5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

左翼の見るべき映画

1 :名無しさん@3周年:03/10/18 22:23
労働運動に関わる映画を探しているのだけれど、何かお勧めの映画ってありますか。
DVDやビデオの情報もありがたい。

とりあえずお勧めは
・ブレッド・アンド・ローズ(ケン・ローチ監督)

またチリのアジェンデ政権の崩壊を描いた
「サンチャゴに雨が降る」は是非見てみたい映画です。


2 :名無しさん@3周年:03/10/18 22:35
「旅芸人の記録」で2ゲット

3 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:09
大地と自由

4 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:17
クイーンコング

5 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:24
「怒りを歌え」
「進撃の論理」


6 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:40
女学生ゲリラ
性遊戯

7 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:46
レッズ

8 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:48
「さぁ跳べ!ここがロドゥス島だ」←幻の動労青年部の闘いの記録映画。

9 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:49
世界革命戦争宣言

10 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:50
日本の夜と霧   これでアナタも反日共に!
わかものたち   これでアナタも地に足ついた人生を!

11 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:50
「汝ら多くの戦友たち」東ドイツのドキュメント
ヒトラーに対するドイツ共産党の闘い。
確か「宇野重吉」がナレーターでは?

12 :名無しさん@3周年:03/10/18 23:51
男はつらいよ
サラダ記念日何とか…ってやつだっけな。早稲田のキャンパスの風景。マルの立看が……。

13 :名無しさん@3周年:03/10/19 06:21
王道で「ドレイ工場」はどうでつか。
前田吟が若い。

14 :名無しさん@3周年:03/10/19 06:56
「山谷−やられたらやりかえせ」

労働運動じゃないけど
「ゆきゆきて神軍」

悪いけど俺がこれらを見たときは馬鹿じゃないかと思ったんだが、サヨクの人はいたく
喜んでたようなので。

15 :名無しさん@3周年:03/10/19 07:18
ブラス!は必見だろ

16 :名無しさん@3周年:03/10/19 07:38
「ゆきゆきて神軍」の続編?
「神様の愛い奴」監督・根本敬

17 :名無しさん@3周年:03/10/19 10:50
「家族の肖像」
社会主義がいかに単純で牧歌的なものか
資本主義がいかに複雑で耐えがたいものか
人々の口にする社会主義ってもんがどんなものなのかよくわかる。

それにしてもヴィスコンティの描く社会主義社会は美しい・・・

18 :名無しさん@3周年:03/10/19 10:51
アニメ
「蛍の墓」


19 :名無しさん@3周年:03/10/19 10:57
漫画
「狂士郎2030」

20 :名無しさん@3周年:03/10/19 11:27
ローザ・ルクセンブルク (1985)
 無理だろうが、DVD発売してほすぃ

21 :名無しさん@3周年:03/10/19 11:51
チョット苦しいが「タクシードライバー」
主人公の(たしか)トラビスが大統領を暗殺しようとする時
髪をモヒカンに変えたことを思い出す。

彼の大統領暗殺は個人的テロではなく
抑圧される原住民にたいする怒りというのだろう。
モヒカン刈りにすることの象徴的意味は大きい。
人の命を奪うのに大義名分が必要だった。
俺は日本共産党のイラクの少女のポスターを考える。
あの時この国の国民がイラクの人々を思う中で
反戦を語り、行動を起こしていた。
まるでイラクの国民のように怒り、悲しんでいた。
まるでモヒカンにしたトラビスのように・・・
自らがさらされている矛盾に気づくことも無しに。

俺は資本主義国アメリカの矛盾にさらされる中で
トラビスがアメリカ国家を絶対視し、
疎外された自分自身を解放するために選んだ道が
アメリカ原住民に感情移入する中でのテロというのが
残念でならない。
日本共産党はあの時イラクの少女ではなくマルクスの写真を掲げるべきだった。
感情的いきどうりをそのままあらわすのではなく
それらの感情がどこから怒るのか明らかにすべきだったんだ。

最後にトラビスが売春宿を襲撃して
自分を取り戻すという結果はあまりに悲しい。
それは反戦運動がその中で自己完結するのに通じる。
あの侵略行為の意味を、俺たちが感じている怒りの意味を
明らかにすべきだったんだ。



22 :名無しさん@3周年:03/10/19 12:11
とりあえずDVD情報
「ブラス!」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005V1CP/250-9376762-5016206

「家族の肖像」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000093H4Q/250-9376762-5016206

「蛍の墓」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HRU5/ref%3Dlm%5Flb%5F20/250-9376762-5016206

23 :名無しさん@3周年:03/10/19 17:04
左翼が見るべき映画?
1976年製作のロバート・デ・ニーロ主演の『1900年-NOVECENTO』しかないでしょ。
ファッショ期から1945解放までのイタリア農民の抵抗が描かれている。

特にラストのファシストから隠すために縫い付けられ地中に隠した巨大な赤旗が解放の日に掘り返されて翻り、
村人たちが赤旗の下で『バンディラ・ロッサ』を踊るシーンは何度観ても泣けるぞ、サヨクなら。

共産党の裏切りの大どんでん返しは新左翼向きかもw

24 :名無しさん@3周年:03/10/19 17:23
やっぱ「怒りを歌え」でしょう。6時間の大作!

http://members.at.infoseek.co.jp/historie/

25 :名無しさん@3周年:03/10/19 17:34
俺たちは鉄路に生きる!


26 :名無しさん@3周年:03/10/19 18:49
「サンチャゴに雨が降る」は、あまりおもしろくなかったなあ。素材はすごくいい
のに、もったいない、オレならもっと感動的ないい脚本が書ける、といいたい
くらい、無理だが。プロパガンダ臭が強すぎる。ハリウッドの筋書きでいいんだよ
ああいうのは(ややウソ)。

「大地と自由」も、いまいち。「誰が為に鐘は鳴る」の小説のほうがおもしろ
かった。この映画は見てない。

小川監督の三里塚シリーズ、ガソリンを詰めた一升瓶に火をつけて、おいおい
あぶねえなあというなのを、思いっきりユンボとかに投げるのな。あれは
マジで危険(笑)

27 :名無しさん@3周年:03/10/19 19:39
「蜘蛛女のキス」
左翼か、濃ゆい男の友情に理解のある人に、おすすめ

28 :名無しさん@3周年:03/10/19 20:07

古典的なところで、『灰とダイヤモンド』とか『地下水道』があるじゃないか

まあ、労働運動とはいいがたいがな w


29 :葉寺覚明 ◆pdWuRV/fU6 :03/10/19 20:10
「恋は邪魔者」

フェミが篭絡されて屈服する映画。

30 :名無しさん@3周年:03/10/19 20:23
「女工哀史」


31 :名無しさん@3周年:03/10/19 20:24
スパイゾルゲ

32 :葉寺覚明 ◆pdWuRV/fU6 :03/10/19 20:27
「あゝ野麦峠」

モロボシダンが女工たんを手篭めにするシーンが見れます。

33 :名無しさん@3周年:03/10/20 17:18
モダンタイムス&独裁者


34 :くるくる〜:03/10/20 17:24
オイラのオススメは

12人の怒れる男(アメリカ映画)
  or
12人の優しい日本人(日本リメイク版)

35 :名無しさん@3周年:03/10/20 19:09
>>33 それなら「ニューヨ−クの王様」も資本主義批判の古典

36 :阪僑文士 ◆oz7Wpm.iX2 :03/10/20 21:28
七人の侍  これは、マジレス。しかし、メジャーすぎて挙げるなの声が・・・

37 :名無しさん@3周年:03/10/20 21:41
>>36 キューバ人に大人気らしいw
ゲバラの姿と重なるのだろう

38 :名無しさん@3周年:03/11/04 01:41
>>23
それえらく長い映画だよね

39 :明るい会 ◆9obj2d4swg :03/11/04 02:55
「ターミネーター」
「マトリックス」

近未来において、機械と人間が戦争しているのは、今と変わりない。

40 :名無しさん@3周年:03/11/04 06:39
「ターミネーター」は反政府ゲリラのリーダーを抹殺するために、過去に遡り母親を殺しに行く話しですね。

41 :ありあす:03/11/04 08:14
「カサブランカ」
ドイツ民謡とフランス国歌が
かち合う場面に
フランス人の民族魂を感じた

「グッドバイ」
70年代学生運動が舞台の89年の映画だが、
あまりにマイナー過ぎてビデオにすらなっていない。
森田童子の曲がふんだんに使われている。

42 :ねっ(w ◆hu.lPvKgI. :03/11/04 20:07
マトリックスというとあの映画の船長の演説でキング牧師を思い出した奴は多いだろう。

アイハブアドリーム ←スペルわからん
そう何度も繰り返す力強いキング牧師の演説に聴衆は喝采を送っていた。
映画では
私は(過去を)覚えている←英語でなんといっていたかわからん
そう何度も繰り返す。
現代は映画の中ですら未来の夢や希望を語ることが出来ない時代なんだと思った。
せいぜい過去を振り返ることしか出来ない。

時が流れても変わらないものだってあるだろう。
だけど一度失われてしまったものは二度と取り戻すことは出来ない。
今、高らかに夢を持つことを人々に語れる人がどれだけいるだろう・・・

43 :名無しさん@3周年:03/11/04 21:27
人狼−JIN ROH− だね!傑作だよ。
原案・脚本の押井守は学芸大の新左翼だった。
甲殻機動隊と比較しても、ストーリー的・映像的に十分「反体制」的様相だ。

あとドラマだけど、ケイゾク(劇場版もある)シリーズね。
演出・監督の堤幸彦は法政大の左翼だった。

44 :葉寺覚明 ◆pdWuRV/fU6 :03/11/04 21:47
差別映画「橋のない川」第2部

45 :葉寺覚明 ◆pdWuRV/fU6 :03/11/04 21:49
「造花の判決」は、強姦シーンがやけにリアルらしいぞ。

46 :名無しさん@3周年:03/11/04 22:01
そりゃ「アルジェの戦い」だろう。フランス帝国主義に民衆が独立目指して戦う話だが、自爆のシーンが忘れられない。

47 :名無しさん@3周年:03/11/05 01:23
人狼、おもしろいか?
なんか「俺は闘ったんだ〜オナニー映画」の最悪の表現を見たような気がしたが。

48 :名無しさん@3周年:03/11/05 02:18
コンスタンチン・コスタ・ガブラス三部作
「Z」
「告白」
「戒厳令」

49 :名無しさん@3周年:03/11/05 02:37
「武器なき闘い」山本宣治の映画

50 :名無しさん@3周年:03/11/05 04:50
大島渚 「日本の夜と霧」

51 :名無しさん@3周年:03/11/05 04:50
「いちご白書」

52 :名無しさん@3周年:03/11/06 19:39
ビスコンティの
「地獄へ堕ちた野郎ども」

53 :名無しさん@3周年:03/11/06 19:54
ジャッキーチェン「香港国際警察」

54 :ねっ(w ◆hu.lPvKgI. :03/11/08 21:14
>>51
「イチゴ白書」より「ザ・ウォール」のほうがお勧め。
冒頭の学生たちと警官たちの乱闘から
ネオ右翼となった少年が立ち上がるまでが
実によくつながって描かれている。

ある意味でこの国の右傾化を描いたようだともいえる。

55 :名無しさん@3周年:03/11/09 09:20
実相寺昭雄「曼陀羅」
岡本喜八「肉弾」
大島渚「夏の妹」「絞死刑」
かなりおもしろく普通に楽しめる、と思う

56 :ありあす:03/11/09 09:31
「父の祈りを」

57 :校長が強盗:03/11/09 10:23
この事件は報道されていません。教育委員会も校長を処分しません。
 皆様の力でこの事件を広めてください。
被害者先生のサイト
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8595/
 事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
   ∧_∧
  (  ^^ )< ひろめよう


58 :名無しさん@3周年:03/11/09 10:41
三島由紀夫「潮騒」
チャップリン「独裁者・モダンタイムス」
最近では「戦場のピアニスト」

59 :名無しさん@3周年:03/11/10 04:08
ミハルコフ「太陽に灼かれて」

60 :名無しさん@3周年:03/12/11 22:59
ふうてんのトラさんシリーズ

61 :名無しさん@3周年:03/12/12 23:25
 「太陽のない街」 山本薩夫の若き日の作品
 
 一応「蟹工船」も映画化はされているようだ。監督が山村聡、音楽が伊福部昭。

62 :そろそろコテハン考えちう:03/12/13 01:00
マルコムX
遠い夜明け
告発
暁の7人
郡上一揆?
イルポスティーノ
二十日鼠と人間
人狼よりパトレイバーの映画のほうがわかりやすくていい。押井はほっとけばワケわかんないのばっかり作ってます
アメリカンヒストリーX
左翼映画というよりは社会派映画?
アニメは全然面白くないけど絵本(主旨と違うけど)、パパママバイバイ
言い出したらきりがないですかね



63 :名無しさん@3周年:03/12/13 01:18
日本の夜と霧

64 :名無しさん@3周年:03/12/13 22:06
いちご白書

65 :名無しさん@3周年:03/12/13 23:08
映画じゃないが、「NOIR」知ってる?
女性2人が銃撃ちまくるアニメ
S&Wを片手で打ったら肩外れますってば


66 :名無しさん@3周年:03/12/13 23:20
プラトーン イラク派兵の情勢下で自衛隊員には見てほしい。

サルバドル れーがんの演説がもろにでてくる。

ジャッカルの日 動機は右翼的だが、非公然武装闘争の教訓あり。

博士の異常な愛情 

未完の対極  

死刑執行人もまた死す プラハでの反ナチを描いた作品


67 :名無しさん@3周年:03/12/13 23:31
>>65
ガンスリとかはどうよ?

GUNSLINGER GIRL ガンスリンガー・ガール 18挺目
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/anime/1070455875/

68 :名無しさん@3周年:03/12/23 15:19

今夜の実況は こちらで

突入せよ!あさま山荘事件
http://live5.2ch.net/test/read.cgi/livetbs/1072143006/

69 :名無しさん@3周年:03/12/23 15:29
そういえば連合赤軍の中にスパイがいたとか??
だれ・・??


70 :名無しさん@3周年:03/12/23 15:29
ガメラ

71 :名無しさん@3周年:03/12/23 15:36
日大闘争の記録

72 :名無しさん@3周年:03/12/23 20:56
ジョゼと虎と魚たち

おまいら!池脇千鶴の乳輪をとくと階級的に観察せよ。

73 :弱い犬&rlo;)`Д´;(&lro;:03/12/23 21:06
>43 押井守って新左翼だったのか…彼、昔、アニメ-ジュに「とどのつまり」という
 マンガを連載していたが、当時から機動隊の描写がなんか執拗で、
 しかも主人公のアニメスタジオが過激派のアジトだったという展開の
 珍妙さに当時は違和感を覚えたが、そういうオッサンだったとは…

>67 左翼に限らず、アニメオタクにすら価値無いと思うがねぇ>ガンスリ

>1 つーか、やっぱラストエンペラーだな。
ラストシーン近くで、紅衛兵の踊りが見られるぞ♪ 革命無罪、造反有理!w

74 :名無しさん@3周年:03/12/23 21:38
>>73

坂本龍一は高校生全共闘だった。
芸大入学後は、ブント系のプロレタリア軍団のもとでデモってた。
にもかかわらず、法政の自治会室に入ったとたん
「民青との共闘もありうるのですか?」と聞いたトンデモ?左翼。
最近は、また左翼帰りしている模様。

75 :名無しさん@3周年:03/12/23 21:41
プロ軍は第4インター

76 :名無しさん@3周年:03/12/23 21:50
>>74
高校の時は新宿高校の反戦高協だったろ

77 :金螺鈿:03/12/23 22:03
第五福竜丸
1959年作品
監督は新藤兼人

78 :名無しさん@3周年:04/01/07 10:39
reds超見たい

79 :名無しさん@3周年:04/01/07 10:42
>>78
レッヅ超おもしろい。
主人公 アツイ

80 :名無しさん@3周年:04/01/07 14:06
「エヴァとステファンとすてきな家族」(上映中)
http://www.bitters.co.jp/kazoku/
ぜんぜん左翼映画じゃないが、70年代スウェーデンの
共同生活者たちが描かれていて面白かった。
登場人物のひとりは王宮の衛兵や14歳の子どもまで
オルグしようとするゴリゴリの活動家。
家の壁にはゲバラやグラムシの肖像画が貼ってある。


81 :名無しさん@3周年:04/01/07 17:19
REDS
http://mirukashihime.cool.ne.jp/sound/reds.htm

アジテーションとロシア版インターナショナルのシーン

82 :名無しさん@3周年:04/01/07 17:47
動画(6M)
http://mirukashihime.cool.ne.jp/sound/reds.wmv

53.3Kbps 5:22 160×120

83 :名無しさん@3周年:04/01/07 20:08
ゴダール「男性・女性」
ベルトリッチ「革命前夜」

84 :毛派:04/01/07 21:54
ゴダール「中国女」

85 :80:04/01/07 22:21
そうそう、ゴリゴリの共産主義者エリックは夜中に
王宮の前で衛兵に向かってひとりで大声でインターナショナルを
歌っていた。スウェーデン語版インターかな?
ちょっと感銘を受けた。

86 :同志浅田彰も推薦:04/01/07 22:30
赤い本を見よ  浅田彰
 『中国女』は赤の映画である。赤の思想を描いているから?それだけではない。 その水準だけでみれば、
この映画は、1968年に流行した毛沢東思想を賛美したものとも、毛沢東思想にかぶれたブルジョワの子女
を揶揄したものともとれ、いずれにしても徹底性を欠くということになるだろう。むしろ、この映画の力は、赤
を文字通りの赤として示すところにある。
 そう、メタフォリカルにではなくリテラルに。そこでは、政治状況が分光器にかけられて色分けされ、提示さ
れてゆくのだ。ブルジョワのアパルトマンの白い壁と、そこに並ぶ赤い毛沢東語録。その鮮やかなコントラ
ストがすでにすべてを示している。「この赤い本を見よ」とゴダールは言う。振り返ってみればあの時代、わ
れわれは、毛沢東語録を伝える北京放送を、ウォーホルの描いた毛沢東の肖像のようにポップなものとし
て聴いたのだった。『中国女』は、その鮮烈な赤によって、ポップ・アートをも凌駕してみせる。だがそれは、
プロパガンダでないのと同時に、パロディでもない。その色彩による政治学は、いま見てもウォーホルと同
じくらい新鮮で、しかもどんな歴史書よりも立体的に当時の状況を提示してくれるのである。
 この赤の映画がニュー・プリントとなって蘇った。生まれたてのように鮮やかなその赤を見ながら、陰鬱
な混色の時代を生きるわれわれは、あの赤の時代を昨日のことのように思い出す。その赤は、しかし、混
色から抽出されるべきものとして、今日の現実のなかにも確かに存在しているのだ。赤の映画である『中国
女』はわれわれにそのことを教える。
http://www.minipara.com/movies/lachinoise/index.shtml

87 :名無しさん@3周年:04/01/08 17:34
アメリカンニューシネマも忘れるべきでない。
左翼とはいえないが社会派ではある。
代表作は、もちろん、俺たちに明日はない、卒業
真夜中のカーボーイ、イージー・ライダー、明日に向かって撃て!
俺が一番好きなのは、カッコーの巣の下で、だ。

88 :名無しさん@3周年:04/01/08 18:24
ゴダール?ぷぷってかんじ。
ニヒリストは好かんち。左翼の表面だけをちょっと掠った様な描き方はさ、誰でもできるよ。
あえてやったとこがすごいけどさ。
独逸零年?意味和漢ねえ

「リトル・ダンサー」はいいよう。
イギリス映画監督は何処よりも階級対立を鮮明に描くと思われ



89 :名無しさん@3周年:04/01/08 18:38
高畑勲「蛍の墓」(漢字は違う)

宮崎駿「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」

大林宣彦「はるか、ノスタルジイ」



90 :名無しさん@3周年:04/01/08 18:55
じぶりだいすき!
(シスプリはきらい)

シーターーーーー!!!
パズーーーー!!!

そして1月18日。@渋谷。

91 :名無しさん@3周年:04/01/08 19:13
「我撃つ用意あり」若松孝二----「怒りを歌え」のシーンが見られるyo


92 :名無しさん@3周年:04/01/08 19:30
>「我撃つ用意あり」
「我に・・・」だスマ祖

93 :名無しさん@3周年:04/01/08 19:46
「キリング・フィールド」を見て自己反省しなさい。
あとは「ホワイトナイツ」な

94 :弱い犬&rlo;);`Д´(&lro;:04/01/08 19:53
…アニメオタクの一人として言わせて貰うが、
(高畑先生へは文句は無いが)宮崎駿などを挙げる理由がわからない。
このスレッドは 左翼の見るべき映画、だよ? (あのしとのは ただの娯楽映画だ)

95 :名無しさん@3周年:04/01/08 21:18
「パルチザン前史」に決まってるやろ!

96 :名無しさん@3周年:04/01/08 23:12
宮崎駿の転向声明知っている人いない?
以前のスレがあぼーんされて分からないので

97 :ねっ(w ◆hu.lPvKgI. :04/01/12 06:24
ヘヤー出てこないね。
反戦映画としては弱いということだろうか?
左翼的でもないし。

公園の場面で馬のタップダンスや黒人の太極拳をバックに
フラワーチルドレンが歌うアクエリアスなんかを
思い出す人もいるだろうけど
俺があの映画で思い出すのは
ヒッピーの青年が仲間の黒人に抱きつきながら
徴兵されて田舎から出てきたスクエアな青年に
「こいつにニグロっていってみろよ」っていう場面だ。
善良な若者はもちろん「ニグロ」とは言えず困ってしまうんだ。

反「差別」を語るやつは少なからずいる。
だけど彼らの固い頭では差別を知ることは出来ない。
差別はいけない? へぇ〜、立派なこって。

98 :名無しさん@3周年:04/01/12 17:11
ねっわさんが、この人はアダルトビデオばっかり見ているといっていました。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
362 :黒目 :03/12/26 23:38
黒目は「Web反戦平和アクションの編集委員」でも「WPNの実行委員」でもありません。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


99 :名無しさん@3周年:04/01/12 18:40
「人らしく生きよう・国労冬物語」
「リストラとたたかう男」はお勧め。

100 :名無しさん@3周年:04/01/12 19:05
戦艦ポチョ無菌
不朽の名作だろが。
しかしおもしろくない。

101 :名無しさん@3周年:04/01/12 19:38
>>43
チョット同意。人狼にはセクトがどうとかこうとかって言うのが出てくるね。

102 :名無しさん@3周年:04/01/15 01:33
映画じゃないけど、過激さでは定評のある関西生コンの連中が作った
「われら生コン労働者」
はよかったよ。日韓の生コン労働者の共闘が描かれてます。
http://www.rentai-union.com/

103 :名無しさん@3周年:04/01/18 22:09
太陽の牙ダグラム
装甲騎兵ボトムズ

か、感動した〜

104 :ねっ(w ◆hu.lPvKgI. :04/01/18 23:35
>>103
---闘争の中にこそ俺の平和がある、とキリコがいった。

しびれる〜〜〜!
俺マジで最初から見てみたい。
レーザーディスクで全巻出ているらしいが
DVDも出してくれないだろうか?

105 :名無しさん@3周年:04/01/19 00:17
灰とダイヤモンド
地下水道
戦火のかなた
無防備都市


106 :名無しさん@3周年:04/01/19 00:35
お前ら真打をわすれていないか

「ゆきゆきて進軍だよ」

奥崎けんぞう

107 :名無しさん@3周年:04/01/19 00:44
「SAITAMA独立を賭けた闘い
〜悪しき日帝資本主義を乗り越えて〜」

108 :名無しさん@3周年:04/01/19 03:41
「AKIRA」です、大友克洋。
(漫画のほうが10000倍いけるけどね!)

あと、痔ぶり。
ナウシカになりたかったよー「突撃せよ!王蟲」

105のたぶん、おっさん?
ぼくと趣味合うね。

そういや、今日「シュリ」観た?
みんなに隠れて泣いてました!!

109 :名無しさん@3周年:04/01/19 17:38
押井守 「ケルペロス 地獄の番犬」
押井の実写モノだが、低予算のなかこれを作った意義自体は認めよう

110 :名無しさん@3周年:04/01/24 12:48
age

111 :葉寺覚明 ◆pdWuRV/fU6 :04/01/24 13:04
映画「八鹿高校事件」。

112 :名無しさん@3周年:04/01/24 13:43
微笑ましいファッシスト少年
愛国女子挺身隊

113 :名無しさん@3周年:04/02/16 05:10
「書を捨てよ、町へ出よう」日本映画でこんなかっこいいのあったんだ!て感じ。
音楽もサイケロックでかっこいい。

114 :名無しさん@3周年:04/02/16 18:14
大阪で赤旗の配達員をしているこの人は、映画はほとんど見ないで趣味はアダルトビデオの
収集だそうです。それもモザイクなしの本番ものばかり。この間、黒目さんより、ず〜〜っと
頭のいい反戦ネットワーク焚火派GALゲー戦線のLPGだか、ねっwだか、DDTだか、KSDだか、
猿猿だか、馬馬だか、鹿鹿とかいう人が黒目さんにビデオを貸してくれといったところ、
断られカンカンに怒っていました。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
59 :黒目 :04/2/9 3:17
黒目は「Web反戦平和アクションの編集委員」でも「WPNの実行委員」でもありません。
ブルセラショップに通いつめていたのが発覚しおとといクビになりました。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


115 :名無し革命家:04/02/16 18:48
全共闘世代って言ったら高倉健のヤクザ映画と思ってたけど、
違うの?w

116 :名無しさん@3周年:04/02/16 18:52
高橋良輔監督作品 

太陽の牙ダグラム
装甲騎兵ボトムズ

117 :名無しさん@3周年:04/02/16 18:54
hsghddjs

118 :名無しさん@3周年:04/02/16 23:40
夏頃中核全学連で「無法松の一生(三船敏郎)」の上映会やってたけど、理由がサパーリわからなかった。
誰か教えてください。これって何か左翼性を感じる映画なんでしょうか?

119 :名無し革命家:04/02/17 19:53
 高橋良輔は『ガサラキ』で思い切り滑ったよなぁ。オープニングの
「Injection」ってのは、俺が認識論で「subject,object,inject」
云々ってやってせい。スズランはバルザックの『谷間の百合』、クガイ
は『苦海浄土』、だな。でも民族主義でやったから、エラくチープな
ラストになっちった。

120 :名無し革命家:04/02/17 19:58
黒澤映画とか、白戸三平の漫画とか、近代化以前の「抑圧された」民衆を
主人公にした話は、昔から左翼に人気があったとの由。

121 :名無しさん@3周年:04/03/18 01:58
スーターリン★虐殺王でしょ。
これは、ソ連国内の民を虐殺しまくって最後誰もいなくなったという
虐殺コメディーでソ連で大ヒットしたなー

122 :名無しさん@3周年:04/03/18 02:03
>>120
そういえば、小学の時、体育館で黒澤の「赤ひげ」上映したのを想い出した。
当時はさっぱりわからない、つまんない印象しかなかったけど、
あれは、日教組系の学校上映運動だったのかもな。


123 :名無しさん@3周年:04/03/18 02:05
えとですね、
う〜〜〜〜ん・・・・
「リトルダンサー」が好きです。(英)
パパがスト破りにたいして怒りを爆発させるシーンの
カメラワークが、すごい。
国立学校の奨学金受けた息子が、その様子を出発するバスの中から
見ているんだけどね、息子はダンサーになって成功するの。


124 :名無しさん@3周年:04/03/18 05:52
東京大学農学部3年高山知幸被告(21)か・・・・



末代までの恥晒し野郎だな。


125 :名無し革命家:04/03/18 18:03
昔、アメリカのベトナム反戦運動の学生デモの青春映画あったっけ。
小学校の頃で、タイトルも覚えてない。催涙ガスの中で座り込みして。

126 :名無しさん@3周年:04/03/19 03:45
そりわ、いちご白書(ストロベリー・ステイトメント)でわ?

127 :名無しさん@3周年:04/03/19 21:34
>>126
俺もそう思ったけど
いちご白書の場面は学生寮だった記憶がある。
ベトナム反戦ではなくて学生寮の民主化とかのための。
座りこむ学生を機動隊が抱えあげて連れ出すんだけど
寮の中に催涙ガス撒くほどクレイジーじゃないだろう。
建物の中で催涙ガスじゃ最悪じゃん。

いちご白書って角川文庫版で読んだんだけど(何十年か前に)
前書きに作者はテーブルナプキンやノートの端に書きとめた
そんな何気ない落書きをまとめたものだって書いている。(と思った)
これって今の掲示板に通じるものがある。
でも彼は一人で書いたのにその時代を共有する人達を描くことが出来た。
今、俺達は掲示板を使ってお互いの気持ちを確認できるのに
まるでバラバラで時代を見ることが出来ない。
独りの吐息が個人的なものにとどまることしか出来ない今の時代は
けっしていい時代とは思えない。

128 :アラブ復興車界党 ◆V0tfXiEl6. :04/03/19 21:43
「鳥の歌」その他ウカマウの作品。
http://www.jca.apc.org/gendai/ukamau/

129 :名無しさん@3周年:04/03/19 21:55
スタンドバイミー!

130 :名無しさん@3周年:04/03/20 09:29
ソウルフラワーユニオンの中川敬が公式サイトで
映画のコーナーやってる。左翼が勧める映画って事で。
今携帯なので、URL貼れません。

131 :名無しさん@3周年:04/03/21 05:37
「もう頬つえはつかない」森本レオがダメダメな学生運動崩れ
「青春の蹉跌」萩原健一が内ゲバに遭う。脚本は長谷川和彦
「黄色い大地」中国共産党万歳
カウリスマキのフィンランド時代の作品:ダメダメ労働者万歳

132 :そろそろコテハン考えちう:04/03/21 07:22
イノセンスってどうよ?

133 :名無しさん@3周年:04/03/21 07:43
「サヨク」ってくくるときイノセンスは弱い気がする。
自分の子供を殺したように
サヨクが革命のために何をしようと罪の意識を感じないというのと
重ねて考えた時
意味は出てくるのかもしれないが

俺的にはあの映画でおぼえているのは
女の心を引きとめるために女の性器を口で愛撫する場面だ。
それほど口で性器を愛撫するということが重大な宗教問題だとは
たとえば同じ宗教を信仰したとしても日本人には理解できない。
結構笑える場面ではある。

134 :名無しさん@3周年:04/03/21 09:00
そういえば俺もガキの頃文化センターに「とうちゃんのポーが聞こえる」を見にいったな。
元気な女の子がお母さんに「私よく転ぶの。このごろ転ぶの」って泣く最初の場面から
段々体が動かなくなって最後はまったく動かない体のまま死んでしまうんだが
これこそ今のサヨクを描いた社会主義リアリズム映画のような気がする。

最後に女の子は鉄道員の父親が鳴らす機関車の音を聞くんだが
俺は今でもマルクスを語るやつはあの女の子と同じように
とうちゃんのポーを聞いているんじゃないかって思うこともある。
マルクスなんてとうちゃんのポーだよ。

#吉沢京子って俺好きだったよ。

135 :名無しさん@3周年:04/03/21 09:42
マ ル ク ス な ん て と う ち ゃ ん の ポ ー だ ぁ 〜 !

136 :名無しさん@3周年:04/03/21 09:56
ねよ、さっさと仕事逝け。
明日までに終わんないぞ。

137 :名無しさん@3周年:04/03/21 10:23
http://www.asahi-net.or.jp/~aj4s-ski/miserarete-8/newpage2.htm

>そのローカル線からSLが消える日まで、その病院の下のトンネルだけは、汽笛を3度鳴らして入ったそうです。

そうだった。継続は力なりだった。仕事いこ。昨日も今日も明日も明後日も仕事するぞ。

#でも娘もサヨクも死ぬんだよね、最後は。俺はプチブルに成り上がるけど。





やっぱりマルクスなんてとうちゃんのポーだぁ!

138 :名無しさん@3周年:04/03/21 13:09
とうちゃんのブーがきこえる
においもする やっぱくせー

139 :名無しさん@3周年:04/03/21 20:20
イノセンス それはサヨク

140 :名無しさん@3周年:04/04/11 13:47
 95年作『攻殻機動隊』が米国で公開された時、西側の評論家たちは
 「すでに日本のアニメーションはビジュアルエンターテイメントの
 最高峰と同時に21世紀の映像コンテンツのキーワードとなった」と
 一斉に賛辞を送った。

 「厳密に言えば、この作品で描かれた世界は国家が消滅して世界が
 一つになったという理想郷ではなく、テクノロジーが頂点に至って
 作られた世界だ。現在世界は宗教と民族主義だけでなく、テクノロジー
 によっても支配されている。アフガニスタンに向けた爆撃がハイテク
 技術で成り立っているということを考えてほしい。

  技術は人間の新しい可能性を示してくれる半面、新たな差別と不均衡を生む。
 米軍兵一人の命とアフガニスタン兵数百人の命が比較できるのは、高度の技術
 によって作られた精密爆弾のためだ。その驚異的な命中率を想像してほしい」


141 :名無しさん@3周年:04/04/11 13:48
都内唯一の、ビル5階建てに匹敵する巨大画面(16m×22m)で
今まで見たことも無い迫力の映像を体感!

http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/imax/index.html

■メルシャン品川アイマックスシアター( 2D大画面スクリーン独占)

   11:30 13:40 15:50 18:00 20:10 -
 
【お問合せ】品川プリンスシネマ 03-5421-1113

「イノセンス」関連情報・作品紹介(自前)
http://nanahijima.hp.infoseek.co.jp/data.htm

142 :133:04/04/11 15:11
イノセンスってビスコンティじゃなかったんだね。シツレイ

143 :名無しさん@3周年:04/04/11 17:13
左向け左

144 :名無しさん@3周年:04/04/11 19:37
庵野がいってた。もうイデオロギなんて要らないんだと。
だから二次創作も許されるんだと。

145 :名無しさん@3周年:04/04/12 13:59
ソヴィエト映画でチアウレリ監督「ベルリン陥落」は好きモンにはたまらんよ!
大祖国戦争勝利の功労者スターリン・マンセーの超怪作。
翩翻と屹立する赤旗の中、スターリンが群集に礼賛されるラストシーンは最高。
音楽はあのショスタコーヴィチ。
最近DVDでも出たよ。
あと劇映画でないけど「東方紅」。
毛主席と中共マンセーの音楽舞踊の舞台を収録したもの。
コテコテの中華カラー満載のキッチュな演出に満腹。
最後は中国語インターナショナル大合唱で幕。
VCD通販で購入。中国プレスだから安かった。

146 :名無しさん@3周年:04/04/12 17:56
大阪で赤旗配達員をしているこの人は、AV専門、それもモザイクなしの本番ものばっかり、
この間、貸してくれといったら断られて頭に来たと、ライフスペースの元幹部で、現在は
反戦ネットワーク、白目派のリーダー、LPG議長(ねっw)がいっていました。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
>>61 :黒目 :04/4/10 23:47
黒目は「Web反戦平和アクションの編集委員」でも「WPNの実行委員」でもありません。渡米の
準備のため3週間前にやめました。とうのも念願だった国連職員の総合職丙種三類の試験に合格
したからです。渡米は5月の連休明けになる予定です。これを機にペーパーテストに13回も落ち、
自動車免許をあきらめた頭の悪すぎるLPG(ねっw)とは交友関係を断とうと考えています。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


147 :名無しさん@3周年:04/04/12 19:09
サヨクて何ですか?

148 :名無しさん@3周年:04/04/12 19:09
アンチ右翼。

149 :名無しさん@3周年:04/04/12 19:10
実体としての日本を愛する人たちです。

150 :名無しさん@3周年:04/04/12 23:14
>>149 がモノ凄〜〜〜〜〜く(・∀・)イイ!こと言った

151 :名無しさん@3周年:04/04/13 20:18
天皇なんて百害あって一利なし。



152 :名無しさん@3周年:04/04/13 22:32
亀井文夫の『女ひとり大地をゆく』だ。
山田五十鈴がやもめの女坑夫として生きる一代記なんだが
強制労働させられる中国人から労働争議まで盛りだくさん
宇野重吉の演技が真に迫っていて良いぞ
あと、岸旗江演じる三つ編みの少女に興奮


153 :名無しさん@3周年:04/04/13 23:18
> 三つ編みの少女に興奮

そういう路線で逝くなら「ガラスのうさぎ」を忘れてはイカんだろ!
これも反戦映画の傑作だ。
しかし例の入浴シーンのため、今では公開不可能に?

154 :団地妻:04/04/14 00:00
「チリ潜入記」

155 :名無しさん@3周年:04/04/14 00:42
「黒い太陽731」
大学の時に見たけど、鬱だったな…。

156 :名無しさん@3周年:04/04/14 01:52
朝日の作った劇場用アニメ「走れメロス」

157 :名無しさん@3周年:04/04/14 05:52
北朝鮮版怪獣映画『ブルガサリ』

158 :名無しさん@3周年:04/04/14 12:04
創価学会名物マスゲーム動画 約6MB
http://moetaso.homeip.net/upbbs/img/193.zip

これは北朝鮮ではありません。

159 :名無しさん@3周年:04/04/14 19:56
王様と仲良くなる → 市民革命

160 :名無しさん@3周年:04/04/17 06:48
共産党が封じ込めた「女子高生コンクリ詰め殺人事件」映画化
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/apr/o20040416_10.htm

161 ::04/04/17 20:07
監督:ポルノ男優
主演女優:グラビアヌードタレント

どんな映画撮ろうとしてんのかミエミエ( ´Д`;

162 :名無しさん@3周年:04/04/18 09:02
太陽の牙ダグラム

世の中を変えるのはサヨクのガキじゃない…。
権力に逆らえるのはサヨクのガキじゃない…。

権力を求める野心家と俗物こそが、権力に立ち向かい世の中を変えられるのだ!<H・J・ラコックを見て



163 :名無しさん@3周年:04/04/18 21:17
なんで『国鉄冬物語』でないんだよ!
っていってもオレもまだ見てない。
田中哲郎さんの主題曲が効果的に使われていて感動するらしい。

八王子周辺でどっかおいてあるビデオレンタル屋知らない?


164 :arias:04/04/18 21:26
MATRIX REVOLUTIONS



165 :名無しさん@3周年:04/04/18 21:50
http://www.nsjap.com/marco/marco0.html


やっぱりな!南京大虐殺も米中のでっち上げだし!

166 :名無しさん@3周年:04/04/19 00:57
>>162
ダグラムかあ。懐かしい。
あれはロボットアニメにしておくには勿体ないくらいよく出来ていた。

167 :名無しさん@3周年:04/04/19 16:07
「12人の怒れる男」
保守派DQNをリベラル派が論破するのは良し。
ちょっと強引だが

168 :名無しさん@3周年:04/04/19 16:12
>>88
>イギリス映画監督は何処よりも階級対立を鮮明に描くと思われ
「がんばれ、リアム」を思い出した。


169 :名無しさん@3周年:04/04/21 18:42
ttp://www.jmdb.ne.jp/1997/ov080200.htm
コンクリ詰め殺人の映画化(Vシネマ?)は以前にもされている。
監督はやっぱりポルノ映画ばかり撮っている人。

ハリウッドでの赤狩りについて知るだけなら
『真実の瞬間』(主演:ロバート=デ=ニーロ)←ビデオ発売は朝日新聞社(藁)
『マジェスティック』(主演:ジム=キャリー)とか

170 :名無しさん@3周年:04/04/24 20:03
「イノセンス」 カンヌ国際映画祭 オフィシャル・コンペティション部門出品決定!

  アニメーション作品への出品依頼は、米ピクサーのフルCGアニメ「シュレック」
  に次いで2度目で、日本のアニメーション映画としては、初の快挙となる。

  世界の主要3大映画祭では一昨年2月に、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が、
  ベルリン国際映画祭で最高賞を受賞している。

  「イノセンス」は、近未来の日本を舞台に、機械と人間の関わりを描いたSFアニメで、
   映像関係者の間では「アニメーションの最高到達地点」とよばれ、公開前から話題を
   呼んでいた。


171 :名無しさん@3周年:04/04/24 20:04
  今年の審査委員長は、プロダクションIGの大ファンで
  「キル・ビル」(IGも参加。)の監督、クエンティン・
  タランティーノ氏。結果は、最終日の5月23日に発表される。

  また、米配給会社社長からは、「確実にオスカーが獲れる。」とのコメントも。

  [上映劇場一覧 ] 延長してる劇場もあるのでまだの方はお早めに・・。
  http://www.toho.co.jp/gekijo/innocence/welcome-j.html




172 :名無しさん@3周年:04/04/25 20:25
ag

173 :名無しさん@3周年:04/04/26 18:39
NHKの人間はなんであんなに疎いのか・・
あの映画コメンテーターは買収されてる。
キャシャーンだとかあたしんちのパクリ映画とか
最悪の評価をうけてるものばかり紹介。

174 :◆32reqGPkuc :04/04/26 19:10
黒澤 明 『生きる』

175 :名無しさん@3周年:04/04/26 23:41
* オフィシャル・コンペティション部門:

各国から応募のあった作品の中から映画祭事務局が選定したものを上映する.
最高賞「パルム・ドール」を頂点に,審査員特別賞(グランプリ),最優秀監督賞,
同男優賞,同女優賞などの賞が設けられ,毎年選ばれる世界の映画関係者が審査にあたる.

今回の応募について

今回の応募作品数は,約1300タイトル.その中から18タイトルがオフィシャル・コンペ
ティション部門にノミネートされている.過去アニメーションでノミネートされた作品は,
「ダンボ」(1947),「ピーター・パン」(1953),「ファンタスティック・プラネット」
(1973),「シュレック」(2001)の4作品.この高い競争率の中でアニメーションである
「イノセンス」がノミネートされたというのは,快挙と言える.

http://www.production-ig.co.jp/anime/innocence/nr20040421.html


176 :名無しさん@3周年:04/04/28 07:39
『キャシャーン』はどうよ?

177 :名無しさん@3周年:04/04/29 16:01
>>176
反戦映画でした。ちょっと基地の外に走っていますが、良い映画です。

だけど・・・・

フレンダーがただの犬だなんて・・・_| ̄|○
スワンが登場しないなんて・・・_| ̄|○

178 :名無しさん@3周年:04/04/30 01:01
The Front.

179 :名無しさん@3周年:04/04/30 03:52
おしえて みよ

180 :名無しさん@3周年:04/04/30 14:51
┏┏┏┏左翼の教祖太田光をとりまく太田ファンの左翼の極み発言満載のスレ┏┏┏┏┏

問題となった4月21日の太田光のラジオ放送(太田が三バカを英雄扱いして真剣に擁護し、「自己責任などと言っている世間の奴らは本当に馬鹿だ。彼ら三人こそ世界で最もイラクに貢献した」、
おまけに「テロはメッセージ」、「テロに屈していく国が理想」と発言して大ヒンシュクを買った放送)の話を
下記の、当番組専用スレでするとものすごい嫌がる。
太田教祖の汚点に触れられるのは相当辛いらしい。 即座に別の話題をふって話を変えようとする。
裏を返せば、ファンもあの放送には退いたって事か。
にしても、この徹底ぶりはすごい。 これでもかっていうぐらいの左翼発言集団が即座に終結し、太田の問題発言を擁護する。
「2chには右翼集団が工作活動するために常駐している」というのが決まり文句(←これも痛い)。
ハガキ職人やスタッフを始めとした、番組関係者が交じっているのかも。

爆笑問題カーボーイ22
http://tv4.2ch.net/test/read.cgi/am/1082731602/

181 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:31
主人公側の方は俳優の責任じゃないと思うけどセリフもひどいし、
キャラ設定に自信がないのが見て取れるようなあやふやな演技だった。
というか、政府の存在なんて必要ないでしょ。途中でクーデターが
あったみたいだが、あれで情勢がどう変わったのかサッパリ見えてこないし。
この辺を省略すれば30分は短縮できる。

わからんといえば新造人間はタダの人間だった、というのもドンデン返しの
つもりなのだろうか。作り物でも生きる権利がある!じゃ駄目なのだろうか、
なんか逆に「逃げ」だと思ったのだが。

ストーリーを複雑にすれば知的に見える・・・メッセージをストレートに語れば
受ける・・・確かにそう考えちゃうんだけど、いい映画というのは本当は逆なんです。
新人の監督が陥りやすい罠にはまってしまったようです。

182 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:32
映画としての根本のストーリーがどうしようもない。

キャシャーンの原作は俺も詳しくは知らないが、
キャシャーンの事を一切知らない人間が見ても
初めの30分は全くわけが分からないだろう。

ストーリー自体はかなりアレンジを加えているのに、
それでいてキャシャーンを知っていないと飲み込めない事が
多すぎるのはいかがなものか。

それから、話が唐突に展開しすぎて、感情移入やシーンの深みなどがゼロ。
小学生が書いた創作小説のようである。

また、それなりの俳優を起用しているのにも関わらず演技がひどい。
つーかキャシャーンが登場するまで50分弱かかるのはダルい。ダル過ぎる。
アクションは上映時間の30分の1あるか怪しい。


183 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:32
キャシャーンのダメなところは、大して難しくない簡単なことを
意味もなく難しく見せているところ。

例えばイノセンスは難しいことを噛み砕かずに難しいままで伝えていたのだが、
キャシャーンはそうではない。多分キリヤが自分の伝えたいことを
最大限勿体つけて表現しようとしてるからだろう。
小学生じゃないんだから、馬鹿なことはやめろと言いたい。

実際の戦争被害者の子供かなんかの写真を映すのはやめろ。
どーせ「ついでに反戦主張しとくかー」みたいな感じで後付けしたんだろ?

本当に「疲れる」映画で、全くオススメできない。
キリヤは監督としてはゴミ。もう一生監督として映画を作るな。
この映画は、キリヤのキリヤによるキリヤの為の映画であって、
他人が見るものではない。

184 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:32
紀里谷和明が監督した映画キャシャーンの気の毒な評価 (現代ネット)
http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20040425150000/6354.html

映像がスゴイっていうけど、実写合成用の背景のレゾ
(解像度)の低さに我が目を疑います。

http://cinema.intercritique.com/comment.cgi?u=1079&mid=13155

キリヤの出番は、痛い撮影・痛い編集・痛い脚本と痛い宣伝。
唯一のウリともいえるCGや美術、演出などは別の人間が作ったもの。
(ただし宣伝費8:製作2のせいか、質があまりよくない為フィルタ多用。)

185 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:33
普段、あまり映画など見ないこうした客層が、たまに入った映画館で
こう言うものを見せられたら、「もう二度と日本映画を見るのはやめよう」と
なっても不思議ではない。これでは、アンチ邦画の人々を生産するようなものだ。

話題性があるため、これでもそこそこお客さんは入るのだろうが、
長期的に見たら邦画界のためにならないと私は思う。『CASSHERN/キャシャーン』は、
その出来からみれば、とても商業ラインにのるようなレベルではない。本来こういう作品は
世に出すべきではないのではないか。誰かが途中で止める勇気を持つべきだ。

背景の音楽はとにかくうるさいし、体感上の上映時間は果てしなく長い。いつもニコニコ、
笑顔を絶やさぬ温厚なこの私が、本気で途中で出ようかと思ったほどだ。『BR2』に匹敵する
トンデモ映画だが、あちらは(別の意味で)笑えるだけまだマシだ。 (「超映画批評」15点)

http://movie.maeda-y.com/movie/00306.htm

186 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:34
さて、見てのとおり30点という『パッション』だが(長年の読者は
よく理解しているだろうが)私のサイトの点数は、必ずしも「私個人の
満足度」や「映画の出来映え」を表しているわけではない。

主観的な好みで点数をつける事はアマチュアの映画ファンがやってくれるし、
芸術作品としての正当な評価は他のプロがやっている。

『超映画批評』は、人々の満足度を点数の形で(プロである私が予測して)
つけている点で、他との差別化を図ったサイトだ。

映画業界にとってもっとも大事にすべき「マニアではない普通のお客さん」に
信頼される情報提供をするためには、この方法がベストだと思い、また自分でも
こういうサイトがほしいと思ったからやっている。

http://movie.maeda-y.com/movie/00311.htm

187 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:34
 すでに「ヒドイ」という非難が多く聞かれ、“でも、よくある
ミュージック・ビデオ出身監督へのバッシングかな”程度に思って
いましたが、実際に完成品を観ると、その非難も納得。薄っぺらな映像、
さらに薄いストーリー性。何が言いたいのか分からない……というより、
言いたいことは分かったから、早く終わんないかな〜と。駄作というより愚作。

最大の売りは、やはり映像ですが、決して効果的とはいえません。
CG独特の質感と色調、10分もすれば、CG特有の冷たさと単調さ、
古臭い近未来のリサイクル、ゲーム世界の対戦バトルへと色褪せてしまいます。

せっかく派手な映像を見せ付けているのに、肝心なことを全て“台詞”で説明しちゃう
(まるで“歌詞”のように)。過去と現在、外界と内面といった二分される世界の描き分けも、
ダサ過ぎるし、ポップじゃないから楽しくない。

メッセージには、中学生レベルの真っ当さと、独善者レベルの傲慢さが、ゴチャマゼに
なっていて、つまりは、すごく未熟。各キャラが、作り手の言いたい事を、言わされてるだけ
なので、かなり不憫にも思えます(そんな事、言われなくても分かってるよ!って事ばっか)。

http://www.face-movie.net/diary_2004_casshern.html


188 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:35
率直に。141分と1800円返してください。
この映画は「ゆるす」がテーマですが、私はゆるせません!
6億円の予算どこに使ってるんや?

この映画の感想に「反戦映画」とのキーワードが使われるようですが、
私は敢えて「厭戦映画」と名づけたいと思います。

これはキャシャーンの名前使わしてもらった単なるキリヤの売名行為です。
アニメ一話でもみるOR知っている人が見たならば撃沈されます。
フレンダーは「ただのぶっさいくな犬」と化してます。( ゜д゜)ポカーン

でエンドクレジットにはアンドロ軍団や、その一味の名前が入っていますが、
「おいどこがアンドロ軍団や?名前使ってる意味あんのか?」と突っこまさせてくれます。

189 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:35
フジと朝日が必死でマンセーしてる。朝日は大元だから当然として
フジのマンセーは何かの圧力だろ。
実績なんて何もないし、応援するほどのものも皆無だし。
ボンクレの自己満足にさらに無知な一般大衆がいくら貢ぐのか。

190 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:36
アクションシーンもPV出身の監督だから少しはスタイリッシュに
撮るかと思えば、樋口絵コンテシーン以外は全然ダメ。そもそも、
アクションのリズムや流れが、撮る前から監督の頭にイメージがないの
だろう、ただ細かいショットをつないでいけばアクションシーンになると
思っているならアクション映画をナメすぎだ。アクションとは溜めと解放、
そしてリズム。もっと修行せい!特に佐田真由美との対決シーンはヒドイ…。
画面でいったい何がおこっているのかさっぱりわからない。アクションシーンで
かかるBGMの選曲も最低だ。アクションシーンにハードロック系を流すなんて
ダサダサ…。もっと頭使えよ…。

191 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:37
ちょっとカメラを動かしたかと思えば、複数の2D背景を少しずつずらしているだけ。
って、多重スクロールですか??? 今時ゲームだってそんなテク使いませんよ!
確かに、カメラのトラッキング合わせ、つまり実際のカメラとCGのカメラを一致させる作業が
メンドクサイのはわかる…。しかし、今じゃ自動的にトラッキングをしてくれるお手軽ツールもあるはずだ。
なんでその辺の手間を惜しんだのが特撮スタッフに聞いてみたい。

さらにレゾの低い画面を誤魔化すためにキラキラエフェクトやら、
ソフトフォーカスのエフェクトをガンガンにかける者だから、
映像がチラチラして見にくくてしょうがない。
チラチラするといえば、暗い画面でホワイトノイズが乗っているのは
エフェクトですか?画面がなんとなくジリジリしているのはコントラストを
強くしているせいですか? すいませんけどレンダリング画像の解像度いくつですか?

192 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:38
第57回 カンヌ国際映画祭 ノミネート作品

Mamoru OSHII 『INNOCENCE 』 日本、
ウォン・カーウァイ『2046』香港、
アンドリュー・アダムソン&ケリー・アズベリー&コンラッド・ヴァーノン『SHREK 2』アメリカ、
オリヴィエ・アサヤス『CLEAN』フランス、
アニエス・ジャウィ『COMME UNE IMAGE』フランス、
マイケル・ムーア『FAHRENHEIT 9/11』アメリカ、
イーサン・コーエン&ジョエル・コーエン『THE LADYKILLERS』アメリカ、
Paolo SORRENTINO 『LE CONSEGUENZE DELLMORE 』イタリア、
是枝裕和『NOBODY KNOWS 』日本、

など全18作品。 アウトオブコンペにすら入ってないよ。<キャシャーン

193 :名無しさん@3周年:04/05/01 20:40
[上映劇場一覧 ] 延長してる劇場もあるのでまだの方はお早めに・・。
http://www.toho.co.jp/gekijo/innocence/welcome-j.html

都内唯一の、ビル5階建てに匹敵する巨大画面(16m×22m)で
今まで見たことも無い迫力の映像を体感!

http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/cinema/sche0327.html

■メルシャン品川アイマックスシアター(2D大画面独占上映中)
 
【お問合せ】 品川プリンスシネマ 03-5421-1113

194 :弱い犬&rlo;);`∀´(&lro; ◆JrNMd471Nk :04/05/01 20:45
へぇ、なんか盛り上がってるなぁ。 なら、
次回作は是非とも はりけんポリマーでひとつよろしくw

195 :財前教授の総回診@そろコテ ◆auEy42rRqA :04/05/01 22:35
キャシャーン?
誰も見ないよ
みにいってんの?マジもったいねえ

196 :名無しさん@3周年:04/05/02 04:16
デ・シーカ監督『自転車泥棒』。その影響を受けて作られた、ベンガル地方の極貧と差別に立ち向かうオプー少年を描いたインド映画『大地のうた』。 トルコ=スイス合作映画、ユルマズ・ギュネイ監督)の 『路(みち)』もオススメ。

197 :名無しさん@3周年:04/05/02 06:21
あ〜、自転車泥棒いいな。
雑踏に立ち尽くす少年の姿が今でもよみがえる。

198 :名無しさん@3周年:04/05/02 08:08
「ミッション」というイギリス映画(86年)はまだ出ていないようですね。
http://www.actv.ne.jp/~yappi/eiga/EC-09mission.htm

贖罪のためキリスト教伝道をすべく南米の奥地に向かった男が、
最後は教えを捨てて原住民たちのために闘って滅んでいく。
高校1年の時に学校の映画鑑賞で観て、もう16年くらいになるけど、
戦闘シーンやラストシーンが鮮明に蘇ってきます。

199 :名無しさん@3周年:04/05/02 08:11
>>198
「もう16年」じゃなくて「18年」でした…鬱だ氏能…

200 :かつしこ@のへじ:04/05/02 13:59
>>160
やはり、「コンクリート」は上映禁止になりました。
この映画で、親の職業は共産党員になっているんだろうか??



201 :名無しさん@3周年:04/05/02 17:35
ただのポルノ映画だからなあ・・・
不謹慎すぎるよ

202 :名無しさん@3周年:04/05/02 19:32
ダグラムかあ。懐かしい。
あれはロボットアニメにしておくには勿体ないくらいよく出来ていた。

ビッグEガンの禿げ野郎「チクチョー!!革命ってのはこんな実感のないものだったのかよー」
クリン・カシム「僕は否だあーー!!ダグラムを・・・」

デロイヤは独立した。地球連邦政府とデロイヤ暫定政府は不可侵条約を正式に結んだ。(分裂した「和平派」と)


203 :196:04/05/03 05:29
『自転車泥棒』DVD(これはそこらへんのレンタルビデオ屋にも置いているが)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005G13G/249-0858199-5030723

『大地のうた』DVD(これは比較的マイナーなのであんまりビデオ屋にはない様子)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008KL5C/249-0858199-5030723
レヴュー:
http://home.owari.ne.jp/~fukuzawa/eiga1.htm

トルコ=スイス合作映画『路(みち)』はマイナー過ぎてDVDビデオとも発売されていない。殆どのビデオ屋にも置いていない。
(折れのアパートの近くのビデオ屋には置いているが)
レヴューと彼の略歴について:
http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/yol.htm
顔写真:
http://www.asahi-net.or.jp/~md5s-kzo/guney.html

折れとしては、『路』(1982年カンヌ映画祭でグランプリと国際批評家大賞を同時受賞)がイチオシ。
この映画はクルド人のギュネイ監督が判事殺しの冤罪で逮捕されてトルコの獄中にいるときに途中まで作られ、
亡命先のスイスで完成されたといういわくつきの一本。


204 :名無しさん@3周年:04/05/03 17:17


205 :名無しさん@3周年:04/05/03 20:49
「聖なる嘘つき」

206 :名無しさん@3周年:04/05/04 02:18
「キューポラのある街」
「戦争と人間」
「小林多喜二」

207 :名無しさん@3周年:04/05/04 09:53
新しいところで「グッバイ・レーニン」はどうよ。
病床で東ドイツ崩壊を知らない母親のために、息子がさも東ドイツが
存続しているかのように見せかける様をコミカルに描いたものだ。
おちゃらけ反共映画かとおもったが、さにあらず。

208 :名無しさん@3周年:04/05/04 22:48
age

209 :名無しさん@3周年:04/05/04 23:11
タルコフスキーの惑星ソラリスでも見て
早く共産主義の矛盾点に気付けよ┐(゚〜゚)┌


210 :名無しさん@3周年:04/05/05 01:47
映画ではないが、NHK制作「現代の映像『沖縄全軍労』」

211 :名無しさん@3周年:04/05/06 13:15
age

212 :財前教授の総回診@そろコテ ◆auEy42rRqA :04/05/06 23:08
>>207
詳細教えてよ


213 :名無しさん@3周年:04/05/07 08:12
あげ

214 :ミニミニ:04/05/07 08:25
右翼と左翼の中間はあるのだろうか…

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)