5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

共産党は弱者の味方だろパート2

1 :そろそろコテハン考えちう:03/08/09 23:29
誰も立てないので立てさせていただきました。
よろしく

2 :そろそろコテハン考えちう:03/08/09 23:35
今WBSを見ていたら億ション、都市部での高層マンションの話が
あっていました。大都市に高層マンションを建てるのはなんとなく
ありそうな話ですが
2億も何億もするマンションが完売する一方で大多数の庶民は
毎日の生活に汲々としている。所得格差は劇的に進んでいるようです。


3 :名無しさん@3周年:03/08/10 05:03
>>2 の様な事態が現在の不況を形作っていますが、
ブルジョワ政府にはこれを是正する意思はありませんし、
また是正する「能力」もありません。

即ち、金輪際「所得格差の是正」を掲げる集団がブルジョワ権力に就くことも、
その様な主張をするインテリがブルジョワメディアで影響力を回復することも、#無い#ということです。

現在の世界情勢は19世紀末〜20世紀初頭の頃とあまりにもよく似ています。
「資本家は、最後には自分の首を絞める縄まで売りに出し始める(レーニン)」
既に世界はカウントダウンに向けて走り初めています。

今、この一番つらい時にどの様な態度を貫くのか?、
今日和見を決め込んでいる者は、その時全て歴史の屑篭へ消え去ることでしょう。

4 :蚊酎 ◆hu.lPvKgI. :03/08/10 08:38
> 今、この一番つらい時にどの様な態度を貫くのか?、
> 今日和見を決め込んでいる者は、その時全て歴史の屑篭へ消え去ることでしょう。

俺は歴史どころか社会の屑篭に消え去らなければいけないところを
何人かの善意でこうしてなんとかやっている。
彼らを裏切らないためには日和見を決め込むことも必要だ。
”理論が腹を満たすことはない。”
それはレーニンの時代だけじゃなく「歴史」が始まって以来の真実だ。

で、俺はいま新築マンションの施行をやっているんだけど
仕事自体は大雑把に来年の3月まで埋まっているらしい。
俺が具体的に知らされているのは来週火曜日からの3日間だけだけど。
(俺が五日かかる仕事3日でどうやってやれっていうんだ!)

今入っているマンションは1階をやった時は大変だった。
朝照明を付けなくては何も見えない。
地上に出るためには四階分の階段を上がらなくてはならない。
昔と違って山や坂にマンションたてるからこんなことになる。
自然破壊の問題を無視すればマンションの絶対数は増えている。
「大多数の庶民は 毎日の生活に汲々と」しながらも
何とかマンションを手に入れることができているのだろう。
だからこそこんな田舎の山の途中にマンションなんて建てるんだ。

それとも『「資本家は、最後には自分の首を絞める縄まで売りに出し始める(レーニン)」』
ってことかな。


5 :名無しさん@3周年:03/08/10 18:49
まっぺんさんは、いい人ですよ。
三里塚監視小屋(掲示板)で青い鳥の拉致を呼びかけたが、みごとに失敗(グァハグァハ

  http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


6 :名無しさん@3周年:03/08/10 20:11
強者の敵と言うべきか?かっこ良過ぎ?

7 :そろそろコテハン考えちう:03/08/10 21:47
基本的にまったりスレなので1日何個かあればいいけど少ないなあ。
まあいいけど。
所得格差はどのような原因があるのでしょうか?
私は素人でわかりませんが社会の冨は日をおうごとに蓄積されているということで
はないのでしょうか?
カジノ経済という言葉がありますが資本主義が発達すれば社会的な冨が蓄積されます。
所得の配分に関してどうなのかはわかりませんが
資本主義のダイナミズムは強力に富の蓄積を促すのではないかと思うのです。


8 :そろそろコテハン考えちう:03/08/10 21:53
ですから資本主義の発展により社会的富の蓄積はどんどんなされる。
金がどんどんたまってきているのです。
億ションを買う人間はカジノ資本主義の渦中にある人々であり
それは「生活の質が向上する」とかいう意味での「幸福」や「豊かさ」
の享受ではなく、カジノ資本主義の構造の一部であることは間違いありません。
ですから「億ションを買う人」を一概にあくと決め付ける事の意味は
どのような点にあるのでしょうか?
日本においてパイの理論が信奉されているのは、そのことに対する
回答が見出せないからなのです。


9 :そろそろコテハン考えちう:03/08/10 21:57
億ションに住み、貴金属や高級家具、様々な冨の象徴を身にまとう人間は
幸福という意味合いよりもその構造に組み込まれている。
だとすれば国民経済における豊かさとはなんでしょう?
金持ちと庶民を分けるとすれば、金持ちの価値観に対して庶民はどのような
幸福を見出すのでしょうか?

10 :そろそろコテハン考えちう:03/08/10 21:59
弱者の味方
労働運動の進展
それはどのような方向へ向かうのか?
現実は殆ど動いていないように見えます。

11 :名無しさん@3周年:03/08/11 07:59
おれはカネがあっても使う趣味はないから年収200万で十分だよ。
別に弱者ともおもってないし。
そろコテ氏は不幸だね。

12 :蚊酎 ◆hu.lPvKgI. :03/08/11 08:06
事実ここまで極端じゃなくてもこういう感覚って持っているひとって多い。
あまり個人の問題で全てを語るべきじゃないと俺は思っているが。

# 3時間寝坊しました。今現場じゃ朝礼しているらしい。早く行こ。

13 :おーじー:03/08/11 10:21
なんかやたらと左翼が「オーストラリアマンセー」しているんです
よね。なんか無期限にもらえる失業保険や無料の医療制度など左翼
系の人には魅力的なものがあるからでしょう。あと、あまり働かなくても
いい国柄というのも魅力的なのでしょう。
雁屋哲は、「世界で最も公平な国だ」と言って移住したし、筑紫哲也は特集
でオーストラリア式の怠け者スタイルの生活を賛美していました。
共産党からみてどうでしょうか?オーストラリアと言う国は。



14 :名無しさん@3周年:03/08/11 10:28
ダメだね

15 :名無しさん@3周年:03/08/11 10:35
所得格差や不公平感をいくら説いても、最終的にはそれが出来る立場になったら
自分もその贅沢を謳歌したい人が庶民層にいる限り、共産主義は実現しないよ。

16 :名無しさん@3周年:03/08/11 10:46
共産主義はそういう意味ではないのだが・・・

金持ちが存在してもいいのだが・・・

17 :名無しさん@3周年:03/08/11 10:54
共産主義の最終段階は私有財産の否定。共有される資産から
自らの意思決定で他より沢山の消費ができるのは幹部層のみ。
金持ちは存在する。庶民にその存在と生活が見えなくなるだけ。

18 :名無しさん@3周年:03/08/11 11:37
>>13
最低最悪の国だと思うね。おれ共産主義者じゃないけど。
もともと先住民が住んでるのにイギリスが勝手に流刑地にして囚人を
じゃんじゃん送り込んでつくった国だろ。そして先住民は不毛の地に追いやられる。
タスマニア人に至っては皆殺し。
それを反省するどころか、そうとう排外主義的な国づくりに励んでる。
まだ、先住民マオリとの共存を選んだニュージーランドのほうがましか。

19 :名無しさん@3周年:03/08/11 13:31
>>18どこのスレでもそうだが、オーストラリアのネタが出てくるとたいてい
流刑地だとか原住民を殺しただとか、そんな話ばかりが返ってくるが、そんな
イメージしかないのかなあ?みんな。
アメリカの方がまだマシ?


20 :名無しさん@3周年:03/08/11 13:42
>>19
アメリカも先住民虐殺でつくった国だからな。ああいう人工国家って
どっかおかしいんだよ。

21 :名無しさん@3周年:03/08/11 13:49
>>18今でも排外主義的な国作りをしてるんでしょうか?


22 :名無しさん@3周年:03/08/11 13:54
革命後、粛清で指導者に選別された人だけが生き残った人工国家はどうでしょう

23 :名無しさん@3周年:03/08/11 13:57
>>21
先住民もオリンピックに参加してるよ。
女子400mで金メダル穫ったよ。
自国での開催だったから注目されてたよ。

24 :そろそろコテハン考えちう:03/08/13 17:05
共産党員にお聞きします
医療費無料化を進める理由はなんですか?
乳幼児医療費無料化の論拠に「国、地方自治体が乳幼児医療費の無料化を行う
ことによって、乳幼児の健康保持・増進を図りその心身のすこやかな成長を保障し、
児童の権利の擁護に資すること及び子どもを安心して生み育てることができる
環境の整備に資すること」
とありますがそうすると高齢者の医療費も無料化することになるかもしれないし
方便でいくらでも無料化できることになります。
医療費は無料化するべきなのですか?


25 :山崎 渉:03/08/15 19:23
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

26 :名無しさん@3周年:03/08/21 17:24
まっぺんさんは、いい人ですよ。\(^▽^)/
三里塚監視小屋(掲示板)で青い鳥の拉致を呼びかけたが、みごとに失敗(グァハグァハ

  http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


27 :そろそろコテハン考えちう:03/08/22 00:17
共産党員からのレスがありませんねえ。
医療無料化など共産党には実は興味はないのかもしれませんね。
先ほどNHKを見ていたら共産党の候補者が出ていたという報道がなされていましたが
NHKで報道されるようになっただけ随分マシです。NHKは割りと共産党に対して
報道するようになったのは何故ですかね。

28 :そろそろコテハン考えちう:03/08/29 02:35
何日かの間に路上生活者を何度か見ました
前高速の下の横断歩道でクソをしていた香具師です。ずっと寝ていました。
鬼束ちひろの歌が流れていますが彼女は何を自己陶酔に浸っているのでしょうか?
「もう誰もせめていない」という言葉はどういう意味でしょうか?
誰も責める人などいないのに。
私たちはしかし、誰からも自由のようです。誰からも全く束縛されていません。
私たちは、それでいいのでしょうか?

29 :名無しさん@3周年:03/08/29 02:38
民主党と連立組んだらいいのにな

30 :そろそろコテハン考えちう:03/08/29 02:42
私たちを動かしている原理はなんでしょうか?
私たちは誰かから責められなければならないのではないでしょうか?
誰が
我々を責めるのでしょう。

31 :名無しさん@3周年:03/08/29 03:30
>>30
聖書を読んでみますか?
何か見出すものがあるかもしれませんよ。

32 :( ´,_ゝ`)プッ:03/08/29 05:09
>>31 「聖書研究会」さんでつかw?

33 :高卒&rlo;!ればんが&lro;:03/08/29 05:48
>>31sanを応援してあげたい今日この頃♪

34 :名無しさん@3周年:03/08/29 05:54
聖書研究会、共産主義研究会、・・・ = 統一協会のフロントサークル

35 :名無しさん@3周年:03/08/29 13:13
セクハラ政党、共産党

36 :名無しさん@3周年:03/08/29 13:51
層化乙!

37 :そろそろコテハン考えちう:03/08/29 21:18
人生は絶えない闘争であって生きていくことは戦うことではないでしょうか?
いつの世も闘争があり戦争でなくても私たちは生きることに対する絶え間ない
闘争を余儀なくされています。
問題は人の成長過程においてその瞬間を知ることが出来るかどうかにあります。
人殺しをしなくても闘争は常に付きまとっています
生きるための戦いというのはそういうもので私たちはそのことまでも
戦後黙殺して生きてきたのではないでしょうか?
私たちは永遠を望んでいたのです。そしてそれは静止を意味しています。
何かが間違っているのであり特別なものだけを誇張することによって
私たちは生きる事の意味を削ってきたのだと思うのです。
そんな時代が長く続きすぎたのではないでしょうか?

38 :そろそろコテハン考えちう:03/08/29 21:20
私たちが誇張して否定してきたものは実はそんなに意味のあることではなく
いろいろな意味で、「意味のない」ことにばかり時間を費やしてきたような
気がします。


39 :名無しさん@3周年:03/08/29 23:58
共産党が弱者の味方というのは錯覚でしょう。あれは弱者を食いものにする政党です。
共産党だけではありません。自民党も公明党も社民党も同じです。
弱者が弱者でいるかぎり、食いものにする連中も後を断たないのです。


40 :(´ι _` ) あっそ:03/08/30 00:23


41 :名無しさん@3周年:03/08/30 00:24
そろコテの文意が掴めないのは
漏れの日本語能力に問題があるのだろうか。

42 :そろそろコテハン考えちう:03/08/30 01:27
いえいえ
私が意味不明な文章を書いているからです

43 :そろそろコテハン考えちう:03/08/30 05:09
日本の教育は平等主義の教育などと言っている機知外がいますが
わたしの周りで平等主義教育をしていた先生など見たことがありません
「差別はダメだ」ということをスン権に教育しようとした教育者など皆無です
多くが口ばかりの口当たりのいいことを少し話すだけでした
戦争についても別に何も教えられたことはないし
教えたとしても
「戦争はいけません」みたいなことを一言二言言うために面白くもない話を
聞かされていました。多くは教員個人の勝手な解釈で何を言っているかわからないか
いちいちそんなことを言うために時間を取っているのかと不思議に思う話が
殆どでした。
日本人は弱者に対する考え方など微塵も教えてこなかったのではないでしょうか?


44 :名無しさん@3周年:03/08/30 06:33
>>43
これは百%同意するね(最後の一文だけ文意から外れてるけど)。

この「日本の教育は悪平等主義」と似た様な「オカルト」に、
・公務員や教師は安月給
とか
・人口を増やせ
とかいうのもはびこってるね。
今だったら「景気回復のためにはリストラ」かな。

そんなの変だ、と多くの人は本当は「わかってる」ハズなのだが、何となく「信じ込んでる」。
さすが神風特攻隊をやった国の洗脳技術ってのは侮れない。

45 :名無しさん@3周年:03/08/30 10:02
さんざんガイシュツだが、弱者である拉致被害者に共産党は冷たいよ。

46 :名無しさん@3周年:03/08/30 10:28
>>46
共産党の独善的な思考の中では、弱者と呼びうるものは始めから決まっているのです。
当然共産党は拉致被害者は弱者の中に含めていません。
恐らく分類不能というカテゴリーに含めているのでしよう。
分類不能、自分たちの理解の及ばないものは反共勢力のレッテルを貼り、
自分たちの存在をアピールしてきたのが共産党です。

共産党にとって拉致被害者は反共勢力以外の何ものでもないのですよ

47 :( ´_ゝ`)フーン :03/08/30 13:15


48 :名無しさん@3周年:03/08/30 13:56
>46 >当然共産党は拉致被害者は弱者の中に含めていません。

なるほど、その説明なら理解できるな。

>47 反論があるなら、堂々とやれよ。

49 :(´ι _` ) あっそ:03/08/30 15:13


50 :名無しさん@3周年:03/08/30 17:04
>45
共産党の独善的な思考の中では、弱者と呼びうるものは始めから決まっているのです。
当然共産党は拉致被害者は弱者の中に含めていません。
恐らく分類不能というカテゴリーに含めているのでしよう。
分類不能、自分たちの理解の及ばないものは反共勢力のレッテルを貼り、
自分たちの存在をアピールしてきたのが共産党です。

共産党にとって拉致被害者は反共勢力以外の何ものでもないのですよ

51 :検証してみると表裏があるんですよ!:03/08/30 19:58

>>50 その様に言われると、残念だなぁ。

例えば、こんな話がある。
1997年、横田滋氏と蓮池透氏は、
東京都議会に「拉致事件の早期解決を国に要請する意見書」
を採択してもらうよう、頼みに行った。

意見書は、1997年12月に、
無所属クラブ(当時)の都議から提出された。
ところが、都議会文教委員会の事前調整で、
この意見書に賛成したのは、
提出者の無所属クラブのほかは日本共産党だけ。

都議会公明党と民主党はこの問題に触れたがらず、ともに反対した。
意見書は「全会一致」で採択するのが原則のため、採択されなかった。




52 :オーストラリア共和国 :03/08/30 22:47
拉致被害者は、ひとりの人間であり弱者のはず、変節漢激しすぎる共産党といえよう。 

53 :名無しさん@3周年:03/08/30 23:00
>>52
前レスくらい読もうよ・・・

読んだ上で書き込んだのなら、これは意識的なものだな。

54 :自分の故郷や家族の焼き殺し空襲を結果した神風特攻隊という犯罪者:03/08/31 01:40
甘ったれた形容詞を羅列した、自己陶酔の遺書を書かされ、ボロ飛行機に放り込まれ、
覚醒剤を打たれ、殆ど命中しない体当たり作戦に利用される神風特攻隊の若者たち、
その特攻の報復空襲で焼き殺される特攻隊員の家族と美しい故郷と何十万という市井の人々。
何という無残で情けない特攻パシリ男たちだろう。
あの時代にも総てをかけ凄まじい弾圧に耐え侵略強盗阻止の反戦を戦い抜いた
最も聡明で最も美しい若者たちがこの日本に確かに存在したのだ。
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/ima%20tawara.html
http://www.angelfire.com/journal2/esashi/ir12.htm
http://village.infoweb.ne.jp/~pms/jigyo/Ko_tokyo.htm
単細胞で無責任な皇軍兵士たちの戦死の「お陰」で今、この狂った日本がある。
年間2兆円の恩給利権、5兆円の防衛利権、選挙の票田と化した靖国利権参拝。
防衛、金融、建設、宇宙などに注ぎ込まれる巨大な利権の狂乱のなかで
今尚、アジア各地に放置されたままの100万体を越える彼らの遺骨。
「侵略強盗殺人犯罪への判決という慰霊」も受けない「骸骨」のまま捨て置かれているのだ。
何という無残で情けない昭和パシリ男達だったのだろう。
あの時代にも総てをかけ凄まじい弾圧に耐え侵略強盗阻止の反戦を戦い抜いた
最も聡明で最も美しい若者たちがこの日本に確かに存在したのだ。
(参考文献)
『戦史叢書 本土決戦準備』1,2、本土方面海軍作戦。各・防衛庁防衛研究所戦史室。
『聞き書き ある憲兵の記録』朝日新聞山形支局 
『ねじ曲げられた桜―美意識と軍国主義』大貫恵美子
『ドキュメント神風』デニス・ウォーナー、ペギー・ウォーナー
『全体主義の起源1・2・3』H.アーレント
『JAPANESE AIR POWER−米国戦略爆撃調査団報告/日本空軍の興亡』大谷内一夫訳・編


55 :45:03/08/31 11:15
>51,>54
過去の活動には敬意を表する。しかし、今は足を引っ張っているだろ。
国交正常化交渉の中で拉致問題を解決すべきだ、って主張している。
そして、共産党は今は拉致問題には何もしていない。
つまり拉致問題の優先順位は正常化よりも低いってことじゃん。

56 :名無しさん@3周年:03/08/31 11:17
補足 45≠52、45≠46

57 :名無しさん@3周年:03/08/31 13:36
共産党のいう弱者とは資本家に対する労働者、裁判における検察官に対する
被告人、国家権力行使をする人に対する行使される人という構造的な弱者
をいうのであって、拉致被害者はそのどれでもない。単に人道的に救われた
ほうがいいだろうという程度。あるいは強者資本主義に対する弱者社会主義
国北朝鮮というドグマがあって、その弱者が強者資本主義国の国民を拉致し
ても弱者のわずかな反撃にすぎないと考えているのか。

58 :( ´_ゝ`)フーン :03/08/31 13:57
>あるいは強者資本主義に対する弱者社会主義
国北朝鮮というドグマがあって、その弱者が強者資本主義国の国民を拉致し
ても弱者のわずかな反撃にすぎないと考えているのか。

HPくらい読んでみれば?

59 :名無しさん@3周年:03/08/31 14:52
>58 >HPくらい読んでみれば?

俺は57ではないが、HPを読んでも拉致に対するスタンスが見えてこない(創価との泥試合は除く)。
HPのどこに書いてあるのか教えてほしい。

と書いたところで気付いたが、君は>57の指摘に対して反論しているわけじゃないんだな。
単にHPを読むことをもちかけただけだから。

60 :名無しさん@3周年:03/08/31 15:33
霞ヶ関の官僚にだけ注意を向け公務員自治労を擁護する野党。
★会社を食い潰す地方公務員と自治労、不況と失業の原因はこいつらだ。

高すぎる法人税の地方税分、社員が稼いだ金は税金に取られて給料カットで地方公務員へ。

法人税
国別比較   国税分   地方税分   合計税率
日本     33.48%  16.5%    49.9%
ドイツ    34.18    5.61    39.79
アメリカ   31.75    9.3     41.05
フランス   33.3     0       33.3
イギリス   33       0       33
ttp://www2.justnet.ne.jp/~hihi/ZEIRITU.HTMより。

61 :そろそろコテハン考えちう:03/08/31 22:00
NHKで東京で直下型地震があった場合のリスク管理?の取り組みが放映されていました。
途中から見たのではっきりいえませんが
このスレからいえることは、例えば日本の政治家は直下型地震があったとしたら
それを「弱者を救う」という観点から見る傾向があったということです。
それは必要な議論かもしれませんがそれでは全く意味がありません

62 :そろそろコテハン考えちう:03/08/31 22:04
スレ違いですが北朝鮮が攻めてくるリスクよりも東南海地震、関東大震災
が起こる確率のほうがはるかに高いにもかかわらず不毛な議論ばかりしています
NHKの番組では、先の宮城県地震の、病院の患者をどうするかの話がありましたが
実際には「医師が現場に行かなければ事の重大さがわからなかった」
という言葉で、リスク管理の不備を紹介していました。

63 :そろそろコテハン考えちう:03/08/31 22:07
「弱者の味方である」というならば、そのような問題に関する
回答を考えるべきですが、経験から言うと殆どなされていない、
「私たちはこのようにします」などという表明ばかりで、
「どのように問題を解決するのか」という視点が全くありません。

64 :蚊酎 ◆hu.lPvKgI. :03/08/31 22:11
しまった。それ見るの忘れていた。

>このスレからいえることは、例えば日本の政治家は直下型地震があったとしたら
>それを「弱者を救う」という観点から見る傾向があったということです。

政治家だからね、「語る」視点と「行う」視点は違うとしても当然だろ。
どんな視点から見ていようと現実は「リスク管理の不備」ってこった。

65 :そろそろコテハン考えちう:03/08/31 22:12
それに比べて公共事業神話というのはまことしやかに議論が交わされていました。
曰く、
「ダムがなければ危険、水が供給できなくなる」
「公共事業がなければ失業者があふれる」
「北朝鮮や中国に備えなければ日本が侵略される」云々かんぬん
「国を尊ぶ心がなければ日本人がみんなダメ人間になる」
まったくくだらないばかりであきれてものが言えません

66 :そろそろコテハン考えちう:03/08/31 22:15
>>64
語るだけで政治家がすむと思ったら全く違うといわざるをえないでしょう
従来は官僚が「実務を行う」などといわれていましたがなんのことはない、
彼らは権益従属型の行動をとることしか行ってこなかったのが現実です
そのような現実は変えなければならないことは明白です


67 :そろそろコテハン考えちう:03/08/31 22:18
リスク管理を政治論にすることのみで政治が動いていた時期というのは
ある種の静態的な思考が働いていたのではないかと思います。
それが80年代までの日本経済のありようと考え方であったのです


68 :そろそろコテハン考えちう:03/08/31 22:22
そのような幻想は90年代に入りバブル崩壊と共に剥ぎ取られました
実は80年代から徐々に所得格差も広がっていたという、議論がありましたが
静態的?な思考でのみ問題を捉えようとする姿勢から脱却しなかったため
全て問題設定が間違ってきたのです。


69 :そろそろコテハン考えちう:03/08/31 22:25
今は「リスク管理」がまことしやかに「政治論」として登場しています
しかしそれらの多くは「政治論」であって、実際問題解決のための
方法論として議論されていることは殆どないのではないでしょうか?
経験から言えば政治経済社会すべてにおいてその傾向は著しいものがあると思います


70 :蚊酎 ◆hu.lPvKgI. :03/08/31 22:51
リスク管理が社会的なものであれば
「政治論」的に語られるのは仕方ないことだ。
「問題解決のための方法論」を政治的に語る中で拒否しているのが
今の体制側ではないのか?

全てが「政治論」に還元されることを注目するべきだ。
もちろん「政治論」の中に逃げ込もうとしている
体制側に利があるわけはないんだけど。

71 :そろそろコテハン考えちう:03/08/31 23:01
ところで選挙で議員を減らせとかサラリーマンが言っていますが
その理由として「企業はリストラしている」とかいっているのは
よっぽど自分に自信があるのかなんなのか。今のサラリーマンは
みんな「強者」なんですね。
強者幻想もいまの日本の特徴です
自分の首を絞めているのがわからないんですかね。

72 :そろそろコテハン考えちう:03/08/31 23:02
埼玉は上田何某が当選したようです
だからなんだという感じ…

73 :あげ:03/08/31 23:32
□■□■□■□■□■2ちゃんねら〜 vs 地方自治体□■□■□■□■□■
 ○○県○本○町の一○松中学校で3月17日校長室に飾ってあった米リー
グ記念ボールを助役が盗むという前代未聞の事件が発生した
しかし、助役は事件が明るみになるも権力でソレを闇に葬ったのである
事件を重く見た2ちゃんの有志が果敢に立ち向かったがことごとくかわして
いる 地元警察やメディアをも子飼いにしているため町民も実態を知らない
始末 正義とは力のあるものにしか与えられないものなのか?

本部はこちら http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1061388741/l50 
■□■□■□■□■□□オラにもっと元気をわけてくれ■□■□■□■□■□



74 :名無しさん@3周年:03/09/03 18:33
今度の共産党大会には、朝鮮総連の代表は招待されるのだろうか。
招待して連帯の挨拶などしてくれると面白い。

75 :名無しさん@3周年:03/09/03 19:57

■ 参考資料:金正日総書記推戴の祝賀宴に参加した主な日本の各界人士(敬称略)
1997年10月23日に東京で行われた祝賀宴の出席者。(1997/10/28 朝鮮新報より)

・野中広務(自民党幹事長代理)    ・土井たか子(社民党党首)
・鳩山由紀夫(民主党幹事長)     ・中山太郎(自民党外交調査会会長)
・伊藤茂(社民党幹事長)       ・堂本暁子(新党さきがけ議員団座長)
・石井一(新進党幹事長代理)     ・久保亘(民主改革連合最高顧問)
・矢田部理(新社会党委員長)     ・林義郎(元蔵相)

谷洋一、久野統一郎、馳浩、上原康助、大脇雅子、田英夫、清水澄子、中西績介、
海江田万里、大畠章宏、肥田美代子、金田誠一、山元勉、梶原敬義、
伊東忠治、山崎力、鈴木正孝、坂上富男、武田邦太郎、細川律夫、常田享詳

鈴木二郎(日朝国交正常化促進国民フォーラム代表委員)、森田三男(創価大学教授)、
三潴信邦(筑波大学名誉教授)、前田哲男(東京国際大学教授)、田辺誠(AFM代表)
津和慶子(日本婦人会議議長)、尾上健一(チュチェ思想国際研究所事務局長)
若林?(朝鮮統一支持日本委員会事務局長)、多々良純(日朝文化交流協会副理事長)、
竪山利文(元連合会長)、花輪不二男(チュチェ思想研究会全国連絡協議会事務局長)
中小路清雄(日朝学術教育交流協会会長)、近藤龍夫(朝日イブニングニュース社長)
滋野武(NHK報道局長)、石川一彦(日本テレビ報道局長)、三辺吉彦(TBS報道局長)
早川洋(テレビ朝日報道局長)、渡辺一彦(テレビ東京報道局長)

76 :そろそろコテハン考えちう:03/09/04 00:58
プロジェクトXの再放送がありましたが
鹿児島県?の土砂災害のドキュメント
土砂災害が起こって、冷たい雨が小さな子供が死にそうな目にあうくらいの
危機的な状況が起こると母親が「この子供は(こんなところで死ぬのなら?
という意味か)なんで生まれてきたんだろうと思いました」と、その当時の
話を思い出しながら涙を流していました。
では、戦争が起こっている土地で母親達はいかばかりの気持ちでその
状況を受け止めているでしょうか
戦後戦争放棄を国是としている日本を私たちはもっと誇るべきなのではないでしょうか?


77 :名無しさん@3周年:03/09/04 21:36
阪神大震災のときに自衛隊を出動させなかった首相もいたわな。

78 :Hae:03/09/04 21:58
戦い方の問題であって、俺らが戦争を仕掛けなくとも
戦争しているところはあるし、俺らに戦争を仕掛ける奴が
居ないとも限らない。
むしろ、イラクやアフガニスタンに対しては、経済的に
侵略を支援していたわけで全然誇れないズラ。。。ぅぅぅ>76

79 :名無しさん@3周年:03/09/05 21:59
弱者を救うというのは一体どういうことなのかとよく考えます
私は幸いいじめの少ない、おとなしいところにすんでいましたから
小学生のころからいじめと仲良くやっているのと同じ環境があるような
ところでした。
集団でよく変わった子供なんかがいじめられていましたが、おとなしい
子がおおかったのでしょうか、一線を越えて、いじめることを
ずっと続けるようなことはありませんでした。
ガキ大将はいじめていても他の校区の人間がそんなことをすれば
集団で立ち向かっていましたし、私たちもなんだかんだといいながら
いじめられっこと一緒に遊んでいたし、それをいじめる子供が非難して
私たちがいじめるようなことはありませんでした。
いうなればどこかで緩衝地帯があったのであっていじめられっこもそれなりに
自己主張をしていたし私たちはそんな子供を集団で無視するようなことはありませんでした


80 :名無しさん@3周年:03/09/05 22:09
共通していたのは私たちには共有できる遊びがいつでもあったし
遊びの範疇であればみなが楽しくその場を共有していたように思うのです
不良といってもたいした事はなかったので、
「あいつは不良だがゲームは非常に上手い」とか「運動はよくできる」
とか、どこかでお互いの領分を越えて非難しあうような事はなかったように思います
不良も、バイクに乗ってシンナーをすっているような場面も何度も
見ましたが、「やあ、○○君、あんたは高校にいってるなあ、俺らは
こんなことばっかりやっているよ」みたなことを言いながら
通り過ぎていました。どこか哀愁漂うものがありました
とどのつまりどこかで悪者になれない小物な人間が多く、
私たちは私たちでそんなに今の生活がいいわけでもなく、というのは
お互いわかっているようなもので、そこらへんの暗黙の境界と
それぞれの劣等感があり、それを漠然とむなしく受け止めていたように思うのです。


81 :名無しさん@3周年:03/09/05 22:20
(子供の頃の)集団での共有体験は階層的な集団の形成と対比(内包)されるように思います
皆一度は何かでの共通項があって階層が違ってもそれは共有幻想として残るように
思えるのです。カタルシスともいえる共有体験をしていればどこかで規範は存在し、様々なs段階において
理念系を形成します。それは集団によって形成される規範であってどこからか
生まれてくるものではありません。

82 :名無しさん@3周年:03/09/09 01:38
暇人そろコテ氏のグダグダスレだな
誰も見てないじゃん(藁

83 :そろそろコテハン考えちう:03/09/21 23:08
久しぶりに書き込みます
テレビをつけたまま昼寝をしてしまい、先ほど起きると世界ウルルン滞在記?
があっていました。もはやバアアの感のある東ちづるが「ドイツ平和村」を訪問
した話でしたが恥ずかしながらドイツ平和村のことは知りませんでしたが
アフガニスタンで地雷などで負傷した子供を無償で治療するということで
サイトで見る限りは沖縄で平和村がある?ようです

84 :そろそろコテハン考えちう:03/09/21 23:17
日本は無償でアフガニスタンなど戦乱で負傷した子供たちを日本で治療するような
施設など絶対ありえないでしょう。日本はいつも徹底して冷徹な国でした。
男が家事をすることすら否定しだす矮小なオトコどもがだらだらと会社に巣くって
生きていく国には弱者のことなど頭に浮かぶはずもないだろうからです。
私たちは、自分たちのたそがれと老いを感じた時に益々哀れな叫び声を挙げることでしょう
それは国家のレベルで言うならば今現実に日本で起こっている病理的な現象全てであるような気がします

85 :そろそろコテハン考えちう:03/09/21 23:24
日本人は平和について何もしてこなかったのです
そしてそこから生まれた子供たちはもはや平和のことなど語ろうとしません
何故なら弱者保護であるとか平和のことなど利己主義的で益々矮小な価値観を持った
人間達には理解できるはずもないからです
国は終わりを告げ、老いてゆき、夢想の中の栄光を残像にして現実を受容することを否定し
自分たちがいかにも悲劇的な主人公であるかのごとく振舞いだします
そして残像の中から生まれた人間達は栄光ということが幻想であることを知っており
幻影の中で永遠を享受するのです

86 :名無しさん@3周年:03/09/21 23:52
このスレ面白くないんだけど・・・

87 :名無しさん@3周年:03/09/22 00:11
2ちゃんの力で自民党を選挙で大敗させるのはどう?

88 :そろそろコテハン考えちう:03/09/22 18:57
それは無理でしょうなあ
日本は保守国家です、圧倒的な。
2ちゃんねるというのは右翼の巣窟ですから自民マンセー
天皇マンセーに違いありませんので。


89 :そろそろコテハン考えちう:03/09/22 19:00
>>86
それは事実を指摘されているからでしょうか?

90 :名無しさん@3周年:03/09/22 22:03
うーーーーん
漏れは天皇は居なくて(・∀・)イイ!
と思うが
どちらかと言うと中道右派で炒った方が(・∀・)イイ!
と思うんだが何か?

91 :そろそろコテハン考えちう:03/09/23 12:37
その理由というのはなんでしょうか?
よかったらおしえていただけませんでしょうか?

92 :名無しさん@3周年:03/10/09 20:07
「『さよなら、青い鳥。』フラッシュをみんなで観賞していたら
 トリがおのれを恥じて逃亡を図ったのでさらに追撃をかます会」
  http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/  



93 :名無しさん@3周年:03/10/17 07:55
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
大人の玩具 激安ショップ

スーパー飛っ子DX新発売!!複数プレイOK!
ピンクローター190円から〜ダッチワイフななこ激安値下げ!
その他商品ほんとに激安!
新商品をいち早く入荷いたします!
オリジナル商品作ります。
http://www.king-one.com/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


94 :名無しさん:03/10/17 12:09
>>46
>共産党の独善的な思考の中では、弱者と呼びうるものは始めから決まっているのです。
>当然共産党は拉致被害者は弱者の中に含めていません。
>恐らく分類不能というカテゴリーに含めているのでしよう。
>分類不能、自分たちの理解の及ばないものは反共勢力のレッテルを貼り、
>自分たちの存在をアピールしてきたのが共産党です。
>共産党にとって拉致被害者は反共勢力以外の何ものでもないのですよ

全くそのとおりです。





95 :名無しさん@3周年:03/10/17 12:13
>全くそのとおりです。
反共勢力のために橋本議員は国会で解決を求めたのですね。
敵としているであろう人々のことも大事にする、日共ってすばらしい党ですね。

教えてくれてどうもありがとう。

96 :名無しさん@3周年:03/10/17 15:15
>>95
橋本議員って、橋本敦元参院議員のことですか? 「国会で解決を求めた」って
拉致問題のことですか? 今発売中の『正論』11月号に橋本議員の秘書だった
兵本達吉さんが書いてますよ。曰く。・・・拉致問題について、橋本元議員が問題を
提起して、私(兵本)に調査を依頼したというのは、全く事実に反する。・・・
拉致問題は兵本達吉さんが自分の意思で調べて、それを橋本議員に国会で質問
させようとしたのですよ。その兵本さんを共産党は除名処分したんですよ。
どうなんですか。共産党は何故兵本さんを除名したんですか? 拉致問題に深く
関わったから、兵本さんを首にしたんでしょう? 共産党は、本当は拉致問題
なんかどうだってよかったのではないでしょうか? 今頃になって、拉致問題
を国会で最初に取り上げたのは共産党だなんて言ってますが、おかしいのではないか。

97 :名無しさん@3周年:03/10/17 15:31
>96
ご自分でどちらの意見に理があるか判断してください。
ちなみに警察庁警備局公安一課とは共産党に対する長方工作を担当している部署です。
拉致問題を扱っていたのは外事課です。

ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-11-17/08_0401.html
ttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-09-17/00_01.html

98 :名無しさん@3周年:03/10/17 15:36
>>97
兵本さんの意見に理があると判断します。共産党は拉致問題で北朝鮮を
刺激したくなかったから、同問題に熱心だった兵本さんを首にしたんでしょう?

99 :くるくる:03/10/17 15:44
>98 左様に判断する根拠は?

100 :名無しさん@3周年:03/10/17 16:05
>>99
『正論』11月号のp234ーp237を読みたまえ。兵本さんの
言っていることには説得力がある。ところで、あなたはこの件に関しては
共産党の意見に理があると判断するのかね? 左様に判断する根拠は?

101 :くるくる:03/10/17 16:40
>100 おまえはバカか?
論拠なら既出だろうが。
しかも、手前側はレジュメすらも出さずに。。。

102 :名無しさん@3周年:03/10/17 16:57
>>101
はい。共産党さんって、弱者の味方で優しい言葉をかけてくださるのかと
思っていたのですが、残念です。いよいよ本性をあらわしましたね。
こんな乱暴な言い方をされる方たちとは思いませんでした。
ああ、恐ろしさや。共産党員。やくざと同じですね。

103 :くるくる:03/10/17 17:07
はいはい。言い逃れや負け惜しみは 『正論』11月号のp234ーp237の
要約を列挙してから始めてね♥

104 :名無しさん@3周年:03/10/17 17:39
要約ですが、9月12日にフジテレビ系で放映された拉致ドラマを巡る
ものです。このドラマの中には、3人の主人公がいます。このうち、
兵本達吉さんは共産党国会議員秘書として拉致事件に取り組んできた模様が
描かれています。これに対し、同月14日の『しんぶん赤旗』は、
「視聴者を欺く『ノンフィクションドラマ』の虚構との記事を掲載しました。
この記事には、「日本共産党で拉致事件に取り組んできたのは兵本一人
のように描かれているが、ウソである。・・・橋本議員自信が質問に取り上げようと、
提起し、同議員の指示のもとで兵本が調査したにすぎない」などとあります。
これに対し、兵本さんは、「拉致事件について、橋本議員が問題を提起して
自分に調査を依頼したというのは、全く事実に反する」と、『正論』11月号で
述べています。

105 :SAGE:03/10/17 18:14
>>95 以降のageはお馴染みの引き篭もり偏執狂だよ。
あっちのスレが1000逝ったから今度はこっちに来たんだろ。
無視無視!

106 :名無しさん@3周年:03/10/18 05:55
共産党のいう弱者とは資本家に対する労働者、裁判における検察官に対する
被告人、国家権力行使をする人に対する行使される人という構造的な弱者
をいうのであって、拉致被害者はそのどれでもない。単に人道的に救われた
ほうがいいだろうという程度。あるいは強者資本主義に対する弱者社会主義
国北朝鮮というドグマがあって、その弱者が強者資本主義国の国民を拉致し
ても弱者のわずかな反撃にすぎないと考えているのか。

107 :名無しさん@3周年:03/10/18 08:38
>>103
くるくる殿
>はいはい。言い逃れや負け惜しみは 『正論』11月号のp234ーp237の
>要約を列挙してから始めてね♥

拉致ドラマを巡る共産党と兵本氏の論争に関して、貴殿は共産党の意見に
理があると判断されているようですが、その根拠をお示し願いたい。

108 :くるくる〜:03/10/18 10:06
>107
 兵本の処遇には同情すべきものがなくもないが、自業自得な要素もあるようなので
擁護する気が起きないんだよなぁ…

兵本の熱意が橋本を動かした可能性までは否定しないけれど、
国会でいち早く追及したのが共産党だという事実は消えないし、
兵本が草案を書こうがかくまいが、橋本本人が主体的に自分で考えたという
表明は否定する事など可能だとは思わない。ソツのない言及を採っている>共産党。

 国会で言及した事実を以ってしても、“共産党は拉致問題で北朝鮮を
刺激したくなかった”と考える根拠は不自然になる。 その上で、
>>97の指摘に対して兵本側の反論が無いのだろうから共産党の主張にこそ
理があると判断するのは妥当と思うが 論理に落ち度があるかい?

109 :名無しさん@3周年:03/10/18 10:17
>>108
自業自得って何ですか。

国会でいち早く追及したのに、その後はどうなんですか。拉致議連に
共産党の先生方が一人もいないのは何故なんですか。

兵本さんからの反論がないのは、兵本さん自身が『正論』11月号で
言っています。「反論しないのは、橋本元議員がそういう論文を党から
書かされていることが分かっているからだ」「日本共産党という組織は
除名された人物と最も親しかった人物に批判・中傷・誹謗を書かせる
のだ」

110 :名無しさん@3周年:03/10/18 10:22
>>1
共産党の活動をして核心者の盾になってくれる者だけを応援するんですよ。
日本人が創って運営している組織に期待してもだめだって

111 :名無しさん@3周年:03/10/18 10:30
>>109
拉致問題で、公安と情報交換する必要があるのは明白で(党が全てを把握しているとでも?)、
その点、共産党は事情を勘案出来ない、すなわち「泥を被る決心のないものは政治にかかわる
べきではない」(エンゲルス)資質しか党にはないにもかかわらず、そういう党にいたという
点は、兵本氏には同情すべき点があるけど、左翼的仁義である「国会からの至急金は一旦全納」
に噛み付いた点は自業自得、ということでは? 誰のおかげで国会逝けたおもっとるんじゃ、と。


112 :くるくる〜:03/10/18 10:32
>109
・正しいか、誤まっているかと判断する基準は色々ある。
自業自得という理由は、今日の状況を作った原因が、
兵本自身にある、という事だ。 彼自身が選んだ道だ、と。

・拉致議連に関しては、それがどういう団体か? という問題もあるだろう。

・反論が無い理由になっているか? 橋本への友情だとでも?

113 :くるくる〜:03/10/18 10:36
>111 カコイイ台詞ですな>エンゲルス先生

この場合は 党への説得ではなく、独断専行を選んだ彼(兵本)の
裁量に起因する顛末だから、前者も やはり自業自得だとおもう。

114 :くるくる〜:03/10/18 10:39
つーか、外事課ぢゃねー公安と会う価値も不可解だが、
彼の独断専行は 北朝鮮とダイレクトに接触を持とうとしたという
経緯にも現われているわけで。。。

単に読みの甘い憎めないイイおぢじゃんなのかもしれないネ。。。

115 :111:03/10/18 10:42
>>114
ある程度、自由に「泳がせ」て、ある瞬間に「言い逃れの出来ない証拠」でもって、
バッサリ切るのが共産党というところ。兵本さんも、それくらい先刻承知だったはず
だけど、ねぇ。。。。

共産党が、その周辺において激しく嫌悪される理由は、そういうところにある。激しく
嫌悪している人は、党外からは「容共分子」と見られているよね。

116 :名無しさん@3周年:03/10/18 10:50
自業自得なんていう言葉、曖昧ですね。理屈とトリモチはどこにもつく
という言葉がありますが、自業自得もその類ではないの?

共産党は、拉致問題に熱心だった兵本さんを除名処分にしておいて、
今頃になって、「拉致を国会でいち早く取り上げたのは共産党」
などと言っていますが、見苦しいですね。

はっきり言いなさいよ。
  
  共産党は確かに拉致問題には消極的だった。この点は
  反省する。また、長年の党員だった兵本氏を除名したのも
  間違いだった。

117 :名無しさん@3周年:03/10/18 10:54
> 理屈とトリモチはどこにもつく

『蟹は己の甲羅に合わせて穴を掘る』

118 :くるくる〜:03/10/18 11:00
>115 言葉が足りないと思う。いわんとしているその周辺ってのがワカラン。

>116 トリモチの そういう懸念は常に警戒しなけりゃいけないが、
 そればかりでもないだろう。 というのも、同じ除名でも、この板で
 キンピーどんを 支持し応援する奴は、確実に居るのだから。
 彼(兵本)は 同志的態度に欠ける、という感じだろうか。

119 :111:03/10/18 11:01
>>118
周辺=市民運動とか、労働運動。

120 :くるくる〜:03/10/18 11:08
あー そうですね。 最近もいずみ生協で
名誉返上というか、汚名挽回というか、
醜態晒しましたしね。。。ぅぅぅ

121 :名無しさん@3周年:03/10/18 11:18
共産党は、拉致問題に熱心だった兵本さんを除名処分にしておいて、
今頃になって、「拉致を国会でいち早く取り上げたのは共産党」
などと言っていますが、見苦しいですね。


122 :くるくる〜:03/10/18 11:24
>121
除名されるに値するような行為を重ねた事実は否めないし、
いち早く取り上げた事も事実だろ。 残念だったな(ぷ

…しかし、その後の消極的な姿勢は 確かに不可解だわな…

123 :名無しさん@3周年:03/10/18 11:28
そうか?

124 :名無しさん@3周年:03/10/18 11:34
>>122
共産党と兵本さんのことは、外部からはなかなか分からないものです。

>…しかし、その後の消極的な姿勢は 確かに不可解だわな…

そうですか。くるくるさんにも、不可解と映りますか。そうだったら、
「拉致を国会でいち早く取り上げたのは共産党」なんていう言葉、
白々しいですよね。

125 :くるくる〜:03/10/18 11:47
事実は事実なので白々しくはないと思う。 けれど、
ハンセン病の隔離施設の共産党支部のような、
世間の注目を集めずとも 粘り強く取り組む専門家が居ればなぁ…
そういう優れた御仁が居なかった事
(その意味では兵本のような奴が担当した事)が 不幸だったのかもな(トカイウ

126 :くるくる〜:03/10/18 11:48
いや、居ないわけが無い、表舞台に立たないだけだよな、スマン>担当者

127 :名無しさん@3周年:03/10/18 11:54
>>125 >>126
>事実は事実

そう、片面の事実。共産党がその後拉致問題に消極的だったのも事実。
この事実には触れない。

格言  人は、「事実」によって誤った考えをもたされることがある。

128 :囚人:03/10/18 12:25
確かに、ソ連とかを見ると、少数民族とかの社会的に異質なな弱者は
民族浄化政策で、混血化を進められてあっという間にいなくなりますね。
大体、共産主義では異質な文化なんかは受け入れられませんもの。
そういう意味では、弱者がいなくなると言う意味では、確かに共産主義
は弱者の見方ですよね。

129 :くるくる〜:03/10/18 13:15
>128 それが仮に事実だとしたら、民族の平等という
共産主義の理念に悖る恥ずべき蛮行だ。

130 :名無しさん@3周年:03/10/18 13:39
>>129のくるくる〜は、>>125及び>>126のくるくる〜とは別人物だな。
まあ、いいだろう。匿名掲示板だ。
共産党が弱者の味方なんていうのは真っ赤な嘘だよ。それに仁義もない。
学生時代からの党員だった兵本さんをばっさり切り捨てるんだから。
共産党が批判している創価学会と同じではないか。創価学会の場合は宗教
だから、破門された元会員に対する人格攻撃もあり得るだろうよ。しかし、
共産党の場合は、曲がりなりにも政党だぞ。党を除名された者に対して、
人格攻撃するなんて最低だな。
 「兵本氏は諸般の事情により党を離れた。だが、彼は長年党員として活動された。
 党員でなくなった今でも、兵本氏の活躍を期待する。彼は立派な党員だった」
これぐらいのことが何故言えんのか?

131 :名無しさん@3周年:03/10/18 14:10
人格攻撃はしていないと思うが?
「彼の発言は事実ではない」 これは人格攻撃ではないでしょ。

132 :くるくる〜:03/10/18 14:25
学生時代から加盟しておきながらアレじゃァなぁ…
人格の陶冶は党では出来ないのか?(トカイウ

でも、親子二代だと優しいらしぞ(とか薮蛇自ら燻し出したりw

133 :名無しさん@3周年:03/10/18 14:38
>>131
それだけですか? 兵本さんは、5日間20時間以上にわたり、「査問」に
かけられたというではありませんか。「査問」は、共産党では「統制委員会」
の下で行なわれるらしいですね。今は名称が変わって、「調査委員会」とか。
ずいぶんと陰湿な制度ですね。これって、人格攻撃みたいなものではないん
ですか。
とにかく、「兵本氏は、われわれと意見が合わず、党を離れたが、人間的には
立派な人物だ。今後も兵本氏の活躍に期待する」ぐらいのことを言ってもらい
たかった。

134 :名無しさん@3周年:03/10/18 14:51
>人格攻撃みたいなものではないんですか。

あなたが、今行われている藤井総裁の聴聞会を人格攻撃と思えるなら
そうかもしれんね。

135 :くるくる〜:03/10/18 15:00
>133
 その程度の査問を問題だというセンスが信じられれない。
嫌疑を晴らすために、自主的に協力する類のものであり、査問自体はあたり前のことだ。

それとも何か? おまえは、日本が武装解除すればどの国も武力侵攻して来ないと考えるような
幸せなオツムなのか?

136 :名無しさん@3周年:03/10/18 15:20
>>134
>あなたが、今行われている藤井総裁の聴聞会を人格攻撃と思えるなら
>そうかもしれんね。
藤井総裁の聴聞会は公開されています。でも、共産党の査問は
密室で行なわれ、もちろん非公開。全く別のものでしょう?

>>135
>その程度の査問を問題だというセンスが信じられれない。
>嫌疑を晴らすために、自主的に協力する類のものであり、査問自体はあたり前のことだ。

やっぱりそうなんだ。査問を問題でないとする貴殿のセンスが信じられません。

>それとも何か? おまえは、日本が武装解除すればどの国も武力侵攻して来ないと考えるような
>幸せなオツムなのか?

貴殿に「おまえ」呼ばわりされるのは心外です。もっとも、後半の部分は
貴殿と同意見です。日本が武装解除したところで、近隣諸国が武力侵攻して
こないとは考えてはいません。それほど幸せなオツムではありません。

137 :そろそろコテハン考えちう:03/10/18 18:41
日本の公共事業を減らせば「建設労働者が雇用の場をなくす潜在的な失業率
上昇しダメである」という議論がありますが実際どうなのかまったくわかりません

建設労働者を不安定雇用形態にしている、要するに「使い捨て」の都合のいい様に
扱っておいて、自分たちの旨みがなくなるとわかると「弱者切捨て」などというのは
実際本末転倒ではないでしょうか?


138 :名無しさん@3周年:03/10/18 18:44
>136
非公開だと人格攻撃なのか!?

139 :そろそろコテハン考えちう:03/10/18 18:49
私の弟と私は高校生のころ「お金ほしさに」土方に行ったことがあります
私は一度でこりごりしましたが、弟はお金ほしさに何度も行っていました
しかし弟は最後の方は怒り出して、こともあろうにその建設会社?土方の会社?
に無記名で苦情の電話を入れていました。その内容は

「わたしはここで働いたことのある人間だが、お宅の会社はさんざん人をこき使うし
1日日勤のバイトなのに、夜勤まで連続してやらせようということはどういうことか
しかも飯を食え食えといつもババアが言っているが、飯のカレーはまずいうえに
いつも冷えている、そんな飯が食えるか!!」
「お宅の社長はいつもポシェットに金を100マソくらいいれて繁華街で豪遊しているそうだが
カレーくらいあったかいものを食わせろ!!いつもキャバレーばっかり行きやがって!!」
というものでした。電話口で飯場のばあさんは笑っていたそうです。


140 :そろそろコテハン考えちう:03/10/18 18:56
土方に従事する労働者は保険にも入っていないし寮なるものがあるようですが
逃げ出さないための囲い込みのようなものであっておよそ労働者のためのものではありません
このような労働者無視の職場で、土方の社長は毎日キャバレーで豪遊、
何かが違うというよりも何もかも間違っていると言う方が当然ではないでしょうか?
釜が崎?のことは私はまったくわかりませんが、やたらとマスコミうけで番組が
組まれていましたが、問題を提起するような番組は一つもありません


141 :そろそろコテハン考えちう:03/10/18 19:02
弱者保護の言うままに自分たちの都合のいいような解釈を方便で
言い放つ「公共事業論者」になんの論理もないのは明瞭です
藤井何某などクズのように去ってゆけばいいのです
そして何も日本は変わらずにおろかなことを続けていれば言いのでしょう

官僚批判などクズどものたわごとです
間とかいうまったく役に立たない政治家がいますがそいつのパフォーマンスの
寒いことと言ったらありません。諫早湾のとき彼が何ができたでしょうか?
テレビで(水門を)「開けなさい!!」とか言ってるだけでした。
そしてその民主党なる勢力は今多くの官僚を抱え込もうとしているのです


142 :名無しさん@3周年:03/10/18 19:14
そろコテはシュッチョウ経験者か、
ケタオチじゃないだけよかったと思えよ。

143 :名無しさん@3周年:03/10/18 19:21
>>138
共産党の(兵本氏に対する)査問と、藤井総裁の聴聞会を比べて、後者が(藤井総裁への)人格攻撃
だとすれば、前者もまた、人格攻撃だとの見方に関して、答えたものだ。
両者は全く異なる。査問は非公開だ。非公開が即人格攻撃につながるとは
言えない。だが、人格攻撃になりやすいことも事実だろう。

144 :名無しさん@3周年:03/10/18 19:35
>だが、人格攻撃になりやすいことも事実だろう。
それは単に出席している人間の質に寄るんでないかい?


145 :名無しさん@3周年:03/10/18 20:15
>>144
問題にしているのは、共産党の査問という制度だ。
他党にはないだろう。弱者の味方、人権と平和の党を標榜する
共産党には似つかわしくないのではないか? 

146 :くるくる〜:03/10/18 20:22
>136 ほほぅ。では、武力侵攻されることに備えて軍備を保持するように、
明らかに人殺しの手段すら保有する道理を認めるのに、
スパイに対しては 対処する手段(査問)を放棄しろというのか? アホちゃうか

147 :名無しさん@3周年:03/10/18 21:45
>>146
貴殿は、(外国からの)武力侵攻に備えて軍備を保持することを認めるのですね。
この点は同意見です。もっとも、軍備を「人殺しの手段」とは思いません。

スパイ? 兵本氏がスパイなんですか? 大体、他党では、「スパイ」なんて
いう考えはないでしょう? 自民党であれ、民主党であれ、党中央に自由に
意見を言える政党です。異見を許さない共産党だからこそ、「スパイに対して
対処する手段(査問)」などと言うんでしょうね。

それにしても、国家と政党とでは、比較する次元が異なるのではないですか。

148 :名無しさん@3周年:03/10/18 21:47
↑こいつ保守反動くさい
(自分のスレの直近レスで名前入れ忘れてる)

149 :名無しさん@3周年:03/10/18 21:58
保守反動のHN出すとただの××××だと思われる、って自覚だけはあるんでしょうね。

少女買春の某や某が名無しでしか登場できなくなったようにね。

150 :名無しさん@3周年:03/10/18 22:17
>>149 別に名前無しでも充分逝ってると思うがw?

151 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:05
共産党の存在自体が「税金の無駄遣い」て思うけど、どう?
な〜んも役にならん団体だからな。

152 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:20
夜更かししてると朝勤行できないぞ!

153 :そろそろコテハン考えちう:03/10/19 00:03
141のつづきですが
建設作業員の矛盾は割とあたりまえだと思います
それならばいつまでも建設作業員で雇用を維持しないで
森林を守る人とかにすればいいのに
ついでに言うなら日本は田舎が廃れていくばかりなのだから
田舎を壊すことばっかりしないで田舎は田舎で雇用を維持する
方法を考えるべき、というのが常識的な考えです
田舎をいくら都会にしようと思ってもそれはもう無理な話なのですから


154 :そろそろコテハン考えちう:03/10/19 00:05
>>142
??よく意味がわかりませんが
出張?なんですかそれは

155 :名無しさん@3周年:03/10/19 00:30
弱者って誰なんだろ。
ある種の人々の人権をタテにして他の人々の人権を踏みにじったりはしていないだろうか?
子供保護と言いつつ子供を利用してないだろうか?

156 :そろそろコテハン考えちう:03/10/19 00:55
弱者など昔は無視されてきたのです
今はいい時代になったのだと思います
人が生活するのにもお金がかかります
弱者の保護を保障しないなら今の人間はたちどころに
崩壊するでしょう
地域も血縁もほぼ互助することなどありえないし
弱者は剥き出しの弱者として存在して行くことになるのですから


157 :確定:03/10/19 00:56
>>147 他一連の電波 = 保守反動 ◆5vSmarTBoA

158 :そろそろコテハン考えちう:03/10/23 10:34
西日本新聞という地方紙に「宅老所」=作業所の老人版のようなもの?
デイサービスなのか?、の所長?の連載?の記事が載っていました
その内容は、たぶん、宅老所の老人の記述で、最後は、ようするに
「老人の個性を尊重しよう」みたいなものを言いたかった(もちろん
記述体ですからありのままを書いているだけのことですが)のだろうとおもいます。

老人、障害者、生活保護を受けている人、路上生活者、すべてが弱者と
いわれる人なのかもしれません

159 :そろそろコテハン考えちう:03/10/23 10:39
しかし、老人が典型的ですが
宅老所の記事はある意味非常におかしな記事です
おそらく痴呆のある老人のことであると思いますが
何故、宅老所の記事のようなものが出てくるかというと

要するに痴呆老人をことさら特別扱いにしているからです
80歳をすぎれば3分の1は痴呆の老人になるという統計もあります
しかし、それは人間が高齢になるに従っての問題であって
別に特別な問題ではありません
誰しも痴呆になるかもしれない。それは精神障害者も同じことです
しかしそれを特別扱いにしている
西日本の記事はたしかに読んで感動する人もいるでしょう
しかしそれは、余り意味のないことだと思います

160 :そろそろコテハン考えちう:03/10/23 10:43
老人の問題がこのように「弱者視点」で捉えられる背景には
明らかに社会の変化があります
家庭で殆ど老人を介護することがなくなったのです
そして施設に老人を預けると殆どの家の人間は
面会も月に一度や下手をすると半年に一度になります
「老人は痴呆になれば施設で見るもの」ということで
家庭が、自分の親をまったく「関係ないもの」としている感じがします


161 :そろそろコテハン考えちう:03/10/23 10:48
老人ホームを作ることは、社会的に意味のあることでしょうか?

次は路上生活者ですが、これもおかしなものが多い
今どういう風に考えられているかわかりませんが路上生活者を
強制退去させるのはおかしいという考え方があります
しかし行政の対応も路上生活者を自立支援するわけでもなし
住居の提供をするわけでもなし、
そして路上生活者で「そんなに働きたくない」というような記事や
報道をみせまくるだけで何もしようとしない。
どうなのかわかりませんがわたしがきく限りでは路上生活者は
「こんな生活いつまでもしていいなど思っているわけもない」といいました。


162 :そろそろコテハン考えちう:03/10/23 10:51
行政がおこなうと強制的で非常に不愉快な対応をします
しかし行政の人間は全くわかっていません
自分達は国民の税金で暮らしているのです
官僚は自分たちの立場が法律に触れれば出世が出来ないということから
またはただ単に自分たちがもんだい解決を出来る能力が
全く不足しているから法律を隠れ蓑にして問題をとりくもうとしません


163 :そろそろコテハン考えちう:03/10/23 10:55
若い人間の間に弱者ということをことさらぶべつしようという汚い風潮がありますが
それはある意味問題を解決するためのファンダメンタルな部分が著しく欠如していることから
起因する問題です。もちろん大人はそれに輪をかけて問題を解決する能力が欠如しています
大人たちは自己保身のp論理が働くことからなおさら厄介です
彼らは自己を保身するための論理を構築し、問題を常に先送りにしています


164 :そろそろコテハン考えちう:03/10/23 11:00
公務員を削減するという話が「行政改革」の名の下で国民レベルでも
話されています。話の趣旨はこうです
「公務員のくせに金を一杯もらいやがって」
しかし公務員の数を削減しても、高級官僚は飲み食いをして金をもらっています
数を削減したって、給料の上下は変わらないのに愚かなことばかり
ばかなサラリーマンは放言しているのです。彼らは全くのクズです。
そしてまた「高級官僚は給料が高い」の報道が続き
クズで頭が悪く愚かなサラリーマンが「給料がたかくで…」
という話をエンエンするのです。
この国の国民は愚かでクズのような国民です

165 :そろそろコテハン考えちう:03/10/23 11:04
政治家にしてもそうです
政治家の飲み食いや給料が高い、腐敗していることがもんだいで
「りすとら」で削減します。しかし給料が高く不正を行っている
正統は定数削減がされれば益々生き残ります

この国の国民は全く愚かです
頭が悪いにも程があります。頭がおかしいのではないでしょうか?


166 :名無しさん@3周年:03/10/23 11:20
>しかし行政の人間は全くわかっていません
>自分達は国民の税金で暮らしているのです

>数を削減したって、給料の上下は変わらないのに愚かなことばかり
>ばかなサラリーマンは放言しているのです。彼らは全くのクズです。
>そしてまた「高級官僚は給料が高い」の報道が続き
>クズで頭が悪く愚かなサラリーマンが「給料がたかくで…」
>という話をエンエンするのです。

上の2つの文章から判断するとお前さんの思考は分裂しているようだぞ。
早いうちに治療したら?


167 :議員はいま:03/10/24 16:41
小選挙区制度のもと「若手、刷新」の売り文句のもと増えるのは親や祖父の地盤を受け継いだ
若手議員のもと。供託金を30万にして後は政党助成金減らし国が負担せろ!!
その実態は・・・
自民党  全126名/241議席
民主党  全32名/125議席
公明党   全2名/31議席
自由党  全8名/22議席
自由党  全8名/22議席
社民党  全1名/18議席
保守党  全3名/7議席
無所属の会 全2名/4議席
尊名   全1名/1議席
無所属  全4名/9議席


168 :名無しさん@3周年:03/10/25 23:46
共産党員でない私は、職場の共産党員からコテンパテンにやられました。
おかげで重度の鬱になってしまいました。
それでも弱者の味方ですか?

169 :くるくる〜:03/10/25 23:47
なにをやられたかにもよるだろ

170 :名無しさん@3周年:03/10/25 23:57
>>168-169 一番重要なのは「何で(何をして)」やられたのかだと思うのだが・・・?

171 :そろそろコテハン考えちう:03/10/26 20:59
>>上の2つの文章から判断するとお前さんの思考は分裂しているようだぞ

何処が分裂しているか知りたいですね
一方で公務員を批判して、他方でサラリーマンを批判することか?
私から見ればどちらも同じ愚かな人間です

返して言うなれば
「公務員のくせに偉そうにする」公務員
「サラリーマンのくせに」官僚を擁護するサラリーマン
のほうが分裂しているのではないでしょうか?
いえいえ、同じです。彼らは一様に「保守主義」というおかしな結びつきで
同一なのですから


172 :そろそろコテハン考えちう:03/10/26 21:02
共産党員でもクズみたいな人間はいます
自民党員でも高潔な人がいます
男女同権論者のおかしなところは人間の個性を無視した一律な
男性論女性論を展開することです


173 :そろそろコテハン考えちう:03/10/26 21:13
ちなみに共産党員はなんでも「何々論」とかいうのが
好きですみや元検事はなんでも敵の言葉を「論」といっていました
気持ち悪いのは「プロレタリア芸術論」や「プロレタリア広告論」
「プロレタリア生活論」「プロレタリア食事論」「プロレタリア都市計画論」
「プロレタリア放屁論」「プロレタリア読書論」等々等々
マルクスは9歳以上の子供は押しなべて社会にでて働くのがいいことだ
と書いていたそうですが、プロレタリア保育論とかいうのができる事の恐ろしさです


174 :名無しさん@3周年:03/10/26 23:18
>>172
>共産党員でもクズみたいな人間はいます

難解な文章だ…

175 :名無しさん@3周年:03/10/27 07:17
>172
あんたの文章はなな氏に似てきたぞw。


176 :そろそろコテハン考えちう:03/10/27 22:28
>>175
それだけはやめなければ…
しかし共産党員でもへんなのはいぱーいいますよ
教条主義というのが意味がよくわかります
昔党員は夜中まで党員を勧誘してたとか言ってたから
ななしあたりはその被害者なのではないでしょうか?
いやちがうか、彼はただのコバ厨か?



177 :名無しさん@3周年:03/10/27 22:49
共産党が弱者の味方?わらわせんな。
 医者とかが支持母体なのに。
わからんやつにはジョージ・オーウェルの「動物農場」って本をお薦めするよ

178 :名無しさん@3周年:03/10/27 23:00
>>177
詳細キボーソ

179 :名無しさん@3周年:03/10/27 23:07
ジョージ・オーウェルの「動物農場」では、共産党員が豚として登場する。
 飼い主の人間(資本家)を追い出すため、馬(赤軍)や犬(秘密警察)を扇動し、
革命を起こして飼い主を追い出し、革命は成功する。人間どもが逆襲してくるが、馬の活躍などで防衛に成功。(ロシア干渉戦争)。
その後、豚は自らが禁止していた「人間の生活」をし始める。そして次々と他の動物たちを粛正して、やがては人間の晩餐会にもでてしまう(ヤルタ会談)。
そして豚は二本足で歩くようになり、人間と変わらぬ存在となってしまった。めでたしめでたし。


 つまり、共産党は弱者を扇動しながら、自分たちは私服を肥やしていたというジョージ・オーウェルの皮肉でしょう。
この年代からこれを見抜いていたジョージ・オーウェルはすごい。

180 :名無しさん@3周年:03/10/27 23:18
>>179
それはそうだけど、ジョージ・オーウェルがCIAのスパイだったという
事実も書きとどめておこう。

ちなみに、>>177さんの書き込みには、「医者とかが支持母体なのに」という文章がある。
これを考えると、つながりがちょっと・・・。

181 :名無しさん@3周年:03/10/27 23:44
日本医師会・共産党枢軸

182 :名無しさん@3周年:03/10/28 19:28
>>177
よく分からないけど、共産党は無産階級の政党ではなく医者(民医連)や商工業者(民商)といったプチブルなどを基盤とした政党であり、
彼らを弱者=プロレタリアの味方とみなすせないということ?
だったら党内の学歴主義的傾向とかの部分とかもあるので同意できなくもないと思う。

183 :名無しさん@3周年:03/10/29 19:53
共産党は決して弱者の味方なんかじゃありません。

184 :名無しさん@3周年:03/10/29 21:31
ていうか、誰か
党本部や共産議員のとこに
「相談」に行った人っている?

185 :名無しさん@3周年:03/10/29 21:44
>>176
共産党だからこそ、ですね。

186 :名無しさん@3周年:03/10/29 22:07
天皇制廃止をもっと前面に出したら良いのにな。

187 :名無しさん@3周年:03/10/29 22:13
>>186
それと弱者の味方は何の関係もないだろ。

188 :名無しさん@3周年:03/10/29 22:14
いつだったか、共産党候補の演説会に行ったら、車椅子の人たちが何人も
来てた。これって、弱者の味方の振りをしているだけのポーズだと
思った。車椅子に乗った共産党議員って、いるのかな?


189 :名無しさん@3周年:03/10/29 22:16
車椅子に乗っているから弱者という>188のステレオタイプに萌え・・・

190 :名無しさん@3周年:03/10/29 22:19
>>189の考える弱者とは、自分たちがやってるDQNささえ把握できない者たちのことだそうです。
そう、まるで某共産党とか某共産党とか某共産党とか……。

191 :名無しさん@3周年:03/10/29 22:24
>弱者とは、自分たちがやってるDQNささえ把握できない者たちのことだそうです。

えっ?そんなに自分を卑下しなくてもいいんだよ。
弱者であることは恥ずかしいことじゃないんだ。

でも、べつに信心をしているから君の事を弱者なんていわないよ。

192 :名無しさん@3周年:03/10/30 07:06
共産党の一番嫌なところ。弱者の味方の振りなどして、自らを絶対視している点だ。
共産党の言っているのを聞くと、自分たちだけが絶対に正しく、他は全て間違っている
と言わんばかりだ。内部で少しでも造反者が出ると、すぐに査問にかけ、除名処分にする。
こんな政党が「弱者の味方ござい」なんてあり得ない。とにかく、来たる総選挙
では、共産党(及び社民党)に投票しないことがベストの選択だ。

193 :名無しさん@3周年:03/10/30 08:18
>>192
だって所詮共産主義ですから。

194 :名無しさん@3周年:03/10/30 09:50
>>179
あなたはどのような社会が良いと思っているのか?詳しく説明御願いします。

195 :名無しさん@3周年:03/10/30 13:25
役立たずの共産党が弱者の味方になれるか?
頭のいい国民はもう分かってるよ。

196 :くるくる〜:03/10/30 13:42
弱者が共産党のもとに連帯すれば、
普通選挙と言う数の暴力で革命が出来る。

197 :名無しさん@3周年:03/10/30 14:58
>>192
でも実際自民や民主には入れれないよね〜
税金あげられ、いらんもんに金使われ 友達海外もってかれ
消去法でまず共産しかないと思うけどねー

198 :名無しさん@3周年:03/10/30 15:04
>>195
共産党員自体脳みそパーだから無駄。

199 :名無しさん@3周年:03/11/03 09:46
今度の選挙で弱者になります。

200 :足立区:03/11/03 14:34
弱者とは貧乏人のことです。(あたりまえですいません)

201 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 12:37
マンガオタクの私は「天才柳沢教授の生活」(モーニングKC 山下和美)の
話を非常に興味深く読んだことがあります。
(フジテレビで「天才〜」が放映されると聞いて「クズのような番組になるだろうな」
と思いましたが案の定フジのようなクズテレビ局にあのマンガの核心など付くことは出来ませんでした)



202 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 12:44
天才柳沢教授の第4巻に「希望行きのバス」(前後編)という話があります

主人公柳沢教授が友人のいる老人ホームに行く途中に
「昔ここらの地主」であり「中曽根と海軍経理学校で同期」と嘯(うそぶ)く老人に出会います
柳沢教授は、敬老パスを使って1日中バスを乗り回し、バスに乗ってくる人間に誰からかまわず
自慢話や、自分の昔の話をしまくるため無視されている老人の話を聞きます。
彼(老人)は、このバスで「自分のためにだけ乗り放題になることが出来るバスがある」
という話をし、友人との話が長引き、終バスが終ったあと、老人ホーム前の薄暗い停車場で
老人が「自分のためにだけある」バス(それが希望行きのバスということなのでしょうか)を
待っているのを見ます。

そのバスは「定年間近」の運転手が車庫入れ前にその老人を一人乗せていて(定かではない
その運転手自体は幻影なのかもしれないのです)
「敬老無料パス」を胸元にかざし「一人占めで」夜の街を「徘徊」します。
柳沢教授はそれに乗り、「希望とは何か」「老いとは何か」の問答をするのです


203 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 12:51
老人は「この世の果てまで突っ走れー」と絶叫し、
やがて直立不動の姿勢で敬礼をし、「山本勘兵衛!お国のために!
この命果てるまでえええええ!」と叫びます。
窓からは彼を送る日の丸の国旗がはためき、多くの人々が彼の出征を
笑顔で見送るのです。
彼は「見えるじゃろ、みんなが私をおくっとる!」そういい
「ともしびゾーン」と呼ばれる標識のある道路を延々と走り行くのです


204 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 13:02
老いを迎え、「世間が年寄りを骨の髄まで年寄りにする」事の現実
「燃え尽きるのをじっと待つだけ」の生活、その現実を、
夢想の中にいる老人は象徴しているのです。
柳沢教授は「あなた方は年をとるのがそんなにつらいのか?
私には学ぶことが山ほどある」といいます。「やればやるほど無限大に広がっていく」
自分の世界を持っている教授は運転手から
「何かをつかめる人間などほんの一握りさ、あんたにはもてないものの気持ちなどわかるまい」
そう指摘されます。
しかし「自由主義者である」柳沢教授は「それは(学ぶことを)もてないのではなく
もとうとしないのだ…と信じたい」と、
「みんなの声が聞こえる」「これが私の全てじゃ」と涙を流す山本勘兵衛老人を
見ながらつぶやくのです


205 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 13:13
この話で私が思い出すのはちょうど私が大学受験後の
「受験戦争」の話です
私は若い頃に「受験戦争、高学歴社会こそが、今この時代でもっとも深刻な問題である」
と考えていました。
しかし受験戦争の弊害を語るのは容易なことではありません
偏差値で「強者」と「弱者」が決定される社会は確かにおかしな社会です
しかし一方で「持っているものと」「持たざるもの」の間の、埋めようのない価値観の違いは
如何ともしがたいものがあるのです。

206 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 13:20

高校でで、大学でをいつも不愉快に思う人間は、子供には大学を出してやりたい
そのことが乗じて子供に過剰なまでに受験戦争の価値観を押し付けていました。
彼らはもっとも学歴社会の価値観に毒されていたのでありそのものの
ゆがんだ人生観は「もたざるものの」異常なまでの学歴社会への偏重となって現れるのです



207 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 13:29
持たざるものとははたしてなんでしょうか?
彼らは最もその価値観を受け入れた人間なのではないでしょうか?
一方「持たざるものが」その価値観から遠ざかるとするならばどういった選択肢があるでしょう
私は高校生の頃意図的に数学の時間は「岩波新書」を読んでいました
私は歴史が異常なまでに好きで、歴史こそ真実であると考えていました。
しかし数学というのを私が勉強していれば受験戦争の価値観に乗っかってしまうと考えていました
だから私はわざとのように私立の大学を受験したし、歴史が以上に高得点ということで大学に受かる、
それで高学歴社会から遠ざかろうとしたのです。
しかし今になって思えばなんて馬鹿なことをしたのかと思います。
高校の先生は私が意固地になって数学の時間他の勉強をするのを見て見ぬふりをしていました
「お前はその本が好きなんだな」と言っていました。


208 :名無しさん@3周年:03/11/13 13:34
また「新作」の朗読ライブか。
一時間もかけて、モマイも暇だな。。。

209 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 13:55
老人は弱者ではないという厚生省の見解があります
たしかに「もと地主」が弱者ではないことはたしかです
わたしの周りは、しかし年金額が国民年金額だけの老人も数多くいます
が、柳沢教授の話は「魂の生死」を問題にしています
魂が死んでいけば肉体そのものも死んで行くのです
山本老人は魂が死んでいるのでしょうか?
しかし山本老人は魂の世界に生きているともいえます
柳沢教授の話は老いを「老耄」として捉えていますが
「老化」と「痴呆」とを混同することは出来ません


210 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 13:57
憲法問題ではこれ以上の進展がないもので…


211 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 21:56
私たちは今から自分の老後に関して明確で確固とした目的を持たねばなりません
なぜなら私たちの時代は「持たざるもの」と「持つもの」の区別がより鮮明になるからです
柳沢教授は魂の生死について語りました。
悠々自適の生活、自分たちが祝福され、いつまでも楽しく知的好奇心を有し、
無限の広がりを見せるような魂のフィールドへと自己を開放しなければならないのです
そうでなければ私たちは自分の過去にいつまでもしがみついて過去を懐かしがる
情けない「山本勘兵衛」になります。
山本勘兵衛の顔はうっとりとしていて幸福に満ち溢れていました。
そして彼は毎日「何も見ていない目」で日常を暮らしてゆくことでしょう
柳沢教授は苦悩し自己を確固と持ち、追い立てられるように自分の世界を広げてゆくことでしょう


212 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 22:07
弱者と強者の境界線は引くことが出来ない上に驚くほど悲しい結論に至る
ことが殆どです
しかし私が言いたいのは自己の肯定と現実の受容です
現実を捉える視点というのはなかなか養われないものです

アメリカの福祉の考え方で70年代
「福祉不用論」が展開されました。それは当時のラディカルエコノミズム運動の
波及で社会福祉の人間など、社会福祉を必要としている人間にとっては全く必要とされない存在である
ということが言われます。
そしてアメリカのソーシャルワークの理論は「死んだ」と言われました



213 :そろそろコテハン考えちう:03/11/13 22:14
その後ソーシャルワークの理論は飛躍的に発展してゆきます
それは「ソーシャルワーク理論は死んだ」と言われた世界に
ソーシャルワーカーや社会福祉の理論家達が真摯に答え、実践をしてきたからです
アメリカの社会福祉の現状がどうなのかわかりません
しかし、日本は「ソーシャルワークは死んだ」ということが
決定つけられれば、「日本の福祉」は、本当に死を向かえているだろうことは
間違いないでしょう
現実を受け止めると言うのは、殆どの人間は出来ないことであり、殆どは
現実を否定したがります。
しかし現実の受容とは現実の事象を追認しているだけとは全く違うのです


214 :そろそろコテハン考えちう:03/11/15 19:22
今日の新聞(毎日を読みました)
「大学生の就職率60%」(棒読みなので詳細は不明)という記事が載っていました
これを見ると高学歴社会、受験競争などという価値観がいかにも陳腐な言葉に聞こえますが
一方で「もたざるもの」と「もてるもの」の格差が広がっているという印象の記事
(優遇される学生は、大卒の初任給20万突破)もあります。
社会への一般的な入り口での一方的な価値観である大学進学、というような問題は
もはや決定的に高校生くらいで「しゃにむに大学を受けていい会社に入って」という
圧力を変化させつつあるようにも思えます。それは高校くらいで決定的に人生の進路についての
圧力を放棄させるようなものです。それは非常にいい事のようにも思えますが
一方で高等教育の意味を益々喪失させているのかもしれません。何故なら
高校で学ぶことなどというのは所詮大学進学のためのカリキュラムであるということが
事実であるにもかかわらず、それに変わる教育の方法や選択がないからです。

215 :そろそろコテハン考えちう:03/11/15 19:29
今の若い人間は、学歴社会に対する幻滅というものをどの程度認識しているかわかりませんが
若い人間は、現実というものがよりリアルに捉えられつつあるのではないかと思われます。

以前NHKの番組で受験戦争のことか何かを討論した時女の子が泣きながら
「受験戦争とか何とかどうでもいいとかみんな言っているが、事実は子供は
受験戦争野中で悩むしかない」みたいなことをいっていましたが、今の社会を
普通に考えれば、子供の置かれている状況は、結局我々が生きているときよりも
より深刻になっているのかもしれません(その子が感受性が強いというか、生真面目に
考えすぎている部分はあったにせよ)。


216 :ねっ(w ◆hu.lPvKgI. :03/11/15 19:31
面白かった。別にレスは無いけど・・・

217 :そろそろコテハン考えちう:03/11/15 19:34
以前朝生で小林よしのりが「もっと若い人間に貧乏になってもラクに生きれるような
ビジョンを示して欲しい」といっていました。私はその言葉は事実であるように感じましたが
その真意をなかなか理解できずにいました
しかし、作家の野坂何某が「お金がない人は朝も昼もハンバーガー、120円でも
生活できる」みたいなことを言っていたことがあり、結局はその真意(コヴァの)
というのもそんなところにあるのではないかと思われるのです。
「貧乏人は麦を食え」(だったか、よくわからないが池田隼人の言葉)であるわけです。


218 :そろそろコテハン考えちう:03/11/15 19:41
受験戦争に過敏な子供は、たしかに「考えすぎ」であるのかもしれません
しかし、私は日本の弱者に対する考え方は、結局私たちの疑問を「解決する」
ことはあっても、その言葉を受け止めることは、殆どなかったのではないかと
思いました。
何もかもあるが、精神が貧困、これは、陳腐な言葉であるにもかかわらず
私たちが真剣に考えなければならないのではないかと思われるのです。
そしていうならば私たちはそのことを弱者に本当に「返す必要が」あります
それはその人間に力を与えることなのです


219 :そろそろコテハン考えちう:03/11/15 19:49
老人は自分が足腰が弱くなっていることなど分かっているに決まっています
「頑張って練習すればもっと歩けるようになりますよ」
しかし老人は頑張って歩いて「何をする」のでしょうか?
この問いは、弱者に対する考え方の初歩的な考え方だと思います
一方で私たちは「歩けない老人に」必死になって人生の素晴らしさや
歩けるようになってからの様々な生活を教えるかもしれません。
しかしそんなことをいっても現実との乖離が激しければ激しいほど
老人は歩かないかもしれません
老人にとって歩くことの意味は、「歩くことができる」とほんの少し
理解できればいいのです。そばにいた人間が「歩くことが出来体よかったですね」
と言い、それが共有できれば、老人はリハビリを続けるかもしれません
私たちは老人の言うことをよくきく必要があるのです


220 :そろそろコテハン考えちう:03/11/15 20:11
協賛等が30人学級に関して「実現すべきだ」というような政策を出してました
わたしはそのことに関して答えを出すことができずにいました。
しかし最近老人施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設)の人間と話すことがあり
彼らの話を聞くと事実の一端が見えているのかもしれないと思うようになりました。
彼らの言うには「人が少なすぎる」というのです。
「もちろん自分たちも高齢者介護が好きでこの世界に入ったのだけれども
なにかしようにも人が少なすぎてどうすることも出来ない」というのです。
高齢者の問題は、施設云々など、いろいろと議論はあるかもしれません。
しかし決定的に「人が少ない」という言葉だけが耳に残りました。
そしてそれはやはり介護保険が出来て措置から福祉サービスへと移行する過程において
後々大きな問題になるかもしれない、そして教育の問題もそのような側面があるのかもしれないと
思いました。



221 :名無しさん@3周年:03/11/16 04:22
そろコテは音楽は全然なのか?
まだ若いそうだから、ヴォイス・トレーニングに励んでリアルで「吟遊詩人」として生きたらどうだ?
モマイもしかしたらヴォーカリストの才能あるかも知れねえべ。

222 :名無しさん@3周年:03/11/16 15:38
”弱者”とか”庶民”などという言葉ほど胡散臭くていかがわしい響きはあるまい。
社民が使う”平和”と同じだ。


223 :そろそろコテハン考えちう:03/11/17 21:14
教育に関して様々な議論が行われていますが
一般的に「子供が好きな人はダメ」と言われることがあります
それはどういうことでしょうか?
「好き」の対極は「嫌い」であり、子供が「好き」な人は十分に
「嫌い」になる可能性があります。高齢者の世界も同じです。
弱者が「好き」な人は「嫌い」になる可能性が高いことは、人間が
感情の生き物であるということを物語っているのです。だからこそ
「人間が好き」と言うことになるのかもしれませんが、そんな人は
はじめから対人サービスに携わる資格のない人です


224 :そろそろコテハン考えちう:03/11/17 21:21
教育とは教え、はぐくむことと言うことになるのでしょうが
しかし教育サービスを子供たちに提供していることが殆ど前提にあるということは
誰しも理解できないことです。教師の義務とはそういった教育のサービスを
子供たちに等しく提供することなのです。
その線上に「教え」「育む」教師としての倫理観と専門的な知識(教育の現場での
専門知識というのがどういったものか私にはわかりませんが)が乗っかっているのです。
子供は等しく弱者であることは疑いのないことです
その子供たちに等しく教育サービスを提供するだけの考え方が、今の教師には欠如しているのかもしれません
がそんなことに限界があるのは初めからわかっているのです


225 :名無しさん@3周年:03/11/17 21:27
やれやれ下らん演説が始まったよ。
ハンドルからしてセンスねえよ。

226 :そろそろコテハン考えちう:03/11/17 21:28
子供たちは弱者であるけれども、無限の可能性があるのを大人は
理解するべきです。それは「好き」「嫌い」「強者」「弱者」の
問題を超えます。強いか弱いかは、相対的な価値観かもしれませんが
著しく「主観的な問題なのかもしれません」自己の力がみなぎれば
どんな弱者でも強くなれるのです
子供たちに力を与えなければなりません。それは簡単なことです。
力を持つように、背中を押せばいいのです。
それは力の意味を深く理解できるものだけが実行できるものです


227 :そろそろコテハン考えちう:03/11/17 21:30
弱者の味方とはどういう人間でしょうか?
それは弱者を理解している人間ですが
弱者を理解する人間と言うのは力を理解する人間です


228 :そろそろコテハン考えちう:03/11/17 21:31
うるさいなあ
隔離スレだからいいじゃん


229 :ねっ(w ◆hu.lPvKgI. :03/11/18 07:09
「弱者」って言葉にあまりこだわらないほうがいいよ。
観念的思考に逃げるのはあまり生産的ではない。

230 :名無しさん@3周年:03/11/18 16:53
>>229 共産主義社会では生産手段を私物化するのは禁止なのでは?w

231 :そろそろコテハン考えちう:03/11/20 01:25
私たちの将来は暗いものです
弱者とは分断された個人を言います
一人っ子
一人暮らしの老人
他人を認めない孤独な若者
地域で分断された家庭
連携の取れない自治体
放言を放つ国家

全てが孤独であり弱者です



232 :そろそろコテハン考えちう:03/11/20 01:35
宮本武蔵が小説やマンガになって面白いのは武蔵が圧倒的に「孤独」だからです
宮本武蔵を漫画化した「バカボンド」は、小説をどこまではっきり描いているかわかりませんが
(小説は見たことがないので)、現代人の圧倒的な「孤独」を取り扱っているからではないでしょうか?
孤独な人間は常に自問自答を繰り返すのです。
武蔵の父親?無二才?は「天下無双」という言葉にとらわれた孤独で「弱い人間です」
それを超えようとした武蔵は柳生石州斎?の「天下無双とは言葉にすぎん」という
孤独に対する回答を得るのではないでしょうか?



233 :そろそろコテハン考えちう:03/11/20 01:42
地域コミュニティーの崩壊が叫ばれて何十年になるでしょうか?
ことあるごとに識者から指摘されています
しかし日本の構造が変わらない限り無理な話なのです
それはなんでしょうか?
一つは時間です。労働時間に対する問題が解決されない限り孤独は
今後益々顕在化するでしょう
もう一つは地域自治、地域分権?です。大都市偏重の社会が何らかの形で
変化しなければ、孤独は増えてゆく一方です


234 :名無しさん@3周年:03/11/20 04:39
> 孤独な人間は常に自問自答を繰り返すのです。

(プワラ

235 :名無しさん@3周年:03/11/20 04:46
インテグレーションということがいわれ続けていますが(パソコンの用語ではありません)、
その意味や効果を知る人は殆どいませんし語られることもありません。
しかし私が子供の頃、恐らく間違いないと思いますが自閉症の子が一緒でした。私たちは変な子
だとは思っていましたが先生も普通に接していたし、とりたてて周囲も異端視することはありませんでした
自動車とバスケットが好きなその子を私たちは「○○君」と何時も呼んでけっこう相手をしてあげたりしていました
インテグレーションの言葉を知っていて、そのことだけを論じればいろんな矛盾だけが見えて
理想と現実などというおかしな話になりますが実行してしまえばそれはなんでもないのです


236 :そろそろコテハン考えちう:03/11/20 04:56
情報だけを詰め込んだ人間は肥大化し、選択が出来なくなりやがて保守的な人間になります
(2ちゃんねるのウヲもそうでしょうか)
一方最も深刻なのは現実の葛藤の中で情報を選択している人間です。彼らの葛藤は深く悲しいものといわ
ざるをえません。
精神障害者を妻に持つ夫は離婚寸前で本人とも会わないにもかかわらず、
精神障害者の問題を扱ったりしているテレビでは涙を流したりします
そして彼らはますます妻から遠ざかるのです。
彼らは問題を解決することが出来ずに結局保守的になって行きます


237 :そろそろコテハン考えちう:03/11/20 05:03
老人の問題も同様です
痴呆老人の家族は間違いなく彼らを自分たちから遠ざけるでしょう
施設に入れれば、殆どの家族は彼らを思考から排除しようとします。
しかし、福祉目的の消費税アップには「喜んで」賛成するかもしれないのです
これが、日本の福祉であり、現実なのです。
解決してきた問題は全てが問題の受容の否定から始まっている限りは
何もできないというのは当然のことです
そしてそれは観念的なものではなく、問題解決において必ず捉えなければならない問題なのです


238 :そろそろコテハン考えちう:03/11/25 13:31
私の家の近くに小さな事務所がありそこで老人達が毎日?かどうかわかりませんが
20人ばかり集まっています。表の看板には様々な病気に対する治療法が載っていて
中の職員は4人くらいがばあさん達に何かを言っています
ばあさんたちは熱心にメモを取り、職員の言うことを真剣に聞いているようでした

孤独は人を盲目にします。しかも一人一人でできることは限られている
この国の老人像などそんなものなのです
金もなく一人ただ呆然と日々を暮らす人間がいます
私たちは自分たちの老後を考えなければなりません


239 :名無しさん@3周年:03/11/25 13:37
さてと、今日の日課。
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
「女は人間じゃなくて家畜だよ。」
おわり。

240 :そろそろコテハン考えちう:03/11/25 13:39
おれ、おれ詐欺が流行っていると言います
なんということなのだろうと思わざるをえないのです
では「強者とはなんでしょうか?」

強さへの憧れ
それもまた人を盲目にするに違いありません
魂の救済は誰にも出来ないでしょう
人の形成は相対的なもので、しかし自己的なものです
利己と利他は都市型の人間が突き当たる葛藤の考え方なのです
個人
個人
私たちはいつまで漂っていればいいのでしょうか?


241 :名無しさん@3周年:03/11/26 16:34
生産手段を資本家から奪還するんです
(で、2時間働いて俺は絵を描く)
帝国主義の問題を本気で措定しないといかんね240は
展望もってたたかうにはやっぱ帝国主義打倒!!でしょう。


242 :そろそろコテハン考えちう:03/11/26 22:16
レーニンの帝国主義論は読みました(高校の頃自由な学習の時間に私はこともあろうことか
帝国主義論の発表会をやりちょっと顰蹙を買いました。でも暇な時に何か勉強するのはいいことだなどといった
漠然とした許容がありました。内容は、もちろん変で、今でもろくに理解をしていませんが)。
帝国主義の「問題」で私はレーニンとカウツキーの論争に興味がありましたが、実は全く帝国主義の問題とは関係ないようにも思います


243 :そろそろコテハン考えちう:03/11/26 22:39
大月書店の「コミンテルン史」に簡単な解説が載っています
第2インターナショナルから第3インターナショナルへの移行への際
レーニンは「第2インターナショナルの卓越した理論家」「法王」(本文より)カール=カウツキーを
「社会排外主義者」「ブルジョワジーの手先」と「罵声を浴びせて」います
それは
「ヨーロッパの労働運動の指導者の圧倒的多数がそれぞれの国の政府の(第一次世界大戦の際=そろコテ)戦時国債に賛成した事実は、レーニンの目には、
プロレタリア陣営からの彼らの脱走と第2インターナショナルの死として映った」
(大月書店「コミンテルン史 レーニンからスターリンへ ケヴィン・マクダーマット+ジェレミ・アグニュー=著
萩原直=訳 P30-31 )
ここにレーニンのプロレタリア国際主義に関する考え方や、「プロレタリア独裁」に関する西欧社会への根強い不信感の表明が表れています
(これはいつか少し書きましたが)
ついでに言うなら「革命的敗北主義」とは「戦争から社会主義が生まれるであろう。彼は挑発的に、国際紛争を一連の国々で社会主義のための
内乱に転化する必要を主張」したことに関する言葉(原則?)



244 :そろそろコテハン考えちう:03/11/26 22:44
帝国主義の問題とは、いろいろな側面があるのかもしれませんが
私はレーニンとカウツキー、ローザルクセンブルク、トロツキーの間の
一連の「議会主義の論争」「プロレタリア独裁に関する論争」「平和への
考え方の、極言するならば、西欧民主主義に対する論争を重要だと思っています


245 :そろそろコテハン考えちう:03/11/26 22:49
現代は昔と違うのかもしれません
しかし私はそれに対して疑問を持っています
一方で世界が変わり、無法な戦争を国際社会が認めないというような世界に
期待もしています。それは「今ある現実の中での理想と現実」という問題ではなく
社会の今現実に対する「選択」に対する「価値観」「考え方」だと考えています


246 :名無しさん@3周年:03/11/26 23:15
>>241
生産力が大きくなれば労働時間をその分短縮できるわけだね。
おれも自由な時間で自分のために使う。
読書、スポーツなんでもできる。
はやく政権とってくれないかな。

247 :名無しさん@3周年:03/11/27 11:49
警察に媚びを売る共産党は滅亡せよ!

248 :名無しさん@3周年:03/11/27 11:51
警察と共産党は親類だ
貧乏人から銭巻き上げるのが大好きだ

249 :名無しさん@3周年:03/11/27 13:31
>生産力が大きくなれば労働時間をその分短縮できるわけだね
他の仕事をするようになります。そして豊かになるのです
生産力が5のとき10時間、生産力10のとき5時間
なら、時間は豊かになっても物質は豊かにならない
結局他の仕事をすべきになる
まぁ今の物質で満足するのなら別だけど、
あなたは20年前の物質で満足ですか?って話しですね
こんなごまかしをやってる共産党に政権をとって欲しくない

250 :名無しさん@3周年:03/11/27 14:19
ここにもバブル時代から思考が停止してるDQNがいますた。

251 :名無しさん@3周年:03/11/27 17:47
>>249
「物質的に豊かになる」も「自由時間を選択する」も、どちらも価値観として
パラであり、マスとしての選択の過程を民主的に、オープンに、大衆的になさ
しめるのが社会主義なんじゃないかな。

252 :名無しさん@3周年:03/11/27 18:04
警察と闘わない代々木の腰抜け

253 :名無しさん@3周年:03/12/21 17:57
弱いものか

254 :シャドーブレイド ◆GHap51.yps :03/12/21 21:14
今日のニュースで、老朽化した南極観測船に替わる新たな観測船の
建設費用として、文部科学省が55億円の予算を要求した。
とありましたが、言語道断ですね。
したり顔で、南極観測が終わるのは考えられない。と言っている輩が
いましたが、結局はただの面子。
面子飯は食えない。
真に労働者(弱者)のことを考える政党が政権をとったならば、
その55億円は失業者対策に講じられるでしょう。

まあ、面子だけで侵略行為の片棒を担ぎ、無駄金使って自衛隊員を
遠地派遣するのも言語道断ですが。
その後ろで、保険料引き上げ、年金受給額カット。何をやってるんでしょうねぇ。

255 :名無しさん@3周年:04/02/05 19:30
大阪で赤旗配達員をしているこの人は、「私は弱い人たちの味方です」といいながら
弱い人たちを足げにしてかなりの蓄財をしていると、ねっ(wさんがいっていました。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
362 :黒目 :03/12/26 23:38
黒目は「Web反戦平和アクションの編集委員」でも「WPNの実行委員」でもありません。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


256 :名無しさん@3周年:04/02/06 08:00
福岡市・東博多地区委員会
民医連加盟 社団法人福岡医療団 千代診療所事務長増○桂子、
千鳥橋病院副事務長松●勝・堀○詩子は部下へパワーハラスメントやり放題。
労働組合に訴えても全く効果なし。うつ病で休職する職員続発。
患者のためには誠心誠意つくすのが民医連なら、その前に職員大事にするべきでは?

民医連綱領に次の一文があること解ってるのかなぁ?
1.われわれは職員の生活と権利を守り、運営を民主化し、
 地域・職域のひとぴとと協力を深め、健康を守る運動をすすめる



257 :名無しさん@3周年:04/04/27 18:34


90 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)