の問題は資金に対する需要の弱さではなく(中小企業は
借入れを強く求めている)通常通りの銀行を介しての通貨供給の問題
であるということだ。結果的に福井氏は技術的専門家としても、
意思疎通に長じた人物としても称賛を受けた。」

訳の訂正よろすく。

83 :院試験受験者:04/05/03 16:25
We must emphasize that the reason many companies don't reach this nirvana or remain
there for long is that it is the not-good-enough circumstance that enables managers
to offer products with proprietary architectures that can be made with strong cost
advantages versus competitors.

一文ですがお願いします

84 :経済初心者:04/05/03 17:58
>>83
直前か直後の文章も引用してほすい。
もう少し文脈の手助けがないと正確な解釈できないよ。

85 :院試験受験者:04/05/03 19:21
直後の文章です
When that circumstance changes―when the dominant,
profitable companies overshoot what their mainstream customers can
use―then this game can no longer be played,and the tables begin to
turn. Customers will not pay still-higher prices for products they
already deem too good. Before long, modularity rule, and commoditization
sets in. When the relevant dimensions of your product's performance
are determined not by you but by the subsystems that you procure
from your suppliers, it becomes difficult to earn anything more than
subsisitence returns in a product category that used to earn anything
a lot money. When your world becomes modular, you'll need to
look elsewhere in the value chain to make any serious money.




86 :院試験受験者:04/05/03 19:32
補足ですが
value chainはマイケル・E・ポーターの価値連鎖です
commoditizationは見分けが付かなくなるコモディティ化です
proprietary architecturesは独自のアーキテクチャーでいいと思います
modularはモジュール化のことです


87 :経済初心者:04/05/03 23:44
>>83
「多くの企業がこのニルバーナに到達しないかまたは長くそこに
とどまっていられない理由は、競合企業に対して強いコストアドバンテージ
を有しながら独自のアーキテクチャを持つ製品を提供することを
マネージャに可能にさせるのはまさに「あまり感心しない」状況
自体であるということをわれわれは強く言っておかなければならない。」

注 :
・nirvana = 涅槃(ねはん)、ニルバーナ
もちろんここでは比喩で「至福、極楽、完全な状態」等の意。
this とあるからこの前にその状態にあたる表現が出ているはず。
ただ単に「すばらしい状態」と解釈していいと思う。
・この分野に詳しくないので
that can be made with strong cost advantages versus competitors
を取りあえず products にかけたけど proprietary architectures に
かかる可能性もあり。
・manager の訳は文脈によって変わる。
・not good enough = いただけない、感心しない (口語)
・it is the not-good-enough circumstance that
ここは it is 〜 that の「強調構文」と解釈した。

88 :経済初心者:04/05/04 02:52
ついでに85も訳してみた。経済専門の方訂正などよろすく。

そういった状況が変わった場合、すなわち市場で優位を占め利益の
上がっている企業が主な顧客層が利用できるものを踏み越えてしまった
場合、このゲームはもはや続けることはできない。立場が変化し始める
のだ。顧客は既に申し分ないと思っている製品に以前よりずっと高い
代価を支払おうとはしない。ほどなく、モジュール化が市場を圧倒し、
コモディティ化が進む。自社製品の性能の重要な次元が自分の会社
ではなく部品供給業者から調達したサブシステムによって決定される
とき、かつては大きな利益を得られた製品カテゴリーにおいても
必要最低限の見返りを獲得することさえ難しくなる。会社の関与する
市場がモジュール化した場合、本気で利益をあげようとするなら、
価値連鎖の中の別の場所に目をつけなければならない。

89 :院試験受験者:04/05/04 04:56
経済初心者さんありがとうございます
院試験のために
この本買ったんですかこういう表現ばかりで嫌になります(無駄にthatが多いなど)

90 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 18:29
Total investment in U.S. economy fell from $16.2
billion in 1929 (almost double the amount that was needed
to replace the capital goods that were being used up
in the process of producing GDP) to just $1 billion
in 1932 (less than one-sixth the amount that was needed just to keep
the stock of capital intact).

アメリカの総投資が下落したっていう内容はわかるんですが、
カッコ内の文章の意味がよくわかりません。 that was needed〜のくだりとか、
どう訳すんでしょうか?

91 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 18:33
>90
国内の経済過程において、用いられる資本財を総とっかえできる
ほぼ2倍の投資があったのが、急速に減少したということ。

ちょっと英語力不足だよ。

92 :90:04/05/04 18:40
要するに、この文章で言いたいのは、大恐慌前には、アメリカの
年間の生産活動で使われてた資本財(工場の機械とかね)を全て
交換するのに必要になる2倍の水準の投資が、1年簡易あったんだけど、
それが、あれよあれよという間に、ものすごい低水準にまで
投資が落ち込んじゃったって事。

93 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/04 18:44
>>91-92
即レスありがとうございます。
英語力不足を痛感しております

94 :90:04/05/04 18:51
何かあったら、また聞いて。
気付いたら返事するから。

95 :経済初心者:04/05/04 19:25
>>89
経済初心者なんであまり信用されても困るんだけど。(´Д`)アハッ
これの解答あるいは模範訳とかはないのかなあ。

結局83の文の言いたいことは、85の文との関連で考えるとやりすぎ
(overshoot)はよくない、って感じ?
一見あまり感心しない(not-good-enough)ような circumstance が
実は最適なのだ、ということのよう。

96 :院試験受験者:04/05/04 21:21
>>95
訳書買ってきました

だが、多くの企業がこの安息の境地にたどり着かないか、到達したとしても長く留まらない。
理由は、企業が独自のアーキテクチャー製品を競合企業よりも高いコストで製造できるのは、
「十分でない」状況あってのことだからだ。これは強調に値する。
状況が変化すれば、つまり収益性の高い支配企業が主流顧客の利用能力を追い越してしまえば、
このやり方は通用しなくなり、形成は一変し始める。顧客はすでに十分すぎる程よいと考える製品に、
さらに高い価格は支払わないのだ。やがて、モジュール方式が支配的となり、コモディティ化が始まる。
製品の性能の重要な側面が、社外の業者から調達するサブシステムによって定義されるようになると、
それまで大きな利益をあげていた製品カテゴリーから、必要最低限の利益しか得られなくなる。
モジュール化した世界でまともな利益をあげるためには、バリューチェーンのどこかほかの場所を探さなくてはならない。

原書はttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1578518520/249-4942265-5981919 の151ページです

97 :経済初心者:04/05/05 01:44
>>96
おおっ、thanks 。
結構有名な本なんだ。経済というよりも経営の分野になるのかな。
いちおう自分の訳と解釈の仕方で特に間違いはないようだ。

というか、訳書の「理由は、企業が独自のアーキテクチャー製品を
競合企業よりも高いコストで製造できるのは、「十分でない」状況
あってのことだからだ」の「高いコストで」は間違いでは? 。
with strong cost advantages の「コスト・アドバンテージ」(費用の
優位性)は普通コストが低いことを意味すると思う。
一見あまり感心しない(not-good-enough) ような circumstance が
実は最適なのだ、という筆者の逆説的な言い方に惑わされたのかもしれない。

98 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:04/05/05 02:08
経済書の翻訳本は、誤訳が多い。

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)