5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【宣伝】党のプロパガンダを考えるスレ【CM】

20 :戦争広告代理店:03/04/16 22:30
「銃弾よりキャッチコピーを!」「ミサイルより衝撃の映像を!」
ボスニア紛争の勝敗を決したのは、国際世論をたくみに誘導したアメリカPR企業の「陰の仕掛け人達」だった!!!

 ’92年4月9日。一人の男がニューヨークJ・F・ケネディ空港に降り立った。
 一ヶ月前に誕生したばかりの小国の未来を背負って。
 しかし彼の祖国は隣国セルビアとの戦いの前に風前の灯火だった・・・。
 「国連本部へ・・・」男はイエローキャブの運転手に告げた。随行するスタッフ一人いない。
 男の名はハリス・シライジッチ、ボスニア・ヘルツェゴビナ外相(当時)。

 しかし国連高官や各国代表部の反応は冷たいものだった。
 石油も核兵器もない小国のことなど誰も相手にしてくれない・・・。
 当時のアメリカ世論・国際世論も、むしろ同じキリスト教徒であるセルビア・クロアチアの方に共感していた。
 ・・・でも彼はこのまま帰る訳にはいかなかった!

 同じ頃、首都ワシントンでは、もう一人の男がオフィスで通信社電のある記事を注意深く読んでいた。
 目を止めていたのは一年前から続いているバルカン民族紛争の記事。
 男の名はジム・ハーフ、大手PR会社ルーダー・フィン社国際政治局長(当時)。

 そして運命の歯車がまわりはじめる!

 この物語は、’90年代世界の耳目を集め続けた紛争の裏側で、
 たくみにボスニア支持の国際世論を作り上げ、
 遂にムスリム達に勝利をもたらすまでの真実のドラマである。

 題字『プロジェクトP〜宣伝者たち〜』

 中島みゆきの歌
 風の中の(以下略)

                           (つづく)

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)