5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

直接政治の是非 その2

103 :LP:03/12/26 02:51 ID:jD+hQJSr
>>101
世界中で日々当たり前のように実施されている「国民投票」一般の是非の判断は、
狭小な日本だけの憲法学や憲法解釈の問題ではないだろう。
井の中の蛙、大海を知らずだね。
しかも日本の憲法そのものが国民に理解されないのは、憲法学が戦後多義的解釈なる
ものを勝手に展開して一人歩きしたからだという説もあるくらいだから、私は日本の
憲法学者なり憲法解釈学なんてものを鼻から相手になんてしていない(笑)。
そもそも、小泉首相の憲法前文の引用は憲法学者から言えばド素人の解釈という
ことになってしまうんだろう?
そもそも日本語が何通りにも読めるなんてのは、日本語の定義が曖昧だからおかしいわけで、
国民誰もがその文章を読んで定義を明確にすることができなければ、憲法であれ法律であれ
その存在価値は皆無に等しい。少なくとも民主的な法律ではない。
憲法のような国民全体の利益に関わる重要条文ならなおさらのこと。

憲法学への我田引水は大いに結構だが、法律学自体が直接民主主義を否定するなんて話は
どこのテキストにも登場しないし、誰も唱えていない。

>それにさらに言えば、なぜ憲法96条に「国民投票」が明記されているか、これは基本的な法律の構成や理解の問題。

言葉をごまかして相手の問いから逃げるのは、議論以前のマナー違反の問題。
「基本的な法律構成の問題」とあるが、それすら基本的問題ですらない。
たとえばドイツなどの国々で憲法改正に国民投票の承認は不要であるのはなぜか?

ちなみにここでのミネ氏も含めての一連の議論は、憲法を改正してでも一部直接参政制度を
導入すべきだという議論なので、狭小な憲法学の範囲内の議論と勘違いしないでもらいたい。


389 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)